冬の山 の俳句

冬の山 の俳句

冬の山 冬山 枯山 雪山 雪嶺 銀嶺 冬山路 冬山家

冬の山1 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23344560/

冬の山2 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23344526/

冬の山 補遺

ああ敵に死守なし雪嶺厳かしき 山口誓子
あちら向く姿や冬の山一つ 政岡子規 冬山
あふぎ飲む牛乳雪嶺をまなかひに 山口青邨
ある時点よりどつと暮れ冬山河 鷹羽狩行
いちはやく雪嶺となりて峯を統ぶ 上田五千石『森林』補遺
いのち子に分たん祷り冬山に 三橋鷹女
いま誰にも逢ひたくはなし冬の山 桂信子 花影
うたがひや冬山中に錦鯉 鷹羽狩行
おぼろ月奥の雪嶺の夜は見えず 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
かくれ棲み墓もかくして冬の山 山口青邨
かすむ雪嶺よ吾を死なしむなゆめ 山口誓子
かの佳人ならむ枯山生野糞 佐藤鬼房
かの雪嶺信濃の国の遠さ以て 山口誓子
かの雪嶺火噴きし頃の切支丹 野見山朱鳥 幻日
かへり見る雪山既に暮れゐたり 清崎敏郎
きのふ見し雪嶺を年移りたる 森澄雄
けふの日のしまひに雪嶺荘厳す 上田五千石 田園
けふ見ゆるとて雪嶺のたのみがたし 山口誓子
げんげんを見てむらさきの遠雪嶺 大野林火 冬雁 昭和二十二年
ここのところに俺の子枯山もう暗い 金子兜太
こごし冬山星は天火の名のままに 中村草田男
こざかしく雪嶺に回る風力計 山口誓子
こたへなき雪山宙に労働歌 飯田蛇笏 雪峡
こだまして雪山に鶴浮び出づ 野見山朱鳥 幻日
ことごとく雪山なりしめでたさよ 高野素十
この軍旗かの枯山を幾度越えし 深見けん二
この雪嶺わが命終に顕ちて来よ 橋本多佳子
この鳥居くぐればさびし冬の山 山口青邨
これを見に来しぞ雪嶺大いなる 富安風生
ころ柿の粉の峭絶の雪嶺か 大野林火 雪華 昭和三十九年
こゝらにも人住みけるよ冬の山 政岡子規 冬山
さくら咲き連なり雪山の光連なり 荻原井泉水
しばらくは雀まじへぬ冬の山 永田耕衣
すれちがふ汽車の窓透き雪山あり 篠原梵 年々去来の花 皿
そして眠れ 雪山散華の父の骨 伊丹三樹彦
そそり立つ雪嶺に月近くあり 上村占魚 球磨
その奥に 銀嶺しまう 紅葉山 伊丹三樹彦
つるぎなす雪嶺北に野辺おくり 飯田蛇笏 春蘭
てのひらに陽炎載せて雪嶺越ゆ 加藤秋邨
とつぐ子に雪嶺月山となりて立つ 加藤秋邨
とどかざる掌にて雪嶺を撫で回す 山口誓子
どこまでも雪嶺の道訣れなむ 山口誓子
ぬり上げし鉛筆の艶雪山澄む 松崎鉄之介
のしかかる冬山の威に順へり 草間時彦 櫻山
はこべらや雪嶺は午後うつとりす 森澄雄
はつ冬の山~同じ高さかな 鳳朗
はるかなる雪嶺のその創まで知る 橋本多佳子
ひたに枯山を汚す生白き皮膚 橋閒石 風景
ひゑ愛岩いづれ都の冬の山 知足
ふぐり垂るるは寂しからずや雪嶺の間 森澄雄
ふところに一枚の櫛雪山ヘ 岡本眸
ふりむきし鷲の眼雪嶺けぶりたる 鷲谷七菜子 銃身
ふるゝものを切る隈笹や冬の山 渡邊水巴 白日
ぼんやり観てゐる冬山の重なれるかたち 種田山頭火 自画像 落穂集
まだ国の雪山はしり舷に雨 古沢太穂 火雲
まだ枯山かの足跡も芽ぶくまい 能村登四郎
まだ見えぬ騎手二三人斑雪山 飯田龍太
まばたかぬ雪山のわがアトラスよ 佐藤鬼房
みな聳ちて冬山那智に聚まれる 橋本多佳子
めづらしく遠冬山の見ゆる日よ 上村占魚 球磨
めひらけば雪嶺つむれば指が立つ 加藤秋邨
もらひ水せねば住まれぬ冬山家 阿波野青畝
やまのべのみちの冬山より出づる 高野素十
ゆふべしづかに明日にも雪嶺たらむとす 山口誓子
よべの雪山白くしぬ梅花村 山口青邨
わが一生雪山つなぐ橋に揺れ 野澤節子 花季
わが博徒雪山を恋ひ果てしかな 佐藤鬼房
わが雪嶺北は曇りて南顕つ 佐藤鬼房
わざをぎの如し雪嶺よそほへば 阿波野青畝
をのゝく日雪山にきて胸にしむ 高屋窓秋
ケーブルの灯の尾つらなり冬の山 石橋秀野
コーヒー飲み残して下る斑雪山 廣瀬直人
ダムを取巻く冬山の翁枯 平畑静塔
トラックに便乗枯山涸渓谷 右城暮石 句集外 昭和三十六年
バックミラーに猪首細首篠枯れ山 金子兜太
ボンベ行き吾が行くも冬山路かな 阿波野青畝
ユヅリハもアスヒも触るゝ冬の山 前田普羅 能登蒼し
一ト火あり又一ト火あり冬山家 松本たかし
一人にていつも末枯山を見る 高野素十
一人にて渡舟にも乗り冬の山 高野素十
一度降りし雪忘れ菜や冬山家 河東碧梧桐
一族の墓雪嶺根より真白 橋本多佳子
一蝶に雪嶺の瑠璃なかれけり 川端茅舎
一雪嶺を赤松が抽き風鳴らす 森澄雄
三国嶽三つの国の雪嶺なり 山口誓子
上州の冬山ここも又ぬる湯 高野素十
不盡の山白くて冬の月夜哉 政岡子規 冬の月
中継の後もマラソン雪嶺へ 鷹羽狩行
中腹の道顕らかに冬の山 桂信子 花影
中辺路の山にこだまし冬の音 桂信子 花影
丹生川の底見る冬の山のみち 阿波野青畝
乗初めのすぐ雪嶺と対ひあふ 上田五千石 風景
乳牛に遠き雪嶺の遅日光 廣瀬直人 帰路
人の許へ雪山たゝむ敦賀湾 細見綾子 冬薔薇
今朝俄かに冬の山となり 尾崎放哉 小豆島時代
仙丈そのほか一々雪山のその名にうなずく 荻原井泉水
何とぬかるむ田ばかり 頑固な雪嶺ばかり 伊丹三樹彦
信濃は雪山をめぐらす城山の花にして 荻原井泉水
個々に太陽ありて雪嶺全しや 西東三鬼
兀と大き冬山の根の由布の町 能村登四郎
入相やうつかりと見る冬の山 湖海 靫随筆
全貌を見せぬ雪嶺の白皚々 右城暮石 句集外 昭和三十三年
八方に雪山ばかり年用意 角川源義
冬の山たふれむばかり今日もあり 阿波野青畝
冬の山はるか夕刊売る少年 有馬朗人 母国拾遺
冬の山出る日入る日の力なき 政岡子規 冬山
冬の山女王卑弥呼の国と伝ヘ 野見山朱鳥 運命
冬の山峠に人の白地(あからさま) 日野草城
冬の山弭(ゆはず)のたけに見ゆるかな 寥松 八朶園句纂
冬の山柿の木ありて里めかす 右城暮石 句集外 昭和六年
冬の山畑崖跳んで来る郵便夫 森澄雄
冬の山畳を踏むで箪笥鳴る 飯島晴子
冬の山神社に遠き鳥居哉 尾崎放哉 大学時代
冬の山禅師の墓の並びけり 永田耕衣
冬の山粧へる隈残しけり 阿波野青畝
冬の山菊を囲うて家のある 右城暮石 句集外 昭和三年
冬の山虹に踏まれて彫深し 西東三鬼
冬の山見えてとどめの病かな 飯田龍太
冬の山赤い夕日に照されて 日野草城
冬の山跫音熄めば吾もなし 福田蓼汀 秋風挽歌
冬の日の人にかげあり暮の山 長翠
冬の水点々素々と枯山に 高屋窓秋
冬の菊頭をめぐらせば三輪の山 右城暮石 句集外 平成三年
冬山が抱く没日よ魚売る母 佐藤鬼房
冬山くらしうつむき照らす五日月 中村草田男
冬山こせばお城が見える 尾崎放哉 小豆島時代
冬山とおなじの黝の雲が増す 篠原梵 年々去来の花 雨
冬山となるべく強き灯を配し 岡本眸
冬山にのぞく香春の一の嶽 高野素十
冬山にピッケル突きて抜きしあと 山口誓子
冬山に一軒ありし鶏店かな 原石鼎 花影
冬山に会ひて別れて身明さず 山口誓子
冬山に住んで葛の根搗きにけり 村上鬼城
冬山に僧も狩られし博奕かな 飯田蛇笏 山廬集
冬山に吉野拾遺をのこしたる 高野素十
冬山に向ひて居れば友来る 下村槐太 天涯
冬山に唐臼の音なりしかな 高野素十
冬山に坂部部落貼り付きぬ 草間時彦 櫻山
冬山に数珠うる尼が栖かな 飯田蛇笏 春蘭
冬山に日は没りぬ吾子よ疲れしか 大野林火 冬青集 海門以後
冬山に時間ありけり点眼す 岡本眸
冬山に枯木を折りて音を聞く 飯田蛇笏 椿花集
冬山に轍や還らざるごとく 石田波郷
冬山に道つきあたり電車をり 波多野爽波 鋪道の花
冬山に雪舟の庭ありて古る 高野素十
冬山のさび藍色のこひしさに 細見綾子 桃は八重
冬山のしじまが生みし一遍路 野見山朱鳥 運命
冬山のところ~に煙噴く 高野素十
冬山のふかき襞かなこころの翳 飯田龍太
冬山のヘアピンカーブ数へ得ず 阿波野青畝
冬山の一つ石仏山とかや 高野素十
冬山の一歩や虹の脚下より 岡本眸
冬山の下旧友も会すとか 高野素十
冬山の今日の入日を遮りし 高野素十
冬山の低く亘りて瀬戸市あり 高野素十
冬山の倒れかかるを支へ行く 松本たかし
冬山の前の一丘陵を言ふ 高野素十
冬山の加へ来る威の下に在り 松本たかし
冬山の囲みを破り射す日あり 松本たかし
冬山の威に天龍も屈し行く 松本たかし
冬山の崖炎えに炎え吾ら貧し 佐藤鬼房
冬山の崩れ場最も悲しき個所 山口誓子
冬山の底に温泉の烟哉 政岡子規 冬山
冬山の底曲り来し川現る 右城暮石 句集外 昭和三十一年
冬山の廟の極彩不言 川端茅舎
冬山の悪意に満ちし姿かな 草間時彦 櫻山
冬山の我を厭ひて黙したる 松本たかし
冬山の我を挟みて倒れ来る 松本たかし
冬山の日を得しがすぐ失ひぬ 清崎敏郎
冬山の日当るところ人家かな 村上鬼城
冬山の暮れゆく茜人は見ねど 水原秋櫻子 残鐘
冬山の枝打つ話してゆきぬ 細見綾子
冬山の極彩の廟見に異人 川端茅舎
冬山の汽笛のこだまの船に帰す 下村槐太 天涯
冬山の炬み塞げる行手かな 松本たかし
冬山の燈の数殖えも減りもせず 上田五千石 風景
冬山の犬返しより犬帰る 山口誓子
冬山の狩の憩ひのところとや 高野素十
冬山の石の仏らいよゝ古り 高野素十
冬山の石仏群の崩壊す 高野素十
冬山の神たづね継ぎ草千里 角川源義
冬山の笹に橇道消えにけり 渡邊水巴 富士
冬山の精神北より南へ貫け 山口誓子
冬山の終の日消えし虚空かな 福田蓼汀 秋風挽歌
冬山の線が落合ふ杉暗し 水原秋櫻子 霜林
冬山の色逃げてゆく滝の音 飯田龍太
冬山の蔵するものの上に坐す 上田五千石 風景
冬山の裏にても火を焚くならん 橋閒石 和栲
冬山の襞の一つが煙上ぐ 右城暮石 句集外 昭和三十二年
冬山の襞の深さよ三十路越ゆ 伊丹三樹彦
冬山の襞よせよせし吉野川 右城暮石 句集外 昭和二十九年
冬山の重なるところ煙噴く 高野素十
冬山の重囲に陥ちし身一つ 松本たかし
冬山の間に延びて瀬戸市あり 高野素十
冬山の陽にあり涙あふれ来る 三橋鷹女
冬山の隠れ仏のここに現れ 高野素十
冬山の鳥が呑みたる黄八丈 橋閒石 卯
冬山の麓に住みて子を持てる 細見綾子
冬山へ寺を起点の道二つ 岡本眸
冬山へ斧忘れ来し夜の笑話 原裕 葦牙
冬山へ高く飛立つ雀かな 村上鬼城
冬山も町の広さも新居より 中村汀女
冬山やあけくれ通ふ背戸の納屋 原石鼎 花影
冬山やごぼごぼと汽車の麓行く 政岡子規 冬山
冬山やどこまで登る郵便夫 渡邊水巴 白日
冬山や人猿に似て菓子を売る 前田普羅 普羅句集
冬山や寺に薪割る奥は雪 飯田蛇笏 山廬集
冬山や岩のおもての観世音 石橋秀野
冬山や径あつまりて一と平 前田普羅 飛騨紬
冬山や径集りて一と平 前田普羅 普羅句集
冬山や惜しき月日が今も過ぐ 細見綾子 桃は八重
冬山や身延と聞いて駕籠に覚む 前田普羅 普羅句集
冬山や馬も清らに藁を敷く 前田普羅 普羅句集
冬山をまはつてくるは珊瑚買 飯島晴子
冬山を仰ぎ通しの項かな 草間時彦 櫻山
冬山を仰ぐ身深く絹の紐 岡本眸
冬山を伐つて日当る墓二つ 村上鬼城
冬山を寝て見るものに空青かれ 細見綾子
冬山を旅の帽子の上にかな 草間時彦 櫻山
冬山を石の落ちゆく音落ちゆく音 山口誓子
冬山を虹抱擁す師よ若かれ 岡本眸
冬山を鈴賑やかに越す荷馬 日野草城
冬山を鉄砲まつり浄めけり 大野林火 方円集 昭和四十八年
冬山中日向の石の平らなる 桂信子「草影」以後
冬山中煙の束の炎の初め 野澤節子 鳳蝶
冬山人があがつて居る 尾崎放哉 小豆島時代
冬山家狐を飼へる臭ひあり 清崎敏郎
冬山家遠き伊勢より日差し来る 山口誓子
冬山巨塊家累々と傅けり 飯田龍太
冬山幾重此の世が二重に見ゆる性 中村草田男
冬山瀬白し異腹の兄弟 飯島晴子
冬山登ると下ると時計あはせをり 加藤秋邨
冬山行藁靴はいて行けといふ 細見綾子
冬山路一石一宇供養塔 福田蓼汀 山火
冬山路教へ倦まざる声すなり 飯田龍太
出航の花束で指す遠雪嶺 鷹羽狩行
切炬燵夜も八方に雪嶺立つ 森澄雄
初蝶や雪山恍と雲の上 松村蒼石 寒鶯抄
勝を祝ぐ雪嶺の裏も雲なしに 山口誓子
北斗の柄雪嶺の襞につきささる 有馬朗人 母国拾遺
十銭のあきなひするや冬山家 前田普羅 飛騨紬
十銭の商売するや冬山家 前田普羅 普羅句集
午後の日の雪嶺づたひや山葵採 藤田湘子
半月に今昔もなき斑雪山 森澄雄
半月に向きかはりしがまた雪嶺 加藤秋邨
厩出し牛に雪嶺蜜のごと 森澄雄
双眼鏡の双眼こらし雪嶺見る 山口誓子
反芻の牛に遠見の斑雪山 鷲谷七菜子 花寂び
口笛に林語すぐ和す雪嶺晴 上田五千石 森林
右冬山左冬山一人旅 高田風人子
君思へ冬山の下柩ゆく 高野素十
吾が降りし夜の雪嶺に残る者 山口誓子
吾子泣くか雪山かぎる杉一樹 角川源義
告げざる愛雪嶺はまた雪かさね 上田五千石 田園
周恩来亡し枯山の大枯木 石塚友二 磊[カイ]集
哭く鴉雪山ちかき家の群 角川源義
唯一人冬山を下り来るに会ふ 山口誓子
喪章はづす雪嶺ちかき野の光り 鷲谷七菜子 黄炎
噴井あり沙漠に雪嶺もりあがり 加藤秋邨
回転のプ口ペラ雪嶺撫でやまず 山口誓子
国旗出すひと小さく見ゆ冬山家 桂信子 草影
地図を羞ぢず雪嶺見ゆる天守に来ぬ 山口誓子
墓ならぶ冬山の裾あたたかし 上村占魚 球磨
壁に身をする馬や雪山眼のあたり 金子兜太
夕べ現れて雪嶺すでに星かざす 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
夕冴ゆる雪嶺ちりめん織られゆく 橋本多佳子
外輪山五百重雪山を垣外にす 山口誓子
外輪山雪嶺を短山とせり 山口誓子
夜の雪嶺車中教師の肱かたし 伊藤白潮
夜半の冬山国の子の喇叭かな 飯田蛇笏 山廬集
夜明けつつなほ雪嶺は夜の方 森澄雄
大和にもかゝる雪嶺雪金剛 右城暮石 上下
大宿坊大蔵王堂冬の山 高野素十
大日の顔雪嶺に立ちをれば 山口誓子
大玻璃戸冬山収め余りあり 上野泰 佐介
天に尖りて雪嶺と吾と立つ 山口誓子
天守の雪嶺參を見むと靴脱げり 山口誓子
天寿とは父を焼く日の遠雪嶺 古舘曹人 能登の蛙
天窓に夕焼ももいろ冬山家 大野林火 方円集 昭和四十八年
子に蜜柑食はせ大きな冬の山 細見綾子
子を抱きて雪嶺しづかなるゆふべ 山口誓子
孔雀小屋春の雪嶺に向へりき 飯島晴子
学校に冬山の径の一とうねり 前田普羅 普羅句集
安曇野は雪嶺連なり猫柳 森澄雄
安曇野や雪嶺におよぶ晝がすみ 及川貞 夕焼
客土馬車雪嶺天にまかがやき 大野林火 雪華 昭和三十五年
寄生木に雪嶺浮かみゐしが雨 木村蕪城 寒泉
寺絶えてたゞに尖れり冬の山 河東碧梧桐
小国より又三里来て冬山家 高野素十
小説を読み終り冬山を見る 高野素十
少年尿す枯山をあたたかく 細見綾子
山の魂浮かび月夜の斑雪山 森澄雄
山は雪山の根がずつと張つてゐるでもあらう 中川一碧樓
山櫻雪嶺天に声もなし 水原秋櫻子 帰心
山神のくさめ響くや冬の山 日野草城
岡寺の高きに灯る冬の山 日野草城
峻るのみの冬山籬木賊陣 中村草田男
師の眼鏡雪山照らす木瓜の花 角川源義
年古く棲む冬山の巌も知己 飯田蛇笏 家郷の霧
廁より雪嶺の貌夜明け前 森澄雄
引鶴のごとく雪嶺かすみけり 森澄雄
御聖堂はいまは隠さず冬の山 山口青邨
御霊訪ひ関八州の冬山河 角川源義
心には美濃の雪嶺としてしたしむ 山口誓子
忌に集ふ冬山青き水おとす 原裕 葦牙
忘却のならぬ遠さに雪嶺泛く 上田五千石 天路
快晴の雪嶺を観る欄の雪 松本たかし
怒涛打ち込んで枯山の大なだれ 村山故郷
恋ふ寒し身は雪嶺の天に浮き 西東三鬼
恋捨てに雪山に来しが笑ひ凍る 小林康治 玄霜
恵心堂抓めるほどや冬の山 阿波野青畝
愛語一閃雪嶺の威の囲むなか 楠本憲吉 方壺集
我ら来て人気枯山三時頃 橋本多佳子
或る雪嶺尖るを雪嶺みな倣ふ 山口誓子
戦場の犬枯山へ引きかへす 山口誓子
戸々の犬吠え出てとがむ冬山家 福田蓼汀 秋風挽歌
手あぶりや雪山くらき線となりぬ 大野林火 早桃 太白集
手術待つ眼に冬山の襞克明 伊丹三樹彦
抜群の雪嶺生涯たどたどし 古舘曹人 能登の蛙
押し合ひて冬山は日を恋ひにけり 前田普羅 飛騨紬
指ざせし雪嶺どれが氷山 右城暮石 句集外 昭和四十三年
搭乗機まで雪嶺の反射光 山口誓子
故里へ冬山を汽車煙吐く 細見綾子 桃は八重
斑雪山半月の黄を被るなり 大野林火 雪華 昭和三十五年
斑雪山月夜は滝のこだま浴び 飯田龍太
斑雪山眺めて遠き月日かな 飯田龍太
斑雪山負ひたる雪の墓並ぶ 清崎敏郎
斑雪山魂のいろいろ宙に充ち 飯田龍太
斑雪嶺の暮るるを待ちて旅の酒 星野麥丘人
斑雪嶺の紅顔とあり飛騨の国 金子兜太
斑雪嶺の翳ればかげる種物屋 岡本眸
斑雪嶺を四方に立掛け雪解村 林翔
新樹の道雪嶺に向き背まつ直ぐ 細見綾子
新樹より一銀嶺に眼を飛ばす 古舘曹人 能登の蛙
日あたりて物音もなし冬の山 日野草城
日がさしてきて照りそめし斑雪山 清崎敏郎
日がさしてくるはさびしや斑雪山 清崎敏郎
日のテラス雪嶺へ展べ佳人亡し 木村蕪城 寒泉
日の当りをる雪山の雪げむり 右城暮石 句集外 昭和四十九年
日もすがら日当りてゐし雪山か 清崎敏郎
日も月も険しくはなし冬の山 桂信子 花影
日りんに耐ふる雪嶺雲を絶え 飯田蛇笏 家郷の霧
日和ぞと枯山にのぼる山羊連れて 村山故郷
日当りてきし枯山の色ゆるぶ 清崎敏郎
日本海の雲つどひ侍す雪嶺あり 村山故郷
日没るとき隠れ雪嶺に光当つ 上田五千石『森林』補遺
日象と雪山ふかく水かがみ 飯田蛇笏 雪峡
星ながら精しく掃きぬ冬の山 永田耕衣
春空にして雪嶺を夢の数 森澄雄
時かけて暮る雪嶺の白き部分 上田五千石『田園』補遺
暗を見る小石嵌まれり冬の山 永田耕衣
更科はまだ冠着の斑雪山 森澄雄
書架組めば春の雪嶺みそなはす 秋元不死男
曽て火を噴き枯山の大なるもの 山口誓子
月いでて雪山遠きすがたかな 飯田蛇笏 山廬集
月いでゝ雪山遠きすがたかな 飯田蛇笏 霊芝
月曇るとき雪嶺のあとずさり 上村占魚
朝のまに髪の毛かゝる冬山川 飯島晴子
朝日射す斑雪嶺に対きわが暗し 岸田稚魚 負け犬
朝焼けの雪山負へる町を過ぐ 篠原梵 年々去来の花 雨
木の芽谷なほ雪嶺のつきまとふ 中村汀女
木を倒す音静まりし冬の山 星野立子
木樵ゐて冬山谺さけびどほし 橋本多佳子
杉の間の笹生しばらく冬山路 岡井省二 五劫集
杉檜賞めてめぐれば雪嶺照る 上田五千石『天路』補遺
杣のみち今雪山に見えずとも 平畑静塔
来ぬ友の消鳥雪嶺応へざる 松崎鉄之介
林帯に雪嶺を据ゑて雪解川 角川源義
林檎園人をり雪嶺を遠くしぬ 山口青邨
枯山と雪敷く山と田が距つ 能村登四郎
枯山にはりつけてある麦畑 富安風生
枯山にはるか一つの葬を見る 飯田蛇笏 家郷の霧
枯山に何待つや木偶ともならず 鷲谷七菜子 銃身
枯山に僧ゐて枯るる香がのぼる 能村登四郎
枯山に単線消えまじく光る 大野林火 雪華 昭和三十六年
枯山に吸はるゝごとく日ざし失せ 清崎敏郎
枯山に坐し枯山を見失う 橋閒石 卯
枯山に奥嶺は藍く鳶浮けり 飯田蛇笏 山響集
枯山に密着せざる梯子置く 岡本眸
枯山に張りつく宿へ至る径 稲畑汀子
枯山に放り出されし無人駅 稲畑汀子
枯山に日ざすやいなや紫無し 篠原梵 年々去来の花 雨
枯山に日はじわじわと指ゑくぼ 西東三鬼
枯山に木群にふかき日を垂りつ 百合山羽公 春園
枯山に来してのひらの熱くあり 鷲谷七菜子 一盞
枯山に来たり寝墓を立ち悼む 山口誓子
枯山に杭打つ風を友として 藤田湘子 途上
枯山に火を焚く女ばかりにて 岡本眸
枯山に煙ろう入日首振る馬 金子兜太
枯山に禽啖ひいのちあらはにす 斎藤玄 狩眼
枯山に糞けだものの大食欲 山口誓子
枯山に老いたるものの唇苦し 佐藤鬼房
枯山に自噴気吾は何を噴く 山口誓子
枯山に薬また飲む泉の音 飯田龍太
枯山に釦を拾ふ既知のごと 鷹羽狩行
枯山に鳥突きあたる夢の後 藤田湘子
枯山に鴬色のダム湛へ 清崎敏郎
枯山のいろもどしつつ雲移る 篠原梵 年々去来の花 中空
枯山のうすずみ色は唇に 斎藤玄 雁道
枯山のうら径も知る物狂ひ 能村登四郎
枯山のかげ枯山をのぼりつむ 飴山實 少長集
枯山のここにぬくもり兵の墓 森澄雄
枯山のこの場所いつも好きで来る 伊藤白潮
枯山のそれぞれの色定りし 岸田稚魚 紅葉山
枯山のどれかに日さす信濃路は 加藤秋邨
枯山の一の渡りといふところ 高野素十
枯山の一人物を訪はんとす 藤田湘子 神楽
枯山の中にしづみて温泉に浸る 古舘曹人 砂の音
枯山の中の松山初霞 橋閒石 朱明
枯山の人間臭き新聞紙 鷹羽狩行
枯山の何見しリフト戻りくる 能村登四郎
枯山の傷すさまじき露天掘 加藤秋邨
枯山の匂ふばかりに日当れり 清崎敏郎
枯山の懐全身金色仏 山口誓子
枯山の暮色にをんな声ともす 上田五千石 風景
枯山の月をみちびく小笹あり 廣瀬直人
枯山の月今昔を照らしゐる 飯田龍太
枯山の枯の極みの蝋細工 岡本眸
枯山の柔らかきかなお元日 高田風人子
枯山の残る力の霧湧けり 岡本眸
枯山の氷柱一本二本垂る 右城暮石 句集外 昭和五十年
枯山の短き谺かへしけり 星野麥丘人
枯山の筑波を回り呼ぶ名一つ 西東三鬼
枯山の脊骨腰骨春めきぬ 林翔
枯山の襞あらあらし入峯道 角川源義
枯山の谷間の部落上子嶋 高野素十
枯山の谺となれば寧からむ 藤田湘子 てんてん
枯山の起き伏し蘇領に続くかな 小林康治 四季貧窮
枯山の近ければ闇やはらかき 清崎敏郎
枯山の道国道を越しつづく 右城暮石 句集外 昭和五十五年
枯山の風鶏冠の朱を離れ 飯田龍太
枯山の鴉問答相ゆづらず 藤田湘子 神楽
枯山の鼓動聴きいて陰りけり 橋閒石 卯
枯山はゆつくり来よと坐りをり 藤田湘子 てんてん
枯山は禽を放ちてくもりぐせ 岸田稚魚 筍流し
枯山へわが大声の行つたきり 藤田湘子 てんてん
枯山へ生きて這ひ入る径かな 富安風生
枯山へ道逃るべく攻むるべく 岡本眸
枯山や振り返るとき尉鶲 草間時彦 櫻山
枯山や熊野にながきはねつるべ 桂信子 花影
枯山や魚板の木霊我に倚る 角川源義
枯山をこだまのごとし道が這ふ 平井照敏 天上大風
枯山をほとばしる瀬のねこやなぎ 飯田蛇笏 春蘭
枯山を下りきてちさき時計捲く 鷲谷七菜子 黄炎
枯山を下りきて熱きぼんのくぼ 三橋鷹女
枯山を焼きて育てし水仙よ(越前岬十九句) 細見綾子
枯山を登りきはめて咳少し 鈴木真砂女 夏帯
枯山を脱け出んと道なほ曲る 大野林火 飛花集 昭和四十四年
枯山を見るに枕を高くせり 橋閒石 卯
枯山を見る半顔に駅の影 飯田龍太
枯山を負ひ枯山に相対す 右城暮石 句集外 昭和三十二年
枯山を越えし燈下のなまざかな 橋閒石 朱明
枯山を越え枯山に入りゆく 篠原梵 年々去来の花 雨
枯山一角ねむげに日ざす四十雀 森澄雄
枯山径亡き麦草の猫背追ふ 上田五千石『田園』補遺
枯山襖火鉢が炎上げそめぬ 森澄雄
枯山見るもまた枯山の車中なり 平井照敏 猫町
枯山飲むほどの水はありて 種田山頭火 草木塔
柴刈の枯山まぎれ日向ぼこ 森澄雄
桑の芽や雪嶺のぞく峡の奥 水原秋櫻子 葛飾
梅はこのあたりまでの枯山の見わたすかぎり 荻原井泉水
梅折つて雪山遠く帰るの図 山口青邨
梅雨川を従へ雪嶺海に向く 角川源義
極月や雪山星をいただきて 飯田蛇笏 山廬集
極月や雪山星をいたゞきて 飯田蛇笏 霊芝
樹の上に冬山眠り安寿の声 飯田龍太
次越や虹のごとくに遠雪嶺 角川源義
欲れば手に五月の雪嶺母の傍 橋本多佳子
歳月をたのしまざりき冬の山 飯田蛇笏 家郷の霧
死の商人ばかり枯山鴉ばかり 佐藤鬼房
母紛るるな枯山の密な日ぞ 廣瀬直人
水のんできて雪嶺の濃くなりぬ 加藤秋邨
水を濾す鱒の艶肌冬山中 原裕 青垣
水鳥に凍てはとほらず逆雪嶺 原裕 青垣
永き日の雪嶺としてうつつなす 森澄雄
汽罐車と雪嶺よよとかげろへり 山口誓子
汽車とまり遠き雪嶺とまりたり 山口誓子
汽車どちら向くも雪嶺なくなれり 右城暮石 声と声
汽車工場の汽罐車枯山へ光向く 細谷源二 鐵
汽車煙雪嶺にちかくかざし寄る 山口誓子
汽車走る雪嶺の向き変りつつ 右城暮石 天水
泉湧く冬山赤面症の君に 金子兜太
泣くごとく渓流に燈を冬山家 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
海に聳つ雪嶺はこの陸つゞき 右城暮石 上下
海の上飛ぶ雪嶺の加護もなく 山口誓子
海港や雪嶺天に支へたる 山口誓子
淡海の奥の奥には雪嶺立つ 山口誓子
淵となる夜のしづけさ雪嶺聳つ 鷲谷七菜子 銃身
淵の上に一ト火を認む冬山家 松本たかし
温泉の池に雪山映り女体透き 松本たかし



湖は波も立てず冬山をそびらとす 村山故郷
湖も北枯山入江混みあへる 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
湖岸まで雪を垂らせる雪嶺あり 山口誓子
湖暮れて雪山ほのと残りたる 細見綾子
湖渡る冬山の意を近々と 中村汀女
湯檜曽水上すぎて雪山に日暮るゝ 村山故郷
滑走輪冬山の天になほ廻る 西東三鬼
漁樵をり氷湖雪山こもごも照る 木村蕪城 寒泉
瀬を岐れ来る春水や雪嶺聳ち 右城暮石 句集外 昭和二十七年
炭竃のあり冬山の相(すがた)なり 大野林火 早桃 太白集
燕来る遠雪嶺の光負ひ 林翔 和紙
牛乳のむ花の雪嶺のつづきにて(長野県高遠へ二句) 細見綾子
牛鳴いて雪嶺ぬくき誕生日 秋元不死男
牧者杖はつしと振れば照る雪嶺 有馬朗人 知命
牧舎の扉雪嶺へ向け明け放つ 草間時彦 中年
犬吠えて峡は雪山すぐ応ふ 森澄雄
狂院のちなみに鴉声遠雪嶺 古舘曹人 能登の蛙
狼にも逢はで越えけり冬の山 政岡子規 冬山
狼に逢はで越えけり冬の山 政岡子規 冬山
猫枯山より来て人界を窺ふも 山口誓子
班雪嶺の暮るるを待ちて旅の酒 弟子 星野麥丘人
産院を繞る雪山四温光 飯田蛇笏 椿花集
田じまひのあとは冬山行きばかり 細見綾子
田掻牛海に向くとき雪嶺照る 角川源義
田返して杏の花を雪嶺下 森澄雄
男女(をめ)の雛枯山の日は永きかな 橋本多佳子
男寝て枯山へ息通はする 伊藤白潮
痣の青年雪山に融け輝くなり 佐藤鬼房
癩園を春の雪嶺遠巻きに 大野林火 青水輪 昭和二十六年
白蝶に越の雪嶺も末期なり 山口誓子
白鳥の帰北うながす斑雪山 野澤節子 八朶集
白鳥去り雪嶺のやや老兆す 能村登四郎
白鳥見て雪山を見て戻りたる(新潟県、瓢湖六句) 細見綾子
百姓のおどけ走りに雪嶺湧く 飯田龍太
百姓の愚に清浄の冬山河 飯田龍太
真下なる波止へ折れゆく冬山路 阿波野青畝
眼のごとき沼あり深き冬の山 鷲谷七菜子 銃身
眼白落しに行く冬山の裏表 右城暮石 句集外 昭和三年
睡らむとして冬山の黄なること 岡本眸
矢のごとく降り雪嶺の雪となる 原裕 葦牙
磧より春の雪嶺羽根ひらく 森澄雄
祈りに似て煙はながし雪嶺下 加藤秋邨
祭典のよあけ雪嶺に眼を放つ 西東三鬼
禅寺の屋根落ちし雪山を成す 右城暮石 句集外 昭和五十九年
空蒼し枯山枯れをはやすころ 飯田龍太
窯出しの雪山写シいかばかり 飴山實 次の花
立ち塞ぐ雪山に日の急ぎ落ち 松本たかし
立つたまま絞る雑巾冬の山 飯島晴子
竹伐ると真言ひびく冬の山 森澄雄
笹子ひよどり鵙も来る枯山の昼 村山故郷
笹飴や雪嶺濃くて昼ねむし 森澄雄
籠目白みどり寄せあひ冬山家 中村草田男
米負うて男雪嶺を負ひ来る 森澄雄
糀屋が春の雪嶺を見てゐたり 森澄雄
糸染めて乾かしてをり冬の山 細見綾子 天然の風
紙漉もやめて遠退く冬山家 百合山羽公 寒雁
累代の墓や雪嶺悲しきまで 山口誓子
終着駅立ちはだかれる斑雪山 松崎鉄之介
絵に連なり冬山窓に鮮しき 桂信子 月光抄
綺羅星は私語し雪嶺これを聴く 松本たかし
美童と老女木の葉奪り合う冬の山 金子兜太
群山の中系なすは雪嶺のみ 山口誓子
翁舞国栖の雪山屏をなす津田清子
老人の白指棲まふ冬山水 飯島晴子
老獪や冬山脈に枕干し 飯島晴子
胸を背に寄せて雪嶺重なりあふ 山口誓子
胸痛きまで雪嶺に近く来ぬ 藤田湘子 神楽
膳椀躍る冬山水の洗ひ場は 加藤秋邨
自動車のとまりしところ冬の山 高野素十
船の銅羅かの雪嶺に谺せる 福田蓼汀 山火
色変へて夕となりぬ冬の山 前田普羅 飛騨紬
芋植ゑて雪嶺にひとかくれけり 岡井省二 明野
若楓大き傘とし雪嶺見る 角川源義
蒼天の彼の雪嶺の鎌尾根よ 松本たかし
蕎麦すする越の雪嶺明けわたり 秋元不死男
藁塚若し遠雪嶺に佇立して 岡本眸
蘆枯るる信濃川面に雪嶺の秀 森澄雄
蜜入れる林檎雪山ととのへり 大野林火 飛花集 昭和四十三年
蜷のひげ見てをりし眼を雪山へ 岡井省二 夏炉
蟇のこゑ日の廻りゆく遠雪嶺 角川源義
行き行きて冬山の威の許すなき 松本たかし
行く春を比良の雪山紫に 細見綾子
行けば行くほど冬山の奥深し 右城暮石 句集外 昭和五十五年
見て寒し詠てかなし冬の山 長翠
親不知雪嶺下り来てここに落つ 山口誓子
諸伏(もろぶし)の枯山もわが声も消えて 金子兜太
谷底に吊橋かけぬ冬の山 前田普羅 普羅句集
赤塗りの橋冬山の底つなぐ 右城暮石 句集外 昭和四十三年
赤彦の住み今刀自住める冬山家 深見けん二
走り根に手斧の跡や冬山路 阿波野青畝
走者一掃して冬の山冬の川 飯田龍太
越えてゆく山また山は冬の山 種田山頭火 自画像 落穂集
越中の雪嶺芭蕉の高さなる 山口誓子
身綺麗な杣下りてくる冬の山 橋閒石 和栲
車輪すでに雪山がかる響かな 野澤節子 花季
軒氷柱下がり雪嶺突き立ちぬ 松本たかし
輪光の消かゝりけり冬の山 百里
近くなるほど雪嶺の威丈高 桂信子 草影
追分や越後路雪嶺立ち塞ぎ 福田蓼汀 秋風挽歌
逆雪嶺うすももいろに水あかり 原裕 青垣
透くばかり雪嶺いまは天のもの 大野林火 方円集 昭和四十九年
連なれる雪嶺御嶽直ぐ判る 山口誓子
遠ざかり来て雪嶺の主峰見ゆ 右城暮石 上下
遠ぞらに雪嶺のこり機の音 鷲谷七菜子 花寂び
遠天に雪嶺尾根をつらねたり 水原秋櫻子 霜林
遠白き雪嶺雲の厚からむ 右城暮石 句集外 昭和四十一年
遠雪嶺ときに咎むるごとく顕つ 上田五千石『田園』補遺
遠雪嶺見んと胎児とともに出づ 鷹羽狩行
遠雪嶺近よりがたし去りがたし 古舘曹人 能登の蛙
遠雪嶺黒部に紅葉下りて来し 角川源義
酒場既に灯雪山遠く日あたりて 日野草城
野の一樹より雪嶺へ道はじまる 野見山朱鳥 荊冠
野兎追うて雪嶺それし鷹一つ 飯田蛇笏 家郷の霧
針のめど枯山の音聞き尽し 飯島晴子
針落ちし音雪嶺にひびきけり 秋元不死男
鐘楼や城の如くに冬の山 川端茅舎
長きトンネル出て雪山の夕かな 村山故郷
降りやみて雪山鎮む月あかり 飯田蛇笏 家郷の霧
陽当る枯山老人の背に雨の糸 飯田龍太
隠すもの雲のほかなき雪嶺よ 右城暮石 句集外 昭和三十八年
雛を出す枯山つづく枯山中 橋本多佳子
雛祭雪嶺ばかりが白みそむ 森澄雄
雨ためて冬山の径つくるなし 前田普羅 飛騨紬
雪のなき冬山膚はなつかしき 清崎敏郎
雪のなき山雪嶺の裾かくす 右城暮石 句集外 昭和三十八年
雪の上に雪山かすむ朴の花 松崎鉄之介
雪の枯山骨埋め来てかへりみる 能村登四郎
雪を被て富士も伊吹も雪嶺なり 山口誓子
雪三たび来て雪嶺となりにけり 水原秋櫻子 重陽
雪国の雪嶺弔辞に答なし 鷹羽狩行
雪国の雪嶺木の花より美し 山口誓子
雪山が負ふ幻の嶺二つ 佐藤鬼房
雪山と降る白雪と消し合ひぬ 松本たかし
雪山と雲とのあはひ鳥帰る 森澄雄
雪山に 日のあたりたる 馬のいななき 富澤赤黄男
雪山になほ降る雲か垂れて来ぬ 篠原梵 年々去来の花 雨
雪山にひとりの眠り沈みゆく 林翔 和紙
雪山にゆふべの月のまだ白く 上村占魚 球磨
雪山に一つの入江飯の浦 高野素十
雪山に位あり老いても兵に位 松崎鉄之介
雪山に何も求めず夕日消ゆ 飯田龍太
雪山に対し州庁舎の威容 石田波郷
雪山に憩ひ明日思ふうつゝなき 高屋窓秋
雪山に打てばとび散る蔓もどき 飯田龍太
雪山に日が真赤ぞな薺打 岸田稚魚 紅葉山
雪山に星が矢を射る父母の国 飯田龍太
雪山に春のはじめの滝こだま 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
雪山に春の夕焼滝をなす 飯田龍太
雪山に朝の樫の木さかんなり 飯田龍太
雪山に林相白を以て描き 福田蓼汀 秋風挽歌
雪山に死なで見苦し涅槃像 越人
雪山に水ほとばしる寒の入り 飯田蛇笏 椿花集
雪山に水銀燈を消し忘れ 山口誓子
雪山に漕ぎ入り謡などうなる 佐藤鬼房
雪山に灯なき電気に雪が降る 金子兜太
雪山に無韻の流れ一と筋に 飯田蛇笏 家郷の霧
雪山に照る日はなれて往きにけり 飯田蛇笏 家郷の霧
雪山に燃え来よ嫁かぬ事務乙女 藤田湘子 途上
雪山に白樺の白やや汚れ 福田蓼汀 山火
雪山に虹のをはりのいろしづか 飯田龍太
雪山に虹の尾たらしはたた神 角川源義
雪山に近づくわれに雲垂れ来 大野林火 白幡南町 昭和三十年
雪山に野を界(かぎ)られて西行忌 橋本多佳子
雪山に野村万蔵手をかざし 高野素十
雪山に雪の道あり白白と 松本たかし
雪山に雪降り友の妻も老ゆ 西東三鬼
雪山に頬ずりもして老いんかな 橋閒石 微光
雪山に頬削り来し男なり 野澤節子 鳳蝶
雪山に食ひものありて犬は食ふ 山口誓子
雪山のあきらかにして自愛見ゆ 森澄雄
雪山のある日老髯のさるをがせ 古舘曹人 能登の蛙
雪山のおもてをはしる機影かな 飯田蛇笏 春蘭
雪山のかへす光に鳥けもの 木村蕪城 寒泉
雪山のしづけさの中に吾ゐたり 村山故郷
雪山のそびえ幽らみて夜の天 飯田蛇笏 雪峡
雪山のつき出してあり鮭の海 高野素十
雪山のどこも動かず花にほふ 飯田龍太
雪山のどのみちをくる雪女郎 森澄雄
雪山ののぞける街の羽子日和 上村占魚 球磨
雪山のふところ深く行く列車 石田波郷
雪山のふもとの伏家初かまど 飯田蛇笏 春蘭
雪山のまなざしのなか白鳥湖(新潟県、瓢湖六句) 細見綾子
雪山のみな木かげして音絶えき 飯田蛇笏 雪峡
雪山のむらたつ故園日のはじめ 飯田蛇笏 春蘭
雪山の内懐に岳友葬 上田五千石『田園』補遺
雪山の冠りみだるる風の星 飯田蛇笏 雪峡
雪山の前に目立たぬ雪の山 桂信子 緑夜
雪山の前の煙の動かざる 高野素十
雪山の午下はけぶろふ桃の花 上田五千石 天路
雪山の向うの夜火事母なき妻 金子兜太
雪山の夕かげふみて猟の幸 飯田蛇笏 春蘭
雪山の夕日の斜面近くゆく 飯田蛇笏 家郷の霧
雪山の大汝とはなつかしや 高野素十
雪山の左右に揺るる歩みかな 上野泰 佐介
雪山の幾襞遠く曇りなし 飯田蛇笏 家郷の霧
雪山の底なる利根の細りけり 草間時彦 中年
雪山の底に方等般若落つ 川端茅舎
雪山の後ろにまはり遅日光 松村蒼石 寒鶯抄
雪山の斑や友情にひゞ生ず 上田五千石 田園
雪山の日にかゞやきて雪崩前 鈴木真砂女 夏帯
雪山の旭にひとざとの鶫かな 松村蒼石 寒鶯抄
雪山の昏るるゆとりに鳴る瀬かな 飯田蛇笏 春蘭
雪山の星見いでたし猿啼く 松村蒼石 雪
雪山の木々の根もとの息吹かな 飴山實 おりいぶ
雪山の梨ケ平は十七戸 高野素十
雪山の没日を咥へ飛びたしや 佐藤鬼房
雪山の泉の鯉を苞にせる 水原秋櫻子 蓬壺
雪山の照り楪も橙も 森澄雄
雪山の眉を上げゐる春の夕 森澄雄
雪山の立木の並び見の正し 松本たかし
雪山の絵を見て選ぶ雪眼鏡 後藤比奈夫
雪山の繊翳もなく日のはじめ 飯田蛇笏 椿花集
雪山の翼ひらけば蔓もどき 飯田龍太
雪山の肌をはなれて雲移る 飯田蛇笏 家郷の霧
雪山の肌朗々と雉子鳴く 飯田龍太
雪山の虚ろに炎立つランプ小屋 原裕 青垣
雪山の裾とどまれば畦木立つ 廣瀬直人
雪山の谺金輪際を這ふ 川端茅舎
雪山の遠目に煙る林かな 川端茅舎
雪山の金色の線引くところ 川端茅舎
雪山の雪谷を出て魚野川 森澄雄
雪山の風来るまでにちかづきぬ 篠原梵 年々去来の花 雨
雪山の風樹孤島の濤と聴き 福田蓼汀 秋風挽歌
雪山の麓のポスト尊くて 川端茅舎
雪山はゆつくり霞むかいつむり 岡井省二 明野
雪山は月よりくらし貌さびし 前田普羅 飛騨紬
雪山へ成人の日の道通ず 百合山羽公 樂土
雪山へ狐の馳けし跡いきいき 大野林火 白幡南町 昭和三十年
雪山へ行きし日焼や松の内 水原秋櫻子 蘆雁
雪山へ雪吹きかへす最上川 上村占魚
雪山へ顔上げつづけ一人旅 細見綾子
雪山も其を見る人も屹と立つ 林翔
雪山も雪なき山も似し高さ 稲畑汀子
雪山や正しく胸のかたすみに 飯田龍太
雪山をはなれてたまる寒の闇 飯田龍太
雪山をはるけく来つる炭売女 飯田蛇笏 雪峡
雪山をまぢかに見つゝ通勤す 上村占魚 鮎
雪山をみせて月出ぬ古かかし 飯田蛇笏 山廬集
雪山をめぐらす國土日のはじめ 飯田蛇笏 家郷の霧
雪山をゆく日とどまるすべもなし 飯田蛇笏 椿花集
雪山を冠りつららの峡は裂け 川端茅舎
雪山を出でたる風の雲に入る 飯田龍太
雪山を匐ひまわりゐる谺かな 飯田蛇笏 霊芝
雪山を夜目にポールをまはすなり 中村汀女
雪山を宙にひくめて年新た 飯田蛇笏 雪峡
雪山を手招いてゐる山の木か 飯田龍太
雪山を指して確認転轍手 松崎鉄之介
雪山を流れて水の炎となれる 原裕 葦牙
雪山を浮べて春のはやて村 森澄雄
雪山を灼く月光に馬睡る 飯田龍太
雪山を蔽ふまひるの黝き海 飯田蛇笏 家郷の霧
雪山を行く電線のかすかなる 山口誓子
雪山を見し眼うつらふペンの先 飯田龍太
雪山を見てならぶショールのまぶしくも 飯田龍太
雪山を雲海の涯に見て登る 松崎鉄之介
雪山呼ぶO(オー)の形の口赤く 西東三鬼
雪山幾重まさしく北にポーラリス 福田蓼汀 秋風挽歌
雪山暮れきれば月するどし 荻原井泉水
雪嶺ある陸を離れて海を飛ぶ 山口誓子
雪嶺かがよう峡の口なる宵の星 金子兜太
雪嶺が遠き雪嶺よびつづけ 橋本多佳子
雪嶺が雪嶺を負ひ紙漉き老ゆ 橋本多佳子
雪嶺さめゆく一赤松の秀が日ざし 森澄雄
雪嶺として聳つ御嶽教の山 山口誓子
雪嶺として霞の中をなほ白め 山口誓子
雪嶺となりて遠嶺の名乗り出づ 上田五千石『田園』補遺
雪嶺とはならずしづかに天を占む 山口誓子
雪嶺と吾との間さくら満つ(長野県高遠へ四句) 細見綾子
雪嶺と月と燃えゐる冷たさよ 松本たかし
雪嶺と月光の宙残し寝る 大野林火 雪華 昭和三十五年
雪嶺と童女五月高野のかがやけり 橋本多佳子
雪嶺と青嶺のやどる雪しろ湖 角川源義
雪嶺にこころひかれて陽の歩み 飯田蛇笏 家郷の霧
雪嶺にのびて無欠の飛行雲 平畑静塔
雪嶺には野焼あそびの火と見えむ 平畑静塔
雪嶺にも主と副天の中にして 山口誓子
雪嶺に三日月の匕首(ひしゅ)飛べりけり 松本たかし
雪嶺に凍て観覧車解を待つ 山口誓子
雪嶺に対きて雪解の簷しづく 長谷川素逝 暦日
雪嶺に対したじろぎ一歩挑む 福田蓼汀 秋風挽歌
雪嶺に岩尖りゐて雪積まず 山口誓子
雪嶺に手を振る遺影ふり返り 福田蓼汀 秋風挽歌
雪嶺に揚げたる声や四月尽 細見綾子 天然の風
雪嶺に日常のわが書の新た 飯田蛇笏 家郷の霧
雪嶺に朝日「永遠に女性なるものへ」 上田五千石『田園』補遺
雪嶺に条紋の蝶かがやかず 川端茅舎
雪嶺に死ぬ落陽を生かしたし 細谷源二 砂金帯
雪嶺に汽車現はれてやや久し 中村汀女
雪嶺に沈む満月黄を失し 福田蓼汀 秋風挽歌
雪嶺に消えし夕映鮟鱇割く 岡井省二 明野
雪嶺に甲乙のある端山かな 阿波野青畝
雪嶺に甲斐の紺天あとずさる 上田五千石『森林』補遺
雪嶺に発し海まで短か川 山口誓子
雪嶺に白くならざる芒原 山口誓子
雪嶺に終る太陽手は垂れて 細谷源二 砂金帯
雪嶺に落月白くまぎれ消ゆ 福田蓼汀 秋風挽歌
雪嶺に輝きし日も昏れそめし 上村占魚 球磨
雪嶺に近づく歩みなるわが家 細見綾子
雪嶺に雪よぶ鴉きえにけり 角川源義
雪嶺に風立つ男日和かな 上田五千石 森林
雪嶺のありかや旅の夏爐焚き 中村汀女
雪嶺のうつる田植をしてゐたり(佐渡) 細見綾子
雪嶺のかがやき集め紙乾く(富山県八尾紙漉き二句) 細見綾子
雪嶺のがれ煎餅買ふ掌に雪の声 角川源義
雪嶺のそばだつ畦の子供かな 富安風生
雪嶺のひかり恋しく唇を吸う 赤尾兜子 蛇
雪嶺のひとたび暮れて顕はるる 森澄雄
雪嶺の一つ日当りかゞやけり 右城暮石 句集外 昭和三十八年
雪嶺の下にクレタの富士聳てり 山口誓子
雪嶺の下に胎児を養ふも 鷹羽狩行
雪嶺の下五日町六日町 高野素十
雪嶺の下病む者を搬びけり 山口誓子
雪嶺の二月南方戦果に満つ 山口誓子
雪嶺の位高きは奥に坐し 上田五千石『森林』補遺
雪嶺の供華とし銀河懸かりけり 藤田湘子 てんてん
雪嶺の光輝を煽り飛ぶ白鳥 佐藤鬼房
雪嶺の冷たさいつも桜の上(長野県高遠へ四句) 細見綾子
雪嶺の前朴の花朝茶の湯 山口青邨
雪嶺の名をみな知らずして眺む 山口誓子
雪嶺の囲む盆地の石の街 大野林火 飛花集 昭和四十五年
雪嶺の大を以て怒りを鎮む 福田蓼汀 秋風挽歌
雪嶺の大を数ふや十座余り 松本たかし
雪嶺の大三角を鎌と呼ぶ 山口誓子
雪嶺の尚彼方なる一雪嶺 右城暮石 声と声
雪嶺の尾根が陥ち来て親不知 山口誓子
雪嶺の影雪嶺に尖りけり 松崎鉄之介
雪嶺の手がかりもなき胸壁よ 山口誓子
雪嶺の折るるばかりの鋭さよ 松本たかし
雪嶺の方へともなく逍遥す 上田五千石 風景
雪嶺の春やいづこの田も日射す 山口誓子
雪嶺の最高峰に向へる眼 松本たかし
雪嶺の月の照らせる波一つ 野見山朱鳥 運命
雪嶺の朝な影濃き園児服 原裕 葦牙
雪嶺の歯向ふ天のやさしさよ 松本たかし
雪嶺の浮きて流れず茜空 原裕 青垣
雪嶺の無言に充てる太虚かな 松本たかし
雪嶺の白きがいたく霞みたり 山口誓子
雪嶺の皓体雲の環(わ)をまとひ 松本たかし
雪嶺の紅を含みて輝けり 松本たかし
雪嶺の緻密な雪の上を飛ぶ 山口誓子
雪嶺の薄肩尾根の薄ければ 山口誓子
雪嶺の裏へ白夜の日が廻る 有馬朗人 耳順
雪嶺の覗く苗代かぐろしや 石田波郷
雪嶺の赤恵那として夕日中 橋本多佳子
雪嶺の蹤き来ずなりて帰路寧し 上田五千石『田園』補遺
雪嶺の運河の道を送らるる 山口誓子
雪嶺の遠さよ袂連ね行く 山口誓子
雪嶺の雪の平は山上湖 山口誓子
雪嶺の雪乱るるところ襞乱る 山口青邨
雪嶺の青き昃りのとき浴む 木村蕪城 寒泉
雪嶺の青く震ひぬ夜の鏡 桂信子 草影
雪嶺の靴あと女なりしを踏む 山口誓子
雪嶺の麓再会と言ふ茶房 福田蓼汀 秋風挽歌
雪嶺の黒く夜明に連亙す 山口誓子
雪嶺はつらなり畝はたてよこに 長谷川素逝 暦日
雪嶺ははなびら鎌も御在所も 山口誓子
雪嶺は湖畔の榛をひきたてぬ 阿波野青畝
雪嶺は燦うなゐ子は蒲公英を 山口青邨
雪嶺ひらく常念の座を真中に 森澄雄
雪嶺へゆく目もどる目煙たつ 加藤秋邨
雪嶺へわさび根分けの目を上ぐる(長野県安曇山葵田二句) 細見綾子
雪嶺へ向きはつきりと肯定語 藤田湘子 神楽
雪嶺へ向けチカチカと鶸の嘴 木村蕪城 寒泉
雪嶺へ喉のびて鶏鳴となる 橋閒石 無刻
雪嶺へ日暮紫寄するまで(長野県安曇山葵田二句) 細見綾子
雪嶺へ貨物車長き列と影 右城暮石 声と声
雪嶺まで枯れ切つて胎かくされず 森澄雄
雪嶺まで行かずに未亡人の家 山口誓子
雪嶺まで行きては戻るばかりかな 平井照敏 天上大風
雪嶺みなわが故旧天守降りがたき 山口誓子
雪嶺みな越後境に根を下す 山口誓子
雪嶺も見えずもてなす何もなし 山口誓子
雪嶺やいまに誦して純愛詩 上田五千石『天路』補遺
雪嶺やいま口閉ぢて牡蠣そだつ 加藤秋邨
雪嶺やマラソン選手一人走る 西東三鬼
雪嶺や右に首垂れイエス像 野澤節子 鳳蝶
雪嶺や号泣を野にしづめ得ず 上田五千石『田園』補遺
雪嶺や名もまぶしくて初鴉 森澄雄
雪嶺や天龍に家屯して 森澄雄
雪嶺や日本に雪頓節ぞ欲し 岡井省二 鯛の鯛
雪嶺や春のゆふべの村の屋根 草間時彦
雪嶺や果樹園に斧谺して 藤田湘子 途上
雪嶺や榛のさびしき雪間萌え 森澄雄
雪嶺や火花発して独楽遊び 山口誓子
雪嶺や牛先立てて牛男 森澄雄
雪嶺や田にまだなにもはじまらず 森澄雄
雪嶺や甲斐の蓬はしろがねに 石田勝彦 百千
雪嶺や畦の焚火に誰もゐず 秋元不死男
雪嶺や群鳥樹頭を見すて見すて 中村草田男
雪嶺や肌幾重にもむすびあひ 中村草田男
雪嶺よさくらの園となりにけり 高屋窓秋
雪嶺より低くなりゆく吾が機席 山口誓子
雪嶺より出でて二川とも涸川 山口誓子
雪嶺より春の旭を得て林檎店 森澄雄
雪嶺より稜駈けりきて春の岬 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
雪嶺よ女ひらりと船に乗る 石田波郷
雪嶺よ柑橘に風吹きこぞる 下村槐太 光背
雪嶺をかぞへあまさずかなしみき 加藤秋邨
雪嶺をたたむ山山うづくまり 阿波野青畝
雪嶺をはるか国仲平野かな 細見綾子
雪嶺をひきゐ野に出る川の幅 上田五千石 風景
雪嶺をみちづれにして詩嚢充つ 原裕 青垣
雪嶺をわたる陽ここに四度の瀧 飯田蛇笏 家郷の霧
雪嶺ををろがみ杣の一日終ゆ 木村蕪城 寒泉
雪嶺を今年まだ見ずクリスマス 右城暮石 上下
雪嶺を低め低めて信濃川 森澄雄
雪嶺を何時発ちて来し疾風ならむ 山口誓子
雪嶺を光去りまた光射す 野見山朱鳥 愁絶
雪嶺を光源として白夜かな 上田五千石『田園』補遺
雪嶺を全掲風の日のために 鷹羽狩行
雪嶺を削ぎ落したる 日本海 伊丹三樹彦
雪嶺を天の高みに田の昼餉 大野林火 雪華 昭和三十五年
雪嶺を小さき日遅々と天づたふ 福田蓼汀 山火
雪嶺を据ゑ一故旧なき故郷 林翔
雪嶺を点じ山々眠りけり 大野林火 青水輪 昭和二十三年
雪嶺を玻璃戸開きて凝視なす 山口誓子
雪嶺を登る道白歴歴と 山口誓子
雪嶺を空にし人はあひわかる 橋本多佳子
雪嶺を若き一日の標とす 藤田湘子 途上
雪嶺を落ち来たる蝶小緋縅 川端茅舎
雪嶺を見わたす湖の桟橋に 右城暮石 句集外 昭和三十八年
雪嶺を連ねて阿蘇の火山系 山口誓子
雪嶺を遮二無二攀づる誕生日 赤尾兜子 蛇
雪嶺を雪なき伊勢にゐて眺む 山口誓子
雪嶺下小橋つくろふ雪まみれ 林翔 和紙
雪嶺下抱き上ぐる児の腹が見え 山口誓子
雪嶺下藍つぼ紅つぼ深し深し 橋本多佳子
雪嶺下鳶を翁と思ひをり 岡井省二 明野
雪嶺名乗らず遠くより出で迎ふ 山口誓子
雪嶺星旅の早寝を強ひられて 上田五千石『天路』補遺
雪嶺星瞳ににじむ旅半ば 上田五千石『田園』補遺
雪嶺星言葉にちかき光だす 鷹羽狩行
雪嶺暮れ城も蔀を下さうとする 山口誓子
雪嶺残照五十の坂の戦友ら 松崎鉄之介
雪嶺無く極地は雪の平のみ 山口誓子
雪嶺立つ北の鬼房望むため 平畑静塔
雪嶺立つ四十の熱き血の彼方 能村登四郎
雪嶺見せ影も明るし真田村 松崎鉄之介
雪嶺見て天守に吾等君は監守 山口誓子
雪嶺見て天守降りざる一人の靴 山口誓子
雪嶺見て子等は天守に瞼張る 山口誓子
雪嶺見て歩くうちにも日は暮るゝ 山口誓子
雪嶺見て灼鉄を打つ町通る 山口誓子
雪嶺見ゆとて傾ぎゆく一車輛 原裕 青垣
雪嶺見る名古屋平城よりけふは 山口誓子
雪嶺見る睫毛天守に瞬き 山口誓子
雪嶺見る薄き草履を天守に履き 山口誓子
雪嶺遠し落葉松新樹立ち並ぶ 右城暮石 句集外 昭和五十四年
雪掻きて雪嶺に白き道つくる 山口誓子
雪更に厚き雪嶺現れし 右城暮石 虻峠
雪熄めば遠雪嶺も現るゝ 右城暮石 句集外 昭和三十一年
雪解水こんこんと野に雪嶺照る 角川源義
雪雲の通路の伊吹雪嶺なり 山口誓子
雲しきてとほめく雪嶺年新た 飯田蛇笏 雪峡
雲雀たかく雪山隈に夕日照る 角川源義
電線に襤褸君が住む冬山中 山口誓子
霞みたる雪嶺霞の側のもの 山口誓子
霧しまく栂の立枯れ山孤高 松崎鉄之介
靄のなか容おのづから冬の山 桂信子 花影
青き野の果の雪嶺眉に感じ 細見綾子
青山を枯山にしてかいつぶり 斎藤玄 雁道
青杉の匂ひつきとむ冬山路 能村登四郎
音たてて泉湧くなり枯山に 水原秋櫻子 霜林
頂上に蛇巻き冬の山乾く 飴山實 おりいぶ
頑とある雪嶺 死火口五月の北 伊丹三樹彦
顎張つて枯山色に山の牛 森澄雄
飛び来し方飛び行く方のみな雪嶺 山口誓子
馬車ゆけり春の雪嶺照る下を 草間時彦 中年
馳す雪嶺紅雲ちぎりちぎり捨て 上田五千石『田園』補遺
骨どこか鳴らし杣ゆく冬の山 鷲谷七菜子 花寂び
高貴な性慾縁なし冬山電線延ぶ 金子兜太
鯉の子はおどろきやすく冬の山 飴山實 次の花
鯉喰つて目のあそびゆく冬の山 斎藤玄 雁道
鰻田や春の雪嶺たたなはり 岡井省二 明野
鳥の知る田一枚あり冬の山 右城暮石 句集外 昭和六年
鳥も亦さびしと群るる冬の山 福田蓼汀 秋風挽歌
鳥帰る雪嶺の肩雲の間に 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
鴉とともに枯山くだる郵便夫 加藤秋邨
鴨山かこの枯山を疑へり 山口誓子
鵜の糞の白き梢や冬の山 惟然
鵯の声の長さや冬の山 松本たかし
鵯の鳴きこもりゐる冬山家 右城暮石 句集外 昭和六年
鶴舞ふや雪嶺遠き世を距て 野見山朱鳥 幻日
鷺とんで直ぐ雪嶺の上に出づ 山口誓子
麦あをみ雨中の雪嶺雲むるる 飯田蛇笏 雪峡
麦踏のたつた一人にみな雪嶺 加藤秋邨

冬の山 続補遺

はつ冬の山~同じ高さかな 田川鳳朗
ひゑ愛岩いづれ都の冬の山 知足
入相やうつかりと見る冬の山 湖海 靫随筆
冬の山弭(ゆはず)のたけに見ゆるかな 寥松 八朶園句纂
冬の山弭のたけに見ゆるかな 寥松
冬の日の人にかげあり暮の山 長翠
山枯て狼の目や星月夜 除風
見て寒し詠てかなし冬の山 長翠
輪光の消かゝりけり冬の山 百里
鵜の糞の白き梢や冬の山 惟然

以上

by 575fudemakase | 2016-01-08 00:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25243740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング