雪吊りの俳句

雪吊りの俳句

雪吊

例句を挙げる。

*たく駝師の雪吊松を一眺め 高浜虚子
しだれざくら雪吊をして透きにけり 草間時彦
その下を掃き雪吊の仕上がりぬ 片山由美子 水精 以後
ふかくうなづきともに雪吊へゆかむ 田中裕明 櫻姫譚
ふる里の松の雪吊ゆめに見し 室生礪川
ゆるぎなき雪吊の縄青邨忌 井上まこと
わが師糸この雪吊の縄に似て 橋本榮治 越在
仕上りし雪吊はまづ風を呼び 大西比呂
元結を締めて雪吊ととのひぬ 清水 美恵
冬麗の雪吊ハープ鳴るごとし 大串章
地震はげし雪吊の縄切れ縮み 西本一都
大寒の星に雪吊り光りけり 久保田万太郎
天と地といづれさみしき雪吊は 小川双々子
小さき雪吊は人目に遠くあり 高木晴子
山に雪松の雪吊急がねば 亀村其村
弛びなきことに雪吊美しき 大橋敦子 匂 玉
息合ひて雪吊は陽をかかげたり 小檜山繁子
恵那に雪吊柿あまくなりにけり 大橋櫻坡子 雨月
日当りゐて雪吊のそらぞらし 加藤高秋
水底に雪吊の縄きらきらと 中西舗土
温泉の宿の雪吊松に雨の降る 高濱年尾 年尾句集
潜り入る獅子に雪吊り刎ねにけり 久米正雄 返り花
疊替松は雪吊すませけり 久保田万太郎 草の丈
遠くより雪吊高く見ゆる家 飯島晴子
門あけてあり雪吊を見よとてか 森田峠 避暑散歩
雪吊つて百万石の構へかな 清水基吉
雪吊といへざる松もありにけり 稲畑汀子
雪吊にいつも四五人足とどむ 宮津昭彦
雪吊に三日を降つてものたらぬ 田中裕明 櫻姫譚
雪吊に委ね老松らしくあり 藤浦昭代
雪吊に白山颯とかがやけり 阿波野青畝
雪吊に縋れる夕日父は亡し 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
雪吊に雪が絡めば雪の襤褸 田村了咲
雪吊に雪くるまへの大広間 岡井省二
雪吊に鳥鳴き溜る雨の中 西村公鳳
雪吊のあはひゆききのかいつぶり 関戸靖子
雪吊のある糸桜無き桜 村田芙美子
雪吊のいづれも松に吊られたる 嶋田麻紀
雪吊のがんじがらめに高いこと 松澤昭 面白
雪吊のすみたる空のふるへをり 椎橋清翠
雪吊のその他の木々は鉾刈りに 皆吉爽雨
雪吊のつらら小さし湖の寺 関戸靖子
雪吊のはじめの縄を飛ばしけり 大石悦子 聞香
雪吊のふいに日暮るる水の上 黒田杏子
雪吊のふるへの先に岩手山 鈴木鷹夫
雪吊のまだ新しき繩匂ふ 穂坂日出子
雪吊のむかう梅林うすあかく 田中裕明 櫻姫譚
雪吊のもとどり荒び実朝忌 鍵和田釉子
雪吊の一本切れて吹かれをり 高月 ポプラ
雪吊の一直線といふ歪み 稲畑廣太郎
雪吊の下掃く尼のほほかむり 橋本鶏二 年輪
雪吊の僧が咥へし縄の端 数馬あさじ
雪吊の円錐音を吸ひつくす 手島靖一
雪吊の力あつまる花結び 雨宮抱星
雪吊の力の限り雪の降る 倉田紘文
雪吊の千切れて垂れし深雪かな 鈴木貞雄
雪吊の千条の繩凛として 古賀直子
雪吊の千筋の縄のまぶしかり 浅田 伊賀子
雪吊の大小の小実万両 森澄雄
雪吊の小さきは二三解きてあり 小竹由岐子
雪吊の庭師の腰に万歩計 篠田悦子
雪吊の心棒として先づ立ちぬ 岸風三樓
雪吊の手持ち無沙汰といふべかり 高澤良一 ぱらりとせ 
雪吊の撓みのうへの春満月 松村武雄
雪吊の松が啣えし天狼星 藤木倶子
雪吊の松の風格誰が目にも 野口能夫
雪吊の松を真中に庭広し 高浜虚子
雪吊の松満月を上げにけり 冨田みのる
雪吊の百万石の城曇る 阿波野青畝
雪吊の百本の絃楽なさず 田中朗々
雪吊の真上にありし空の芯 手塚美佐
雪吊の真新しきに棺出つ 清藤徳子
雪吊の稚な木なれば引括る 大石悦子 百花
雪吊の綱の竪琴聞かせてよ 坂本宮尾
雪吊の縄あつまりて空となる 角光雄
雪吊の縄あまた切れ弥彦晴れ 中田みづほ
雪吊の縄ささくれて雪を待つ 片山由美子 水精
雪吊の縄しゆるしゆると投げられし 岸田稚魚 『萩供養』
雪吊の縄するすると天から来 高橋静葩
雪吊の縄のいつぽん怠けをり 伊藤白潮
雪吊の縄みな張りてゆるぎなし 鈴木六風子
雪吊の縄一本も油断なし 三浦文朗
雪吊の縄弛みなし月出でて 田中俊尾
雪吊の縄棒のごと凍て空に 二唐空々
雪吊の裾に漲る力かな 小林草吾
雪吊の門前町に赤子抱く 大峯あきら 鳥道
雪吊の雪待つ一筋づつの張り 土生重次
雪吊の高さを決めてゐる二人 依光陽子
雪吊は宝生の楽俟つごとし 中岡草人
雪吊は禽の竪琴くぐり鳴く 原柯城
雪吊やむかし廓に桐火桶 角川春樹
雪吊や出羽の本間の大邸 斎藤鵜川
雪吊や古き匂の文学館 岡村月子
雪吊や吊つて三日の繩匂ふ 加藤耕子
雪吊や旅の二日目雪となれ 森田峠 避暑散歩
雪吊や旅信を書くに水二滴 宇佐美魚目 天地存問
雪吊や日本の裏に妻が里 古館曹人
雪吊や昼の月上ぐ浜離宮 青木重行
雪吊や暮れのこりたる竹生島 関戸靖子
雪吊や松の気品をそこなはず 檜紀代
雪吊や椿百花をこぼさずに 森澄雄
雪吊や縄のいつぽん怠けをり 伊藤白潮
雪吊や転がして解く繩の束 村本畔秀
雪吊や雪消えしとも待てるとも 森田峠 三角屋根
雪吊や風出て空のピアノ線 河野南畦 湖の森
雪吊りにかからぬ雪の葬りかな 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
雪吊りにひと撥入れて人恋し 能美澄江
雪吊りのひかり百本交はらず 森川光郎
雪吊りの中の落日まぶしめり 新田祐久
雪吊りの半ばに日差し失せにけり 梅本安則
雪吊りの声してゐたり母の家 沢木欣一 二上挽歌
雪吊りの夜は満天の星を吊る 村上沙央
雪吊りの夜空の高くありにけり 日原傳
雪吊りの大三角錐遠眺む 大島千鶴子
雪吊りの心棒として先づ立ちぬ 岸風三樓
雪吊りの松に小鷺の来ることも 岡田日郎
雪吊りの百万石の城曇る 阿波野青畝
雪吊りの緩みやこころ震ふほど 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
雪吊りの縄の一筋地に結ぶ 伊藤敬子
雪吊りの縄の香に憑く夕明り 飯田龍太 涼夜
雪吊りの縄ほたほたとわが頭あり 栗林千津
雪吊りの縄目のしかと雪来ぬ日々 鈴木真砂女 夕螢
雪吊りの繩の香に憑く夕明り 飯田龍太
雪吊りの金剛力を垂らしけり 村上高悦
雪吊りの闇しんかんと火焚きをり 加藤耕子
雪吊りの高みに舞ひて春の雪 中村祐子
雪吊りや吊つて三日の縄匂ふ 加藤耕子
雪吊りや途中で消えし子守唄 磯貝碧蹄館
雪吊りをして雪待ちの木々のさま 鈴木真砂女 夕螢
雪吊りをはづす小さな音の中 角川春樹
雪吊りを解く大松に総がかり 星野恒彦
雪吊をこの細枝にも高野槙 山本健吉
雪吊をして貰ひたる小松かな 轡田 進
雪吊をはづせし木々の吹かれをり 井上雪
雪吊をよくは見ざりし出湯の旅 森田峠 避暑散歩
雪吊を火事装束の駆けぬけて 田中裕明 櫻姫譚
雪吊を見おろし山の木が立てり 大串章
雪吊を見すぎて我が身痩せにけり 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
雪吊を見てゐて背丈伸びにけり 山田みづえ 木語
雪吊を見てゐて酷なことを云ふ 飯島晴子
雪吊を解きたる縄を袋詰め 中西舗土
風に鳴るほど雪吊の弦張つて 中村青路
雪吊りて陣屋等伯ぶりの松  高澤良一  随笑


雪吊 補遺

A 型の女雪吊見てをりぬ 星野麥丘人
しだれざくら雪吊をして透きにけり 草間時彦
その下を掃き雪吊の仕上がりぬ 片山由美子 天弓
咳をしながら雪吊の下通る 廣瀬直人
役立たぬ雪吊として解かれたり 能村登四郎
日輪は雪吊の松吊り上ぐる 山口青邨
晴れそめてきて雪吊りの縄の張り 能村登四郎
月明の雪吊となるばかりなり 岡井省二 鹿野
梅園の雪吊よ仲見世の灯に 山口青邨
生娘の素の雪吊雪を待つ 平畑静塔
老まさか雪吊縄の片手受け 能村登四郎
舟尻に垂れ雪吊のほどき縄 石田勝彦 秋興以後
裾からげされ雪吊りの一位の木 鷹羽狩行
遠くより雪吊高く見ゆる家 飯島晴子
雪吊が消え曇天の愚鈍消え 飯田龍太
雪吊にいつも四五人足とどむ 宮津昭彦
雪吊に北国の蝶まつはりぬ 阿波野青畝
雪吊に白山颯とかがやけり 阿波野青畝
雪吊に縋れる夕日父は亡し 鍵和田釉子
雪吊に雪くるまへの大広間 岡井省二 山色
雪吊のあまりし縄を肘に巻き 能村登四郎
雪吊のこの人々のめでたさよ 高野素汁
雪吊のはじめの縄を飛ばしけり 大石悦子
雪吊のゆるみの時と思ひけり 能村登四郎
雪吊の一張りを風試しをり 石田勝彦 百千
雪吊の下あをあをと見えわたり 石田勝彦 百千
雪吊の加賀ぶりと思ふ縄の張り 能村登四郎
雪吊の大小の小実萬両 森澄雄
雪吊の家並を十石扶持と踏む 平畑静塔
雪吊の役をはたせる縄の張り 上田五千石『琥珀』補遺
雪吊の役終りても緊解かず 山口誓子
雪吊の松に日はあり月の如く 山口青邨
雪吊の松も眺めや年忘 山口青邨
雪吊の松よりも縄香りけり 能村登四郎
雪吊の松を真中に庭広し 高浜虚子
雪吊の松三本に雨がふる 山口青邨
雪吊の松低く見て鳶は舞ふ 山口青邨
雪吊の松粛条と年暮るる 山口青邨
雪吊の松縄の傘挿せるなり 山口誓子
雪吊の百万石の城曇る 阿波野青畝
雪吊の真中に大いなる没日 有馬朗人 天為
雪吊の真新しきに棺出つ 清藤徳子
雪吊の稚な木なれば引括る 大石悦子
雪吊の縄ささくれて雪を待つ 片山由美子 水精
雪吊の縄しゆるしゆると投げられし 岸田稚魚
雪吊の縄のいつぽん怠けをり 伊藤白潮
雪吊の縄まだ雪のこと知らず 後藤比奈夫
雪吊の金線の傘わが雨の傘 山口青邨
雪吊の陀羅葉の木といふとかや 高野素汁
雪吊の香にさそはれし豆腐茶屋 飴山實 花浴び
雪吊は雪の太弦(ふといと)音もなし 佐藤鬼房
雪吊やしばらく顔に日の遊び 岸田稚魚
雪吊やゆらりと浮きし鯉の顔 村山古郷
雪吊や山を背にして門徒寺 星野麥丘人
雪吊や日本の裏に妻が里 古舘曹人 砂の音
雪吊や稚き松も省かれず 上田五千石『琥珀』補遺
雪吊りに手触れて鷁首(げきす)など想ふ 佐藤鬼房
雪吊りに透く松島の島の数 鷹羽狩行
雪吊りのありし高さを目に測り 鷹羽狩行
雪吊りの一筋づつにあるゆとり 鷹羽狩行
雪吊りの中の落日まぶしめり 新田祐久
雪吊りの夜は満天の星を吊る 村上沙央
雪吊りの思ひに松の従へる 鷹羽狩行
雪吊りの緩みやこころ震ふほど 鍵和田釉子
雪吊りの縄の香に憑く夕明り 飯田龍太
雪吊りの縄目にはまりたき日なり 佐藤鬼房
雪吊りの縄目のしかと雪来ぬ日々 鈴木真砂女 夕螢
雪吊りの自堕落ぶりを雨の中 鷹羽狩行
雪吊りの花の大きな白椿 高野素汁
雪吊りの裳裾を水の上にまで 鷹羽狩行
雪吊りや今日は立山嶺見せず 村山古郷
雪吊りや池のしじまに枝の張り 村山古郷
雪吊りや神の投網の美しき 鷹羽狩行
雪吊りや米山さんも三角に 大野林火 方円集 昭和五十一年
雪吊りをして雪待ちの木々のさま 鈴木真砂女 夕螢
雪吊を見すぎて我が身痩せにけり 鍵和田釉子
雪吊を見てゐて背丈伸びにけり 山田みづえ 木語
雪吊を見てゐて酷なことを云ふ 飯島晴子
雪吊を見に誘はれて下駄借りて 星野立子
雪吊を解きてすべての緊を解く  山口誓子
雪蟲の舞ふ雪吊の静かさに 富安風生
高低の雪吊雪に蜂起せる 山口誓子
高松の雪吊最後まで残る 山口誓子

以上
by 575fudemakase | 2015-12-13 04:50 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25174314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。