初霜の俳句

初霜の俳句

初霜

例句を挙げる。

さめざめと初霜きゆる佳き日なり 松村蒼石 春霰
ちから芝初霜かぶりたかぶりぬ 前田普羅
やはらかに青草充ちて初霜す 松村蒼石 雪
わが名づく赤子つよかれ初霜に 長谷川かな女 花寂び
一つ葉に初霜の消え残りたる 高浜虚子
一刻の炊ぎのけむり初霜消 原石鼎 花影以後
人影す堆の初霜あたゝかに 西島麦南
初霜にとぢこめられし山の音 吉年虹二
初霜に櫛目を正す朝の日箭 有馬籌子
初霜に焚く櫻葉の匂ひかな 松瀬青々
初霜に胸埋め嵯峨の石仏は 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
初霜に覆ひかかるや闇の星 千川 霜 月 月別句集「韻塞」
初霜のありし纜解きにけり 秋山英子
初霜のありたる無人駅ホーム 有永 千里
初霜のありとしもなき波郷の墓 飯島晴子
初霜のことし大霜でありにけり 原石鼎 花影以後
初霜のぬれて日和や譜に朱うつ 原石鼎 花影以後
初霜のまとめられたる無縁墓 鷲谷七菜子 花寂び 以後
初霜のデッキ味噌汁匂ひ来し 鴨下秀峰
初霜の坂口の竹明りかな 梶千秋
初霜の奈良田の宿の十三夜 田中冬二 俳句拾遺
初霜の朝市にゐる迷ひ犬 藤本朋子
初霜の来し上州と聞きしより 稲畑汀子
初霜の柿や天地を貫けり 瀧井孝作
初霜の沙汰や頃日葱蕪 笠斎
初霜の消え束の間の野の光 河野美奇
初霜の石を崩して堰普請 及川仙石
初霜の置く石の臼茎の石 青木重行
初霜の金柑残る葉越しかな 芥川龍之介 蕩々帖〔その二〕
初霜の金柑見ゆる葉越しかな 芥川龍之介 澄江堂句抄
初霜の降りて暦日過たず 浜渦美好
初霜の降る音聞いてゐる玻璃戸 梶尾黙魚
初霜は裏羊蹄の翳に踏む 古舘曹人 能登の蛙
初霜やあはれはまろぶざくろの実 久保田万太郎 流寓抄以後
初霜やいよよ百目柿の甘からん 依光陽子
初霜やうす紅の鳩の脚 四明句集 中川四明
初霜やけさおとなしき鹿島灘 藤田あけ烏 赤松
初霜やさすが都の竹箒 炭 太祇 太祇句選後篇
初霜やひとりの咳はおのれ聴く 日野草城(1901-56)
初霜やむらさきがちの佐久の鯉 皆川盤水
初霜ややさしくなりぬ山の色 神原栄二
初霜やわが母なれど面冴え 中村汀女
初霜やわづらふ鶴を遠く見る 蕪 村
初霜やガラス隔てて吾子と会ふ 高橋悦男
初霜や七夜の朝の樽ざかな 荊口 霜 月 月別句集「韻塞」
初霜や余白なき日を繰り返し 大島民郎
初霜や勝手のちがふ酒の燗 中村史邦
初霜や唐招提寺志す 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
初霜や小笹が下のえびかづら 素牛 俳諧撰集「藤の実」
初霜や嵩減り枯れて箒草 西山泊雲 泊雲句集
初霜や川上は墓地のあるところ 辺見じゅん
初霜や底より湧いて鯉の色 広瀬直人
初霜や復旧までの仮の橋 枡田国市
初霜や掌にしたゝらす髪油 青木喜久
初霜や斧を打ちこむ樹の根つこ 秋元不死男
初霜や火事跡といふ黒きもの 鷹羽狩行
初霜や烏を懼すからす羽に 高井几董
初霜や片脚立ちに神の鶏 鈴木花重
初霜や物干竿の節の上 永井荷風
初霜や犬溺する橋のもと 寺田寅彦
初霜や甘藍緊まり極まれば 林原耒井 蜩
初霜や矮鶏諍ふ神の庭 牧野暁行
初霜や稲扱きの歯に降りにけり 冬葉第一句集 吉田冬葉
初霜や粉な屋の驢馬の耳機嫌 四明句集 中川四明
初霜や素焼の土器に御饌の塩 玉貫甲子郎
初霜や茎の歯ぎれも去年迄 一茶 ■文化三年丙寅(四十四歳)
初霜や茶椀を握る掌 秋来
初霜や菊冷え初むる腰の綿 松尾芭蕉
初霜や落葉の上の青笹に 泉鏡花
初霜や藁燃えて居る土手の上 寺田寅彦
初霜や藪に隣れる住み心 芥川龍之介 蕩々帖〔その二〕
初霜や障子にこもる陽の翅音 篠田悦子
初霜や雀居並ふ疎籬斜め 尾崎紅葉
初霜や麦の芽二寸ばかりなり 寺田寅彦
初霜や麦まく土のうら表 北枝 霜 月 月別句集「韻塞」
初霜や黄葉ほろ~と垣枳殻 西山泊雲 泊雲句集
初霜を鴉のわたる佛國寺 三好達治 路上百句
初霜消花の咲く木の葉の上に 原石鼎 花影以後
初霜越えて逃れにゆく祈りにゆく 平畑静塔
医師去つて初霜の香の残りけり 野澤節子 黄 瀬
子をふちどる朝日の赤さ初霜す 大熊輝一
桑焦がすほどの初霜には非ず 荒川あつし
沼べりに初霜コメデアン死んで 栗林千津
縄切れに置く初霜やいろは蔵 野村喜舟
縫ひ進む糸か初霜むすぶ音か 永井龍男
踏んで見もして初霜の解けやすき 篠崎 杏二
雁来ればすぐ初霜や伊賀盆地 橋本鶏二

初霜 補遺

はつしもに何とおよるぞ船の中 其角
はつしもや飯の湯あまき朝日和 三浦樗良
はつ霜にむかしを招く花すゝき 智月尼
はつ霜に明てや菴の菊見舞 井上士朗
はつ霜に行や北斗の星の前 百歳
はつ霜の泥によごれつ草の蛇 除風
はつ霜の置や菜の葉のよはり口 許六
はつ霜や名乗くはゝる菊ばたけ 去来
はつ霜や犬の土かく爪の跡 北鯤
はつ霜や芦折違ふ浜づゝみ 支考
はつ霜や衾にこもる鐘の声 野坡
はつ霜や野わたしに乗馬の息 高井几董
はつ霜を鼻に付たる狗子哉 一笑(金沢)
やはらかに青草充ちて初霜す 松村蒼石 雪
一刻の炊ぎのけむり初霜消 原石鼎 花影以後
初霜に何とおよるぞ舟の中 宝井其角
初霜に木の葉撥捜し百舌鳥の啼 高桑闌更
初霜に横たへて積む葡萄杭 廣瀬直人
初霜に気違ひ茄子の傲るなり 相生垣瓜人 明治草
初霜に流るゝ馬の尿かな 日野草城
初霜に温泉けぶり立ちて菊黄なり 水原秋櫻子 磐梯
初霜に覆ひかゝるや闇の星 千川
初霜に負けて倒れし菊の花 政岡子規 初霜
初霜のありしと告げてゐる大地 稲畑汀子
初霜のありたる土の濡れてをり 稲畑汀子
初霜のあるかなきかを掃きにけり 鷹羽狩行
初霜のことし大霜でありにけり 原石鼎 花影以後
初霜のぬれて日和や譜に朱うつ 原石鼎 花影以後
初霜の大霜なるに驚けり 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
初霜の来しときりきリ拭掃除 高田風人子
初霜は裏羊蹄の翳に踏む 古舘曹人 能登の蛙
初霜やうかゞひ上ゲし鹿の足 野坡
初霜やきのふ蒔きたる紅粉花の種 山口青邨
初霜やさすが都の竹箒 炭 太祇
初霜やひとりの咳はおのれ聴く 日野草城
初霜やほほづきいろにほほづきは 山口青邨
初霜ややねから落る瓦まで 許六
初霜や七夜の朝の樽ざかな 荊口
初霜や三とせにかはる今朝の松 嵐青
初霜や人馬に消ゆる谷の径 飯田蛇笏 家郷の霧
初霜や何に冬瓜の花ひとつ 早野巴人
初霜や兒の手柏のふたおもて 政岡子規 初霜
初霜や勝手のちがふ酒の燗 史邦
初霜や味なきものゝ残る畑 四睡
初霜や寒き茄子の咲おさめ 桃妖
初霜や小笹が下のえびかづら 惟然
初霜や朝日を含む本願寺 政岡子規 初霜
初霜や朝餉のあとの茶のかをり 日野草城
初霜や束ねよせたる菊の花 政岡子規 初霜
初霜や梢も老の一はれ着 野坡
初霜や楮仕付しあら起し 卓池
初霜や水は煙て仕舞顔 朱拙
初霜や湖に青藻の靄がくれ 飯田蛇笏 山廬集
初霜や烏を懼すからす羽に 高井几董
初霜や田の土とりて竈をぬる 建部巣兆
初霜や石まろければ頂に 山口青邨
初霜や砂に鰯の反かえり 支考
初霜や紫の玉みやげとし 細見綾子
初霜や肌八方に人の棘 飯田龍太
初霜や肌自き烏賊耀を待つ 阿波野青畝
初霜や茎の歯ぎれも去年迄 小林一茶
初霜や茶薗かやはら朝ぼらけ 野坡
初霜や藪の小社に小豆めし 除風
初霜や見しらぬ枝の逆おとし 舎羅
初霜や鏡にうつる鬢の上 政岡子規 初霜
初霜や鐘楼の道の履の跡 許六
初霜や鶏頭紅を極めたる 森澄雄
初霜や黒木いたゞく懐手 露川う
初霜をいたゞき連れて黒木売 内藤鳴雪
初霜をかしらの花や老の杖 十丈
初霜を尖にみるや秋のすゑ 紫白女
初霜を見に出る さいわい 墓地がある 伊丹三樹彦
初霜を身におきたらん如く老ゆ 山口青邨
初霜消花の咲く木の葉の上に 原石鼎 花影以後
医師去つて初霜の香の残りけり 野澤節子 未明音
千枚漬はつ霜ごろのぬめり出て 能村登四郎
昔日ニ休ス初霜ワガ実存 永田耕衣
登校の子に初霜の牧場口 飯田龍太
百花園初霜の門ひらきけり 鈴木真砂女 都鳥
逝く人に初霜をおく桐畑 飯島晴子

以上
by 575fudemakase | 2016-01-25 00:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25269312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・12)
at 2017-12-18 04:31
映画 の俳句
at 2017-12-15 09:21
歳時記 の俳句
at 2017-12-15 08:02
俳句 の俳句
at 2017-12-15 07:58
田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12

外部リンク

記事ランキング