ねずみもちのこと

ねずみもちのこと


ねずみもちの実を見る胡散臭さうに     川崎展宏

(略)冬になって黒紫色に熟する実は、鼠の糞によく似ている。この実を鵯などがついばむ。強靱な樹木で、緑地帯や生垣などに多く植えられる。(青柳志解樹)(講談社版の「日本大歳時記」)

先ず ねずみもちの表記については以下の通りである。

――――――――――――――――――――――――――
〔難読・難解語など〕
ねずみもち【鼠黐・女貞】: モクセイ科の常緑低木。関東地方以南に自生。庭木や生垣として栽植。葉は卵形、表面に光沢がある。
初夏、枝端に円錐花序えんすいかじょを出し小花を密生。花冠は
白色で漏斗ろうと状。紫黒色の核果は漢方生薬の和女貞で、
滋養強壮薬。材は器具用。都市部ではトウネズミモチが多い。
タマツバキ。ネズモチ。冬になって黒紫色に熟する実は、鼠の糞
によく似ていて、鵯などが赤い実がなくなる頃からついばむ。
実は別名ネズミノフン、ネズミノコマクラと呼ばれる。
———————————————————————————

さらに wikipediaに依ると

公害に強いことから、公園緑化樹などに利用される。よく目にする生け垣の利用は、国産の近縁種ネズミモチが殆どである。
果実は女貞子(じょていし)という生薬で、強壮作用があるとされる。
近年、鳥に依る糞の被害も拡大し、問題視されている。急速に日本各地に広がりだしているため、侵略的外来樹木としても注意が必要である。

ネズミモチとの区別
トウネズミモチの場合、葉裏を光に透かしてみると葉脈の主脈も側脈も透けて見えるが、ネズミモチの方は、主脈が見えるものの側脈は見えないので判別できる。また、果実はともに楕円形であるが、トウネズミモチの方が球形に近く、ネズミモチはやや細長い。また、総じてネズミモチの方が樹高が低い。

とある。

更に、ネズミモチと トウネズミモチの差違については下記の記述がある。(別のサイト)

●ネズミモチ(鼠黐)● モクセイ科 
学名:Ligustrum japonicum
別名:タマツバキ(珠椿)・テラツバキ
ネズミノフン(鼠の糞)・ネズミノコマクラ(鼠の小枕)
  
果実をネズミのフンに見立て、木がモチノキに似ているから、ネズミモチというとか?
暖地の山野にはえ、高さが2~3mほどにもなる常緑木。
幹は直立し灰色で粒状の皮目がある。
よく分枝するので生け垣にも使われるが、最近は中国産のトウネズミモチをよく見かける。
葉は柄があり、対生し厚くて光沢があり、両端がほぼ等しくとがる。長さ4~8㎝ぐらい。

初夏に白い小さな花が房状につきます。花びらは4枚。
果実は楕円形(ネズミのフンのよう?)で長さ1㎝ほど、黒紫色に熟す。

ネズミモチの果実は『神農本草経』上本に収載され、
「中を補い、五臓を安んじ、精神を養い、百病を除く。
 久しく服することすこやかに肥え、実を軽くして老いず。」とその効能を述べています。
昔から保険強壮薬として用いられていたようです。
民間療法では、葉を熱湯で柔らかくし、腫れ物につける。
また、口内炎には葉のつき汁を口に含んでいるといいそうです。

●トウネズミモチ(唐鼠黐)● モクセイ科 
学名:Ligustrum lucidum

明治の初期に中国から伝えられた常緑高木です。
なんでも、東北地方にはトウネズミモチが普通に見られると聞いたことがあります。

ネズミモチより、葉も花序も全体の姿も大きいです。花が咲く時期も1ヶ月程遅く、花も実もびっしりとつけています。
一番の決め手は,トウネズミモチの葉は葉脈が透けて見えることです。
葉柄が赤く、果実が球形で黒紫色に熟す。

トウネズミモチの漢名は女貞(ジョテイ)という。
『和名抄』には「女貞(ジョテイ)、和名、太豆乃木(たづのき)」とある。
果実を乾燥したものの生薬名は女貞子(ジョテイシ)といい、強壮・強精に効果があるそうです。

――――――――――――――――――――――――――

さて私がこどもの頃、そこらの路地で遭遇したのは トウネズミモチならぬ ネズミモチの方。昭和時代の家の垣根はこのネズミモチか槙か柾の生垣が多かったように記憶している。
梅雨どきの清楚な白花、初冬の乳白色を帯びた黒い実、詩歌の対象は専らこっちのネズミモチの方。

小生はねずみもちのフアンであるから、第一句集名もひらかな表記で「ねずみのこまくら」とした。

ネズミモチの実には、いかにも汚ならしい「鼠の糞」という命名と「鼠の小枕」というメルヘンチックな優雅な命名がある。
しかも、それが同居しているという命名の妙がある。
こんな命名の仕方は、他の何処にあろう。

以下にネズミモチの花と実の例句を挙げる。

女貞の実

かくれ耶蘇ねずみもちの実父に似し 森澄雄
くくくく鳩 くくくく女 ねずみもち 高田波動子
ねずみもちくすみ初めたる実に夕日 高澤良一 さざなみやつこ
ねずみもちの実の青々と気多大社 井上玉枝
ねずみもちの実の黒い子の冬愛せ 梅林句屑 喜谷六花
ねずみもちの実を見る胡散臭さうに 川崎展宏
女貞てふ字がをかしその実また 後藤比奈夫
女貞の実よふるさともさびれたる 森澄雄
掃き了へて夕凍みねずみもちの実に 高澤良一 ねずみのこまくら
鼻先に埃くさき香女貞 高澤良一 素抱
女貞雨しょぼしょぼと至りけり 高澤良一 鳩信
この黝きをねずみの糞とはよう云ふた 高澤良一 随笑  

女貞の花

ねずみもちの花散りて地を浄めけり 松崎鉄之介
ねずみもち咲く辺を妻の往き来せり 高澤良一 ねずみのこまくら
ねずみもち咲けり小さな妻の顔 油布五線
ねずみもち花のまはりのまだ昏れず 高澤良一 さざなみやつこ
古きよき時代の垣花ねずみもち 高澤良一 素抱
女貞の花や失せたる隣組 原田南海子
女貞咲かせこの家地味も地味 高澤良一 鳩信
女貞咲きけり母を帰さねば 永方裕子
女貞花しょぼしょぼ雨となりにけり 高澤良一 寒暑
女貞花つめたき風のながれけり 古舘曹人 樹下石上
女貞花咲くや女の意地もろく 林乃婦子
女貞花雫零して飛び地の墓地 高澤良一 素抱
女貞雨に乏しくなりし花 高澤良一 ももすずめ
征桓立交り咲くねずみもち 高澤良一 ももすずめ
海峡の潮とまりゐて女貞花 横山白虹
父の忌や実となつてゐし女貞 森澄雄
葛飾の溜池ねずみもち散りて浮く 細見綾子
調停所出て大河や女貞花 宮武寒々 朱卓
郵便は一通女貞花の昼 高澤良一 暮津
降る雨が仏くもらす女貞花 茨木和生 遠つ川

以上
by 575fudemakase | 2015-12-21 06:29 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25196774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25
蝉の穴 の俳句
at 2017-08-17 12:23

外部リンク

記事ランキング