鯛焼の俳句

鯛焼の俳句

鯛焼

例句を挙げる。

くすり湯を出て鯛焼を買へりけり 草間時彦
ぐつたりと鯛焼ぬくし春の星 西東三鬼
まどかなる鯛焼の眼よ月見ずや 堀口星眠 営巣期
初弥撒へ鯛焼持つていきにけり 仙田洋子 雲は王冠
前へ進む眼して鯛焼三尾並ぶ 中村草田男
子がふたり鯛焼の餡あたたかし 中山純子 沙羅
悪びれず鯛焼食ぶる舞妓かな 松村幸一
懐手解けば鯛焼の香なりけり 水原秋櫻子
旧交を又鯛焼と暖めき 相生垣瓜人 明治草抄
春雨や鯛焼売つて別所の湯 田中冬二 若葉雨
熱あつの鯛焼つかむ銭出して 平畑静塔
禰宜平服白紙に鯛焼横たへて 平井さち子 鷹日和
細き灯やスモッグ街の鯛焼屋 本宮夏嶺男
血を採られゐて鯛焼の餡恋し 大木あまり 火球
軍の影鯛焼しぐれてゆくごとし 赤尾兜子
釣銭で鯛焼買ふも年の市 下村ひろし
霙れつつ鯛焼の火を落しをり 水原秋櫻子
髪染めし男も並ぶ鯛焼屋 中村しげ子
鯛焼となる顛末を見つめをり 須川洋子
鯛焼に面窶れてふありしかな 中尾杏子
鯛焼のあつきを食むもわびしからずや 安住 敦
鯛焼のあんこの足らぬ御所の前 大木あまり 雲の塔
鯛焼のはらわた黒し夜の河 吉田汀史
鯛焼のへの字の口を結ぶかな 大橋敦子
鯛焼のまづ尾の餡をたしかめし 能村登四郎
鯛焼のまんまんなかをください 櫂未知子 蒙古斑
鯛焼のドレミの順に裏返す 鈴木栄子
鯛焼の売れ残りゐる花の雨 長谷川櫂 蓬莱
鯛焼の尾鰭と言へる柔きもの 有馬朗人 耳順
鯛焼の屋台に並ぶ塾帰り 相河美智子
鯛焼の背鰭の焦げて麦の秋 松村多美
鯛焼の腹の温みや秋深し 今泉貞鳳
鯛焼の袋のしめり冬の月 下沢とも子
鯛焼の順を待ちをり田舎医師 堀口星眠 青葉木菟
鯛焼の頭は君にわれは尾を 飯島晴子
鯛焼の頭尾のいづれより喰べむ 品川鈴子
鯛焼の餡のあたたかかりしかな 上野初穂
鯛焼の鯛の尾遺る涅槃西風 中島斌雄
鯛焼の鰭よく焦げて目出度さよ 水原秋櫻子
鯛焼もほかと食ふべきものならし 相生垣瓜人
鯛焼やいつか極道身を離れ 五所平之助
鯛焼や内職仲間妻にあり 細川加賀 『玉虫』
鯛焼や庭の木叢を出しぶる月 友岡子郷 遠方
鯛焼や餡に焼きたる口の端 森澄雄
鯛焼をふたつに頒けて尾がさみし ながさく清江
鯛焼を二つに割って餡くらべ 富田潮児
鯛焼を人には告げず好みけり 富安風生
鯛焼を手にささげ持ち冬三日月 長谷川かな女 牡 丹
鯛焼を買ひもて食へり年忘 八木林之介 青霞集
鯛焼を頬から食べてゐて女王 櫂未知子 貴族

鯛焼 補遺

ぐつたりと鯛焼ぬくし春の星 西東三鬼
ふくよかの鯛焼たうべ春の風邪 山口青邨
ぽけっとに鯛焼熱き家路かな 相生垣瓜人 負暄
亡き愚母に鯛焼の苞頼みけり 佐藤鬼房
前へすすむ眼して鯛焼三尾並ぶ 中村草田男
四谷にて鯛焼を買ふ出来ごころ 能村登四郎
島市に雨のぱらつく鯛焼屋 伊藤白潮
待つ妻に鯛焼提げて前夜祭 伊丹三樹彦
懐手解けば鯛焼の香なりけり 水原秋櫻子 餘生
旗日の鯛焼く 裏川に鴎騒ぐ 伊丹三樹彦
旧交を又鯛焼と暖めき 相生垣瓜人 明治草抄
梅雨寒に鯛焼一尾咬み得たり 相生垣瓜人 負暄
由緒ある鯛焼にして焼きかへす 能村登四郎
老ふたり鯛焼食べて近松忌 森澄雄
蟇あひや鯛焼とどく楽屋口 水原秋櫻子 餘生
軍の影鯛焼しぐれてゆくごとし 赤尾兜子 歳華集
霙れつつ鯛焼の火を落しをり 水原秋櫻子 餘生
餡厚き鯛焼鯛の威をたもつ 能村登四郎
鯛焼と弓張月と感じ合ふ 神楽 藤田湘子
鯛焼のあつきを食むもわびしからずや 安住敦
鯛焼のまづ尾の餡をたしかめし 能村登四郎
鯛焼の三尾の重さ提げ戻る 鷹羽狩行
鯛焼の尾鰭を背なの子に与へる 安住敦
鯛焼の溌刺たるを咬み得たり 相生垣瓜人 負暄
鯛焼の熱き鱗の角立たし 中村草田男
鯛焼の目の下を先づ目測す 相生垣瓜人 明治草
鯛焼の軽重も亦問はるべし 相生垣瓜人 明治草
鯛焼の頭は君にわれは尾を 飯島晴子
鯛焼の鰭よく焦げて目出度さよ 水原秋櫻子 餘生
鯛焼もほかと食ふべきものならし 相生垣瓜人 明治草
鯛焼も生きのよさをば賞すべき 能村登四郎
鯛焼や丘にただ乗る古社 中村草田男
鯛焼や餡に焼きたる口の端 森澄雄
鯛焼よひたに恋へりしも杳かなる 安住敦
鯛焼をふところに笑みおのづから 森澄雄
鯛焼をわれら食ひをれば背の子醒む 安住敦
鯛焼を人には告げず好みけり 富安風生
鯛焼を好むあはれさは嗤ふまじ 安住敦
鯛焼を年の大瀬に漁れり 相生垣瓜人 負暄
鯛焼を徹頭徹尾食ひ盡くす 相生垣瓜人 負暄
鯛焼を買ひもどりたりき子を背にし 安住敦
鯛焼を食ひたる腹の果然たり 相生垣瓜人 明治草
鯛焼を食ぶるを鵯の羨しぶか 相生垣瓜人 負暄
鯛焼を食へばむかしのをんなとなる 安住敦
鯛焼を食みつつ妻よ悪ひなきか 安住敦
鯛焼を食らひ夜更かしの慣ひやまず 安住敦
鯛焼屋居ぬは神楽を隙見中 百合山羽公 樂土
鯛焼屋濃く焼き師走の色といふ 林翔
麓人に林之助にも鯛焼を (年暮るる) 星野麥丘人

以上
by 575fudemakase | 2016-01-18 00:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25264447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

観覧車 の俳句
at 2017-12-18 09:19
海豹 の俳句
at 2017-12-18 09:14
後評(2017・12)
at 2017-12-18 04:31
映画 の俳句
at 2017-12-15 09:21
歳時記 の俳句
at 2017-12-15 08:02

外部リンク

記事ランキング