冬籠 の俳句

冬籠 の俳句

冬籠の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23343375/

冬籠 補遺

「永眠の壺」をかたへに冬ごもり 上田五千石 天路
あたたかく風なき日にも冬籠 森澄雄
あぢきなや三重の病に冬こもり 正岡子規 冬籠
あるときは鯤の鰭割く冬ごもり 橋閒石 卯
いにし世の冬ごもりけむ床柱 伊丹三樹彦
いのち生く為病院の冬籠 石塚友二 玉縄以後
うす日まださす戸をしめて冬籠る 大野林火 方円集 昭和四十九年
おきものゝ雉子うつくしや冬ごもり 百合山羽公 春園
おのれをもうとんじをりし冬籠 森澄雄
お六櫛鞘に納り冬籠 後藤比奈夫
かがやける障子の穴や冬ごもり 日野草城
かの世より届きし本と冬籠り 長谷川櫂 虚空
かゆといふ名を覺えたか冬籠 正岡子規 冬籠
かゆといふ物をすゝりて冬籠り 正岡子規 冬籠
がぶ~と白湯呑みなれて冬籠 前田普羅 普羅句集
きずがそのままあかぎれとなり冬籠る 山頭火
きのふより今日を大事に冬籠 後藤夜半 底紅
こけし作りて冬ごもり長からず 鷹羽狩行
この潮にひと雨来れば冬ごもり 岡本眸
さもあらん小諸百句や冬ごもり 阿波野青畝
じやがたらの友の便りや冬籠 日野草城
たくあんをかくやに刻め冬籠 森澄雄
ともかうもなくて病氣の冬籠 正岡子規 冬籠
どぼ~と筧の音や冬籠 日野草城
なかなかに病むを力の冬こもり 正岡子規 冬籠
なぞなぞを解て見せけり冬籠 正岡子規 冬籠
はやばやと冬ごもりなり樹胎仏 鷹羽狩行
ひつそりと冬籠るなり一軒家 正岡子規 冬籠
ひとりごとの端聞きとられ冬ごもり 加藤楸邨
ふろしきに芋の皮あり冬籠 正岡子規 冬籠
みちのくの土の馬置き冬籠 福田蓼汀 山火
めつむれば山河きらめく冬籠 大野林火 月魄集 昭和五十五年
もたれよる柱ぬくもる冬籠 正岡子規 冬籠
ものうくて二食になりぬ冬籠 河東碧梧桐
もろもろの楽器音無く冬籠る 正岡子規 冬籠
わが中の洞窟に棲み冬籠 野見山朱鳥 運命
わが老をいたはりてわが冬籠 後藤夜半 底紅
われに来る夢美しき冬籠 森澄雄
ガラス窓に上野も見えて冬籠 正岡子規 冬籠
ガラス窓に鳥籠見ゆる冬こもり 正岡子規 冬籠
シヤガールの蒼きをんなと冬籠り 鍵和田釉子
ニュートンも錬金術師冬籠る 有馬朗人 立志
一客の乱せし心冬籠 後藤比奈夫
一家みな病母につかへ冬ごもり 西島麦南 人音
一村は冬こもりたるけしきかな 正岡子規 冬籠
一村は留守のやうなり冬籠 正岡子規 冬籠
一村は青菜つくりて冬籠 正岡子規 冬籠
一柱に敷居集る冬ごもり 岡本眸
一町は山のどん底に冬こもり 正岡子規 冬籠
一町は山をにらんで冬こもり 正岡子規 冬籠
一箱の林檎ゆゝしや冬籠 正岡子規 冬籠
三味線や里ゆたかなる冬籠 正岡子規 冬籠
三月に南米にゆく冬籠 上野泰
不二のぞくすきまの風や冬籠 正岡子規 冬籠
不器用な男結びも冬ごもり 橋閒石 微光
不盡見ゆる北窓さして冬籠 正岡子規 冬籠
不自由なやうで氣まゝや冬籠 正岡子規 冬籠
中腰で問う 聞く 母の冬ごもり 伊丹三樹彦
主持の小さくなりて冬籠 正岡子規 冬籠
二夫婦二かたまりに冬こもり 正岡子規 冬籠
五器皿を見れば味噌あり冬籠 正岡子規 冬籠
人々の心にあまえ冬籠 星野立子
人も來ぬ根岸の奥よ冬籠 正岡子規 冬籠
人形に愛憎すこし冬籠 後藤夜半 底紅
人形の髪梳り冬籠 後藤夜半 底紅
人来れば雨戸を開けて冬籠 右城暮石 虻峠
人病んでせんかたなさの冬こもり 正岡子規 冬籠
人間の海鼠となりて冬籠 寺田寅彦
今を総てと亀虫と冬籠るなり 金子兜太
今去りし屑屋の素性冬籠 上野泰 春潮
今日の客娘盛りの冬籠 後藤夜半 底紅
今日一日ミサイル飛ばず冬ごもり 三橋敏雄
何となく冬籠り居れば三味の聲 正岡子規 冬籠
何にもかも文にゆだねぬ冬籠り 飯田蛇笏 山廬集
何事もあきらめて居る冬籠 正岡子規 冬籠
何故か昨日なつかし冬籠 星野立子
侃々も諤々も聞かず冬籠 正岡子規 冬籠
信州の人に訪はれぬ冬籠 正岡子規 冬籠
先生の筆見飽きたり冬籠 正岡子規 冬籠
光り動いて竈馬蚰蜒冬籠 金子兜太
兵糧のごとくに書あり冬籠 後藤比奈夫
冬こもりうちむらさきをもらひけり 正岡子規 冬籠
冬こもりをの子一人まうけゝる 正岡子規 冬籠
冬こもり世間の音を聞いて居る 正岡子規 冬籠
冬こもり入相の鐘野から來る 正岡子規 冬籠
冬こもり命うちこむ巨燵哉 正岡子規 冬籠
冬こもり小ぜにをかりて笑はるゝ 正岡子規 冬籠
冬こもり折ゝ猫の啼いて來る 正岡子規 冬籠
冬こもり日記に夢をかきつくる 正岡子規 冬籠
冬こもり晝の布團のすぢかひに 正岡子規 冬籠
冬こもり煙のもるゝ壁の穴 正岡子規 冬籠
冬こもり達磨は我をにらむ哉 正岡子規 冬籠
冬こもり金平本の二三册 正岡子規 冬籠
冬こもり顏も洗はず書に對す 正岡子規 冬籠
冬こもるゆかりの人や西の對 正岡子規 冬籠
冬こもる人の多さよ上根岸 正岡子規 冬籠
冬こもる灯のかすかなり西の對 正岡子規 冬籠
冬ごもりおのが髪もて耳おほひ 岡本眸
冬ごもりかさごをりをり食ぶること 岡井省二 五劫集
冬ごもりそのまゝ年を越さんかな 高濱年尾
冬ごもりぬけてあくがれごころかな 野沢節子 八朶集以後
冬ごもりの袂ぐさこんなにも 種田山頭火 自画像 落穂集
冬ごもりらしくて声も殺しゐる 能村登四郎
冬ごもり七曜めぐること早し 日野草城
冬ごもり人来れば笑ふことありて 大野林火 海門 昭和七年
冬ごもり咳にこもるとおなじかな 大野林火 方円集 昭和五十一年
冬ごもり妻の鼻息をうかがひて 日野草城
冬ごもり寐間着の柄が気に入りて 日野草城
冬ごもり小鳥に人の名をつけて 片山由美子 水精
冬ごもり日に一日の句を溜めて 安住敦
冬ごもり明日には明日の幸あらむ 村山古郷
冬ごもり春さり来たり古歌の如 相生垣瓜人 負暄
冬ごもり朝より朱きペン使ひ 岡本眸
冬ごもり猫額の田を打ち重ね 岡本眸
冬ごもり甘くなるもの軒に吊り 鷹羽狩行
冬ごもり男ばかりの庵かな 正岡子規 冬籠
冬ごもり窮鳥のごとなにごとも 雨滴集 星野麥丘人
冬ごもり腰痛神が居据わりて 村山古郷
冬ごもり障子ひらけば庭の景 日野草城
冬ごもり顧みすれば故人がち 阿波野青畝
冬ごもり風呂に薬を入れにけり 阿波野青畝
冬ごもり鶏は卵を生みつゞけ 鈴木真砂女
冬ごもるみちのく人に出湯あまた 上村占魚
冬ごもる口に糊して罰されず 上田五千石『風景』補遺
冬ごもる大藁庇ふかく垂れ 長谷川素逝 村
冬ごもる子女の一間を通りけり 前田普羅 普羅句集
冬ごもる簷端を雨にとはれけり 杉田久女
冬や今年われ古里にこもりけり 正岡子規 冬籠
冬や今年今年や冬とこもりけり 正岡子規 冬籠
冬籠あるじ寐ながら人に逢ふ 正岡子規 冬籠
冬籠してゐて映画見てはをり 後藤比奈夫
冬籠して疎くをりさとくをり 後藤夜半 底紅
冬籠なるれば廣し四疊半 正岡子規 冬籠
冬籠ひとりの智慧はひとり分 燕雀 星野麥丘人
冬籠りすべしといふもその一つ 高野素汁
冬籠りならず地下宮殿を守る 鷹羽狩行
冬籠りの中に蕎麦刈りすなりけり 右城暮石 句集外 大正十五年
冬籠りほつほつかぢる芋の皮 正岡子規 冬籠
冬籠り三味線折て爐にくべん 正岡子規 冬籠
冬籠り人富士石に向ひ坐す 正岡子規 冬籠
冬籠り倉にもちこむ巨燵哉 正岡子規 冬籠
冬籠り内なる声と応答し 上田五千石 風景
冬籠り日向臭くもなりにけり 相生垣瓜人 負暄
冬籠り琴に鼠の足のあと 正岡子規 冬籠
冬籠り長生きせんと思ひけり 正岡子規 冬籠
冬籠る今戸の家や色ガラス 正岡子規 冬籠
冬籠る家や鰯を燒く匂ひ 正岡子規 冬籠
冬籠る挨拶のごとひとに告げ 大野林火 飛花集 昭和四十四年
冬籠る燈色の天井旅人に 香西照雄 素心
冬籠る父の座右の書を借りて 上野泰 佐介
冬籠る眼に浮ぶもの盲化石 大野林火 方円集 昭和五十二年
冬籠る部屋や盥の浮寐鳥 正岡子規 冬籠
冬籠れば余生飽きしを嘆きに来 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
冬籠わづかに海の端使ひ 岡本眸
冬籠ハイネ冬物語などを読む 山口青邨
冬籠伴侶の如く文机 上野泰 春潮
冬籠佛壇の花枯れにけり 正岡子規 冬籠
冬籠傘立に杖立ちしまま 大野林火 月魄集 距和五十七年
冬籠切にすすめんかと思ふ 高野素汁
冬籠初狂言の稿成りぬ 内藤鳴雪
冬籠和尚は物をのたまはす 正岡子規 冬籠
冬籠四斗樽の底を叩きけり 正岡子規 冬籠
冬籠壁に歌あり發句あり 正岡子規 冬籠
冬籠夜着の袖より窓の月 正岡子規 冬籠
冬籠子猫に情をかけにけり 鈴木真砂女
冬籠宝達の葛夜のものに 大野林火 方円集 昭和五十年
冬籠家は落葉にうもれけり 正岡子規 冬籠
冬籠家動かさん謀りごと 上野泰 春潮
冬籠日あたりに臥てただ夫婦 飯田蛇笏 山廬集
冬籠日記に梦を書きつける 正岡子規 冬籠
冬籠書掻き探す藥かな 正岡子規 冬籠
冬籠書籍に竝ぶ藥かな 正岡子規 冬籠
冬籠書齋の掃除無用なり 正岡子規 冬籠
冬籠本は黄表紙人は鬚 正岡子規 冬籠
冬籠机辺雑然日々に日々に 上野泰 佐介
冬籠柱にもたれ世を觀ず 正岡子規 冬籠
冬籠正坐の猫を乗せて正坐 香西照雄 素心
冬籠湯に入る我の垢を見よ 正岡子規 冬籠
冬籠無事を楽しむことを日々 大野林火 方円集 昭和五十年
冬籠片手に重き広辞林 上野泰
冬籠物くはぬ日はよもあらじ 正岡子規 冬籠
冬籠盥になるゝ小鴨哉 正岡子規 冬籠
冬籠立つたまま本読む少女 金子兜太
冬籠第五句集へ志 上野泰
冬籠背筋正して鯉の陣 香西照雄 素心
冬籠花鳥風月侍らしめ 上野泰 春潮
冬籠茶釜の光る茶間哉 正岡子規 冬籠
冬籠萬巻の書を守るごとし 山田みづえ 忘
冬籠裸體晝をかく頼みなき 正岡子規 冬籠
冬籠見ざる聞かざるこの二つ 星野麥丘人 2003年
冬籠貧乏神と共にかな 村山古郷
冬籠足らぬがままに足るままに 上野泰 佐介
冬籠身に蓄むことの何々ぞ 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
冬籠鑄形にたまる埃哉 正岡子規 冬籠
冬籠隣の夫婦いさかひす 正岡子規 冬籠
冬籠隣もしらぬ味噌の味 正岡子規 冬籠
冬籠雲多きみちのくより戻り 大野林火 月魄集 昭和五十五年
凧の笙雨の小鼓冬籠 上野泰
切抜かれ新聞惨と冬ごもり 鷹羽狩行
前掛といふもの愛し冬ごもり 安住敦
十年の耳ご掻きけり冬籠 正岡子規 冬籠
十津川を出でし柚餅子と冬籠 後藤比奈夫
午過ぎに棒振るならひ冬籠 尾崎放哉 大学時代
去ねいねは路通のことや冬籠 亭午 星野麥丘人
叡山を隔つ障子や冬籠 日野草城
古猫のむささび面す冬籠 百合山羽公 樂土以後
句選びは種子採りに似て冬ごもり 鷹羽狩行
君にとてくはすものなし冬籠 正岡子規 冬籠
君味噌くれ我豆やらん冬こもり 正岡子規 冬籠
吹きならふ煙の龍や冬こもり 正岡子規 冬籠
吾妹子と夢に逢ひけり冬籠 日野草城
咲き呆け壷の菜の花冬籠 山口青邨
咲き絶えし薔薇の心や冬籠 正岡子規 冬籠
咳喰虫あらば飼ひたし冬籠り 林翔
唐の春奈良の秋見て冬籠 正岡子規 冬籠
唐の書や大和の書や冬籠 正岡子規 冬籠
唐紙の白雲形や冬籠 正岡子規 冬籠
商人の坐敷に僧の冬こもり 正岡子規 冬籠
善く笑ふ夫婦ぐらしや冬籠 正岡子規 冬籠
善く笑ふ男が來たり冬籠 正岡子規 冬籠
夕方にも一度ゆあみ冬籠 高濱年尾
夢に舞ふ能美しや冬籠 松本たかし
夢に見し人に文書く冬籠 大野林火 方円集 昭和五十二年
大和糊少なくなりぬ冬籠 上野泰 春潮
大木の中に草家の冬籠 正岡子規 冬籠
大津畫の鬼に見あきぬ冬籠 正岡子規 冬籠
大磯によき人見たり冬籠 正岡子規 冬籠
大空と大海の辺に冬籠る 原石鼎 花影以後
天と地の判らぬ色紙冬ごもり 草間時彦
天地を我に引き寄せ冬籠 上野泰
夫唱婦随婦唱夫随や冬籠 高野素汁
女神の裸体の像や冬籠 正岡子規 冬籠
妻なきを鼠笑ふか冬ごもり 正岡子規 冬籠
子をなぶり子になぶられて冬籠 正岡子規 冬籠
子を持てばなめづる情に冬ごもり 飯田蛇笏 山廬集
家の犬庭駆け廻り冬籠 上野泰 春潮
宿替の蕎麥を貰ふや冬籠 正岡子規 冬籠
小説のわが身辺に冬籠 稲畑汀子
小障子の隅に日あたる冬籠 正岡子規 冬籠
屋根低き宿うれしさよ冬籠 正岡子規 冬籠
屑はらふ手力はあり冬籠 石田勝彦 百千
屑籠に抛る紙屑冬籠 上野泰 春潮
屑籠に抛れば入り冬籠 上野泰
山に入る人便りなし冬籠 正岡子規 冬籠
山も見ず海も見ず船に冬こもり 正岡子規 冬籠
山陰や暗きになれて冬籠 正岡子規 冬籠
座布団の直下南米冬籠 上野泰
庭石も庭木も凡に冬籠 村山古郷
庵ぬしが夜々の手酌や冬籠 日野草城
引潮となりし波音冬籠 上野泰
心徹り気の昂りたる冬ごもり 飯田蛇笏 家郷の霧
心消し心灯して冬籠 後藤夜半 底紅
思ひやるおのが前世や冬籠 正岡子規 冬籠
急霰にあけし障子や冬籠 日野草城
愚直なるおのれに会へり冬籠 上田五千石『琥珀』補遺
戀せじと冬籠り居れば蜘の絲 正岡子規 冬籠
戸の外に言葉洩らさず冬ごもり 鈴木真砂女 夏帯
戸を叩く女の聲や冬籠 正岡子規 冬籠
手をちゞめ足をちゝめて冬籠 正岡子規 冬籠
抽斗に翅をもつ種冬ごもり 鷹羽狩行
拔け穴もありて蛙の冬籠 正岡子規 冬籠
掻き立てし火の粉のよぎる冬籠 岩田由美 夏安
故郷に肺を養ふ冬こもり 正岡子規 冬籠
新妻と八重垣結うて冬籠 日野草城
新宅は神も祭らで冬籠 正岡子規 冬籠
新聞の反故の山や冬こもり 正岡子規 冬籠
新聞は停止せられぬ冬籠 正岡子規 冬籠
日あたりのよき部屋一つ冬籠 正岡子規 冬籠
日のさせば浮くその塵と冬ごもり 鷹羽狩行
日の当る紙屑籠や冬ごもり 日野草城
日当りて北山近し冬籠 日野草城
日当れば火桶もいらず冬籠 星野立子
早寝して夢いろいろや冬ごもり 日野草城
昔さるべき女ありけり冬籠 正岡子規 冬籠
春のもの少し飾りて冬籠 後藤比奈夫
昼の闇得し猫の眼と冬ごもり 中村草田男
書きなれて書きよき筆や冬籠 正岡子規
書を積みし机二つや冬籠り 内藤鳴雪
書燈夜更けて鶏鳴くや冬籠 正岡子規 冬籠
朝々の新聞も見ず冬籠 正岡子規 冬籠
本の山硯の海や冬こもり 正岡子規 冬籠
朽ちし胸空寂として冬ごもり 日野草城
来信へ直ぐに返信冬籠 上野泰 春潮
松すねて門鎖せり人冬籠る 正岡子規 冬籠
枯菊や煙も上げず冬ごもり 日野草城
案を拍て鼠驚くや冬籠 正岡子規 冬籠
椽側へ出て汽車見るや冬籠 正岡子規 冬籠
欠伸して鴨居歪みぬ冬籠 上野泰
次の間へ漏れてゐる灯や冬籠 日野草城
此下に冬籠の蟇眠るらん 正岡子規 冬籠
死にぎはの恍惚おもふ冬籠 森澄雄
母に客我にも客や冬籠 星野立子
河豚くはぬ人や芳野の冬籠 正岡子規 冬籠
泥深き小田や田螺の冬籠 正岡子規 冬籠
湖魚の飴煮は飽かず冬ごもり 水原秋櫻子 蘆雁
湯治場や冬籠りたる人の聲 正岡子規 冬籠
漏刻の筧を恃む冬籠り 津田清子
火と話し水と話して冬ごもり 岡本眸
火曜日は手紙のつく日冬籠 高野素汁
火襷の備前を置けり冬籠 森澄雄
炭二俵壁にもたせて冬こもり 正岡子規 冬籠
煮えたぎる白湯へ白湯注ぎ冬ごもり 鷹羽狩行
熊に似て熊の皮著る穴の冬 正岡子規 冬籠
熊飾り雑草園主人冬籠 山口青邨
燕喜舘貌主これより冬籠 高野素汁
爪もろく剪るに甲斐なし冬籠 飯田蛇笏
爲朝を呼んで來て共に冬籠れ 正岡子規 冬籠
牛喰へと勸むる人や冬籠 正岡子規 冬籠
物差で背を掻く楽し冬籠 上野泰
猫が鼠まぼるを些事とす冬籠 中村草田男
献立表仔細を極め冬ごもり 水原秋櫻子 蘆雁
猿の害防ぐすべなし冬籠 右城暮石 散歩圏
琴の音の聞えてゆかし冬籠 正岡子規 冬籠
用あれば手を叩けてふ冬籠 後藤比奈夫
用のある時立ち上り冬籠 上野泰 佐介
病床やおもちや併へて冬籠 正岡子規 冬籠
痰はきに痰のたまるや冬籠 正岡子規 冬籠
癌の文字トーチカに似て冬籠り 金子 潤
白菜鍋朝より仕込む冬ごもり 水原秋櫻子 蘆雁
盆栽に梅の花あり冬こもり 正岡子規 冬籠
盗まれし牛の訴訟や冬籠 河東碧梧桐
相寄りしいのちかなしも冬ごもり 安住敦
看病の我をとりまく冬籠 正岡子規 冬籠
眼がつねに涙にうるみ冬籠 大野林火 冬雁 昭和二十二年
砂村や狐も鳴かず冬籠り 正岡子規 冬籠
砂糖水もらひ蜜蜂冬ごもり 津田清子
硝子戸の枠真新らし冬籠 右城暮石 上下
礎を起せば蟻の冬ごもり 正岡子規 冬籠
神の代はかくやありけん冬籠 正岡子規 冬籠
窓の扉にバラを描けり冬ごもり 山口青邨
笛一つ釘にかけたり冬籠 正岡子規 冬籠
筆多き硯の箱や冬籠 正岡子規 冬籠
箒さはる琴のそら音や冬籠り 正岡子規 冬籠
簔笠の古びくらべん冬籠 正岡子規 冬籠
紅団扇おとろへもせず冬籠 阿波野青畝
紐ほどくごとく朱を入れ冬籠 岡本眸
縁に出て見るも気晴らし冬籠 高濱年尾
縁側に俵二俵や冬籠 村上鬼城
繍工の足も縫ふ夢冬籠 河東碧梧桐
繪襖の彩色兀ぬ冬籠 正岡子規 冬籠
羽子板の句を案じつつ冬籠 後藤夜半 底紅
老い二人双六におどけ冬籠 山田みづえ 忘
老が齒や海雲すゝりて冬籠 正岡子規 冬籠
老僧の爪の長さよ冬籠 正岡子規 冬籠
耳うとき嫗が雑仕や冬籠り 内藤鳴雪
耳糞の蜂になるまで冬籠 正岡子規 冬籠
聲高に書讀む人よ冬籠 正岡子規 冬籠
肺を病んで讀書に耽る冬籠 正岡子規 冬籠
背に触れて妻が通りぬ冬籠 石田波郷
背の痛きこと気がかりや冬籠 星野立子
能の村上座下座に冬ごもり 角川源義
舟に寝て荷物の間や冬ごもり 去来
芳紀まさに古稀の媼が冬籠 佐藤鬼房
菓子の名の飛騨のかたりべ冬籠 後藤比奈夫
蕪村の蕪太祗の炭や冬籠 正岡子規 冬籠
薔薇の画の額の下なる冬籠 村山古郷
薪をわるいもうと一人冬籠 正岡子規 冬籠
蜘の巣の中につゝくり冬こもり 正岡子規 冬籠
蜜柑剥く爪先黄なり冬籠 正岡子規 冬籠




袴著てゆかしや人の冬籠 正岡子規 冬籠
裏藪の竹盜まれし冬籠り 正岡子規 冬籠
見度きもの行き度き処冬籠 星野立子
親猫はずつしり重し冬ごもり 日野草城
誘はれず誘はず老いの冬籠 藤田素候
読みちらし書きちらしつつ冬籠 山口青邨
豆腐屋も八百屋も遠し冬籠 正岡子規 冬籠
貧書斎志功菩薩も冬ごもり 阿波野青畝
起り来る事に即して冬籠 上野泰 春潮
身ぬちにもたまりゆくもの冬ごもり 片山由美子 天弓
近刊の一書待たるる冬籠 後藤比奈夫
近眼の五度の目鏡や冬籠 正岡子規 冬籠
連句読めば芭蕉が好きや冬籠 星野立子
運坐とさそひ出されぬ冬籠 正岡子規 冬籠
酒旨く飲むこと忘れ冬ごもり 燕雀 星野麥丘人
釋迦に問て見たき事あり冬籠 正岡子規 冬籠
野が見ゆるガラス障子や冬籠 正岡子規 冬籠
金杉や二間ならんで冬こもり 正岡子規 冬籠
金魚鉢池に沈めて冬ごもり 鷹羽狩行
鎌倉の大根畠や冬籠 正岡子規 冬籠
鏡餅大のチーズと冬ごもり 鷹羽狩行
間借りして隣はひとり冬ごもり 上村占魚 鮎
陶工とに晩餐冬ごもり 阿波野青畝
雀らと同じ地隙に冬ごもる 松崎鉄之介
雄叫びの如き波音冬籠 上野泰
集を見て我句楽しむ冬籠 河東碧梧桐
雜炊のきらひな妻や冬籠 正岡子規 冬籠
雲のそく障子の穴や冬こもり 正岡子規 冬籠
電車通ふ度びの地ひびき冬籠 臼田亜浪 定本亜浪句集
青山の學校に在り冬籠 正岡子規 冬籠
青野菜蔵に囲ひて冬籠 右城暮石 句集外 昭和六十年
音もせず親子二人の冬こもり 正岡子規 冬籠
風吹て行燈消えぬ冬籠 正岡子規 冬籠
飛竜頭のなかのぎんなん冬ごもり 草間時彦
飛鳥の蘇などにも馴染み冬籠 後藤比奈夫
飲食をせぬ妻とゐて冬籠 森澄雄
驚かす霰の音や冬籠 正岡子規 冬籠
鶯のなきいつる迄を冬籠り 正岡子規 冬籠
鹿の目を瞼におもひ冬籠 森澄雄
黒わくの手紙受け取る冬籠 正岡子規 冬籠
鼠にも猫にもなじむ冬籠 正岡子規 冬籠
鼠取の藥を買ひけり冬籠 正岡子規 冬籠
鼻かげや只うつむいて冬籠 正岡子規 冬籠
龍の繪をかいて捧げん冬籠 正岡子規 冬籠

冬籠 補遺 続き

あさ顔の蔓もはらはで冬ごもり 成美
あたらしき茶袋ひとつ冬籠 山本荷兮
あたらしき間風の木香や冬籠 嵐青
あるいたらなんぞ拾はう冬ごもり 吾仲
いかに住わかき斗の冬ごもり 土芳
いつまでも女嫌ひぞ冬籠 太祇
うぐひすの巣の隣あり冬籠 青蘿
うしろには松の上野を冬ごもり 成美
おとゞしの余り涙や冬籠 林紅
おもひ寄夜伽もしたし冬ごもり 正秀
かけものゝ壁に跡あり冬ごもり 凉莵
かけ薦のうちをのぞけば冬籠 荻人
きらひなる猫も撫らん冬籠 百里
くらがりに幾おもふどし冬籠り 土芳
こゝあかりかしこあかりや冬ごもり 林紅
さかしらいふ隣も遠く冬篭 几董
せゝられて火桶いそがし冬篭 千那
そぎ尼の故こそあらめ冬篭 嘯山
そこに置け~とて冬ごもり 素丸 素丸発句集
そこ意にや広間の番も冬ごもり 怒風
たる事や世を宇治茶にも冬籠 青蘿
だゞ広ふ宇治の茶の木や冬籠 木因
ちからなや膝をかゝえて冬籠 野坡
つく~と壁のうさぎや冬籠 其角
つく~と小町が姉や冬籠 白雪
つめといふ菜畑もちかし冬ごもり 卓池
でんがくの跡さびしきぞ冬籠 百里
ともすればくらひ好みや冬ごもり 東皐
なき人の来る夜近かれ冬籠 乙二
なき妻の名にあふ下女や冬籠 太祇
ならべたる縄床さびし冬篭 宗波
なんばんに年は寄けり冬ごもり 牧童
はなすかと問るゝ家も冬籠り 去来
ひとりある母でことしも冬ごもり 朱拙
ひとりうつ痛き肬や冬篭 桃隣
ふたりして碁を殺しけり冬篭 杜若
へつらひの中にかくれて冬ごもり 牧童
ほとけ様これや誠の冬ごもり 白雪
よい方へ先落つかん冬ごもり 使帆
クリセウガひとつに生ル冬ごもり 嵐青
一ぱいに日のさす屋根を冬ごもり 鳳朗
一俵を着たりくふたり冬籠り 魯町
一分の冬籠こそ牡丹なれ 凉莵
一日のはししづまつて冬籠 朱拙
一日を仕舞よせてや冬ごもり 游刀
下帯は竿にかけつゝ冬籠 木節
世を蟻のすさび悟らん冬ごもり 暁台
丸屋こそよけれ四角な冬ごもり 露川
二三日大工つかふて冬ごもり 岱水
五色塚今や蚓の冬籠り 壺中
京の水遣ふてうれし冬ごもり 太祇
人を吐く息を習はむ冬籠 千那
人嬉し京の真中に冬ごもり 暁台
人誹る会が立つなり冬籠 小林一茶
仁斎の炬燵に袴冬ごもり 召波
今少し天井高し冬ごもり 嘯山
住つかぬ歌舞妓役者や冬篭 召波
住吉の隅に雀の冬籠り 句空
俳諧の三神こゝに冬ごもり 几董
僧にする子を膝もとや冬ごもり 太祇
先杖をはじめに焼ん冬篭 兀峰
冨士よし野見て来た人や冬ごもり 使帆
冬ごもりうき世の道はたえ~に 暁台
冬ごもりこの水仙や老が友 杉風
冬ごもりとかくして世の情に落 暁台
冬ごもりわれをあるじにしたりけり 鳳朗
冬ごもり五車の反古の主かな 召波
冬ごもり人にものいふことなかれ 惟然
冬ごもり八畳敷をうき世かな 呼童 靫随筆
冬ごもり古き揚屋に訊れけり 太祇
冬ごもり漉水の音夜に入りぬ 白雄 白雄句集
冬ごもり目の草臥んあかりまど 朱拙
冬ごもり籠兼たる日ぞ多き 白雄
冬ごもり飯にうへたるたふとさよ 朱廸
冬ごもる心の松の戸をほそめ 太祇
冬篭り御伽申さん御影の前 杉風
冬篭り炭一俵をちからかな 宗波
冬篭厨に狸釣れたり 嘯山
冬篭書窓に銭の音すなり 嘯山
冬篭老をしらぬか猫の面 介我
冬篭蚊屋の釣手に団かな 露川
冬篭銀もてる子の京にあり 嘯山
冬篭鹿こそ人に喰はるれ 乙州
冬籠うき次手なる別哉 万子
冬籠けふは其角や参るらめ 野坡
冬籠りけふは罪なし針大根 野坡
冬籠り千鳥の筋や一つ窓 野坡
冬籠る壁に主杖の外はなし 凉莵
冬籠る蒜未醤や君が畑 程已
冬籠る衾の上やちり椿 除風
冬籠ル顔や詩人のかぶり物 凉莵
冬籠一字に迷ひ夜戸出哉 暁台
冬籠今朝はいづちの柱ぞや 沾圃
冬籠別に愛する仏あり 嘯山
冬籠力失ふ柳かな 怒風
冬籠夜をりの病時を得し 青蘿
冬籠大黒の灯をもやひけり 士郎
冬籠日のくたびれる明り窓 杉風
冬籠月も二時にはの杖 野坡
冬籠椿一輪燈しけり 乙由
冬籠皷の筒のほこりかな 木導
冬籠米つく音を算へけり 青蘿
冬籠素槍一本具足箱 史邦
冬籠長寝しからぬ人となり 西鶴
凭物を小だてにとるや冬ごもり 嵐青
去々年の余りなみだや冬籠リ 林紅
友とてや猫もかじけて冬籠り 昌房
唇の墨はいつから冬ごもり 凉莵
唐人と人や呼ら人冬ごもり 存義
喰ふ事も浜の真砂や冬籠 乙由
土*がん子も焼火に馴るゝ冬籠 許六
墨染に眉の毛ながし冬籠り 去来
墨染に眉の毛長し冬籠り 去来
売てやる夢さへも見ず冬ごもり 成美
夏からや大火焼屋の冬ごもり 露川
夜ル~のおもしろければ冬籠 樗良
夢に見し深紅の鷹や冬籠 支考
大儀して鍋蓋ひとつ冬ごもり 李由
大小の額の白字や冬ごもり 釣壺
大根で責るもむごし冬籠 許六
天井に取附蝿や冬籠 紫道
安人形冬籠して消し炭や 凉莵
家解は立る地出来る冬ごもり 野坡
寒さうに寒菊生て冬ごもり 木導
小夜更て椎炒る音や冬ごもり 木導
居くろめてこや津の国の冬籠り 仙化
屏風にて庵仕双らべん冬ごもり 土芳
山守や嵐の中の冬ごもり 露川
山方や牛を預かる冬ごもり 呂風
山椒に寐るか起るか冬篭り 土芳
山雀のふくべからはや冬ごもり 木導
山雀もこもりの小箱冬ごもり 杉風
山鳥の尾に見る塵や冬篭 桃隣
弦かけぬ関屋の弓や冬篭リ 桃妖
張廻す壁に伽あり冬ごもり 乙由
後手に樞おとして冬ごもり 水颯
思ふ事戸に書れたり冬篭 召波
悔まれて夜着かぶりけり冬ごもり 游刀
我がやうな人ほしき夜や冬ごもり 非群
我にまた帰る庵あり冬ごもり 太魯
手づからに蕎麦干人や冬籠 野坡
打こけて煩ふこれが冬ごもり 杉風
捨られぬものはこゝろよ冬籠 白雄
摺小木の細工もはてず冬籠 蘆文
摺鉢もならしなればや冬篭 路通
放すかと問るゝ家や冬ごもり 去来
旅舎の嚊嫁子でありしよ冬籠 東皐
春たつや節衣は機に冬籠 乙由
時津風斗吹けり冬ごもり 嘯山
書棚に塩辛壺や冬篭 几董
木枕や十人までは冬籠リ 琴風
来て留守といはれし果や冬籠 太祇
松に来て宿に居ぬ日ぞ冬篭リ 野坡
松の音枕ぞ相手冬ごもり 杉風
枕にもならぬ豆腐や冬籠 乙由
梟の腹肥シてや冬ごもり 露川
横つらの墨も拭はず冬ごもり 太魯
檜香や木曽の堺の冬ごもり 許六
此里は山を四面や冬籠り 支考
母といへ月はむかしの冬ごもり 野坡
毛頭巾をかぶれば猫の冬籠 史邦
気に入の調度ありけり冬籠 存義
気をへらす比に成けり冬ごもり 荊口
汁鍋の跡むつかしや冬ごもり 凉莵
江戸にゐて江戸へ出ぬ日ぞ冬籠 千梅 鎌倉海道
沖の瀬も鳴や静に冬篭 沙明
油火の消て悔むや冬籠 利牛
活僧の打てかはりぬ冬ごもり 嘯山
浪の雪戸板びらめや冬籠 言水 板東太郎
海道から屁をはやすらん冬籠 朱拙
炭の香に膝直さばや冬籠 正秀
燭消て闇に成けり冬ごもり 怒風
爰あかり彼あかりや冬籠り 林紅
物売も橋に屏風や冬籠 露川
獺をたしかに見たり冬ごもり 洒堂
瓶底に心の水や冬ごもり 蓼太 蓼太句集二編
留主つかふ後ぐらさよ冬ごもり 尚白
病中のあまりすゝるや冬ごもり 去来
病人のあまり啜るや冬篭 去来
相伴に着替をかすや冬籠 荻人
眼ごゝろの不尽を小笹に冬籠 鳳朗
眼ばかりは達磨にまけじ冬籠 小西来山
窓へ来る雀ふえけり冬ごもり 梅室
窗に日の一りん牡丹冬ごもり 素外 玉池雑藻
竹の香や市をへだてゝ冬篭 野紅
算用に猫もはいるや冬篭り 浪化
簑むしの我は綿にぞ冬籠 風麦
簑笠も世に足る人や冬籠 露川
約束の松風吹て冬ごもり 蒼虬
続クほど松はしんなり冬ごもり 路健
縫針に嫁は居ルや冬籠 釣壺
羨し綿の大和の冬ごもり 乙由
羨し門は稲ほす冬ごもり 樗良
耳の根に襟を重て冬籠 洒堂
聞ざるや妻はいはざる冬籠 存義 古来庵発句集
脇指も吾もさびけり冬籠 正秀
腰たかきむかし障子や冬籠 土芳
腰高しむかし障子は冬篭 土芳
舟にねて荷物の間や冬ごもり 去来
芦の葉の鷺とすくまむ冬籠 支考
若けれど清るこゝろの冬篭 舎羅
藁筆に手をあらせけり冬籠り 木導
虎の皮臘虎の皮や冬ごもり 木導
蛤のふたみもありて冬ごもり 園女
蝿一羽我を廻るや冬篭 暁台
誉やすしそばで果べき冬籠 旦藁
諂の中にかくれて冬ごもり 杉風
諸人や嵐芝居を冬篭 其角
身に添てさび行壁や冬籠 太祇
酒にあふ水は茶に猶冬ごもり 野坡
野でいはゞ麦は二葉に冬ごもり 吾仲
金かして物おもふ人や冬籠 尚白
鈴ひとつ鋏につけて冬ごもり 蒼虬
鉄槌に蠅をうちけり冬ごもり 完來
雉子一羽諸生二人の冬ごもり 召波
雑炊のなどころならば冬ごもり 其角
難波津や酒をひかへて冬籠 巣兆
雪信が草花珍し冬籠り 智月尼
雷の天骨もなや冬ごもり 乙州
霜月や日まぜにしけて冬籠 去来
青柴や食の吹たつ冬籠 昌房
鬼と見て頼む柱や冬ごもり 如行
鴬やさよの中山冬籠 野坡
鶏もなじむか嶋の冬籠り 許六
鼠にもやがてなじまん冬籠 其角
鼠追ふ火吹竹あり冬篭 嘯山
鼻にまで墨を付けり冬籠 梅室

以上
by 575fudemakase | 2015-12-23 15:19 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25203474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング