風呂吹 大根焚の俳句

風呂吹 大根焚の俳句

風呂吹の俳句

風呂吹

例句を挙げる。

ざる一枚風呂吹地酒小一合 黒田杏子 花下草上
ほうほうと風呂吹召され老いたまふ 林紫楊桐
ほろ苦きもの風呂吹と俳縁と 小出秋光
わが生や風呂吹に身の温もりし 森澄雄
伊賀の夜の風呂吹憶ひ寝てしまふ 下村槐太
善か悪か風呂吹を喰つて合点せよ 夏目漱石 明治三十二年
四方の風落ちて風呂吹にある熱さ 久米正雄 返り花
波郷忌や風呂吹に箸あそばせて 小林康治
病む夫に風呂吹の湯気届きけり 中山 康子
禿椀に風呂吹ばかりうづ高き 寺田寅彦
蕪村忌の風呂吹足らぬ人数哉 正岡子規
進みけり白柄の切貝風呂吹の兵 上島鬼貫
雛僧のただ風呂吹と答へけり 夏目漱石 明治三十二年
風呂吹といま生れし句を舌頭に 鈴木栄子
風呂吹にあたゝまりたる夕餉かな 岩木躑躅
風呂吹にとろりと味噌の流れけり 松瀬青々
風呂吹に杉箸細く割りにけり 高橋淡路女 梶の葉
風呂吹に機嫌の箸ののびにけり 石田波郷
風呂吹に水害の身をあたたむる 近藤一鴻
風呂吹に煤うごき居る天井かな 龍胆 長谷川かな女
風呂吹に箸入れて湯気もつれけり 瀬木清子
風呂吹に舌一枚の困るなり 中原道夫(1951-)
風呂吹に舌焼き己れ欺くや 本橋 仁
風呂吹に集まる法師誰々ぞ 子規句集 虚子・碧梧桐選
風呂吹の一きれづつや四十人 正岡子規
風呂吹の味ひ古詩に似たるかな 永田青嵐
風呂吹の味噌は古人のねぶり粕 駒井胡周
風呂吹の味噌火襷となりにけり 阿波野青畝
風呂吹の塗り椀くもる夜雨かな 秋篠光広
風呂吹の夜は一灯で足る暮し 野見山ひふみ
風呂吹の心髄かくもなめらかに 井沢正江 湖の伝説
風呂吹の椀の並びし一会かな 下村 秀の
風呂吹の湯気に皺面つき出せる 川崎展宏 冬
風呂吹の湯気の中なる師弟かな 永田青嵐
風呂吹の湯気の眼鏡となりにけり 草間時彦
風呂吹の熱つ口に夜のとばりかな 原裕 青垣
風呂吹の舌焼くに酒急かれけり 石川桂郎 高蘆
風呂吹はとろ火にあづけ夜なべ妻 中村金鈴
風呂吹は端然とあり味噌蕩け 阿波野青畝
風呂吹やいよいよ父の翁眉 佐藤まさ子
風呂吹やすっと消えたる大首絵 延広禎一
風呂吹やふるき咎めをゆるされて 中戸川朝人 星辰
風呂吹やドラマの母とわれの母 細川加賀
風呂吹や二人の夕餉静かなる 吉村容子
風呂吹や何煮ても思ふ子みな失せ 及川貞 夕焼
風呂吹や使ひふるしに夫婦箸 三ケ尻湘風
風呂吹や動くと見えぬ沖の船 桑島あい
風呂吹や妻とはいつも国言葉 三浦誠子
風呂吹や妻の髪にも白きもの 軽部烏頭子
風呂吹や家族三人は輪になれず 白岩 三郎
風呂吹や小窓を圧す雪曇 正岡子規
風呂吹や山を背にして旅の部屋 椎橋清翠
風呂吹や山裾にねむたくなりぬ 田中裕明 櫻姫譚
風呂吹や師走の闇を鬼女の影 中拓夫 愛鷹
風呂吹や年頃つかふ薬味入 原俊子
風呂吹や忙は心を亡ぼすと 森澄雄 游方
風呂吹や手作り味噌の味添へて 河本遊子
風呂吹や旅の終りの京の宿 幅 降明
風呂吹や曾て練馬の雪の不二 水原秋櫻子
風呂吹や朱唇いつまでも衰へず 村上鬼城
風呂吹や母にとどきし妻の齢 古舘曹人 樹下石上
風呂吹や母にぬけざる国訛 佐久間木耳郎
風呂吹や母に似て来し妻のこゑ 水原 春郎
風呂吹や海鳴しげき島泊り 舘野翔鶴
風呂吹や火棚に吊す熊の肝 菅原多つを
風呂吹や眼鏡曇れば泣く如し 杉山文女
風呂吹や窓にからびし峰二つ 蛇湖句集 田中蛇湖
風呂吹や耳うとき人のあちら向く 蘇山人俳句集 羅蘇山人
風呂吹や蕪村百十八回忌 正岡子規
風呂吹や誠実は愚かなるまでに 福田蓼汀
風呂吹や闇一塊の甲斐の国 廣瀬直人
風呂吹や音におどろく框の雨 古舘曹人 樹下石上
風呂吹や飯粒沈む椀の底 会津八一
風呂吹をすくふ円かさ月の如 赤松[ケイ]子
風呂吹をめでゐる歳をおそれたり 瀧澤伊代次
風呂吹を喰ひに浮世へ百年目 子規句集 虚子・碧梧桐選
風呂吹を妣のぬくみと思ふとき 池松 昌子
風呂吹を褪ます松風入れにけり 久米正雄 返り花
風呂吹を釜ながら出して参らせる 高浜虚子
風呂吹を鞆の泊りの蓋のもの 宮下歌梯
風呂吹を食ふ猟犬も老いにけり 萩原麦草 麦嵐
煮大根のくづれ加減も七日かな 清水基吉
煮大根や烏賊の諸足そり返り 東洋城
煮大根ゆるり清貧裏返す 武田和郎
煮大根を煮かへす孤独地獄なれ 久保田万太郎(1889-1963)
煮大根喉をするりと果報なり 竪阿彌放心
煮大根煮かへす孤独地獄なれ 久保田万太郎
獄にゐてひと懐しや煮大根 角川春樹

風呂吹 補遺

ざる一枚風呂吹地酒小一合 黒田杏子 花下草上
ほほえんでしまいぬ風呂吹き大根へ 池田澄子 たましいの話
ほろ苦きもの風呂吹と俳縁と 小出秋光
わが生や風呂吹に身の温もりし 森澄雄
をりふしに自愛を思ひ煮大根 藤田湘子 てんてん
人多く風呂吹の味噌足らぬかな  正岡子規 風呂吹
伊賀の夜の風呂吹おもひ寝てしまふ 下村槐太 光背
伊賀の夜の風呂吹懐ひ寐てしまふ 下村槐太 天涯
友泊めて飛騨の古謡・煮大根 能村登四郎
夜はそぞろ風呂吹などもよかるべし 石塚友二 磊[カイ]集
大きなるをこそ風呂吹と申すらめ  正岡子規 風呂吹
大なるをこそ風呂吹と申すらめ  正岡子規 風呂吹
煮大根ならいが西にまはりけり 岡本眸
煮大根をゆゑなく欲りて母の忌なり 安住敦
煮大根を通夜の畳の上に置く 草間時彦
煮大根煮かへす孤独地獄なれ 久保田万太郎
甍軽うて易の気の満つ風呂吹よ 永田耕衣
蕪村忌の風呂吹くふや鴨の側   正岡子規 蕪村忌
蕪村忌の風呂吹盛るや臺所   正岡子規 蕪村忌
蕪村忌の風呂吹足らぬ人數哉   正岡子規 蕪村忌
蕪村忌や風呂吹の題蕪の題   正岡子規 蕪村忌
逗留をゆゑなく延ばす煮大根 上田五千石 琥珀
風呂吹きやふるさと遠き男たち 中村苑子
風呂吹きや一家といふも二人きり 山口青邨
風呂吹きを吹き吹き食べて中年過ぎ 鈴木真砂女 夕螢
風呂吹くや梁に漂ふ榾煙 杉田久女
風呂吹にすべく大根の大なる  正岡子規 風呂吹
風呂吹に七變人を會しけり  正岡子規 風呂吹
風呂吹に機嫌の箸ののびにけり 石田波郷
風呂吹に箸を刺しての思ひごと 能村登四郎
風呂吹に葱味噌とわが山家ぶり 石塚友二 玉縄抄
風呂吹に集まる法師誰々ぞ  正岡子規 風呂吹
風呂吹のあつあつに他を忘じゐる 森澄雄
風呂吹のさめたるに發句題すべく  正岡子規 風呂吹
風呂吹の一きれづゝや四十人  正岡子規 風呂吹
風呂吹の一切づゝも一句かな 内藤鳴雪
風呂吹の一椀づつの有難し 高野素汁
風呂吹の一椀今宵仏にも 高野素汁
風呂吹の冷えたるに一句題すべく  正岡子規 風呂吹
風呂吹の匂ひの家や母がゐむ 能村登四郎
風呂吹の口をやかぬぞ口をしき  正岡子規 風呂吹
風呂吹の味をこそわすれ給ふらめ  正岡子規 風呂吹
風呂吹の味噌火襷となりにけり 阿波野青畝
風呂吹の湯気に目つむり海のあり 森澄雄
風呂吹の湯気の中なる師弟かな 永田青嵐
風呂吹の湯気室内を甘くせり 右城暮石 散歩圏
風呂吹の熱つ口に夜のとばりかな 原裕 青垣
風呂吹の舌焼くに酒急かれけり 石川桂郎 高蘆
風呂吹の香や坂下に黒き屋根 松崎鉄之介
風呂吹は三百年の法會哉  正岡子規 風呂吹
風呂吹は熱く麥飯はつめたく  正岡子規 風呂吹
風呂吹は端然とあり味噌蕩け 阿波野青畝
風呂吹やかなしきものに男伊達 上田五千石『琥珀』補遺
風呂吹やこれから先の愛と憎 藤田湘子 神楽
風呂吹やによろりに名あるによろり寺  正岡子規 風呂吹
風呂吹やによろり名高きによろり寺 正岡子規 風呂吹
風呂吹やふるさとに帰るすべもなし 村山古郷
風呂吹やわづかにしのぐ俄寒 水原秋櫻子 蘆雁
風呂吹や乗力ある子となりぬ 赤尾兜子 玄玄
風呂吹や何煮ても思ふ子みな失せ 及川貞 夕焼
風呂吹や北山颪さめやすき  正岡子規 風呂吹
風呂吹や小窓を圧す雪曇 正岡子規
風呂吹や小窓を壓す雪曇  正岡子規 風呂吹
風呂吹や忙は心を亡ぼすと 森澄雄
風呂吹や旅づかれめく病みづかれ 上田五千石『天路』補遺
風呂吹や曾て練馬の雪の不二  水原秋櫻子 餘生
風呂吹や朱唇いつまでも衰へず 村上鬼城
風呂吹や板額の口恐ろしき  正岡子規 風呂吹
風呂吹や母にとどきし妻の齢 古舘曹人 樹下石上
風呂吹や狂歌讀むべき僧の顏  正岡子規 風呂吹
風呂吹や皆鷺流の狂言師  正岡子規 風呂吹
風呂吹や眉に雪置く日を恃み 上田五千石 天路
風呂吹や究竟一の柚味噌にて  水原秋櫻子 餘生
風呂吹や蕪村百十八囘忌   正岡子規 蕪村忌
風呂吹や音におどろく框の雨 古舘曹人 樹下石上
風呂吹をくふや蕪村の像の前   正岡子規 蕪村忌
風呂吹をはさみきるこそ拙けれ  正岡子規 風呂吹
風呂吹を吹いて食べさす嬰のをり 森澄雄
風呂吹を吹き吹き食べて恙なし 鈴木真砂女 都鳥
風呂吹を喰ひに浮世へ百年目  正岡子規 風呂吹
黒塚や赤子の腕の風呂吹を  正岡子規 風呂吹


大根焚の俳句

大根焚

例句を挙げる。

あつあつと風の治まる大根焚 五十嵐彦太
あつあつの婆が涙や大根焚 岸田稚魚 筍流し
いつまでも膝がさむかり大根焚 関戸靖子
お釜はんの鳴り出しにける大根焚(千本釈迦堂) 岸田稚魚 『萩供養』
かたまつて矮鶏の見てをり大根焚 市川 葉
このたびは雨の聞法大根焚 岸田稚魚 筍流し
さみしさのあつけらかんと大根焚 関戸靖子
ざんざ降りの午後とはなりし大根焚 岸田稚魚 筍流し
しやきしやきと婆が働く大根焚 西村和子 かりそめならず
ずぶ濡れの婆ら押し入る大根焚 岸田稚魚 筍流し
たよりなき月の出てゐる大根焚 梶山千鶴子
とんび坐りのうしろに侍る大根焚 岸田稚魚 筍流し
ねんごろに咀嚼し参る大根焚 岸田稚魚 筍流し
はぎれ屋の風のむらさき大根焚 関戸靖子
ははの背はいつも子がゐし大根焚 浅井千代子
ひとときをほろほろ笑ひ大根焚 山上樹実雄
ぶつ切の丸や三角大根焚 高原春二
やゝ震ふ左腕や大根焚 比叡 野村泊月
一山の風動き出す大根焚 加藤石雲
一椀のぬくもりを掌に大根焚 谷口令子
一釜のはやあがりたる大根焚 岸田稚魚 『萩供養』
世の中に婆がこれほど大根焚 橋本文比古
世話方のときなし斎や大根焚 山本八重子
亡夫のことに吾から触れて大根焚 関戸靖子
人の上にいたゞく膳や大根焚 山本梅史
仏恩の梵字賜はり大根焚 佃 郁子
仰山に大根食うべ大根焚 岸田稚魚 『萩供養』
信徒らに終の一釜大根焚 岡田千草
信心の煮つまるいろに大根焚 恩地れい子
僧の声湯気の中なる大根焚 徳本映水
合掌して箸を納むる大根焚 嶋津亜希
大声の法話僧にて大根焚 中村七三郎
大根焚あつあつの口とがりけり 草間時彦
大根焚いろはにほへの下足札 高繁泰治郎
大根焚き炭太祗の句を愛す 成瀬櫻桃子
大根焚き親鸞しのぶと見えぬ顔 伊達外秋
大根焚く匂ひのとどく曼荼羅図 つじ加代子
大根焚く湯気の甘くて夕雀 宮津昭彦
大根焚この日に備ふ外竃 遠藤新樹
大根焚の人中帰る法話僧 五十嵐播水
大根焚やさしき声の婆ばかり 大石悦子 群萌
大根焚三千本の叩き切り 片田千鶴
大根焚子供の靴をポケツトに 田中裕明
大根焚控への釜が湯気を噴き 西村和子 かりそめならず
大根焚日向に杖の二つかな 関戸靖子
大根焚母の年また問はれけり 佐藤信子
大根焚法話最中に配らるゝ 河村宰秀
大根焚混りて僧の鴉めく 宮津昭彦
大根焚湯気の中より大根掬ふ 川口映子
大根焚熱くて法話聞きもらす 東 寿美
大根焚箒の首がほたと落ち 辻桃子
大根焚聴聞の座も湯気にほふ 経谷一二三
大根焚食べて五体の暖まる 廣田天涯
大湯気の中に顔あり大根焚 若林 かつ子
大釜は男手ばかり大根焚 佐藤喜久枝
大釜を据ゑて晴れ来ぬ大根焚 金田初子
婆さまの世話婆がする大根焚 辻田克巳
婆様の世話婆がして大根焚 辻田克巳
小寺とて人になじまれ大根焚 高田淑子
年々の落葉日和や大根焚 名和三幹竹
庭竃の辺りぬかるみ大根焚 由山滋子
弥陀の前食座許され大根焚 向井葵子
後の世もこの世も大事大根焚 北川法雨
御使僧を上座に迎へ大根焚 西川竹風
御僧は長寿を自賛大根焚 大橋とも江
斎の座に洩れくる法話大根焚 平野一鬼
日だまりは婆が占めをり大根焚 草間時彦
昼の靄大根焚く寺つつみけり 池上果山
曼陀羅も拝まれてをり大根焚 金子篤子
朝食を抜いて頂く大根焚 吉村白風
末座には聞えぬ法話大根焚 木代はろし
本堂の暗きに湯気や大根焚 笹浪ひさ子
本堂へ湯気くぐりぬけ大根焚 恒崎 路
死にたれば人来て大根焚きはじむ 槐太
法悦の輪のさんざめく大根焚 大石悦子 群萌
洛中の千寺の一寺大根焚 百合山羽公
火の番の独語おそろし大根焚 関戸靖子
爛番のしぐれてゐるや大根焚 五十嵐播水 播水句集
町方のほとけがほなる大根焚 大石悦子 群萌
祖師像の一笠一蓑大根焚 横谷清芳
立ち食ひも人にならひて大根焚 丸木あや
聞法の恍惚として大根焚 大石悦子 群萌
聞法の襖外して大根焚 坂田流枕
舌焼いて母ぞ恋しき大根焚 岸田稚魚 筍流し
薪の束つぎ~解かれ大根焚 田附涼風
蝋燭の芯切る僧や大根焚 斎藤小夜
護摩終へし僧もいただく大根焚 神谷翠泉
赤ん坊に食べさせてやり大根焚 関戸靖子
酒やめて大根焚にまゐりけり 野村泊月
降つたことおへんと婆や大根焚 茂里正治
青空に一筋の雲大根焚 川端青踏
鳴滝にまたなき日和大根焚 大橋敦子

大根焚 補遺

あつあつの婆が涙や大根焚 岸田稚魚 筍流し
お釜はんの鳴り出しにける大根焚 岸田稚魚
このたびは雨の聞法大根焚 岸田稚魚 筍流し
ざんざ降りの午後とはなりし大根焚 岸田稚魚 筍流し
ずぶ濡れの婆ら押し入る大根焚 岸田稚魚 筍流し
とんび坐りのうしろに侍る大根焚 岸田稚魚 筍流し
ねんごろに咀嚼し参る大根焚 岸田稚魚 筍流し
ひとの名を忘れてわかれ大根焚 飴山實 句集外
仰山に大根食うべ大根焚 岸田稚魚
大根焚あつあつの口とがりけり 草間時彦
大根焚はじまる日向ぼこりかな 岸田稚魚 紅葉山
大根焚やさしき声の婆ばかり 大石悦子
大根腹てふわれら大根焚 岸田稚魚 紅葉山
婆が口うごかすことよ大根焚 岸田稚魚 紅葉山
控へ樽控へ笊あり大根焚 石田勝彦 百千
日だまりは婆が占めをり大根焚 草間時彦
法悦の輪のさんざめく大根焚 大石悦子
洛中の千寺の一寺大根焚 百合山羽公 樂土
町方のほとけがほなる大根焚 大石悦子
白息も門前までや大根焚 石田勝彦 百千
聞法の恍惚として大根焚 大石悦子
膝みちといふべかりける大根焚 石田勝彦 百千
舌焼いて母ぞ恋しき大根焚 岸田稚魚 筍流し
葉も茄でて大根焚の余り釜 石田勝彦 百千
薪積んで築地にあます大根焚 石田勝彦 百千

以上
by 575fudemakase | 2015-12-15 03:11 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25179961
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング