二月尽の俳句

二月尽の俳句

二月尽の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23611887/


二月尽 補遺

いま割れしばかりの岩ぞ二月尽 飯田龍太
いま消えし樅に雪飛ぶ二月尽 相馬遷子 山国
たそがれの壁の絵暦二月尽 飯田龍太
ちら~と空を梅ちり二月尽 原石鼎 花影以後
ひとさしの舞のあはれや二月尽 福田蓼汀 山火
みづうみの水に手ふれて二月尽 細見綾子
二月尽利休の心温ねけり 阿波野青畝
二月尽天城山葵に涙して 細見綾子
二月尽林中に鹿も吾も膝折り 橋本多佳子
二月尽片なびく古葦の秀は 松村蒼石 雁
二月尽猫に夜の顔昼の顔 飯田龍太
二月尽百姓の豚飽かず肥え 百合山羽公 故園
冷凍庫に入れ置くものや二月尽 鈴木真砂女 夕螢
子びたりでよし雪ぐせの二月尽 伊藤白潮
山わかつ日裏日表二月尽 福田蓼汀 秋風挽歌
川幅のいくばくふとり二月尽 能村登四郎
川波の 氷片まじえ 二月尽 伊丹三樹彦
干しあはびあまさあはれさ二月尽 細見綾子
文殻を燃やすあそびも二月尽 上田五千石『琥珀』補遺
昨日句会ありし畳や二月尽 山口誓子
月ヶ瀬の梅干しを喰み二月尽 細見綾子
木々の瘤空にきらめく二月尽 原裕 青垣
木の股の明りと影や二月盡 岡井省二 前後
校正に雁字搦めや二月尽 亭午 星野麥丘人
橘や蒼きうるふの二月盡 三橋敏雄
水底に稚魚のくれなゐ二月尽 飯田龍太
湿原は鶴の涯なる二月盡 古舘曹人 砂の音
瀬の岩へ跳んで銭鳴る二月尽 秋元不死男
瀬頭に息あはせをり二月尽 佐藤鬼房
灯して蘭に霧吹く二月尽 飯田龍太
猫穴の風おこたらず二月尽 飯島晴子
生きものを見ぬ石庭の二月尽 福田蓼汀 秋風挽歌
眼帯の右眼うるほひ二月尽 鷹羽狩行
老友の睦むあはれや二月尽 福田蓼汀 秋風挽歌
色恋の沙汰など水に二月尽 上田五千石『琥珀』補遺
落選の友あり二月尽寒し 日野草城
薪棚ごそりとへこみ二月尽 阿波野青畝
衣帯人にやりて病母の二月尽 能村登四郎
雪原の靄に日が溶け二月盡 相馬遷子 雪嶺
風邪の眼に雪嶺ゆらぐ二月尽 相馬遷子 山国

以上
by 575fudemakase | 2016-02-29 00:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25297757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。