一月の俳句

一月の俳句

一月の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23459124/


一月 補遺

これよりは一月一日窓秋忌 桂信子 草影
ひもじさの餅にありつく睦月かな 政岡子規 一月
ひもじさの餅にうれしき睦月哉 政岡子規 一月
ままかりや一月京のあたたかく 石川桂郎 高蘆
もの映す前一月の田の光 鷲谷七菜子 花寂び
シクラメンの一鉢も母と子の一月 古沢太穂 火雲
ブランコ高く高く十代一月果つ 古沢太穂 火雲
一月となりけり雪もふりにけり 政岡子規 正月
一月のある夜青実に雨の音 飯田龍太
一月のある日の夜の巫女溜 飯田龍太
一月のうをとぶくもにならべたり 三橋敏雄
一月のみどり児に降る山埃 飯島晴子
一月の低地少年の髪をおもひ 飯島晴子
一月の南吹きけり桐畠 雨滴集 星野麥丘人
一月の夕日塒の温みほど 廣瀬直人 帰路
一月の太鼓聞き馴れ都烏 阿波野青畝
一月の女人撞木に触れしのみ 飯田龍太
一月の妣のくににて鶸のくに 岡井省二 五劫集
一月の家の奥なる古襖 飯田龍太
一月の山青し困つた男かな 橋閒石 和栲
一月の川一月の谷の中 飯田龍太
一月の木霊かすかや奥吉野 鷲谷七菜子 一盞
一月の朱の日が咲く雉子尾川 佐藤鬼房
一月の杉山遠き幼稚園 飯田龍太
一月の林務事務所の童女たち 飯田龍太
一月の桐の影さす墓の土 飯田龍太
一月の桐畑に入り家を見る 岡井省二 前後
一月の海見てをるに気がつきぬ 岸田稚魚 紅葉山
一月の湖見ゆる篠の道 岡井省二 夏炉
一月の滝いんいんと白馬飼ふ 飯田龍太
一月の無韻めでたき嶺の数 飯田龍太
一月の燕掠める タイ着陸 伊丹三樹彦
一月の畳ひかりて鯉衰ふ 飯島晴子
一月の白砂の寺長い顔で 飯島晴子
一月の目高見てゆく安部医院 飯田龍太
一月の瞳にとほぞらの雲の彩 鷲谷七菜子 銃身
一月の石に服喪の下駄揃ふ 飯田龍太
一月の空見て椿油かな 岡井省二 猩々
一月の空谷染めて何の火ぞ 大野林火 飛花集 昭和四十七年
一月の笹鳴や目をしばたたく 森澄雄
一月の終る心や雪のふる 高野素十
一月の膾机に檜の香あり 飯田龍太
一月の花開く顔海へ向く 原裕 葦牙
一月の茜色沁む芝畠 岸田稚魚 筍流し
一月の菫を黒く指宿に 星野立子
一月の葭五位として顎しやくる 岡井省二 前後
一月の蒲の穂ばかりしたはれて 岡井省二 有時
一月の血色わるいとなりの峠 飯島晴子
一月の長い谷底恋のごとく 飯島晴子
一月の雨荒割りの薪の上 飯島晴子
一月の雪や桐の実疱の神 岡井省二 明野
一月の静かな森に入る道路 廣瀬直人 帰路
一月の音にはたらく青箒 能村登四郎
一月の首がかりの虚空かな 岡井省二 鯨と犀
一月の鳰が来てゐる綸子かな 岡井省二 鯨と犀
一月の鶏鳴涌きて土地強し 西東三鬼
一月の黒い海藻踏む母たち 飯島晴子
一月はどどどと過ぎぬ昼のめし 藤田湘子 てんてん
一月やうぶすなちかく野鍛冶の火 山口誓子
一月や人の喪服のまぶしくて 星野麥丘人
一月や友の傷みし家見て過ぐ 伊丹三樹彦
一月や妻得て起居華やがむ 石川桂郎 高蘆
一月や寺の茶垣に虫浮び 岸田稚魚
一月や屏風絵めきて卯辰山 鷹羽狩行
一月や山繭山の中に振り 岡井省二 明野
一月や手斧を置ける石の上 野見山朱鳥 愁絶
一月や日雀くるたび櫻の木 岡井省二 山色
一月や時雨るる森の賽銭箱 廣瀬直人 帰路
一月や未だ穴には非ざるも 永田耕衣
一月や正座して見る杉の位置 能村登四郎
一月や母にたまたま夜の客 廣瀬直人
一月や火事いきいきと風下ヘ 三橋敏雄
一月や穴を一一見る勿れ 永田耕衣
一月や素の水落す那智の瀧 森澄雄
一月や老母の死苦の愛語なす 永田耕衣
一月や葭の洲半ば刈られある 岡井省二 鹿野
一月や藪も畠も日の濡れに 上田五千石『琥珀』補遺
一月や蜜臘をもて穴詰むる 岡井省二 鯛の鯛
一月を丸めて抛る水の上 桂信子 草影
一月一日のわが焚火す胸のあたゝまり 中川一碧樓
一月二日奇石瑞草を見る 政岡子規 新年
一月五日七日と過ぎ弟らと麦畑の緑 中川一碧樓
一月十七日思ひても思ひても 後藤比奈夫
一月十二日とペンで玉子にかく 星野立子
一月四日妻もタイプを打ちに出づ 日野草城
一月逝く一師一生の一番弟子 松崎鉄之介
一汁一菜一月の海と空 岡井省二 鯛の鯛
万両に日当り一月も過ぎし 山口青邨
万両やまたも一月駈け過ぎぬ 森澄雄
三月が一月を蹴り初暦 上野泰
丹念に坐す一月の一空人 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
享けて白多き一月の祝ひ花 能村登四郎
出不精にあらず一月終りけり 雨滴集 星野麥丘人
名を呼ばれけり一月の無人駅 平畑静塔
吾がゐて一月の木の前後かな 岡井省二 前後
孔雀明王一月のわたつうみ 岡井省二 鯛の鯛
常の日となりて一月またたく間 岡本眸
御遷宮一月こえてしくれ哉 政岡子規 時雨
怒濤見て一月はわが生まれ月 岡本眸
恭賀新禧一月一日日野昇 政岡子規 新年
日ざしさながら一月の沢の家 岡井省二 山色
松籟や一月を経し梅二月 富安風生
法皇のぴかぴかの濤の一月 飯島晴子
父林蔵二月*母りゆう一月に死す 永田耕衣 葱室
獄塀すこし見ゆ一月の林檎園 飯田龍太
琅かんや一月沼の横たはり 石田波郷
石蕗の絮一月かけてとびにけり 岡井省二 鹿野
砂踏めば一月ぬくし蟹の爪 秋元不死男
笛磨く子に一月の月明り 飯田龍太
蛸生きている脚竜飛一月雨 古沢太穂 捲かるる鴎
裏窓も一月一日柑樹澄む 飯田龍太
貧書店一月号の氾濫す 阿波野青畝
野歩きの果一月の星得たり 細見綾子
阜にて一月の日の向きのあり 岡井省二 五劫集
震災の翳一月の虹の石 後藤比奈夫
驚ける声を一月一日に 藤田湘子

一月 続補遺

笋に一月肉を忘れたり 三宅嘯山
小車のはやく一月まはるなり 荷兮
一月は我に米かせはちたゝき 丈草



以上

by 575fudemakase | 2016-01-10 10:10 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25255245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

軍艦 の俳句
at 2017-11-22 08:20
那智の滝 の俳句
at 2017-11-22 08:16
後評(2017・9)
at 2017-11-22 06:00
後評(2017・11)
at 2017-11-22 05:52
火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26

外部リンク

記事ランキング