水仙の俳句

水仙の俳句

水仙の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23455332/

水仙 補遺の例句

あがりゐる井水の息や水仙花 石田勝彦 秋興以後
うづたかき書物の中に水仙花 山口青邨
かたまって水仙の黄が喚ぶか神 楠本憲吉 方壺集
この寺は三鱗の紋水仙花 山口青邨
つぼみ向きむき水仙の花屏風 鷹羽狩行
なかなかに墨濃くならず水仙花 右城暮石 上下
むらがれる水仙の芽に荷を解かん 中村汀女
むろん供花にも 野水仙季の海難碑 伊丹三樹彦
もの鎮む雪に咲きたち水仙花 石川桂郎 四温
やすやすと家得しにあらず水仙花 藤田湘子 途上
やはらかき水仙粽御所好み 後藤夜半 底紅
よく目立つ春水仙の花の苞 右城暮石 句集外 昭和十三年
よぢれゐて水仙の葉の美しく 上村占魚 鮎
よれよれに吹かれ吹かるる野水仙 清崎敏郎
らつぱ水仙芽吹くよあれは葬りの喇叭 三橋鷹女
ユニフォームにて水仙の囁ける 橋間石 微光
一巌を押しつつみたる野水仙 石田勝彦 百千
一線の抜身水仙寂として 渡邊水巴 富士
一茎の水仙一塊の冬菜かな 山口青邨
三体の観音残る水仙花 河東碧梧桐
仄と咲く水仙 背信ばかりの世 楠本憲吉 方壺集
仏壇の供華の水仙年の暮 清崎敏郎
何も彼も水仙の水も新しき 正岡子規 水仙
何焼きし灰黒々と水仙花 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
佛壇に水仙活けし冬至哉 正岡子規 冬至
凪の日のひかりまつすぐ野水仙 星野麥丘人
切り立ての水仙包む新萱菰(越前岬十九句) 細見綾子
切る時の匂ひほのかに水仙花 右城暮石 句集外 大正十年
初凪や水仙ばかりつんつんと 鈴木真砂女 居待月
別の葉を切つて水仙活けにけり 右城暮石 句集外 昭和五十八年
北朗作るところの壺の水仙みなひらいた 種田山頭火 自画像 落穂集
古寺や大日如來水仙花 正岡子規 水仙
古書幾巻水仙もなし床の上 正岡子規 水仙
句碑の径水仙咲けり野のごとく 山口青邨
只呉れぬ桶一杯の水仙を 星野麥丘人
君見よやむらがる水仙青莟 山口青邨
吹雪く中水仙なほも花かかぐ 山口青邨
呼吸は吐くことが大事や水仙花 石田波郷
和蘭水仙筑後川辺を恋ひ慕ひ 川端茅舎
咲き出でて日向水仙みな白痴 三橋鷹女
唐筆の安きを賣るや水仙花 正岡子規 水仙
喇叭水仙田舎の朝の終りけり 藤田湘子 神楽
園荒るる一茎の水仙咲けるのみ 山口青邨
壺や 瓶や 野水仙挿しまどうほど 伊丹三樹彦
夕雲の水仙を呼ぶひかりなり 藤田湘子てんてん
外套の裾水仙にふちどらる(鎌倉瑞泉寺) 細見綾子
夜の園の水仙に誰が神かをる 上野泰 佐介
大き花圃水仙のみとなりにける 水原秋櫻子 葛飾
大凪とあれば花あげ野水仙 岸田稚魚 紅葉山
宗匠が床の水仙咲きにけり 正岡子規 水仙
寝ることのおそろしき妻水仙花 石田勝彦 百千
小娘の機嫌の会釈水仙花 飯田龍太
小鳥来るほどに晴れたり水仙花 村山故郷
少き日が復り水仙足蹴にす 下村槐太 天涯
岬まで歩くつもりや水仙花 雨滴集 星野麥丘人
島水仙と化したか 戦没少年兵 伊丹三樹彦
島離るとき水仙の香のありき 岸田稚魚 紅葉山
崖の上の雪曼陀羅や野水仙 星野麥丘人
崖ゆする浪の荒れざま野水仙 上村占魚
年の瀬の水仙咲ける仮泊かな 角川源義
強風の野に水仙の花欲しき 右城暮石 句集外 昭和十六年
御儉徳を水仙にたとへ申さんか 正岡子規 水仙
怒濤隔てはガラス一枚 水仙風呂 伊丹三樹彦
成人の日や水仙の青莟 山口青邨
房州の波音庭に水仙花 山口青邨
抱かねば水仙の揺れやまざるよ 岡本眸
描き了へし水仙の壺床わきに 上村占魚 球磨
政子の墓水仙をさす松の内 山口青邨
敵艦を弔す水仙挿しゝばかり 渡邊水巴 富士
文机や水仙の芽の一二寸 内藤鳴雪
断崖に水仙一向宗の国 右城暮石 虻峠
日あたりや馬場のあとなる水仙花 正岡子規 水仙
明るさは海よりのもの野水仙 稲畑汀子
春寒き寒暖計や水仙花 正岡子規 春寒し
春立つや水仙と壁と久しきに 細見綾子 桃は八重
昼過ぎて元日の閑水仙に 森澄雄
暮れて遊ぶや水仙の華胥の国 上田五千石『森林』補遺
更けて酔い戻り水仙の頸整す 楠本憲吉 孤客
月落ちたり水仙白き庭の隅 正岡子規 水仙
有明の水仙剪るや庭の霜 正岡子規 水仙
朝晩のくるしい水仙ふところに 飯島晴子
枯れつくすまで水仙を卓の上 安住敦
枯れはてしおどろが下や水仙花 正岡子規 水仙
枯山を焼きて育てし水仙よ(越前岬十九句) 細見綾子
枯菊を折りて捨てけり水仙花 正岡子規 水仙
枯蓮は阿羅漢水仙は文珠かな 飯田蛇笏 山廬集
梅 水仙 鎌倉の階どこも減る 伊丹三樹彦
棄つるほかなし水仙のすがれしは 安住敦
次の間といふうすやみの水仙花 鷲谷七菜子 天鼓
正月の水仙夫が買ふ慣らひ 細見綾子
正月を水仙の花のさかり哉 正岡子規 正月
母には海の日の出贈らむ水仙花 藤田湘子
母の居間父の墓前に水仙花 星野立子
水かへて水仙影を正しけり 日野草城
水仙、水は池に入る湯は油槽に入る 荻原井泉水
水仙、障子にふるる音が雪らしく 荻原井泉水
水仙がすなほな花をつけにけり 右城暮石 句集外 昭和十年
水仙が人を訓ふるにはあらず 後藤比奈夫
水仙しゃっきり 艀子地蔵 艀に向き 伊丹三樹彦
水仙と唐筆と売る小店かな 河東碧梧桐
水仙と炭取と竝ぶ夜市哉 正岡子規 水仙
水仙と石あり石に海の鳥 水原秋櫻子 殉教
水仙に 二日の入日と 夕月と 伊丹三樹彦
水仙にかかる埃も五日かな 松本たかし
水仙にさはらぬ雲の高さ哉 正岡子規 水仙
水仙にはたきかけたる粉炭かな 正岡子規 炭
水仙にひとりの涙みられけり 日野草城
水仙にもつとも欲しき人ひとり 中村汀女
水仙にわびて味噌燒く火桶哉 正岡子規 水仙
水仙に今樣の男住めりけり 正岡子規 水仙
水仙に写真のライト年忘れ 百合山羽公 寒雁
水仙に十重に二十重に浦の波 高野素十
水仙に取りあはすべきものもなし 正岡子規 水仙
水仙に古書画商ふ小家かな 内藤鳴雪
水仙に年の行き来のありし白 森澄雄
水仙に年ゆきてまだ何も来ず 森澄雄
水仙に手相をたれて観世音 野見山朱鳥 曼珠沙華
水仙に星辰めぐりはじめけり 阿波野青畝
水仙に時計のねぢをきりきり巻く 細見綾子 雉子
水仙に武家門ばかり残りたる 清崎敏郎
水仙に水やる夜の女の手 大野林火 冬青集 雨夜抄
水仙に氷のごとき光塵かな 赤尾兜子 稚年記
水仙に波寄する情ありにけり 安住敦
水仙に湯をいでて穿く毛足袋かな 飯田蛇笏 山廬集
水仙に煤のり初めし瓦窯 飴山實 次の花
水仙に臥すや死神あなどりて 上田五千石『田園』補遺
水仙に花神や来れ城ヶ島 亭午 星野麥丘人
水仙に蒔繪はいやし硯箱 正岡子規 水仙
水仙に軸の渓山奇峭なり 日野草城
水仙に風見えそめて佇めり 高野素十
水仙に黄檗の僧老いにけり 正岡子規 水仙
水仙に黒潮の香の及ぶべし 高浜年尾
水仙に鼬隱るゝ明家かな 正岡子規 水仙
水仙のあひだをとほり竹箒 石田勝彦 秋興
水仙のいつまでかくて莟かな 正岡子規 水仙
水仙のうしろ向きなる沖つ濤 古舘曹人 砂の音
水仙のかなつぼ眼なこ黄なりけり 阿波野青畝
水仙のこち向く花の香をもらふ 中村汀女
水仙のしづけさをいまおのれとす 森澄雄
水仙のはてに倶利迦羅落かな 古舘曹人 樹下石上
水仙の一壺の花に稿をつぐ 高野素十
水仙の一壺凍らせ癒えずあり 小林康治 玄霜
水仙の一花誰か刈り落とし 高野素十
水仙の一茎一花挿しにけり 能村登四郎
水仙の三連星はいさぎよし 山口青邨
水仙の三連星や枯るる中 山口青邨
水仙の三連星を雪間草 山口青邨
水仙の僅に咲て年くれぬ 正岡子規 水仙
水仙の光輪の座も暮れにけり 上田五千石『田園』補遺
水仙の冬にならんで福壽草 正岡子規 福寿草
水仙の切り時といふよかりけり(越前岬十九句) 細見綾子
水仙の吹かるゝ影のもつれけり 清崎敏郎
水仙の喇吼と影の喇吼かな 阿波野青畝
水仙の夕ベまばたく花の数 飯田龍太
水仙の夜は荒星のつぶて打ち 岡本眸
水仙の岬に夜明けを待つことも 稲畑汀子
水仙の峠を越えて来りけり 燕雀 星野麥丘人
水仙の島にひとつの真水井戸 福田蓼汀 秋風挽歌
水仙の島みち不意に海に落つ 阿波野青畝
水仙の影卓に落ち風邪ごこち 古沢太穂 古沢太穂句集
水仙の日向に坐して寫眞哉 正岡子規 水仙
水仙の映り池心に塔一基 福田蓼汀 秋風挽歌
水仙の束とくや花ふるへつゝ 渡邊水巴 白日
水仙の枯れゆく花にしたがふ葉 安住敦
水仙の水かえて朝の炭火匂う 飴山實 おりいぶ
水仙の水替へ海綿の水も替ふ 安住敦
水仙の百枚書きや春寒し 尾崎放哉 大学時代
水仙の瞳をかんじゐて偽れり 橋間石 雪
水仙の群落に山焼くが見ゆ 松村蒼石 雪
水仙の芯自らを囲ひたる 中村草田男
水仙の花うながして土をかく 右城暮石 散歩圏
水仙の花に水音ばかりして 右城暮石 句集外 平成二年
水仙の花のうしろの蕾かな 星野立子
水仙の花の伏したる雪の上 高野素十
水仙の花の日なたも冱ての中 長谷川素逝 暦日
水仙の花の盞うつ雫 山口青邨
水仙の花の黄凍ててこちこちに 右城暮石 句集外 平成五年
水仙の花ばかりなる入日かな 桂信子 花影
水仙の花を暮らしの糧として(越前岬十九句) 細見綾子
水仙の花を貫く緑かな 阿波野青畝
水仙の花を重しと雪の中 山口青邨
水仙の花咲くことを忘れたり 正岡子規 水仙
水仙の花採りしあと葉の乱れ 右城暮石 散歩圏
水仙の花空白にかこまるる 藤田湘子 神楽
水仙の花萎みたる接木哉 正岡子規 接木
水仙の花触るゝ顔笑ふべし 渡邊水巴 白日
水仙の花釵や洛の神 正岡子規 水仙
水仙の芽のはるかより鶸のこゑ 飯田龍太
水仙の芽のほのぼのと年迫る 飯田龍太
水仙の莟に星の露を孕む 正岡子規 水仙
水仙の莟は雪にうもれけり 正岡子規 水仙
水仙の莟ばかりの庭もよし 山口青邨
水仙の莟隆々苞の中 山口青邨
水仙の葉のおのづから天地人 鷹羽狩行
水仙の葉のまづ寒にいたみけり 安住敦
水仙の葉の野放途に海寂し 飯島晴子
水仙の葉ばかりなるがいさぎよし 右城暮石 散歩圏
水仙の身をもてゆるるかすかにも 清崎敏郎
水仙の雪となりけり爪木崎 石塚友二 玉縄抄
水仙の露に眼の塵を洗はんか 正岡子規 水仙
水仙の青深き葉の花かこむ(鎌倉瑞泉寺) 細見綾子
水仙の頷き合える余命かな 橋間石 橋間石俳句選集 『和栲』以後
水仙の香にちと動悸したりけり 岸田稚魚 紅葉山
水仙の香も潮の香も路地のもの 稲畑汀子
水仙の黄にさく頃や御見拭 正岡子規 水仙
水仙の黄変したる書院かな 阿波野青畝
水仙は只竹藪に老いぬべし 正岡子規 水仙
水仙は咲かでやみけり霜柱 正岡子規 霜柱
水仙は垣根に青し初しくれ 正岡子規 時雨
水仙は水吸ふ石からも寒旱 山口青邨
水仙は畑三反の主かな 正岡子規 水仙
水仙は英霊に咲きし花にこそ 渡邊水巴 富士
水仙ほのと藪凪げる真昼歩く鳥 種田山頭火 自画像 層雲集
水仙も紅梅も供華母の手に 三橋鷹女
水仙も處を得たり庭の隅 正岡子規 水仙
水仙やいま夢の尾の僧をにくみ 飯島晴子
水仙やおろそかならぬ竹囲ひ 石田勝彦 秋興以後
水仙やおん母まつるいくとせぞ 水原秋櫻子 蓬壺
水仙やかりそめに挿す一瓶子 日野草城
水仙やこゑ密々と仏たち 上田五千石 天路
水仙やすでに東風吹く波がしら 水原秋櫻子 晩華
水仙やたまらず老いし膝がしら 小林康治 四季貧窮
水仙やばてれん墓の十あまり 角川源義
水仙やひそかに厳と昇給差 草間時彦 中年
水仙やものもあげさる藪の神 正岡子規 水仙
水仙やゆかしがらるゝ白拍子 正岡子規 水仙
水仙やよく眠りたりよく晴れたり 星野立子
水仙やカンテラに似て灯はともり 飴山實 おりいぶ
水仙やバネのよく利く花鋏 阿波野青畝
水仙や一族島に住み古りて 鈴木真砂女 居待月
水仙や一碧をなす御座の海 深見けん二
水仙や乗雲の徒の散りぢりに 永田耕衣
水仙や亡命客の七言詩 阿波野青畝
水仙や何より寒き日がかなし 百合山羽公 故園
水仙や冷たかりし名の紅晶女 渡邊水巴 富士
水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし
水仙や土塀に見こす雪の山 正岡子規 水仙
水仙や土塀の上に雪の山 正岡子規 水仙
水仙や子の代に譲るリリシズム 林翔 和紙
水仙や寧き日待てる病家族 石田波郷
水仙や島裏は日の尖りがち 上田五千石 森林
水仙や師へおとづれは墨もてかく 富安風生
水仙や愛すは花鳥諷詠詩 高田風人子
水仙や才を恃みて三十路過ぐ 草間時彦 中年
水仙や明日の晩といふ期待 藤田湘子 てんてん
水仙や晉山の僧黄衣なり 正岡子規 水仙
水仙や更に一句を成さんとし 中村汀女
水仙や朝日のあたる庭の隅 正岡子規 水仙
水仙や来る日来る日も海荒れて 鈴木真砂女 居待月
水仙や根から花さく鉢の中 正岡子規 水仙
水仙や残像として闇に冱つ 下村槐太 天涯
水仙や母の鏡は母の丈 鷹羽狩行
水仙や波大島へこぞり飛ぶ 水原秋櫻子 霜林
水仙や海に鍛へし声忘れず 水原秋櫻子 蘆雁以後
水仙や海老の軟骨ほぐし食ふ 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
水仙や灯影はせめて加ふべし 中村汀女
水仙や玄海曇る風の垣 角川源義
水仙や瑞渓の硯紫檀の卓 内藤鳴雪
水仙や看護婦に腋拭はるる 石川桂郎 四温
水仙や祗園にひとり女弟子 藤田湘子
水仙や紙につゝんで馬の鞍 正岡子規 水仙
水仙や紫袱紗黒茶碗 正岡子規 水仙
水仙や老母庭はく朝まだき 正岡子規 水仙
水仙や荒れつつかすむ沖津波 水原秋櫻子 梅下抄
水仙や衣づれ音に時が過ぐ 能村登四郎
水仙や袴はかすも作務のうち 飴山實 次の花
水仙や貧乏徳利缺茶碗 正岡子規 水仙
水仙や貨車通過音揺曳す 藤田湘子 途上
水仙や贏弱の身にこの寒さ 日野草城
水仙や起承転結ととのはず 阿波野青畝
水仙や非情非非情十七字 阿波野青畝
水仙や風の名残の濤の声 水原秋櫻子 殉教
水仙より母の白髪の白かりき 石田波郷
水仙をうつすや庵の鍬始 正岡子規 鍬初
水仙をきびきび活けて一礼す 中村苑子
水仙をちりばむ裳裾燈台あり(越前岬十九句) 細見綾子
水仙をまはり水底へ行く如し 藤田湘子
水仙をよくよく見たる机かな 桂信子 樹影
水仙を供華とせしこと両三年 燕雀 星野麥丘人
水仙を八咫の鏡と見しけふぞ 山口青邨
水仙を出荷するとて賑ひぬ 細見綾子
水仙を切り出すに雨あたたかき(越前岬十九句) 細見綾子
水仙を刈り捨て焚ける一事件 星野立子
水仙を剣のごとくに活けし庵 山口青邨
水仙を剪つてこと足る誕生日 飴山實 句集外
水仙を剪つて青年母に詫ぶ 三橋鷹女
水仙を剪る雲嶺の暮れぎはに 百合山羽公 故園
水仙を咄嗟に買ひぬ何処へ行かむ 星野麥丘人
水仙を尋め来りしが荒磯雨(越前岬十九句) 細見綾子
水仙を手に大仏ををろがめり 飴山實 花浴び
水仙を持ちてあるけり都府楼址 飴山實 辛酉小雪
水仙を捨てたる雪が少し凹む 安住敦
水仙を活けて濡れたる手を洗ふ 岡本眸
水仙を活けて萎みし迄の日日 上野泰 佐介
水仙を生くる今日より明日へ向け 後藤比奈夫
水仙を生けしこころに習ひけり 後藤夜半 底紅
水仙を生けても心定まらず 深見けん二
水仙を生けて心に月雪花 後藤比奈夫
水仙を生けて日脚を顧みる 後藤比奈夫
水仙を背負ひて海に降り来たる(越前岬十九句) 細見綾子
水仙を背負ふ籠にて目の粗き(越前岬十九句) 細見綾子
水仙を見にゆく旅の赤鉛筆(越前岬十九句) 細見綾子
水仙を見に丹生山の雪を越え(越前岬十九句) 細見綾子
水仙を買ひ風塵にまぎれ行き 中村汀女
水仙を過ぐると口調かはりゐる 加藤秋邨
水仙を遠ざかるとき近づく香 稲畑汀子
水仙切る出稼ぎ夫を遠ちに置き(越前岬十九句) 細見綾子
水仙咲き啄木はゐず世を経し家 村山故郷
水仙売りし銭ふところに年を越す(越前岬) 細見綾子
水仙売りの髪のかはきの風邪気なる 大野林火 冬青集 雨夜抄
水仙段丘 のぼる 裾長マントの緋 伊丹三樹彦
水仙結ふ腰藁しごきしごきけり(越前岬十九句) 細見綾子
水仙羨し風を聴く黄の耳持つ故 楠本憲吉 方壺集
水仙花いくたび入院することよ 石田波郷
水仙花三年病めども我等若し 石田波郷
水仙花九曜の星をつらねけり 三橋鷹女
水仙花伏樋を畑の境とす 福田蓼汀 山火
水仙花切字あるごと匂ひけり 阿波野青畝
水仙花刹那のひかり花に満つ 日野草城
水仙花咲きたけて鰤うまきころ 三橋鷹女
水仙花校了の朱筆おきにけり 渡邊水巴 富士
水仙花深くなりゆく波の音 亭午 星野麥丘人
水仙花眼にて安死を希はれ居り 平畑静塔
水仙花睡りの末の息くるし 石田波郷
水仙花行更へて文さやかなる 渡邊水巴 富士
水仙買ひし母はだまつて闇に入る 大野林火 冬青集 雨夜抄
水仙頸長子の恋人が遊びに来 安住敦
水仙黒くまた今日を返却す 永田耕衣
沼島まで海が眩しき野水仙 岸田稚魚 紅葉山
波音の今日は届かず野水仙 稲畑汀子
浪寄せて水仙の花白きかな 山口青邨
火ぶくれの葉水仙かざりつけ 飯島晴子
烏賊裂きてくれし女も水仙摘む(越前岬十九句) 細見綾子
病室の八隅のひとつ水仙凍つ 石田波郷
百両の石は小さし水仙花 正岡子規 水仙
百茎の水仙花を君のため 山口青邨
眄に水仙の葉や熱のぼる 石田波郷
真つ直ぐに蕾む水仙葉と共に 右城暮石 句集外 平成元年
眦に水仙一花読初め 上野泰
石塊に水仙挿して嗚呼わが墓 三橋鷹女
祭神は天鈿女や水仙花 燕雀 星野麥丘人
禿倉暗く水仙咲きぬ藪の中 正岡子規 水仙
禿倉暗く水仙白し庭の隅 正岡子規 水仙
空棺を供えたりけり水仙に 永田耕衣
窓はたかく鎖されて水仙咲けり 種田山頭火 自画像 層雲集
筆洗の水こほしけり水仙花 正岡子規 水仙
筆立の筆新しや水仙花 上野泰
素顔よし水仙の香の娘の香 松崎鉄之介
群落の水仙砂に風音して 古舘曹人 能登の蛙
肖像は僧一遍や水仙花 燕雀 星野麥丘人
芋の跡水仙植ゑてまばらなり 正岡子規 水仙
荒磯に雨しぶく日の水仙花(越前岬十九句) 細見綾子
落葉の、水仙の芽かよ 種田山頭火 草木塔
蕾また咲くと水仙長く切る(越前岬十九句) 細見綾子
薄氷の中に水仙咲きにけり 正岡子規 水仙
藁と鎌腰に水仙山のぼる(越前岬十九句) 細見綾子
蛸壺に水仙を活けおほせたり 正岡子規 水仙
赤ん坊の嚏がとんで野水仙 石田勝彦 秋興
赤インキこぼし茫然水仙花 山口青邨
跫音が跫音を聞く寺の水仙 飯島晴子
軸の前支那水仙の鉢もなし 正岡子規 水仙
過ぎし日も水仙はその折々に(十年回顧) 細見綾子
道具車水仙提げて通りけり 飯田蛇笏 山廬集
都恋ふるさまに打ち伏し野水仙(紀貫之邸跡) 鷹羽狩行
野水仙ここに香を溜め香を放ち 稲畑汀子
野水仙てのひら燃えて戻り来し 石田勝彦 百千
野水仙ときに鋭き目を烈風裡 飯田龍太
野水仙岬径絶ゆるなくつづき 清崎敏郎
野水仙波先よりも賑々し 鈴木真砂女 居待月
野水仙風に耐ふるはなかりけり 石田勝彦 百千
針供養水仙ねぢれ梅曲り 百合山羽公 寒雁
鉢浅く水仙の根の氷りつく 河東碧梧桐
長き葉の水仙何となくまとめ 能村登四郎
長け水仙ばかり 徒雪囲いばかり 伊丹三樹彦
降りすぎて水仙まつりなかりけり 星野麥丘人
雁過ぎて水仙に水さしにけり 渡邊水巴 白日
雪かかる六たび七たび水仙に 山口青邨
雪ふりつもる水仙のほのかにも 種田山頭火 自画像 落穂集
雪中の水仙雪の香とにほふ 山口青邨
雪降るや霏々と水仙埋むべく 山口青邨
風におろおろ水仙の一家族 岡本眸
風を聞きをり水仙の香ほのかなる 種田山頭火 自画像 層雲集
風邪熱の冷めて夜深し水仙花 松本たかし
風雲に水仙の葉のみな勝気 藤田湘子 神楽


水仙 続補遺 

おく霜の敵をみかたに水仙花 乙訓
おもかげの透通りけり水仙花 三宅嘯山
おもひ出すたぐひやはやき水仙花 舎羅
かけものや水仙のぼる花の影 浪化
からき世をぬけて出るや水仙花 程已
きくほどにないが費の水仙花 成田蒼虬
きせ綿や菊のぬぎ置く水仙花 土芳
しかもはや水仙咲て空日哉 秋之坊
たてつけの日影ほそしや水仙花 惟然
どれとつて捨る葉もなし水仙花 凉菟
なを清く咲や葉がちの水仙花 非群
ふくろ戸の押絵に書や水仙花 木導
むらさきの雪を待ばや水仙花 中川乙由
一すじもあだなるはなし水仙花 凉菟
縁壁やわれて日のもる水仙花 曲翠
下萌や水仙ひとり立しざり 千代尼
何事もござらぬ花よ水仙花 惟然
花もなき水仙埋む落ばかな 炭太祇
寒いめにあふてひらくや水仙花 凉菟
紀の国の宿尋けり水仙花 風国
行燈とれ水仙に月うけて見ん 三宅嘯山
此こゝろ一すじやさし水仙花 凉菟
根あぶりに水仙下る御次かな 田川鳳朗
小座敷の客の土産や水仙花 木導
小坊主の上下きたり水仙花 素覧
笑ふ時美人消へけり水仙華 越人
真直な跡をしたふや水仙花 中川乙由
水くさい心ならねど水仙花 吾仲
水仙うるはしく世の人我を失はん 不玉
水仙と梅の膚に年暮ぬ 舎羅
水仙にあたる朝日の廻りかな 野紅
水仙にあの火はゆかし障子越 支考
水仙にころぶや雪の女郎花 沙明
水仙にたまる師走の埃かな 高井几董
水仙になを分行やほし月夜 其角
水仙にゝつかぬ客や恵美須講 風国
水仙に一字の師なし床柱 路健
水仙に鴬さびし葭の中 諷竹
水仙に花なき里の小鴨かな 松窓乙二
水仙に弓ひく草はなかりけり 中川乙由
水仙に口切寺の菜飯かな 正秀
水仙に口髭さはるほとけかな 三浦樗良
水仙に作事は済て梅の客 丈草
水仙に霜の白さをつたへけり 夏目成美
水仙に待合てや残る菊 凉菟
水仙に筆勢も有手向草 中川乙由
水仙に面かげさむし墓の松 林紅
水仙に尤つけるさむさかな 野紅
水仙に来るものひとへとしの明 土芳
水仙に来るもの一重としの明 土芳
水仙のこゝろは水に咲合点 支考
水仙のさかりや空の照おしみ 釣壺
水仙のとちほりかへすあつさ哉 雪芝
水仙のとのゐ怪シ被を射とめけり 仙化
水仙のなまあたゝかな二月かな 土芳
水仙のほつれかゝるや朝あらし 斜嶺
水仙の影やすゝどき鉢の水 木導
水仙の花たてまつる仏かな 支考
水仙の花なき宿や鰒と汁 成田蒼虬
水仙の花にすねたる梅もこりや 芦角
水仙の花のみだれや藪屋しき 惟然
水仙の花の高さの日かげ哉 智月尼
水仙の花もしら~風も吹 芙雀
水仙の華にや月のすき通る 車庸
水仙の寒きかぎりを咲にけり 田川鳳朗
水仙の寒き骨髄ひらきけり 三宅嘯山
水仙の干セ加減見る暑さかな 嵐青
水仙の器用に厚き光かな 三宅嘯山
水仙の茎はねぢれぬ秤かな 桑鶴 江戸名物鹿子
水仙の見る間を春に得たりけり 路通
水仙の香にゐならぶや夷講 風国
水仙の香やこぼれても雪の上 千代尼
水仙の手を洗ふたる匂かな 蘆文
水仙の種を干日やせみの声 嵐竹
水仙の世を見済して咲にけり 三宅嘯山
水仙の組合はなし独武者 蝶羽
水仙の霜やあみだの爪はじき 露川
水仙の台に三世のほとけ哉 吾仲
水仙の堤たづねむ仏の坐 尚白
水仙の北はいくへのなみの音 尚白
水仙の名所らしき月夜かな 成田蒼虬
水仙の猶出来ものやふくさ紙 りん女
水仙の葉は結ばるゝ物ながら 凉菟
水仙の葉は綿入と見ゆるかな 桜井梅室
水仙はわすれ草かと問れけり 鈴木道彦
水仙は香をながめけり今朝の雪 千代尼
水仙は佐藤が舘の匂ひかな 塵生
水仙は清く豆腐の寒哉 支考
水仙は葱のきはにて咲にけり 夏目成美
水仙は名さへつめたう覚えけり 千代尼
水仙や*かんなつゐでの小嶋台 其角
水仙やいつの御狩に主めす 一笑(金沢)
水仙やうき世小路の玉すだれ 加藤曉台
水仙やうぐひすくぜる藪の中 桃先
水仙やおもへば主馬かわか死は 嵐雪
水仙やくもりを直す目の人見 りん女
水仙やぞつと出揃ふ畑のすみ 岱水
水仙やたれが骨よりかゝる花 蓼太 蓼太句集二編
水仙やつぼみの中もしれた事 蘆本
水仙やまだ葉斗の手向草 成田蒼虬
水仙やみづ菜の中の花印 鼠弾
水仙やもとより脛は雪の肌 素丸 素丸発句集
水仙やものにさはらぬ身のひねり 中川乙由
水仙や庵の会釈の伐へらし 野坡
水仙や囲ひの花を藪に見る 野坡
水仙や引さき紙に珍重す 黒柳召波
水仙や屋根が出来たと啼烏 建部巣兆
水仙や花好な子の手もつけず 田川鳳朗
水仙や寒い道理で白い筈 除風
水仙や茎みじかくと己が園 炭太祇
水仙や玄関たゝく雪のくれ 臥高
水仙や己が天地を藤四郎 亀世
水仙や江戸の辰巳のかぢけ坊 一茶 七番日記
水仙や歯朶買ふ心あすになる 松窓乙二
水仙や七日目ごとの夜のはな 秋之坊
水仙や室町殿の五間床 黒柳召波
水仙や女ごゝろの一トねぢれ 文里 太郎河
水仙や畳の上に横たふし 炭太祇
水仙や折葉もさらに浜あらし 加舎白雄
水仙や撰退た葉も無疵もの 田川鳳朗
水仙や誰がおもざしを忍ぶべき 荊口
水仙や朝寝をしたる乞食小屋 惟然
水仙や田へ行水のもる垣根 成田蒼虬
水仙や土をはなれて箱の中 車庸
水仙や筒の工夫に日のくるゝ 成田蒼虬
水仙や禿はつれぬ朝ぼらけ 扇竹 梨園
水仙や届ヶぬうちに問に来ル 園女
水仙や背戸は月夜の水たまり 成田蒼虬
水仙や負る物なき二王立 斜嶺
水仙や武士風俗の美少年 三宅嘯山
水仙や胞衣を出たる花の数 炭太祇
水仙や門を出づれば江の月夜 各務支考
水仙や門を出れば江の月夜 支考
水仙や夜の宮女の捨帋燭 千那
水仙や野にある時はたゞの草 成田蒼虬
水仙や薬の御園守あたり 黒柳召波
水仙や藪の付いたる売屋敷 浪化
水仙や藪の付たる売屋敷 浪化
水仙をまつ命なし霜の蝶 文鳥
水仙を小町が哥の姿かな 十丈
水仙を生しや葉先枯る迄 炭太祇
水無月の水を種にや水仙花 不玉
是非さけと云るゝ顔や水仙花 露川
清浄な葉のいきほひや水仙花 凉菟
霜雪の草にまよふや水仙花 十丈
太閤の顔をのぞくや水仙花 許六
大坂を出て旅するや水仙花 文鳥
歎く手の香もふるふや水仙花 非群
炭の手で直に生るや水仙花 木導
暖さ水仙があゝ莟んだぞ 惟然
茶の花の首から上や水仙花 許六
朝霜や顔でかぞゆる水仙花 露川
朝露に水仙しづむ蕾かな 尚白
朝皃に水仙の根の植時分 嵐竹
長閑さの侘しからまし水仙花 土芳
冬ごもりこの水仙や老が友 杉風
得わすれぬ霜一とせの水仙花 土芳
謎かけてとけぬ恨や水仙花 りん女
日の目見ぬ都で咲けり水仙花 露川
煤萱の中より白し水仙花 露川
這掛る虫一ッなし水仙花 半残
白鳥のとれぬ咄しや水仙花 松窓乙二
物かげも行儀はありそ水仙花 りん女
暮合に飛脚着けり水仙花 木導
方丈はまだ水仙やうめの花 鈴木道彦
夕闇の水仙や月を胎むらむ 乙訓
隣からかたう見せぬや水仙花 舎羅
歴~の座につらなるや水仙花 智月尼
藪かげや一本手折水仙花 探丸

以上

by 575fudemakase | 2016-01-04 00:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25235737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング