鮟鱇と鮟鱇鍋 の俳句

鮟鱇と鮟鱇鍋 の俳句

▼鮟鱇

例句を挙げる。

あらたまの火を呑んで鮟鱇老いせぬや 中勘助
あんかう(鮟鱇)や孕み女の釣るし斬り 夏目漱石(1867-1916)
おほき孤独が鮟鱇にぶら下がる 辻美奈子
ききわけの無き鮟鱇を鍋にかな 櫂未知子 蒙古斑
とめどなき大鮟鱇の涎かな 岡田耿陽
ぬめりとる出刃を砥にあて鮟鱇割く 辻口八重子
ひたひに灯りを感じる鮟鱇をたべる 中塚一碧樓
イエスより軽く鮟鱇を吊りさげる 有馬朗人 母国
エリックサティ鮟鱇の肝食ひをれば 大石悦子
フォークもて食ふ鮟鱇や漱石忌 日原傳
一喝に似て鮟鱇を糶りおとす 今瀬剛一
人中に鮟鱇吊られしたゝれり 小林康治
人中の鮟鱇と我れを罵りぬ 四明句集 中川四明
冬日中鮟鱇吊られ罪あるごと 小林康治 四季貧窮
出刃を呑むぞと鮟鱇は笑ひけり 阿波野青畝(1899-1992)
口紅ぬり鮟鱇食べしとは見えず 鈴木貞雄
吊されて老鮟鱇の無念かな 有永実
吊し切る鮟鱇の腹すでになし 鈴木勇之助
吊るされし鮟鱇何か着せてやれ 鈴木鷹夫
夕鯵をまつ間わびしき鮟鱇かな 井上井月
大年の一匹糶の鮟鱇かな 西本一都 景色
大鮟鱇触つてみれば女体かな 矢島渚男(1935-)
寒波来鮟鱇肝を値打とし 鈴木真砂女 夕螢
息止めて見る鮟鱇の吊し切り 小俣由とり
惨憺たる鮟鱇の顔今日終る 岸田稚魚 筍流し
手鈎傷眉間に鮟鱇糶られけり 奈良文夫
昼行燈鮟鱇向きを変へにけり 高澤良一 ぱらりとせ
晴天の鮟鱇といふわだかまり 今瀬剛一
水揚げの鮟鱇ビロード光りせり 高澤良一 寒暑
沓鮟鱇馬にて海を渡す事 椎本才麿
泪目のまゝ鮟鱇の割かれけり 佐々木 鳴子
潮錆の空へ鮟鱇吊られけり 神山果泉
煮こごりにも裏鮟鱇を裏返し 橋本美代子
生家とは鮟鱇の口ほどの闇 鳥居真理子
目の前でする鮟鱇の吊し切り 金沢瓢舎
真つ先に肝を抜かれて吊り鮟鱇 福田貴志
競られゐて暑き鮟鱇飛魚は涼し 野澤節子 黄 炎
築地明石町鮟鱇吊られあり 石嶌岳
紐になり了る鮟鱇の吊し切り 田川飛旅子 『使徒の眼』以後
素通りを許さぬ貌の鮟鱇買ふ 立石 京
能登の海鮟鱇あげて浪平ら 前田普羅 能登蒼し
自転車につむ鮟鱇の尾が見えて 岸本尚毅 舜
自転車の荷台に鮟鱇積み帰る 高澤良一 寒暑
舟釣瓶ぶつかけられし鮟鱇かな 阿波野青畝
貧てふ文字鮟鱇のごと吊したし 小林康治 四季貧窮
貪婪の鮟鱇といひそれを食ふ 北澤瑞史
身のうちに鮟鱇がゐる口あけて 奧坂まや(1950-)
身を削がれゆく鮟鱇の眼ありけり 牧野寥々
選り好みしても鮟鱇同じ貌 山岡成光
風に背を押され鮟鱇買ひにけり 小坂優美子
馴染店入れば鮟鱇勧められる 梁取 久子
鮟鱇がふぐに恋する小泥海 中勘助
鮟鱇が吊るされ河岸に雪降れり 伊藤みちを
鮟鱇と一対一の一句なり 鈴木真砂女
鮟鱇と汝が愚魯と吊さんか 永井龍男
鮟鱇に似て口ひらく無為の日々 木下夕爾(1914-65)
鮟鱇に刃を入れてのち自在なり 原けんじ
鮟鱇に力いつぱい出刃包丁 鈴木真砂女
鮟鱇に右往左往の厨妻 阿部底下
鮟鱇に大手ひろげて枯るるかな 斎藤玄 雁道
鮟鱇に巷の影のぶら下がる 上谷昌憲
鮟鱇に目のあり二つちよぼとあり 藤田あけ烏 赤松
鮟鱇のあぎとの残る鈎を見き 八木林之助
鮟鱇のあんぐり湾の形せり 小島ノブヨシ
鮟鱇のがまんの口を今降す 今関幸代
鮟鱇のごとく胃袋は何んでも食いたがる 橋本夢道 無礼なる妻
鮟鱇のさかさまに日は闌けにけり 谷川護物
鮟鱇のどこからが顎どこが貌 水谷芳子
鮟鱇のどろりと箱を溢れけり 吉澤利枝
鮟鱇のふさぎこんだる面がまへ 市川栄次
鮟鱇のむらぎもを食ひ独りなり 本宮銑太郎
鮟鱇のよだれの先がとまりけり 阿波野青畝(1899-1992)
鮟鱇のロが裂けても言へぬなり 安住敦
鮟鱇の仰向ざまに糶られけり 大庭雄三
鮟鱇の切られ切られて骨透明 羽部洞然
鮟鱇の削がれつくして凍てにける 小林康治 四季貧窮
鮟鱇の口して義歯の型とらる 田川飛旅子 『山法師』
鮟鱇の口だけ裏の木に残る 中拓夫
鮟鱇の口にはら~しぐれけり 藤井紫影
鮟鱇の口ばかりなり流しもと 高浜虚子
鮟鱇の口より落ちし氷かな 山西雅子
鮟鱇の口巨大迷路のはじまりとも 白石司子
鮟鱇の吊られ大愚の口開けて 日置草崖
鮟鱇の吊られ日輪尚赫し 杉本寛
鮟鱇の土曜の町に吊られけり 成井 侃
鮟鱇の大口あいて笑ふ哉 寺田寅彦
鮟鱇の屈託の肝抜かれけり 村中[トウ]子
鮟鱇の強つくばりの口許よ 高澤良一 随笑
鮟鱇の愚にして咎はなかりけり 村上鬼城
鮟鱇の掟のごとく吊さるる 高橋ツトミ
鮟鱇の昨日の骨と今日の骨 すずきりつこ
鮟鱇の正体もなく糶られけり 高浜胡鈴子
鮟鱇の毀れし貌が競(せ)られけり 高澤良一 宿好
鮟鱇の泣き寝入りして買はれけり 堀口星眠 営巣期
鮟鱇の津波を起しさうな口 八牧美喜子
鮟鱇の海底の地震見たる貌 八牧美喜子
鮟鱇の涎の糸の地べたまで 十玉幸男
鮟鱇の涎汚れの土間辷り 日向正雅
鮟鱇の煮え隣の男の肘がさはる 梅林句屑 喜谷六花
鮟鱇の煮ゆる間侍り女将たり 鈴木真砂女 夕螢
鮟鱇の糶り落されしぬかり顔 白井爽風
鮟鱇の罪業深く吊されぬ 栗原米作
鮟鱇の聖者のごとく吊られけり 三谷 和子
鮟鱇の肝うかみ出し鮟鱇鍋 高濱虚子
鮟鱇の肝の四角の揺れてをり 山尾玉藻
鮟鱇の肝一樽や春の雪 鈴木真砂女 夕螢
鮟鱇の肝喰つてまた逢ふ日まで 朝倉和江
鮟鱇の肝蒸し上る雪催 鈴木真砂女
鮟鱇の肝食べ頭怠る日 下田稔
鮟鱇の胆溢れゐる鉄の皿 二宮一知
鮟鱇の腸の潮水あふれけり 石脇みはる
鮟鱇の腸より天主立ちあがる 平井照敏 天上大風
鮟鱇の腸をたべたる深眠り 池田弥生
鮟鱇の腹たぶたぶと曳かれゆく 角川照子
鮟鱇の腹に納まる壺おもへ 中田剛 珠樹以後
鮟鱇の裏返されて糶られをり 山崎美白
鮟鱇の襤褸の中の骨太し 能村登四郎
鮟鱇の貌ほめあげて売られけり 那須淳男
鮟鱇の面構えして世を渡る 大月桃流
鮟鱇の面皮剥がれし眼かな 矢島渚男 梟
鮟鱇の顎の残る鉤を見き 八木林之介 青霞集
鮟鱇の顔俎板にのりきらず 能登裕峰
鮟鱇の飼はれてひげを静かにふる 永田耕一郎 氷紋
鮟鱇の首切られ且つ腹裂かれ 鈴木真砂女 夕螢
鮟鱇の骨ねぶりゐる男かな 瀧澤伊代次
鮟鱇の骨のみいまだ吊られ居り 石井松江
鮟鱇の骨の干さるる酒房裏 松本悦子
鮟鱇の骨まで凍ててぶち切らる 加藤秋邨
鮟鱇の髭もて持たれ値ぎらるる 加藤秋邨 まぼろしの鹿
鮟鱇はゆるき外套着用す 安田千枝子
鮟鱇は海の蒼さを思ひをり 佐川広治
鮟鱇もわが身の業も煮ゆるかな 久保田万太郎(1889-1963)
鮟鱇も河豚も喰ふなり年の暮 寺田寅彦
鮟鱇やかげ膳据ゑて猪口一つ 飯田蛇笏 山廬集
鮟鱇や口をひらけハ肝を見る 松瀬青々
鮟鱇や小光が鍋にちんちろり 夏目漱石 明治四十一年
鮟鱇や店に生きゐて日暮れなる 中川宋淵
鮟鱇や木の葉のような大伯母来 上原勝子
鮟鱇や沓のとなへも二葉より 秋色 俳諧撰集玉藻集
鮟鱇や疾風のごとく夜が来て 小金まさ魚
鮟鱇や長安市上酒家の軒 妻木 松瀬青々
鮟鱇や鼠小僧を泊めし家 龍胆 長谷川かな女
鮟鱇をさくや裸灯低く吊り 赤沼薫
鮟鱇をねほりはほりとさはりけり 作山 大祐
鮟鱇をふりさけ見れば厨かな 其角
鮟鱇を一尾といふも愚かなり 相生垣瓜人
鮟鱇を吊して水を荒使ひ 堀之内和子
鮟鱇を吊りいそぐなり年の内 萩原麦草 麦嵐
鮟鱇を吊りざぶざぶと海暮るる 中 拓夫
鮟鱇を吊りまた銭の笊吊るよ 富岡掬池路
鮟鱇を喰らひ地獄に堕ちんかな 小澤實
鮟鱇を煮て面白き話せん 清水基吉
鮟鱇を煮るにも痩せて書淫の手(某氏を訪ふ) 石川桂郎
鮟鱇を腑におとしたるところなり 西村純吉
鮟鱇・銀河系よりぶらさがる 白澤良子
鮟鱇煮え巧言令色鮮矣仁 高澤良一 ぱらりとせ
鮟鱇煮て旧悪のごと職擲てり 小林康治 玄霜
鮟鱇煮る妻のたかぶり声なさず 杉山葱子
あんかうは癖のなき魚箸伸ばす 高澤良一 寒暑
あんかうや孕み女の釣るし斬り 夏目漱石 明治二十八年


鮟鱇 補遺

あんかうに一膳めしの行燈哉 政岡子規 鮟鱇
この一片この一塊鮟鱇の奈辺なる 上田五千石『天路』補遺
なりはひの日々鮟鱇と顔合はせ 鈴木真砂女 都鳥
ひたひに灯りを感じる鮟鱇をたべる 中川一碧樓
わたつみのこゑ鍋の鮟鱇食ふときも 森澄雄
イエスより軽く鮟鱇を吊りさげる 有馬朗人 母国
何くそと鮟鱇ぶつた切つてけり 阿波野青畝
冬日中鮟鱇吊られ罪あるごと 小林康治 四季貧窮
出刃を呑むぞと鮟鱇は笑ひけり 阿波野青畝
十字架を負ひ鮟鱇の骨垂れる 有馬朗人 母国
君を呼ぶ内證話や鮟鱇汁 政岡子規 鮟鱇
唇ゆがめつつ鮟鱇の片身そぐ 能村登四郎
寒き夜や家に歸れば鮟鱇汁 政岡子規 寒し
寒波来鮟鱇肝を値打とし 鈴木真砂女 夕螢
小鍋立借問す河豚か鮟鱇か 政岡子規 河豚
惨憺たる鮟鱇の顔今日終る 岸田稚魚 筍流し
昼月櫛形鮟鱇の肉吊し斬り 三橋鷹女
朝市の鮟鱇よべの肴なり 百合山羽公 樂土
橋の上で打切る鮟鱇底響く 中村草田男
洋前菜鮟鱇の胆でありけるよ 水原秋櫻子 蘆雁以後
糶り残るこの鮟鱇の面構へ 鈴木真砂女 紫木蓮
能登の海鮟鱇あげて浪平ら 前田普羅 能登蒼し
舟釣瓶ぶつかけられし鮟鱇かな 阿波野青畝
蓋取ツテ消息いかんにあんこ鍋 政岡子規 鮟鱇
行きまどふ鮟鱇の腹並びをり 飯島晴子
角のない牛といはれて鮟鱇提ぐ 大野林火 飛花集 昭和四十四年
貧てふ文字鮟鱇のごと吊したし 小林康治 四季貧窮
賣れ殘る鮟鱇買へと勸めけり 政岡子規 鮟鱇
雪嶺に消えし夕映鮟鱇割く 岡井省二 明野
風邪引の夜著打ちかぶり鮟鱇汁 政岡子規 鮟鱇
鮟鱇ありと答へて鍋の仕度かな 政岡子規 鮟鱇
鮟鱇と一対一の一句なり 鈴木真砂女 紫木蓮
鮟鱇に力いつぱい出刃庖丁 鈴木真砂女 都鳥
鮟鱇に喉ありて腸があり 岡井省二 前後
鮟鱇に大手ひろげて枯るるかな 斎藤玄 雁道
鮟鱇のあるかなき目の凍てにけり 百合山羽公 樂土以後
鮟鱇のよだれの中に小海老かな 阿波野青畝
鮟鱇のよだれの先がとまりけり 阿波野青畝
鮟鱇の七つ道具のどれに箸を 大野林火 飛花集 昭和四十四年
鮟鱇の削がれつくして凍てにける 小林康治 四季貧窮
鮟鱇の口あけて居る霰かな 政岡子規 鮟鱇
鮟鱇の口から下がる臓腑かな 内藤鳴雪
鮟鱇の口が裂けても言へぬなり 安住敦
鮟鱇の吊るし切りとはいたましや 鈴木真砂女 居待月
鮟鱇の子といふものを食はされぬ 星野麥丘人
鮟鱇の尾先地を擦る野の夕日 佐藤鬼房
鮟鱇の愚にして咎はなかりけり 村上鬼城
鮟鱇の涎出すぎてすべりけり 阿波野青畝
鮟鱇の煮ゆる間侍り女将たり 鈴木真砂女 夕螢
鮟鱇の肝がくちびるこのみけり 岡井省二 鯨と犀
鮟鱇の肝は食はずよ年忘 安住敦
鮟鱇の肝一樽や春の雪 鈴木真砂女 夕螢
鮟鱇の肝蒸し上る雪催 鈴木真砂女 居待月
鮟鱇の腸より天主立ちあがる 平井照敏 天上大風
鮟鱇の襤褸の中の骨太し 能村登四郎
鮟鱇の鉤より降りる時来たり 能村登四郎
鮟鱇の首切られ且つ腹裂かれ 鈴木真砂女 夕螢
鮟鱇の骨まで凍ててぶちきらる 加藤秋邨
鮟鱇の髭もて持たれ値ぎらるる 加藤秋邨
鮟鱇は舌にて圧して食しにけり 岡井省二 鯛の鯛
鮟鱇やかげ膳据ゑて猪口一つ 飯田蛇笏 山廬集
鮟鱇や大聖歓喜自在天 岡井省二 鯛の鯛
鮟鱇を吊し魚屋夕景色 山口青邨
鮟鱇を吊せし下の魚かな 山口青邨
鮟鱇を煮るにも痩せて書淫の手 石川桂郎 含羞
鮟鱇を見つつわが顎撫でてをり 加藤秋邨
鮟鱇煮て旧悪のごと職擲てり 小林康治 玄霜

▼鮟鱇鍋

例句を挙げる。

たつぷりと海を見て来し鮟鱇鍋 山崎ひさを
ひとりごちひとり荒べる鮟鱇鍋 森澄雄
ほかの部屋大いに笑ふ鮟鱇鍋 深川正一郎
よく煮えて煮こぼれてゐて鮟鱇鍋 島村茂雄
デカルトを説き饒舌の鮟鱇鍋 新関一杜
世話物に出さうな夫婦鮟鱇鍋 中火臣
人並になりし五十の鮟鱇鍋 長谷川かな女 雨 月
十能に飯の引火や鮟鱇鍋 柑子句集 籾山柑子
夜は夜の神田ありけり鮟鱇鍋 清水双水
山鳥の尾の長酒や鮟鱇鍋 柑子句集 籾山柑子
帰る如来し江東や鮟鱇鍋 石田波郷
悪名もいまはむかしの鮟鱇鍋 鈴本真砂女
月を見て入りけり鮟鱇鍋の店 川崎展宏
東京は日暮の早し鮟鱇鍋 茂里正治
水洟や鮟鱇鍋の夜としぬ 森澄雄
沖の灯と見えて星出づ鮟鱇鍋 中拓夫
漆黒の怒濤ひびけり鮟鱇鍋 酒井みゆき
灯の下に鮟鱇鍋のありて煮ゆ 行方克巳
炭はねて眉根を打ちぬ鮟鱇鍋 中田余瓶
百年をまとめて忘れ鮟鱇鍋 須原和男
義士ふたり討入まへの鮟鱇鍋 秋山巳之流
肝いかゞいかゞと仲居鮟鱇鍋 森田峠 逆瀬川以後
葬りて鮟鱇鍋をつつきをり 仙田洋子 橋のあなたに
酒しみし卓のひかりや鮟鱇鍋 片山鶏頭子
酔うて寝るそれが船方鮟鱇鍋 加賀山たけし
隣席は男ばかりや鮟鱇鍋 栗山よし子
鮟鱇の肝うかみ出し鮟鱇鍋 高濱虚子
鮟鱇鍋かうなるまでを語り草 今泉貞鳳
鮟鱇鍋せんと大きな机かな 岸本尚毅 舜
鮟鱇鍋にんげんの闇あたたまり 河村四響
鮟鱇鍋はらからといふよき言葉 鈴本真砂女
鮟鱇鍋世に容れられずして久し 久米はじめ
鮟鱇鍋人の大金懐に 橋本花風
鮟鱇鍋人の運命をはかりゐる 清崎敏郎
鮟鱇鍋共に突つきて世に出でず 渡辺志水
鮟鱇鍋夜汽車を灯す海の音 伊藤淳子
鮟鱇鍋息子夫婦とつつき合ふ 長村雄作
鮟鱇鍋戸の開けたてに風入りぬ 館岡沙緻
鮟鱇鍋昨日といへど遙かかな 角川春樹
鮟鱇鍋箸もぐらぐら煮ゆるなり 高浜虚子
鮟鱇鍋老舗しづかに客満ちて 佐久間木耳郎
鮟鱇鍋腑分けのごとき箸遣ひ 関森勝夫
鮟鱇鍋舌あざやかにあやつれり 小林康治
鮟鱇鍋諫めて父をかなします 大石悦子 群萌
鮟鱇鍋路地に年月重ねたり 鈴木真砂女 夕螢
鮟鱇鍋酔の壮語を楯として 小林康治 玄霜
鮟鱇鍋酔顔やさしと言はれをり 奈良文夫
鮟鱇鍋風の勿来を降りてきて 古舘曹人 樹下石上
鮟鱇鍋騙されまじくよばれゐる 山野邊としを
あんこう鍋皆いつぱしの顔もてり 荒井正隆
あんこう鍋神田は路地の二階にて 藤岡筑邨


鮟鱇鍋 補遺

いつしかを自に溺れゐつ鮟鱇鍋 山田みづえ 忘
ひとりごちひとり荒べる鮟鱇鍋 森澄雄
何もかも水に流して鮟鱇鍋 鈴木真砂女 居待月
傾城を買ひに往く夜や鮟鱇鍋 政岡子規 鮟鱇
六人に女一人や鮟鱇鍋 星野麥丘人
句作りは二の次にして鮟鱇鍋 村山故郷
年忘れ鮟鱇鍋の箸敵 百合山羽公 樂土以後
悪名もいまはむかしの鮟鱇鍋 鈴木真砂女 夏帯
父の血を受けて気短鮟鱇鍋 鈴木真砂女 居待月
老妻の火を吹く顏や鮟鱇鍋 政岡子規 鮟鱇
遺産なければ遺言もなし鮟鱇鍋 鈴木真砂女 居待月
鮟鱇鍋かしこき人も食うべけり 亭午 星野麥丘人
鮟鱇鍋はらからといふよき言葉 鈴木真砂女 居待月
鮟鱇鍋七つ道具の四つ五つ 百合山羽公 樂土以後
鮟鱇鍋人の運命をはかりゐる 清崎敏郎
鮟鱇鍋女房に酒をすゝめけり 政岡子規 鮟鱇
鮟鱇鍋河豚の苦説もなかりけり 政岡子規 鮟鱇
鮟鱇鍋浚つて鍋の残りけり 百合山羽公 樂土以後
鮟鱇鍋話し上手が一人ゐて 鈴木真砂女 紫木蓮
鮟鱇鍋路地に年月重ねたり 鈴木真砂女 夕螢
鮟鱇鍋酔の壮語を楯として 小林康治 玄霜
鮟鱇鍋風の勿来を降りてきて 古舘曹人 樹下石上

以上
by 575fudemakase | 2016-01-27 00:04 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25286221
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング