探梅の俳句

探梅の俳句

探梅

例句を挙げる。

あなづりし道に迷ひぬ探梅行 松本たかし
この道をわれらが往くや探梅行 高浜虚子
しんがりが好き探梅も人生も 木田千女
すれすれに基地の金網探梅行 沢木欣一
としの夜や梅を探りに花屋迄 田女
どこからも見ゆる露坐仏梅探る 加藤富美子
もういちまい余分にはおり探梅行 高澤良一 さざなみやっこ
もう何もなきところまで梅探る 藤崎久を
丁度良い日和となりぬ探梅行 原田一身
丘ひとつ越え探梅のつもりなり 藤田湘子 てんてん
仏心をもて探梅のよろこびを 松村蒼石 雁
健脚のしんがりをゆく探梅行 升田 義次
即吟派遅吟派梅を探らんと 高澤良一 随笑
厠借る探梅の身を細うして 吉本伊智朗
同窓会果て菅公の梅探る 山田弘子 螢川
向ひ丘探梅の人現はれぬ 西山泊雲 泊雲句集
土湿る山に早梅探らむと 高澤良一 素抱
城あとの梅を探りてただひとり 上村占魚 球磨
密談のほしいままなる探梅行 上野英一
山の辺の道を外れては梅探る 廣瀬ひろし
年の夜や梅を探りに花屋迄 田女
座席えてねむし探梅のビラさがる 原田種茅 径
思はざる急流とあふ探梅行 能村登四郎
探り得し梅の応へてふるふ蕊 亀井糸游
探梅となくわが庭の梅に会ふ 後藤比奈夫
探梅に仙人杖を手放さず 辻田克巳
探梅に夕日まだある天守閣 山本洋子
探梅に行きし如くに逝かれけり 大峯あきら 宇宙塵
探梅のあとさがりなる袴かな 銀漢 吉岡禅寺洞
探梅のいづこを行きて旅の空 玄
探梅のこゝろもとなき人数かな 後藤夜半
探梅のしばらくありし舟の上 綾部仁喜 寒木
探梅のつきあたりたる山葵沢 岡井省二
探梅のどろんこの足袋提げてをり 米澤吾亦紅
探梅のはぐれたれどもいづれ逢はむ 草野駝王
探梅のはずが地酒につかまりし 能村研三
探梅のひとちりばめて西山は 田中裕明 櫻姫譚
探梅のまれに話して二人なる 皆吉爽雨
探梅のやがて明るき木の音 安藤久美
探梅のやはらかき土踏みにけり 小島健 木の実
探梅のわが古マント翼あり 皆吉爽雨
探梅のダムに映りて落ちあふも 亀井糸游
探梅のナップザックに電子辞書 川崎展宏
探梅の一人に木戸の開いてゐし 斉藤友栄
探梅の一壺酒われら明治つ子 佐野まもる
探梅の一行の列伸びながら 原田一郎
探梅の人が折り行く岸の芦 前田普羅 能登蒼し
探梅の人が覗きて井は古りぬ 前田普羅 新訂普羅句集
探梅の人声ゆるる水の上 宮田正和
探梅の墳の道またゆきどまり 小澤満佐子
探梅の夕雲色を加へそむ 綾部仁喜 樸簡
探梅の女湧き泉湧きつゞく 横山白虹
探梅の寒さばかりを言ひどほし 正木ゆう子 静かな水
探梅の帰路一水の光るあり 三浦十八公
探梅の思ひに近所あるきけり 瀧春一
探梅の我に頭をさげし人 田中裕明 櫻姫譚
探梅の戻りの空の繭いろに 西川保子
探梅の探しあてたる一二輪 高澤良一 宿好
探梅の文あり義光忌を思ふ 笹沢信
探梅の暖かき日と寒き日と 高濱年尾 年尾句集
探梅の松をくぐりて行きにけり 岩田由美 夏安
探梅の母を伴ふ一青年 三橋鷹女
探梅の渡舟をかへし戻かな 風生
探梅の熊立ちさうな所なる 茨木和生 往馬
探梅の空に聞きたる羽音かな 上村占魚 鮎
探梅の空に近づくところかな 岩田由美
探梅の空のつづきに洛外図 河村祐子
探梅の空まだ硬し絵馬の花 岡本ひろ子
探梅の紙の皿なるがんもどき 藤田湘子
探梅の臍に 懐炉の火の一点 伊丹三樹彦
探梅の萱踏み分けてありにけり 茨木和生 倭
探梅の行手行手にある日射 中島よし絵
探梅の記事あり雑炊の朝餉了ふ 原田種茅 径
探梅の谺に応ふ声のあり 米沢吾亦紅 童顔
探梅の赤土ぬれて窪みけり 中田剛 珠樹
探梅の連れの煩はしくなりぬ 片山由美子 天弓
探梅の道すがらなる草鞋綯ひ 石川桂郎 四温
探梅の酒にさながら弱法師 吉本伊智朗
探梅の間に半生を聞かさるる 中戸川朝人 尋声
探梅の隠れ歩きに似たりけり 大石悦子 聞香
探梅の風を案内役とする 岡本久一
探梅の馬車ゆるることゆるること 篠原鳳作
探梅の鴉の多き空となる 米沢吾亦紅 童顔
探梅の鶏鳴不意に起りけり 池田秀水
探梅は岩躍り越す水見たり 大峯あきら
探梅も索道の荷も千早へと 皆吉爽雨
探梅やかしこと計り鷹ケ峰 西山泊雲 泊雲句集
探梅やここも人住むぬくさにて 田中裕明 花間一壺
探梅やしきりに出会ふ薪車 西山泊雲 泊雲句集
探梅やのつと見えたる三笠山 山本梅史
探梅やみささぎどころたもとほり 青畝
探梅や一間上の九十九折 白泉
探梅や不意に崖なす城址みち 鍵和田[ゆう]子 浮標
探梅や人目に霞むところまで 耕二
探梅や伏見の巫子の付き戻り 川崎展宏
探梅や古地図にある道たどり 朝木芳子
探梅や四月半の雪を踏み 遠藤梧逸
探梅や園の窪みへ日を溜めて(大倉山) 河野南畦 『風の岬』
探梅や天城出て来し水ゆたか 龍太
探梅や奥の岩戸を心あて 楠目橙黄子 橙圃
探梅や宇津の山道踏みもして 矢島渚男
探梅や山の名のつく駅に降り 池田秀水
探梅や崖の上より石叩 岸本尚毅 舜
探梅や庵主が古きひきまはし 河野静雲 閻魔
探梅や御菩薩池は遠からず 活刀
探梅や志賀の浦波道にのり 碧城
探梅や息深くして梅に寄る 下村ひろし 西陲集
探梅や日当る岩にもたれもし 西山泊雲 泊雲句集
探梅や枝の先なる梅の花 高野 素十
探梅や海見えて川寒くなる 中拓夫
探梅や温泉の塩味の残る唇 ふけとしこ 鎌の刃
探梅や湧水に飼ふ鯉一尾 名和直子
探梅や眉の濃き子を伴ひて 川崎展宏
探梅や石の音色のよかりける 田中裕明 櫻姫譚
探梅や穴師の犬に吠えられて 川崎展宏
探梅や竹積む音の遥かより ながさく清江
探梅や紙の皿なるがんもどき 藤田湘子 去来の花
探梅や途すがらなる杣の梅 羽公
探梅や遠き昔の汽車にのり 誓子
探梅や頓兵衛渡うち渡り 池内たけし
探梅や風と渡りし橋いくつ 平子公一
探梅や鶏あきんどに追ひすがり 米沢吾亦紅 童顔
探梅行そのまま海を越えにけり 日原傳
探梅行へ数式のほぐれざる 田中裕明 櫻姫譚
探梅行伸びてちぢみて二十人 中村明子
探梅行崖より砂のこぼれけり 棚山波朗
探梅行紀州一国見下ろして 大島雄作
探梅行鳴瀧塾址垣間見て 下村ひろし 西陲集
探梅行鶏おどろかし通りけり 前田普羅
暗き日に探りて暗き梅を得し 相生垣瓜人 明治草抄
暮るるまで富士に雲なし探梅行 蓼汀
暮色いま海より蒼し探梅行 中村祐子
梅を探りて病める老尼に二三言 高浜虚子
梅探すごとく出て提げ豆腐器 石川桂郎 含羞
梅探りつゝ天平の礎石まで 徳永 球石
梅探る離宮の奥に舟着場 増山千鶴子
歩板かけ谷の十戸や梅探る 大久保橙青
母われの掌を握る嬰よ梅探らう 仙田洋子 雲は王冠以後
洗ひたての日が当りをり探梅行 能村研三 海神
浪しろき海をはるけく探梅行 軽部烏頭子
涸れ川を右し左し探梅行 五十嵐播水 播水句集
涸滝のかよひそめをり探梅行 大橋櫻坡子 雨月
猫なでてゐる探梅の昏き坂 石寒太 翔
終着は飲み屋なりけり探梅行 滝野緑雨
草鞋に帽子まぶかし探梅行 西山泊雲 泊雲句集
薄壁の手近に探れ梅の花 浪化
誘はれてきしだけのこと探梅行 波多野爽波 鋪道の花
誰もちがふ時間を歩く探梅行 鎌倉佐弓 潤
身の紐をきつめに締むる探梅行 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
軒の柊梅を探るにおぼつかなし 服部嵐雪
雪の原なる探梅の五六人 長谷川櫂 天球
香を探る梅に蔵みる軒端かな 芭蕉
骨揚げを待つ探梅のごとく出で 中戸川朝人 尋声
早過ぎることは承知の上の探梅 高澤良一 素抱
探梅の手土産鳩の豆落雁 高澤良一 石鏡
探梅といふにはあっさり戻り来ぬ 高澤良一 石鏡
探梅にうつつを抜かす顔ぶれは 高澤良一 石鏡
探梅のはてこの道でよいのやら 高澤良一 石鏡

探梅 補遺

いづかたの梅を探りに発ちませし 上田五千石『天路』補遺
かのバーテンも探梅の一行に 飯田龍太
ふり返る身のしなやかに探梅行 能村登四郎
ぶり返す風邪探梅の旅が原因 能村登四郎
丘ひとつ越え探梅のつもりなり 藤田湘子 てんてん
仏心をもて探梅のよろこびを 松村蒼石 雁
吊橋の刃渡りを経て探梅へ 鷹羽狩行
和亭ゑがく探梅の図や吾をさそふ 山口青邨
城あとの梅を探りてただひとり 上村占魚 球磨
大寺の一塔頭の梅探る 高野素十
寒山に拾得に遇ひ梅探る 上田五千石 琥珀
心当てあらぬとはなく梅探る 上田五千石 琥珀
思はざる急流とあふ探梅行 能村登四郎
我宿の裏山よりす探梅行 松本たかし
探梅に 日輪隠りの雲の銀 伊丹三樹彦
探梅に走せ參じたる旅衣 杉田久女
探梅の 先立てて行く 鼻柱 伊丹三樹彦
探梅の 耳環の金に陽を集め 伊丹三樹彦
探梅のあだの枕にゆきつきし 岡井省二 夏炉
探梅のうちとけたりし神を友 岡井省二 有時
探梅のこころで下りて渡し舟 鷹羽狩行
探梅のこころもとなき人数かな 後藤夜半 翠黛
探梅のつきあたりたる山葵沢 岡井省二 有時
探梅の人がのぞいて井は古りぬ 前田普羅 能登蒼し
探梅の人が折り行く岸の芦 前田普羅 能登蒼し
探梅の口に溶けゆく言葉あり 斎藤玄 狩眼
探梅の大きく揺れて渡舟出す 鷹羽狩行
探梅の契約固く会したる 松本たかし
探梅の帰さに氷雨又氷雨 阿波野青畝
探梅の母を伴ふ一青年 三橋鷹女
探梅の渡舟をかへし戻りかな 富安風生
探梅の男 懐炉と正露丸 伊丹三樹彦
探梅の空に聞きたる羽音かな 上村占魚 鮎
探梅の老友いまも蒙古帽 百合山羽公 樂土以後
探梅の臍に 懐炉の火の一点 伊丹三樹彦
探梅の行に女人をまじへたる 森澄雄
探梅の車沿ひ行く濁り川 右城暮石 句集外 昭和四十二年
探梅の軸に秩父の石飾る 山口青邨
探梅の軸掛け蓬髪ただ籠る 山口青邨
探梅の道すがらなる草鞋綯ひ 石川桂郎 四温
探梅やあぶなき橋を渡り初む 石橋秀野
探梅やあゆみかくるゝ丘ひとつ 百合山羽公 春園
探梅やかへりみるとき昼の月 上田五千石『天路』補遺
探梅やくちびるいまのごとうごく 岡井省二 五劫集
探梅やみささぎどころたもとほり 阿波野青畝
探梅やゆびさすところ恋ケ浜 阿波野青畝
探梅や一間上の九十九折 渡邊白泉
探梅や名もなつかしき化粧坂 松本たかし
探梅や外套脱いで庫裡に立つ 渡邊白泉
探梅や天城出て来し水ゆたか 飯田龍太
探梅や山寺のかんぬきは竹 鷹羽狩行
探梅や巌に発破のあと深く 鷹羽狩行
探梅や広重の宿二三次 百合山羽公 樂土以後
探梅や日当る水と日翳る石 上田五千石 風景
探梅や東北院へおのづから 飴山實 句集外
探梅や枝のさきなる梅の花 高野素十
探梅や椿のつぼむ山の鼻 渡邊白泉
探梅や目に覚えなき家構 岡井省二 山色
探梅や谷を出でゆく谷の影 鷹羽狩行
探梅や軒に大臼腰を据ゑ 平畑静塔
探梅や途すがらなる杣の梅 百合山羽公 春園
探梅や遠き昔の汽車にのり 山口誓子
探梅や雪霏々とふることもまた 山口青邨
探梅行鶏おどろかし通りけり 前田普羅 普羅句集
探鳥を兼ね探梅の身ごしらヘ 鷹羽狩行
数椿と数十梅を探り得し 相生垣瓜人 明治草
日の当る方へと外れて探梅行 鷹羽狩行
暗き日に探りて暗き梅を得し 相生垣瓜人 明治草抄
暮るるまで富士に雲なし探梅行 福田蓼汀 山火
杉の秀に眼うごきて探梅行 斎藤玄 狩眼
梅探し当てたるたより聞くごとし 上田五千石『琥珀』補遺
梅探すごとく出て提げ豆腐器 石川桂郎 含羞
梅探り梅探り来て出し日向 清崎敏郎
梅探る吾妻の森や雪深き 政岡子規 雪
泥中に径呼びをり探梅行 斎藤玄 狩眼
海山の間の細道 梅探る 伊丹三樹彦
滝和亭探梅の図を春を待つ 山口青邨
誘はざる探梅行をな咎めそ 阿波野青畝
誘はれてきしだけのこと探梅行 波多野爽波 鋪道の花
赤靴の四五人若し探梅行 三橋鷹女
道を問ふ人探梅の志 日野草城
遠き日の違約の記憶探梅行 能村登四郎
闇の夜は鼻で探るや梅の花 政岡子規 梅が香
顔や洟かみながら探梅行 阿波野青畝
飛鳥ほどには首伸びず 探梅行 伊丹三樹彦

探梅 続補遺 

梅さぐる鑓を置けり藪の門 土芳

by 575fudemakase | 2016-01-15 00:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25264433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング