二月の俳句

二月の俳句

二月の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23610242/


二月 補遺

いたずらに僧うつくしや二月の山 橋閒石 和栲
うべなふ死うべなひがたき死も二月 鷹羽狩行
おどろくほど若し二月の耕人は 能村登四郎
おのが耳朶花のごと撫し二月逝かす 能村登四郎
おもふことみなましぐらに二月来ぬ 三橋鷹女
かはらけの宙とんでゆく二月かな 桂信子 樹影
からからの晴の二月の足場組み 佐藤鬼房
きれぎれに川水の瑠璃二月来る 右城暮石 天水
ことりこつとん二月小声の水車 上田五千石『風景』補遺
しらじらと二月荒浪吾を喚べる 三橋鷹女
しろがねの太刀欲し二月ともなれば 桂信子「草影」以後
たとふれば風體といふ二月かな 岡井省二 前後
たぶの木を犬樟といふ二月かな 亭午 星野麥丘人
ともかくも病を楯に二月過ぐ 能村登四郎
ぬかるみのしらじらと乾く二月の夜 大野林火 冬青集 雨夜抄
のどをかく肢のはやさや二月猫 原石鼎 花影
のど飴の罐ふつて音なき二月 鷹羽狩行
ふりしきる一夜嬉しき二月哉 政岡子規 二月
また赤き虹の夢見し二月かな 野見山朱鳥 愁絶
まのあたり梅さく二月十五日 飯田蛇笏 心像
ゆづりはの天の二月へ言葉継ぐ 伊藤白潮
ゆるむなき二月の冱てを唇に噛む 長谷川素逝 暦日
わが庭はクリスマスローズ二月咲く 山口青邨
ドラム打つ二月の沼が風があり 岡井省二 明野
ラマ塔に風塵凍る二月来ぬ 松崎鉄之介
一と山の煤の流るゝ二月かな 前田普羅 普羅句集
一旦は二月ざくらといふことに 後藤比奈夫
一村の梅咲きこぞる二月哉 政岡子規 二月
一村の漁に出払ふ二月かな 鈴木真砂女 紫木蓮
一枚の笹の葉の日のごと二月 山口青邨
一煙の立ちて二月田親しかり 能村登四郎
三汀忌あらぬ二月の茶の渋き 上田五千石『琥珀』補遺
両手かろく戻るや二月靄の道 能村登四郎
中山をひとりこえたる二月哉 政岡子規 二月
二ン月の債を負へりや痩汐木 角川源義
二ン月の心に入り来つはものら 三橋鷹女
二ン月の雪が山葵のみどりに降る(長野県安曇山葵田) 細見綾子
二ン月の雲濃し兵の妻を訪ふ 三橋鷹女
二ン月はいつも部厚き靴の音 桂信子 草影
二ン月や些事風邪神と終りけり 角川源義
二ン月や鋸使ひては地に置き 山口誓子
二月ある夜心弱くて倒れける 西東三鬼
二月うたてき大口あけて女医の前 山口青邨
二月うらゝ傷兵鴎より白し 渡邊水巴 富士
二月しらじら無縁千体仏眼を負う 古沢太穂 捲かるる鴎
二月てふ何もなき月住みよかり 能村登四郎
二月ながしかすかに皺む水の膜 能村登四郎
二月なほ梟に縞あるごとく 岡井省二 猩々
二月には二月のみどり蕗の薹 後藤比奈夫
二月の夜上目づかひに洋酒かぐ 佐藤鬼房
二月の神父鯉はなゝめになゝめに流れ 飯島晴子
二月の籠鶯の緋総かな 原石鼎 花影
二月の野照ると知らるる誦経かな 岡井省二 鹿野
二月の雨梅の雫となりゐたり(山の辺の道) 細見綾子
二月の雪まへ澄みうしろかぎろへり 森澄雄
二月の雲象(かたち)かへざる寂しさよ 橋本多佳子
二月の風葬の頭は向きあへり 古舘曹人 砂の音
二月はや天に影してねこやなぎ 百合山羽公 故園
二月はや菜の花丈をなしにけり 清崎敏郎
二月はや過ぎゆく日なり日々の家事 及川貞 夕焼
二月ひそかに神棚を這ふ時計の音 飯田龍太
二月や人の形見の絣着て 細見綾子 曼陀羅
二月や人の油断を花になる 政岡子規 如月
二月や富嶽の雪は雲に接す 村山故郷
二月や峰争うて雲の下 原石鼎 花影
二月や物見車をつくろはん 政岡子規 如月
二月をゆき榛の宿水(ねみず)に映りけり 岡井省二 夏炉
二月一日午後五時半の雲が燃ゆ 平井照敏 猫町
二月去りゆく細身の傘を巻きながら 桂信子 草影
二月寒し父似の眉の濃き娘 日野草城
二月崖拓きて雀はじき出す 飴山實 おりいぶ
二月星鋤刺したまま藁ねむり 能村登四郎
二月晴れて鶲通しの峠かな 岡井省二 明野
二月来るながき眉毛を吾がひけば 三橋鷹女
二月海辺に章魚茹でる亡命のわれら 金子兜太
二月田の水湧く場所は榛の下 能村登四郎
二月田をゆく爺婆の旅行団 能村登四郎
二月空故郷竹林艶なりき 村山故郷
二月竹山月光の全きに 岡井省二 有時
二月菜母を誘ひて母に蹤き 岸田稚魚 筍流し
二月蒼き水に霑ひ妹は逝き 中村苑子
二月野やさゞめき通る砂寄進 前田普羅 普羅句集
二月風夜のぬかるみを光らせつ 臼田亜浪 旅人 抄
二月風梶あげて砂利落し敷く 古沢太穂 古沢太穂句集
亡き池と知りて二月の石叩 岡井省二 有時
人逝きて二月の雪を風が消す(細見鶴野逝く) 細見綾子
仏にも二月の別れありにけり 上田五千石 風景
何もなき二月と思へば霰ふる 百合山羽公 故園
何を虐ぐ煌と乾ける二月の燈 佐藤鬼房
何を見んとて二ン月の小袖見し 岡井省二 前後
何急いて逝くや二月を午次郎 星野麥丘人
八重椿漁港二月の風鳴れど 水原秋櫻子 蓬壺
切株に鶯とまる二月かな 原石鼎 花影
剃刀に充電二月終りけり 秋元不死男
剪定の父みえてゐる二月の風 廣瀬直人 帰路
印肉の油かわきし二月かな 政岡子規 二月
呉竹の池の二月のかいつぶり 岡井省二 鹿野
品川の大火の跡の二月かな 川端茅舎
唇ふれて二月の夜気のすでに若し 能村登四郎
啼きあうて鵯いとけなき二月かな 原石鼎 花影
土と日のにほふ二月の荒鋤田 能村登四郎
土間に日の射して二月の賀状かな 鷲谷七菜子 游影
地芝居が立つ魚河岸の二月風 佐藤鬼房
坑口の神に二月のお雪洞 山口青邨
墓掘の膚土くさき二月かな 西島麦南 人音
墨一丁が天地の二月かな 岡井省二 鯛の鯛
外海の荒れねばすまぬ二月かな 鈴木真砂女 都鳥
夜明りのどの樹もさくら二月となる 古沢太穂 捲かるる鴎
夢の淵歩いてゐたる二月かな 桂信子「草影」以後
大仏の胴中まはる二月哉 政岡子規 二月
大正昭和二月の雪は深かりし 桂信子 草影
大砲を海へうちこむ二月哉 政岡子規 二月
天井に水の明るさ来て二月 桂信子 新緑
天竺や花ちる二月十五日 政岡子規 二月
宗像大社二月も青き楠立てり 能村登四郎
寝るひまもあつてうれしき二月哉 政岡子規 二月
寡作なる人の二月の畑仕事 能村登四郎
寸ほどの筍買つて二月かな 鈴木真砂女 居待月
少年にひびく二月の倉扉 飯田龍太
山近き田の鉄塔に二月過ぐ 廣瀬直人 帰路
山雪に焚く火ばしらや二月空 飯田蛇笏 山廬集
岩間より汐盛りあがる二月かな 鈴木真砂女 夏帯
引寄せて 墓ばかり 二月の望遠鏡 伊丹三樹彦
往き還り全容見する二月富士 松崎鉄之介
待つことばかり二月の空はきららなす 能村登四郎
微苦笑のごとし二月の晴れ曇り 上田五千石 風景
忘られて二月もふかき乾割れ餅 能村登四郎
忽忙の二月ぺかぺかはや七日 山口青邨
忽忙の二月めつむりわれと会ふ 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
恋ほしくて日のあまねしや二月来る 森澄雄
息深く二月の枯をうべなへり 松村蒼石 雪
我王の二月に春の立ちにけり 政岡子規 立春
手鏡や二月は墓の粧ひ初む 石田波郷
文鎮のさきのすがたの二月の木 岡井省二 五劫集
旃檀のほろほろ落る二月哉 政岡子規二月
旅の宿に妻と邂逅す二月かな 村山故郷
旅人の八重山こゆる二月哉 政岡子規 二月
日光と枯木二月に入りにけり 相馬遷子 雪嶺
明暗や二月の空をとぶ雲に 高浜年尾
春二月茶畑の富士窈窕と 富安風生
晩年の母に二月の山 飯田龍太
書の帯のいつしか失せし二月かな 能村登四郎
會議陳情酒席いくたび二月過ぐ 相馬遷子 雪嶺
望蜀の嘆空林に二月去り 鷹羽狩行
木の梢に舌の音ある二月かな 岡井省二 有時
木洩れ日の二月の桜並木かな 岸田稚魚 紅葉山
木蓮の芽のむさぼれる二月の日 長谷川素逝 暦日
朽舟にさざ波光る二月かな 桂信子 花影
松の根のあらはに二月過ぎにけり 桂信子 草樹
松籟や一月を経し梅二月 富安風生
林檎拭く二月の雲に目を細め 橋閒石 雪
枯芝に松影さわぐ二月かな 杉田久女
柚子の黄の濁りそめたる二月かな 鈴木真砂女 夕螢
桐畠の晴上りたる二月かな 星野麥丘人
梅一輪ことしは二月二十日にて 石塚友二 玉縄抄
梅二月サツシユ四枚を咲きうづめ 富安風生
梅二月塘をへだてし禁猟区 松村蒼石 寒鶯抄
梅二月猿を背負ひて猿回し 安住敦
梅二月至尊白雪にめし給ふ 飯田蛇笏 白嶽
梅二月雲うす~と夕明り 飯田龍太
梅二月風生先生の忌なりけり 安住敦
梅散りて鶴の子寒き二月かな 内藤鳴雪
歩みつつ僧と話をして二月 伊藤白潮
歯朶の谷深く夕づく二月かな 松村蒼石 雁
死もたのし二ン月穹の蒼き日は 三橋鷹女
死火山の夜をさむきまで二月空 飯田蛇笏 春蘭
母の忌や二月の田伏水に浮き 松村蒼石 雪
水のひかり二月の畦は壊えやすし 加藤秋邨
水底をあらはに二月晴れにけり 松村蒼石 寒鶯抄
水抜いてある水甕の二月かな 燕雀 星野麥丘人
水盤に麦の穂高き二月かな 富安風生
水色に昏るる二月の燈台は 桂信子 花影
河中に日当る圏の二月澪 能村登四郎
河二月曼珠沙華葉をびつしりと 松村蒼石 雪
法堂や二月厳しき松の幹 渡邊水巴 白日
波の猛り巌にきはまる二月かな 鈴木真砂女 夏帯
波の穂の風に揃はぬ二月かな 鈴木真砂女 居待月
波音に応へし幹や二月果つ 桂信子花影
洛陽に春立つ二月三日かな 政岡子規 立春
海老網をすだれ干して二月かな 鈴木真砂女 紫木蓮
涙雨らしく雨降る二月かな 鈴木真砂女 卯浪
清羹に菜の花黄なる二月かな 富安風生
渓橋に見いでし杣も二月かな 飯田蛇笏 霊芝
温泉澄みて湯気も立たずよ梅二月 松本たかし
漉槽のくらさの外の梅二月 能村登四郎
濡れ色の鴉に二月屹立す 桂信子 草影
火の行事多くて二月はじまりぬ 右城暮石 句集外 昭和五十六年
火山行二月寒尾の六歳馬 秋元不死男
灯台の二月小さく深き窓 飯島晴子
灯台をめざす二月の老詩人 飯田龍太
灸点をぬるや二月の筆初 政岡子規 二日灸
焔のいろの二月茂吉忌多喜二の忌 飯田龍太
焼芋のさかり過たる二月哉 政岡子規 二月
父の墓築かせて風の梅二月 能村登四郎
父何を思ふ二月の桃畠 廣瀬直人 帰路
父林蔵二月*母りゆう一月に死す 永田耕衣 葱室
片頬や二月の遠足過ぎつつあり 岡井省二 明野
球型の館二月の蘇鉄園 角川源義
畑に出ぬ日がちに二月すぐに来る 長谷川素逝 村
畝ふかき囚徒耕地に二月凧 能村登四郎
番匠や二月の水に小便す 前田普羅 普羅句集
病妻と風聞いてゐる二月かな 大野林火 飛花集 昭和四十六年
百姓に水路ただしく二月の風 廣瀬直人 帰路
目の前の卵の山の二月かな 飯田龍太
眉上げて二月の幹を離れたり 橋閒石 和栲
眠れねば香きく風の二月かな 渡邊水巴 白日
眼帯に二月の塀の屹立す 桂信子 月光抄
眼帯や街に二月の風荒き 桂信子 月光抄
砂塵目に二月果つ夜の星あまた 石橋秀野
砂除けに砂吹きつけて二月かな 鈴木真砂女 卯浪
硝子戸のこなたに浴びて二月の日 石塚友二 光塵
碇星書けぬ二月も終りけり 鷹羽狩行
磯の香の乾く二月やひとり旅 草間時彦 中年
神や知る二月十日の呱々の吾 阿波野青畝
秋子逝き二月の暦余りけり 岡本眸
空が日を浴びて二月の瑠璃日和 中村草田男
空を展いて幹あおくえごわが二月 古沢太穂 火雲
窓より見ゆ二月の屋根と韮畑 草間時彦 中年
竹林の月の奥より二月来る 飯田龍太
筆つくるよすぎ静かや梅二月 西島麦南 人音
筆立ての筆さき絮のごと二月 鷹羽狩行
紅梅の二月は恋の鹿子哉 政岡子規 紅梅
絵暦の二月の色のさびしけれ 能村登四郎
緞帳を前に二月の顔冷ゆる 橋閒石 雪
耳鼻科 二月 またも挫折のスリッパ擦り 伊丹三樹彦
聖娼婦なりや二月の曙光さす 佐藤鬼房
腹水の水攻めに会ふ二月かな 野見山朱鳥 愁絶
苔つけし松横はる二月かな 前田普羅 普羅句集
若草にはや風やどる二月かな 政岡子規 若草
若草ははや風宿る二月哉 政岡子規 若草
茨の芽に日深き山の二月かな 渡邊水巴 白日
茶畠の二月の色を往来かな 飯島晴子
荒海のいまこそ荒るゝ二月かな 鈴木真砂女 夏帯
葉ののびて独活の木になる二月哉 政岡子規 二月
葉牡丹の火むら冷めたる二月かな 松本たかし
蒲の槌晴れに晴れたる二月かな 岡井省二 鹿野
蕩尽の果のか細う畦二月 伊藤白潮
薄着して柾目の恋の二月かな 橋閒石 和栲
薪積み二月は薪三番叟 百合山羽公 樂土
藁塚の傾き易き二月かな 安住敦
藤村堂出る 二月の反故を衣嚢(かくし)にし 伊丹三樹彦
表具師や梅二ン月の筆すゞり 西島麦南 人音
西行の御像かけて二月寺 村上鬼城
詩に痩せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女
護摩火の焔舐め遁走の二月風 佐藤鬼房
護摩焚きの二月の寒き夜叉方位 佐藤鬼房
讃岐にて二月の雉子の鳴けるなり 岡井省二 鯛の鯛
赫土を盛りて二月の霜柱 松村蒼石 雁
足早に梅の二月も去らむとす 百合山羽公 故園
身の二月裏なほ匂ふ和服著て 下村槐太 天涯
身の二月黒なほにほふきもの着て 下村槐太 光背
逆潮の沖へながるゝ二月かな 鈴木真砂女 生簀籠
連翹の鬱金に雪の二月かな 三橋鷹女
遠き火の色に瞠く二月かな 能村登四郎
遠くより見えて二月の山羊の尻 藤田湘子
那須嶽や二月乱雲雪散らす 村山故郷
野のすみれコップに二月句会かな 細見綾子
野鶲に目もとありける二月かな 岡井省二 鹿野
開きあり二月の厨子のかたちかな 岡井省二 五劫集
閏二月すべては色気なるごとし 橋閒石 微光
閼伽桶や梅二ン月の水の塵 西島麦南 人音
陀羅尼呪やおもひ衰ふわが二月 佐藤鬼房
降る雨が浸まず流れて二月の地 橋本多佳子
雁がねに二月とつぐることなかれ 政岡子規 二月
雑誌はや二月号なる蔵開き 石塚友二 光塵
雪五たび二月慌しく過ぎし 上野泰 春潮
雪嶺の二月南方戦果に満つ 山口誓子
雪残る二月疎林に道ほろび 上田五千石『天路』補遺
雪霏々と二月をのこをゆめみけり 三橋鷹女
雲光る二月の午後の操作場 橋閒石 雪
面体をつゝめど二月役者かな 前田普羅 普羅句集
音立てゝ川に汐さす二月かな 鈴木真砂女 夏帯
頁繰る二月の季寄せ猫柳 星野立子
風ばかり吹いて二月の竹粗し 臼田亜浪 旅人 抄
風二月顔よごれきる塞の神 原裕 青垣
風炉すゑて魚もやくなる二月かな 石橋秀野
風生翁逝かる二月も二並びに 石塚友二 玉縄以後
風邪の身に葬相次いで二月去る 飯田龍太
馬を海に乗りいれ二ン月海の浅く 荻原井泉水
鮭も鱈も切身買ひして二月かな 鈴木真砂女 居待月
鳥わたり鵯なき二月日和かな 原石鼎 花影以後
鶏冠の朱のめらめらとして二月 鷹羽狩行
黒うなつて茨の実落つる二月かな 村上鬼城

以上
by 575fudemakase | 2016-02-05 00:25 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25297747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング