2015年 12月 ねずみのこまくら句会の諸句(コメント付)

2015年 12月 ねずみのこまくら句会の諸句(コメント付)

予選でザッと句を抜いてみたら、下記の如くとなった。
句の前の番号は、選句稿の通し番号

23子福者の破れ障子や笑い声
子福者はこぶくしゃと読むらしい。私には耳新しい言葉である。

26北狐一本道をもどりけり
何か象徴的意味合をも感じる

29豚丼食ふ東大食堂時雨なか
豚丼なんて近頃の流行の外食。それが東大食堂なんぞに侵入して…。外は
時雨。何と無くアンバランスなのだが…

30村の子の冬夕焼けの富士へ跳ね
縄飛びか何かしているのですかネ?

36杖に慣れ通院に馴れ日短し
慣れ馴れのリフレインで繋いだ

42鍋鶴の着地の脚を出しにけり
一瞬、飛行機の着陸時を想像した。

44萱の穂の痩せれば沼の光りけり
「痩せれば」がいい。

46雪富士の全容母郷の家並尽き
所詮、屋並など言っても、原野の一部を占めるもの。であるから「家並尽き」
が納得できる。鳥瞰図的構図。

48花八つ手石蹴りの子のもう居らず
還らぬ青春のうた。日暮れ迄遊んだ日々。

50眠る間は星空に浮く冬山家
冬山家全体が宙に漂っているような錯覚。

53暖冬や虫食ひ野菜虫のもの
今月一番の一句と推したい。巡礼に御報謝の世界である。

54紅葉山日照雨雫も染むばかり
61冬牡丹お七の寺はこのあたり
お七の寺とは 東京 文京区白山の円乗寺。冬牡丹 とお七の寺とを結ぶのは
「炎上」の一語であろう。

63年の瀬や時の流れのまっしぐら
70膝病むで妻と相身互ひの冬
相身互ひの語源は「武士は相身互ひ」からであろう。意は「同じ立場」「同じ境遇」。技は句またがり

72寒蜆洗ひ黒曜石の艶
75弁才窟入口出口石蕗の花
弁才窟は弁財天を祀って在る岩屋で海浜に多い。石蕗もよくそんな所に咲く

82赤門通り銀杏紅葉の張り付ける
銀杏紅葉は銀杏黄葉と書いた方がいい。色の配置の句だ。「赤」と「黄」

88柿の木に柿の実すずめ鳴きやまず
何処か童話の世界を思わせる。

90餅搗き大会火の番役として参加
96上げ潮の音が夜寒の刻刻む
105大文字あらはに見せて山眠る
108花柊こぼれて苔の隙間かな
110絵馬を見る我が背に落葉触れにけり
私は勝手に「触れにけり」のところ、「触れゆけり」と読み替えて戴いた

116青竹を伐り出してゐる年用意
123大焚火暮ゆく富士へ爆ぜにけり
近景か遠景か?無論作者は富士山麓にお住いの方。仰ぎ見ての一句。

124皇帝ダリヤ南極船を見送れり
126義士の日や安兵衛仇討碑にも触れ
128逢はねども欠かさぬ賀状五十年
131畑仕事いまだそこそこ暮早し
132蓮根掘りマシンガンめく水噴きて
136年忘れ匂ひこもごも追込み席
「追込み席」に目が止まった。どうゆう所で使う言葉なのだろう?
作者にお聞きしたい。

137冬耕の鍬ぴかぴかに洗ひけり
138リハビリはもうあと一歩帰り花
145粧ひの山の端一日踏んで来し
146白鳥のその水影の白きこと
白鳥の白きこと影にまで及んでいるといったところ。

148えんどうの手笹を鳴らす空つ風
「手笹」という言葉遣いに注目した。辞書には見当たらぬように思えるが…。
推測だが、手笹はえんどうの蔓が絡みやすいように仕立てた篠竹の類いを叙したものか?

152神南備山のしぐれに道の細りけり
正統派の叙述である。

155老いの身に漠たる不安冬の街
さて「冬の街」がどこまで効いているか定かではないが、気になった句である。

156ウィンドに映して笑む子冬帽子
「冬帽子」のところ「耳袋」もあると思った。

157六甲の風にハーブの穂絮飛ぶ
162とつとつと小津語る人夕時雨
165線刻のほとけの裳裾いちゃう散る
169訪ひたくて訪ひし安達太良鷹渡る
一読、「安達太良」のところ、「半島」と読み替えていた。
著名な鷹の渡りのスポットをネットで調べてみると、関東以西が図示されている。知多半島当たりが代表格であろう。

170バス降りて冬満月との家路かな
「との」の遣い方に親しみが湧く

172マスクして江ノ電車掌指呼のなし
一寸元気の無いところ見逃さなかった。

174旻天へ奏でる雲中菩薩かな
「旻天」はビンテンと読む。秋の空を指す言葉。
宇治平等院の菩薩様を詠んだものらしい。

177雪虫やいつもひとりの野良通ひ
181山眠るわたしも眠るひとりの家
「ひとりの家」と言えば岡本眸のさる句に思い至った。

182鳴き交はす白鳥に覚む湖の宿
190鎌鼬水木しげるは幽界へ
191生きてゐしかば一束の冬菜干す
「生きてゐしかば」と言えば、草田男の例の句を思い出す。但し、ここでは、「住成してをれば」ぐらいの軽い気持ちであろう。

194落葉呑みこみし大鯉ぺと吐きぬ
これは痛快である。私の好みでもある。擬態語の遣い方もここに極まる。

199巻繊汁亡き夫の椀大ぶりよ
毎朝の仏ごと。夫唱婦随であったか?

202報恩講吹き寄せを盛る蒔絵椀
203北風をゆき遠吠え誘ふ急救車
「遠吠え」の比喩さして無理とも思えぬ

204月光裡暗きピアノの帆が進む
内容的には既にあるかもしれぬが、取り敢えず挙げておく。

205綿虫を吹きて忘るる野良疲れ
209小春日のお歯黒獅子に噛まれさふ
「お歯黒獅子」を調べて見ると、確かに歯ぐきまで真っ黒に塗りたくられていた。東京は築地の渡御祭か?

以上
by 575fudemakase | 2015-12-19 05:33 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25191272
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング