鰤起し 及び 鰤の俳句

鰤起し 及び 鰤の俳句

鰤起しの俳句

鰤起し

例句を挙げる。

それぞれの客を迎ふる鰤起し 小川濤美子
わたなかを火柱はしる鰤起し 町田しげき
一湾の気色立ちをり鰤起し 宮下翠舟
一閃光初島は覚めぬ鰤おこし 及川貞 夕焼
佐渡の上に日矢旺んなり鰤起し 岸田稚魚 『負け犬』
加賀太鼓乱れ打つなり鰤起し 溝口青於
千枚田暮れてとどろく鰤起し 和田祥子
夜に入りて木屑香たつ鰤起し 橋本 薫
巻舌の濤の暗黒鰤起し 森田緑郎
欣一と出て加賀の夜の鰤おこし 角川源義 『冬の虹』
流人墓地みな壊(く)えてをり鰤起し 石原八束(1919-98)
火の島の日和崩るゝ鰤起し 土屋仙之
炉にあれば腹にこたへぬ鰤起し 森澄雄
父祖の地の住み難きかな鰤起し 今牧茘枝
猫の耳ぴくりぴくりと鰤起し 秋武つよし
白衿に針はこぶ夜の鰤起し 井上雪
砂山の歌碑に日矢立つ鰤起し 伊藤京子
立山の偉を正したる鰤起し 有馬朗人
立山の襞引き締めて鰤起し 蔵 巨水
立山も能登もゆさぶり鰤起し 蔵巨水
能登人に待たれてをりし鰤起し 柿島貫之
茶畑の空はるかより鰤起し 飯田龍太
補陀落やかなた明るき鰤起し 角川春樹
観音をあまた見し夜の鰤起し 坂内佳禰
谷戸深く猟男の棲めり鰤起し 石川桂郎 高蘆
隠岐の雲ただならぬあり鰤起し 昆野草丘
順々にお詰め下さい鰤起し 永末恵子 留守
風待の舳艫相打つ鰤起し 和田祥子
鰤起しずしりと重き露伴集 中西舗土
鰤起しと見る間に虹をかかげたる 菖蒲あや
鰤起し一つとどろく佐渡泊り 高木良多
鰤起し体言止めに至るかな 石田時次
鰤起し入江に波をたたせけり 森田 峠
鰤起し大佐渡小佐渡つらぬけり 皆川盤水
鰤起し奇蹟のごとく虹かかり 菖蒲あや あ や
鰤起し巻雲立ちし隠岐の島 久保茘枝
鰤起し悪人の名に虚子あげて 茨木和生 倭
鰤起し旅寝の手足まだ覚めず 奈良文夫
鰤起し杉山檜山色褪せぬ 阿波野青畝
鰤起し沖は鋼の色深む 北見さとる
鰤起し海抜ゼロの町揺する 篠田悦子
鰤起し白山へ雨ともなひ来 新田祐久
鰤起し程よき時化となりにけり 田中田吉
鰤起し米山さんの辺りより 江島つねを
鰤起し腹に徹りて風邪癒えぬ 加藤楸邨
鰤起し軒につかへて沖高し 本多静江
鰤起し連れて漁船の戻り来し 稲畑廣太郎
鰤起し鷹は小猫を狙ひをり 仙田洋子 橋のあなたに

鰤起し 補遺

一閃光初島は覚めぬ鰤おこし 及川貞 夕焼
佐渡の上に日矢旺んなり鰤起し 岸田稚魚 負け犬
欣一と出て加賀の夜の鰤おこし 角川源義
流木の裏はまつしろ鰤起し 伊藤白潮
浦々の屋根を打つたる鰤起し 森澄雄
立山の偉を正したる鰤起し 有馬朗人 非稀
茶畑の空はるかより鰤起し 飯田龍太
谷戸深く猟男の棲めり鰤起し 石川桂郎 高蘆
貯への薪の明るき鰤おこし 岡本眸
鰤おこし身のどこひびく女ども 加藤楸邨
鰤起し杉山檜山色褪せし 阿波野青畝


鰤の俳句



例句を挙げる。

あきらかに寒鰤を抱く怒濤なれ 吉田紫乃
いのちかけて待ちゐし鰤や鰤来る 占魚
ころがされ蹴られ何見る鰤の目は 楸邨
さかりなる梅の真下を鰤場とす 篠田悌二郎 風雪前
それぞれの客を迎ふる鰤起し 小川濤美子
としの夜の鰤や鰯や三の膳 去来
はたた神騒ぐほどには鰤とれず 田保与一
ひとよりも死顔のよき鰤一尾 平井照敏 天上大風
ふるさとの鰤の届きて年つまる 渕 千鶴子
ほどくとも見えねど鰤の俵縄 惟然
むらさきに骨正月の鰤の塩 後藤夜半 底紅
めでたしな御子達からの台の鰤 召波
わたなかを火柱はしる鰤起し 町田しげき
エリカ咲く崎ふところの鰤場かな 杉山葱子
トロ箱の小さしと跳ねて寒の鰤 川上弥生
一匹づつ糶り移りゆく寒の鰤 茨木和生
一湾の気色立ちをり鰤起し 宮下翠舟
一網の鰤に賭けたる家運かな 公文東梨
一閃光初島は覚めぬ鰤おこし 及川貞 夕焼
七浦の鰤網を置く大うねり 杉浦 東雲
上げ潮の青波さわぐ鰤の市 桂樟蹊子
九鬼鰤場尾鷲鰤場と見はるかす 鈴鹿野風呂 浜木綿
二三言言ひて寒鰤置いてゆく 能村登四郎
二色の潮に股がり鰤場かな 榊冬至
伊豆の海すはや塞鰤五千貫 中勘助
佐渡の上に日矢旺んなり鰤起し 岸田稚魚 『負け犬』
俎の厚さたしかさ鰤載せて 和田祥子
八潮路のさはの鰤場や熊野灘 鈴鹿野風呂 浜木綿
初市の鰤差上げて糶りにけり 霜天
初市や鰤の目凍みて買はれゆく 杉本苑子
初鰤やほのかに白き大江山 季友
初鰤や橋立の文なまぐさき 遊糸
初鰤を獲たる鬨なり灘わたる 河北斜陽
剛の座は鰤大ばえに見えにけり 炭 太祇 太祇句選
加賀太鼓乱れ打つなり鰤起し 溝口青於
千枚田暮れてとどろく鰤起し 和田祥子
半島のだく一湾の鰤場かな 高木 一水
友情の能登荒海の鰤ぞこれ 相馬遷子 山河
地をはしる稲妻くらし鰤のころ 堀口星眠 営巣期
塩打ちし寒鰤の肌くもりけり 草間時彦
塩鰤の届くや飛弾の雪詰めて 今井茅草
塩鰤の市はみぞるゝ夕かな 江流
塩鰤も弥生尽なる片身かな 野村喜舟 小石川
夜に入りて木屑香たつ鰤起し 橋本 薫
大き手もて鰤つかみ佇つ老いし漁婦 柴田白葉女
大き素手もて鰤つかみ佇つ老いし漁婦 柴田白葉女 牡 丹
大俎歳暮の鰤と格闘す 有岡和子
大漁の鰤物語宿の冬 鈴鹿野風呂 浜木綿
大皿に平鰤海に夕日かな 内野修
大食のむかしがたりや鰤の前 炭 太祇 太祇句選
大鰤の口に噛ませて糶の札 たま江
大鰤をずばりと包丁始かな 菅野虚心
大鰤を手土産にして子の帰郷 山田紀子
女あり父は魚津の鰤の漁夫 高野素十(1893-1976)
寒桜鰤寄る潮のうちかすみ 水原秋櫻子
寒流に鰤網重く沈みゆく 小鵜
寒鰤のいづれ見劣りなかりけり 鈴木真砂女 生簀籠
寒鰤のどさりととどく朝の市 荻野輝子
寒鰤の一切のみの煙上ぐ 殿村菟絲子 『樹下』
寒鰤の目の美しさ揃へ売る 猪狩紫水
寒鰤の神のごとくに売られけり 平井照敏 天上大風
寒鰤は虹一条を身にかざる 山口青邨
寒鰤や飛騨を越え来し塩こぼす 中澤康人
寒鰤をおろす刃捌き活魚店 田原幹一郎
寒鰤を糶るや雄声の日本海 海野ふさ子
寝て起きて鰤売る声を淋しさの果 椎本才麿
山々の眠れる下の牟婁鰤場 鈴鹿野風呂 浜木綿
岬の灯をかき消す雪や鰤漁季 鈴木 花
岬荒るゝ夜も鰤番の灯のもるゝ 今村青魚
巻舌の濤の暗黒鰤起し 森田緑郎
市人や鰤たちひらき見得を切る 月尚
平鰤とは屋号のごとしと思い食う 堀之内長一
平鰤の黄線躍る漁火の底 ひらきたはじむ
年取の大鰤梁につるしたり 瀧澤伊代次
引く網の中をしづかに鰤廻る 遠藤冬村
引当てし鰤一本や歳の市 小野喬樹
強東風に鰤網おこす熊野びと 澤田緑生
息はずむゴム装束の鰤漁師 品川鈴子
担がれて届く大きな嫁御鰤 池田世津子
捧げもて氷見の初鰤とどきたり 井上雪
接岸の鰤船裸灯高く吊り 舘岡沙緻
数読んで鰤投げ出すや雪の上 萩男
敷網の内外の紺も鰤の海 皆吉爽雨
方寸の鰤のてり焼きうちかさね 前田普羅 能登蒼し
日の柱立つ寒鰤の定置網 神蔵 器
普陀落の大鰤なれば女体めく 宮武寒々 朱卓
本物は世に出たがらず寒の鰤 加藤郁乎
橋立や次第に重き丹後鰤 楓子
欣一と出て加賀の夜の鰤おこし 角川源義 『冬の虹』
正月用鰤積む暁けの船荷役 小原菁々子
気前よく飲んで寒鰤漁師達 金子 蜂郎
水仙花咲きたけて鰤うまきころ 鷹女
氷見川の河港焦がすは鰤の漁火 黒田桜の園
流人墓地みな壊(く)えてをり鰤起し 石原八束(1919-98)
浦嶋が手釣の鰤や庖丁箱 調和 選集「板東太郎」
浮丸太鰤大敷の形なす 鈴鹿野風呂 浜木綿
海流に鰤の潮来て重なれり 佐野まもる
海猫一階鳶は二階の鰤の風 鳥居おさむ
海荒るる鰤おもへりき患者食 石川桂郎 四温
港まで追ひ来る鴎鰤大漁 梅島 くにお
湯の山の魚屋に鰤床濡らす 石川桂郎
漁船の灯霧の波止の灯鰤荷役 小原菁々子
潮の紺鰤場つらぬきやまぬなり 皆吉爽雨 泉声
火の島の日和崩るゝ鰤起し 土屋仙之
灯ともして鰤洗ふ人や星月夜 子規句集 虚子・碧梧桐選
灯台を境に鰤の漁場を割る 井田立秋
灯明きに水菜と鰤の血を置きて 右城暮石 声と声
炬燵して飛騨鰤談義一頻り 高澤良一 随笑
父祖の地の住み難きかな鰤起し 今牧茘枝
猫の耳ぴくりぴくりと鰤起し 秋武つよし
畦道や鰤五七駄を年の物 鸞路
白衿に針はこぶ夜の鰤起し 井上雪
百の鰤並べて市場始かな 成江洋
真向ひに立山のある鰤場かな 東雲
真東に真向きの番屋鰤の海 峠
石州の狭き入江に鰤荷上げ 水本祥壱
砂山の歌碑に日矢立つ鰤起し 伊藤京子
立働く見えつ鰤船沖を指す 中島斌男
立山の偉を正したる鰤起し 有馬朗人
立山の襞引き締めて鰤起し 蔵 巨水
立山も能登もゆさぶり鰤起し 蔵巨水
笹みどり鰤まくれなゐ蕪白 高橋睦郎
笹緑鰤まくれなゐ蕪白 高橋睦郎 金澤百句
箱ごとに揺れるよ詰めし鰤跳ねて 品川鈴子
箱橇の鰤の荷のゆく鉄砲町 下田稔
簾かく辺波に鰤場遠からず 鈴鹿野風呂 浜木綿
糶札を啣へ目をむく能登の鰤 長谷川閑乙
紀の駅は鰤を跨ぎて席を得つ 米沢吾亦紅 童顔
紺碧の海に育ちし鰤の色 飯島正人
網走の古き曲輪に鰤を糶る 柿山寺
老衲に鰤一本の御年玉 森永杉洞
能登人に待たれてをりし鰤起し 柿島貫之
腹のまだ動ける鰤を波止に糶る 上崎暮潮
舟底に跳ねつぐ鰤や漁始 河北斜陽
舟板に怒れる鰤の血潮かな 卯星
船配り見えてはるかに鰤場らし 上村まつみ女
茶畑の空はるかより鰤起し 飯田龍太
虹の脚怒濤にささり鰤湧く湾 楠美函葩
血潮濃き水にしなほも鰤洗ふ 山口誓子
裏口におろす荷鰤の尾が見えて 桂信子 黄 瀬
裸灯に鰤の白腹百数ふ 細見綾子 雉子
西の岡鰤ことづかる坊主かな 京-苑扇 元禄百人一句
谷戸深く猟男の棲めり鰤起し 石川桂郎 高蘆
身代を賭けし大敷鰤を待つ 逢坂月央子
車人や鰤たちひらき見得を切る 小松月尚
鎌倉の八幡前を鰤運ぶ 裸馬
防人が平鰤となる領土かな 鈴木孝信
陽を中に引きしぼりゆく鰤の網 星野恒彦
隠岐の雲ただならぬあり鰤起し 昆野草丘
雪やむやすなはち青き鰤生簀 細川加賀 生身魂
雪冷えの手先しんしん鰤を截つ 鈴木真砂女 夕螢
青潮のもまれ躍れり鰤と見ゆ 里石
順々にお詰め下さい鰤起し 永末恵子 留守
頭なき鰤が路上に血を流す 誓子
風待の舳艫相打つ鰤起し 和田祥子
首断たれ鰤夕焼を吐き出せり 熊谷愛子
骨正月鰤の頭を刻みけり 野村喜舟
鰤あがり漁港は昼も夜もにぎはふ 岡田日郎
鰤あぐる島の夕べを時雨けり 臼田亞浪 定本亜浪句集
鰤あげ場提灯をどる男の肩 細見綾子
鰤かつぎ込みたる浦の始発バス 森山暁雲
鰤が人より美しかりき暮の町 加藤楸邨
鰤きるや桃花が雪にあるやうに 松瀬青々
鰤くれてかの弟子いまも駅づとめ 亀井糸游
鰤と蜜柑夕日どやどや店に入る 小原俊一
鰤にまだ一旬といふ海の色 出島かず江
鰤に良き潮荒れとこそ漕ぎ勇み 水見句丈
鰤のあら買ひてしみじみ浜育ち 田中英子
鰤の口この一年をしめくくる 高澤良一 ぱらりとせ
鰤の子のさばしる夏に入りにけり 矢島渚男 船のやうに
鰤の尾に大雪つもる海女の宿 前田普羅 能登蒼し
鰤の尾を提げて立ちけり年の暮 水田正秀
鰤の海沖津白波加へけり 水原秋櫻子
鰤の腹広し文箱の入れ所 来山 (妓婦に寄す)
鰤の頭ひようひようと雪の庭に 奥山甲子男
鰤は去り山に蜜柑の花が咲き 藤後左右
鰤は太り秋刀魚は痩せて年の暮 鈴木真砂女 夕螢
鰤を並べ甍は月を忘れざる 宮武寒々 朱卓
鰤を割く船旗が窓にぎつしりと 宇佐美魚目
鰤を吊り大橋の袂なり 岡井省二
鰤を待つ氷見に大きな秋の虹 古舘曹人 樹下石上
鰤を糶る少年すでに魚臭し 高橋柿花
鰤並べ糶市いまだ人入れず 片町一男
鰤売の娘も見たく上りけん 一扇
鰤季の波の瞠く日本海 堀口星眠 営巣期
鰤寄せの撒き餌はじまり島九月 前島たてき
鰤届く能登の荒磯の藻屑つけ 三宅郷子
鰤截つも明日たのめなきくらしとも 鈴木真砂女 夕螢
鰤揚げてより節分の海荒るる 早崎 明
鰤敷にとまる鴎の朝ぼらけ 森田峠 三角屋根
鰤敷にまとひ居る藻もか黒なる 鈴鹿野風呂 浜木綿
鰤敷に八重の高浪たゝみ来る 鈴鹿野風呂 浜木綿
鰤敷に賭けて今年も島を出ず 長谷川回天
鰤敷の怒濤を前に飯を喰ふ 福西正幸
鰤敷や波にやゝ立ち浮丸太 鈴鹿野風呂 浜木綿
鰤敷や海荒れぬ日は山荒るる 西本一都 景色
鰤敷や船炉焚きつれ朝起船 西本一都 景色
鰤敷や隣鰤場も指呼の中 鈴鹿野風呂 浜木綿
鰤敷や雪の降り込む舟焚火 桑田青虎
鰤敷をあぐる金剛裸身かな 本田一杉
鰤景気見られず能登の凪つゞき 松尾緑富
鰤来るか夜雨の潮の香のつのり 斉藤土舟
鰤来るや夜を限りなき雪の声 小田 司
鰤来るや大雪止まぬ越の岬 羽田岳水
鰤漁やをとこの五体しぶきつつ 平井あい子
鰤漁師沖はひつくりかへれると 茨木和生 三輪崎
鰤糶るや雪の吹き入る喉仏 佐々木勇三郎
鰤糶るや鰤に隠るる台秤 一男
鰤網に大きな波の立ち上り 上村占魚
鰤網に月夜の汐のながる見ゆ 柯城
鰤網に縋る蟹あり夜明けつつ 吉沢卯一
鰤網のいま攻め刻や船かしぎ 山口 順子
鰤網の浮標燃ゆ釣瓶落しかな 石原八束
鰤網の見えて港に入りにけり 前田普羅 能登蒼し
鰤網や伊豆山権現波駆りて 水原秋桜子
鰤網をこす大浪の見えにけり 前田普羅 能登蒼し
鰤網をしづめ太平洋曇る 石原義輝
鰤網を干すに眼こはし濱烏 原石鼎
鰤網を揚ぐる舸子らに雪しまき 松尾緑富
鰤網を揚ぐ濡れし胸のけぞりに 松林朝蒼
鰤網を敷きしその夜のしんの闇 下田稔
鰤網を敷く海くらし石蕗の花 秋櫻子 (越中、灘浦)
鰤網を納屋にをさめて春惜む 鈴木真砂女 生簀籠
鰤網を越す大浪の見えにけり 普羅
鰤肥り白磁のごとき胸を揃ふ 墨石
鰤育ちゐるや雲母のごとき海 堀口星眠 営巣期
鰤舟のかかる青海真下にす 山口青邨
鰤船に一湾ゆらぐ能登の暁 日阪昌子
鰤船の師走を帰る響灘 庄司圭吾
鰤荷ふ中間殿にかくれけり 其角
鰤衆の湖中綱曳ただ叫ぶ 本多静江
鰤裂きし刃もて吹雪の沖を指す 彰志
鰤見ては泣き*ほうぼうを見ては泣き 岸本尚毅 舜
鰤起しずしりと重き露伴集 中西舗土
鰤起しと見る間に虹をかかげたる 菖蒲あや
鰤起し一つとどろく佐渡泊り 高木良多
鰤起し体言止めに至るかな 石田時次
鰤起し入江に波をたたせけり 森田 峠
鰤起し大佐渡小佐渡つらぬけり 皆川盤水
鰤起し奇蹟のごとく虹かかり 菖蒲あや あ や
鰤起し巻雲立ちし隠岐の島 久保茘枝
鰤起し悪人の名に虚子あげて 茨木和生 倭
鰤起し旅寝の手足まだ覚めず 奈良文夫
鰤起し杉山檜山色褪せぬ 阿波野青畝
鰤起し沖は鋼の色深む 北見さとる
鰤起し海抜ゼロの町揺する 篠田悦子
鰤起し白山へ雨ともなひ来 新田祐久
鰤起し程よき時化となりにけり 田中田吉
鰤起し米山さんの辺りより 江島つねを
鰤起し腹に徹りて風邪癒えぬ 加藤楸邨
鰤起し軒につかへて沖高し 本多静江
鰤起し連れて漁船の戻り来し 稲畑廣太郎
鰤起し鷹は小猫を狙ひをり 仙田洋子 橋のあなたに
鰤雑煮父母の故郷に縁なしや 茘枝
鰤飛て鰹躍るや師走の賦 米仲
黒潮のその色なせる鰤を揚ぐ 前田 鶴子
黒潮は鰤場鰤場を経ていたる 長谷川素逝
妻は鰤わたしは平目熱帯夜 高澤良一 暮津

鰤 補遺

あきらめて鰤のごとくに横たはる 加藤楸邨
ひとよりも死顔のよき鰤一尾 平井照敏
むらさきに骨正月の鰤の塩 後藤夜半 底紅
一閃光初島は覚めぬ鰤おこし 及川貞 夕焼
二三言言ひて厚き寒鰤置いてゆく 能村登四郎
佐渡の上に日矢旺んなり鰤起し 岸田稚魚 負け犬
何食ふと聞かれて鰤の粗所望 松崎鉄之介
刃を入るるまで寒鰤の厚さ撫でてゐし 能村登四郎
初鰤にこの灘町の人気かな 原石鼎 花影
剛の坐は鰤臆の坐は海鼠哉 正岡子規 海鼠
加賀よりの干し鰤とゞき夏きまる 細見綾子
友情の能登荒海の鰤ぞこれ 相馬遷子 山河
品書きに鰤書き足して鰹消す 鈴木真砂女
塩打ちし寒鰤の肌くもりけり 草間時彦
女あり父は魚津の鰤の漁夫 高野素汁
寒鰤にいどむ老妻血ぬらして 山口青邨
寒鰤に一句授る魚市場 鈴木真砂女 都鳥
寒鰤のいづれ見劣りなかりけり 鈴木真砂女
寒鰤の下頤ばかり月に立つ 加藤楸邨
寒鰤の無念の目口見とれをり 加藤楸邨
寒鰤の熊野灘より到来す 山口青邨
寒鰤の神のごとくに売られけり 平井照敏 天上大風
寒鰤は虹一条を身にかざる 山口青邨
寒鰤をこの世のものとして食める 石田勝彦 百千
峠神九鬼からは鰤奉る 山口誓子
干し鰤に酒吹くならはしをも知りぬ 細見綾子
干し鰤の一片を噛み暑に耐ふる 細見綾子
方寸の鰤のてり焼きうちかさね 前田普羅 能登蒼し
暁紅や浦ひびき出づ鰤の漁 水原秋櫻子 玄魚
暑さ急干し鰤をそぎ切りにして 細見綾子
木船に過ぎぬ鰤船音すさまじ 山口誓子
松籟の高まる鰤を裁ちにけり 鈴木真砂女 居待月
椀替へて鰤の粕汁に酔ふ勿れ 水原秋櫻子 蘆雁
欣一と出て加賀の夜の鰤おこし 角川源義
水仙花咲きたけて鰤うまきころ 三橋鷹女
水商売で終る生涯鰤を裁つ 鈴木真砂女 居待月
水温の急に下りて鰤不漁 高野素汁
流木の裏はまつしろ鰤起し 伊藤白潮
浦々の屋根を打つたる鰤起し 森澄雄
海人と鰤たたかふ波切不動尊 阿波野青畝
海猫乱舞の競り場だ 跳ね河豚 伊丹三樹彦 血流し鰤
海荒るる鰤おもへりき患者食 石川桂郎 四温
灯ともして鰤洗ふ人や星月夜 正岡子規 鰤
灯台の灯のただしさや鰤の海 山口青邨
灯明きに水菜と鰤の血を置きて 右城暮石 声と声
父の忌のせはしき母に鰤焼けたり 松崎鉄之介
盤台に鰤割かれゆく寒の雷 中村苑子
目に見えぬ底潮迅し鰤の海 上村占魚
石鹸で鰤洗う渚ひろびろ少年よ 赤尾兜子 歳華集
砺川に鰤の句多し読みはじめ 高野素汁
福来魚に折々鰤も交るとか 高野素汁
立山の偉を正したる鰤起し 有馬朗人 非稀
老妻の前三尺の鰤据はる 山口青邨
艶歌師のうしろ真青に鰤の海 水原秋櫻子 霜林
茶畑の空はるかより鰤起し 飯田龍太
蕪鮨の鰤すさまじき氷かな 加藤楸邨
血まみれの鰤跳ねかへり跳ねかへる 山口誓子
血潮濃き水にしなほも鰤洗ふ 山口誓子
行きあふや担き来る鰤とすれずれに 山口誓子
裸灯に鰤の白腹百数ふ 細見綾子 雉子
谷戸深く猟男の棲めり鰤起し 石川桂郎 高蘆
貯への薪の明るき鰤おこし 岡本眸
雪上に鰤割く斜視の青年が 飴山實 おりいぶ
雪冷えの手先しんしん鰤を截つ 鈴木真砂女 夕螢
頭なき鰤が路上に血を流す 山口誓子
鰤あぐる島の夕べを時雨けり 臼田亜浪 定本亜浪句集
鰤あげ場裸灯をどる男の肩(富山県新湊港二句) 細見綾子
鰤いなだはまちも豊か市灯る 阿波野青畝
鰤おこし身のどこひびく女ども 加藤楸邨
鰤が人より美しかりき暮の町 加藤楸邨
鰤くふや草加の宿の梅の花 正岡子規 梅
鰤の尾に大雪つもる海女の宿 前田普羅 能登蒼し
鰤の海沖津白波加へけり 水原秋櫻子 餘生
鰤の腹むざと裂かるる年の暮 鈴木真砂女 紫木蓮
鰤の腹白きを裂けば海吠ゆる 鈴木真砂女 居待月
鰤の鎌それとはつきり煮凝に 右城暮石 散歩圏
鰤は太り秋刀魚は痩せて年の暮 鈴木真砂女
鰤を割く店見てここや伊賀上野 山口誓子
鰤を割く辺もなまぐさきことなしに 山口誓子
鰤を待つ氷見に大きな秋の虹 古舘曹人 樹下石上
鰤を担き海と別るる切通 山口誓子
鰤を見る身に帽杖を著けずして 山口誓子
鰤切つて女のこゑを出しにけり 加藤楸邨
鰤到来鰤敷の濤澎湃と 山口青邨
鰤割くを見て古町に入りゆけり 山口誓子
鰤場とて潮泡めぐる磯の稲架 水原秋櫻子 旅愁
鰤場より大台ケ原空に遠し 山口誓子
鰤大漁折から雪をともなひて 鈴木真砂女 居待月
鰤富限らしく家垣つくろひぬ 阿波野青畝
鰤市の焚火跡灰山成せり 右城暮石 虻峠
鰤市の終りしホース水止めず 右城暮石 虻峠
鰤截つも明日たのめなきくらしとも 鈴木真砂女 夕螢
鰤漁の沖の日波や実南天 森澄雄
鰤漁の荒るる沖見ゆ港口 水原秋櫻子 玄魚
鰤網の一切大きうねりに乗り 山口誓子
鰤網の見えて港に入りにけり 前田普羅 能登蒼し
鰤網や伊豆山権現波駆りて 水原秋櫻子 殉教
鰤網をこす大浪の見えにけり 前田普羅 能登蒼し
鰤網を干すに眼こはし浜烏 原石鼎 花影
鰤網を敷く海くらし石蕗の花 水原秋櫻子 旅愁
鰤網を納屋にをさめて春惜む 鈴木真砂女
鰤舟のかかる青海真下にす 山口青邨
鰤舟の傾くときの炉の炎 高野素汁
鰤舟の風にとびつゝ炉の炎 高野素汁
鰤舟を降り来る誰も若からず 岡本眸
鰤荷積む魚臭体臭ここの冬(富山県新湊港二句) 細見綾子
鰤裁ちて男まさりとは言へず 鈴木真砂女 居待月
鰤裁つやわれに定休週二日 鈴木真砂女 紫木蓮
鰤起し杉山檜山色褪せし 阿波野青畝
黒部河口に一姫二太郎鰤の頭 金子兜太

以上
by 575fudemakase | 2015-12-14 03:01 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25176920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング