冬の星 の俳句

冬の星 の俳句

冬の星 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22937735/


冬の星 補遺

いくたびも震ふ大地や寒昴 桂信子 花影
いとかすかなる寒星もありにけり 清崎敏郎
いまも若し寒の星数眼に狩れば 上田五千石『天路』補遺
かぞへゐるうちに殖えくる冬の星 上田五千石 田園
かの山を西に落すや冬銀河 山口青邨
きしきしと磨滅の音の 冬の星 富澤赤黄男
きらきらと溝の寒星家近づく 右城暮石 句集外 昭和二十八年
さいはひは寒星の座を指し得たり 山口誓子
ちかぢかと命を燃やす寒の星 相馬遷子 雪嶺
なやらひの荒星畠にこぞりけり 石田勝彦 雙杵
ひとりごといふ母思ふ冬銀河 大野林火 冬青集 雨夜抄
ゆびさして寒星一つづつ生かす 上田五千石 田園
スバルけぶらせて寒星すべて揃ふ 山口誓子
一寒星燃えて玻璃戸に炬のごとし 相馬遷子 山国
三寒の尽くる夜半の星づくし 上田五千石『琥珀』補遺
三寒の星を小粒に櫟原 石田勝彦 雙杵
主在せる天のさびしさ冬の星 大野林火 海門 昭和十三年
亡きものはなし冬の星鎖をなせど 飯田龍太
再びは生れ来ぬ世か冬銀河 細見綾子 牡丹
冠着山寒星余すなく出でて 大野林火 雪華 昭和三十五年
冬の夜の星らんらんと犬啼ける 村山故郷
冬の星ぎつしり郵便局の前 山口誓子
冬の星らんらんたるを怖れけり 富安風生
冬の星仰ぎて通夜の聖堂に 稲畑汀子
冬の星全天に満ち癒えゆくか 野見山朱鳥 愁絶
冬の星地震のあとに燃えさかる 渡邊水巴 富士
冬の星屍室の夜空ふけにけり 飯田蛇笏 春蘭
冬の星汗青都顧みず 村山故郷
冬の星足もとに犬来て息す 廣瀬直人 帰路
冬銀河姥子はひとり来べき宿 及川貞 夕焼
冬銀河暗闇を水流れをり 桂信子 草影
冬銀河澄むばかりなり告白以後 楠本憲吉 隠花植物
冬銀河紙で切りたる指うづく 平井照敏 天上大風
冬銀河青春容赦なく流れ 上田五千石 田園
凍星と仰ぐはるけき星となり 鷹羽狩行
凍星に叱り来し子の瞳を憶ふ 橋閒石 雪
凍星のわれをゆるさぬ光かな 鈴木真砂女 卯浪
凍星の大きくあれや瞬けや 星野麥丘人
凍星の掃くほどあると言ひにけり 石田勝彦 百千
凍星の月のはなれて光るかな 鈴木真砂女 卯浪
凍星やきびしかりしは誓子選 鷹羽狩行
凍星や瞳と呼べば星鎮む 赤尾兜子 歳華集
凍星を往き来に被る 伊丹三樹彦 外厨
凍豆腐諏訪の凍星われも知る 後藤比奈夫
取り落す計報荒星冴え返る 鷲谷七菜子 銃身
吹き晴れてくらき大地と寒の星 篠原梵 年々去来の花 雨
咳けば襁褓の彼方星冴えぬ 佐藤鬼房
地にひびくばかり輝やき寒の星 松村蒼石 寒鶯抄
地吹雪に天狼呆け失せにけり 阿波野青畝
塵芥の捨場寒星かゞやけり 右城暮石 上下
夕星の二つ寒の星春の星 山口青邨
大日や年の天狼海の上 岡井省二 大日
天上に師も弟子もゐて寒昴 能村登四郎
天濁りそめぬ寒星あまた出で 山口誓子
天狼のひかりをこぼす夜番の柝 山口誓子
天狼の夜々の空あり臘八会 森澄雄
天狼の趾かそれとも枯野の燈か 山口誓子
天狼はてっさの皿の地平かな 岡井省二 大日
天鳴りて寒星青き火を散らす 相馬遷子 山国
寒の星みな立つ天の北の壁 山口誓子
寒の星一点ひびく基地の上 西東三鬼
寒の星忘れゐし「死」にゆきあたる 桂信子 月光抄
寒の星恃むものなく竹揺るる 廣瀬直人 帰路
寒の星昂けぶるに眼をこらす 橋本多佳子
寒星ぎっしり 酒倉抜ける路地はいまも 伊丹三樹彦
寒星となりまたたきの増しつつあり 松崎鉄之介
寒星にどの夜もどこかに雲白し 篠原梵 年々去来の花 雨
寒星に伍しオリオンの陵高し 鷹羽狩行
寒星に向けて懐中燈照らす 右城暮石 句集外 昭和二十八年
寒星に矢を当て亡父の怒り買ふ 三橋鷹女
寒星に石炭掬ひやまざるも 山口誓子
寒星に精気漲る午後の汐 上田五千石『田園』補遺
寒星のひかりにめざめ貨車の闇 橋本多佳子
寒星のひとつを引きてわが燈火 岡本眸
寒星のもがりの唄となりにけり 燕雀 星野麥丘人
寒星の中やけなげな一つ星 西東三鬼
寒星の充実感やうなじ凝る 上田五千石『田園』補遺
寒星の光量となる海の上 岡本眸
寒星の天の中空はなやかに 山口誓子
寒星の数を琴の音爪追ひに 中村草田男
寒星の満つる夜下足あづかれる 右城暮石 句集外 昭和二十六年
寒星の爛たる眼全天に 相馬遷子 山河
寒星の真只中にいま息す 相馬遷子 雪嶺
寒星の語り尽くして夜の白み 鷹羽狩行
寒星の辷るたちまち汝あり 西東三鬼
寒星はたゞ天に寄る海の上 山口誓子
寒星ひとつ燃えてほろびぬ海知るのみ 橋本多佳子
寒星やいのちの壺の身にいくつ 鷹羽狩行
寒星やとぼそ洩る燈のおのづから 山口誓子
寒星やひとりとなれば零落す 上田五千石 天路
寒星や仰げばすでに声は無き 相馬遷子 山国
寒星や地に物故せし聖者の数 飯田蛇笏 家郷の霧
寒星や暮色が海を押しせばめ 林翔 和紙
寒星や湖を囲みて生活の灯 鷹羽狩行
寒星や神の算盤ただひそか 中村草田男
寒星や粗にして光鋭きことも 岡本眸
寒星や身一つながら誰が楯 上田五千石 天路
寒星や辞したる家の施錠音 岡本眸
寒星や遠くまで来て投函す 山口誓子
寒星をいただく足の揃ひけり 石田勝彦 秋興以後
寒星をいつも火星を見をさめに 篠原梵 年々去来の花 雨
寒星をぶち撒きし下浮浪がり 平畑静塔
寒星を一掻きしたる杖の先 鷹羽狩行
寒星を満載無蓋貨車停る 鷹羽狩行
寒星を見に出かならず充ち帰る 山口誓子
寒星を跨ぐすなはち潦 伊丹三樹彦
寒星を近々と地のぬかるめり 右城暮石 声と声
寒星を頭巾眉深くして眺む 山口誓子
寒星下売る風船に息吹き込む 西東三鬼
寒星何ものかを滴らしおり戦犯忌 楠本憲吉 方壺集
寒星母座振りはなさるる星も無く 中村草田男
寒星騒然国のエゴなどどこにありや 香西照雄 対話
寒昴よりも鋭くわが星ジュピター 楠本憲吉 方壺集
寒昴問責おのが身にもどる 伊丹三樹彦
寒昴死後に詩名を顕すも 上田五千石 田園
寒昴泣きて眼を慰めよ 鷹羽狩行
寒昴猟夫その犬といふ順序に 山口誓子
寒昴眼鏡摧けしその夜も 赤尾兜子 玄玄
寒昴知恵のごとくに固まりて 鷹羽狩行
山に寒星廁の穴に顔うつ向く 金子兜太
島杳し噴煙まぎる冬銀河 角川源義
庇合に一つ見ゆるや冬の星 日野草城
強震の夜の寒星を密にせし 山口誓子
恋愛の窓に大きな冬の星 日野草城
手を洗ひ寒星の座に対ひけり 山口誓子
投函の後ぞ寒星夥し 山口誓子
捨鉱車寒星映す水溜めて 岸田稚魚 負け犬
文楽や志ん生やいま冬銀河 岡本眸
旅の寝に湖北荒星つゆけしや 鷲谷七菜子 銃身
日記ふと小説めきて冬の星 鷲谷七菜子 黄炎
星冱てて人のこころに溺れけり 松村蒼石 雪
星冴えて篝火白き砦哉 政岡子規 冴
月光のあまねくわたり寒の星 松村蒼石 寒鶯抄
歓楽の灯を地にしきて冬星座 飯田蛇笏 家郷の霧
水に浮くもの透かし見ぬ寒昴 石川桂郎 四温
水仙の夜は荒星のつぶて打ち 岡本眸
水森凍星われを誘ひ出す 佐藤鬼房
江に深く落ちし寒星見て通る 山口誓子
江上に寒星すべてうつし得ず 山口誓子
汽笛呼びかく夜の島よ寒星よ 山口誓子
泉居てこの山裾に荒星呼ぶ 金子兜太
海峡や冬の荒星一撒きに 岡本眸
濁世いつまで寒昴ひとつまみ 鷹羽狩行
火の匂ひより出てあそぶ寒の星 飯田龍太
煙草喫みたし寒昴けぶりゐて 上田五千石『田園』補遺
犇と寒星晩年などを想はめや 山田みづえ 忘
犬吠えて氷湖天狼を真上にす 福田蓼汀 秋風挽歌
玻璃越しに寒星も身を震はせつ 相馬遷子 山河
生かされてわれ在り寒の星の下 林翔
町角に寒星の天向きを変ふ 山口誓子
目は涙の蔵かも知れず寒の星 鷹羽狩行
空からの枯野へ夕日寒星も 高屋窓秋
空ふかく凍星月を待ちにけり 松村蒼石 寒鶯抄
空林に入りて寒星ふりかぶる 山口誓子
粟穂稗穂寒星りんと鳴りにけり 山田みづえ 手甲
群鴎に暮れ寒星の乱れなく 中村草田男
耳遠き妻へ声張り寒昴 林翔
膝の冷え宿痾となるか寒昴 星野麥丘人
自転車を漕ぐ寒星の宙の中 相馬遷子 雪嶺
茫と見え又ひとつづつ寒昴 山口誓子
荒星に授けられたる秋思とも 藤田湘子
荒星のいま大寒に入るひかり 相馬遷子 雪嶺
荒星を雪崩の上に溢れしめ 鷹羽狩行
荒梅雨のその荒星が祭らるる 相生垣瓜人 明治草抄
解剖や眼*かの中の寒昴 岡井省二 大日
誘われて荒星覗く旅にあり 金子兜太
語らぬはいたはることや冬の星 中村汀女
身に起る水の増減冬銀河 野見山朱鳥 愁絶
遂に合はざる二つの道か星冱る 橋閒石 雪
陸羽線また寒星の崩れ場過ぐ 鷹羽狩行
雪すこしこぼれしのちの寒昴 森澄雄
霊柩と行く提燈に冬の星 山口誓子
頬杖の何を見てゐる冬銀河 加藤秋邨
風呂の窓には寒星妻の焚く火音 飯田龍太
鳴り出づるごとく出揃ひ寒の星 鷹羽狩行

以上
by 575fudemakase | 2016-01-30 00:05 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25286337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング