春めく の俳句

春めく の俳句

春めく の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23611218/


春めく 補遺

あわあわ春めく瓦工場の低き屋根 古沢太穂 火雲
いちにち雨ふり春めいて草も私も 種田山頭火 自画像 落穂集
いちまいの切符からとは春めく語 後藤比奈夫
いつとなく古りし麻姑の手春めく夜 飯田龍太
うぐひすの来ぬ日春めく木の間哉 鳳朗
から川の砂に犬ゐて春めける 村山故郷
さざ波の見えて林の春うごく 鷲谷七菜子 黄炎
そばにゐるだけで春めくやうなひと 鷹羽狩行
つつましき春めぐり来てリラ咲けり 水原秋櫻子 緑雲
なんとなく春めいて目高のあそびも 種田山頭火 自画像 落穂集
みほとけの指ひらかれ春めくも 伊丹三樹彦
もの譬ふ両手をひろげ春めく日 藤田湘子 てんてん
わが書みな憂しと思へど春めく日 飯田龍太
オリオン座ひくゝ生れぬ春めくや 及川貞 榧の實
トランプに或る夜はむつぶ春めけり 臼田亜郎 定本亜浪句集
ボレロめき春めく一日一日かな 林翔
一病者春めく雲とただよへり 角川源義
丘の家へあかつち照らす春めく灯 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
人影のなけれど園の春めける 清崎敏郎
会心の景色なりしが春めきぬ 相生垣瓜人 微茫集
凧の糸かゝれば麦生春めきぬ 右城暮石 句集外 昭和十六年
夕されば灯も春めいて灯りけり 石塚友二 磯風
大杉の下の小杉の春めく日 飯田龍太
大枝を卸すといふは春めきて 後藤夜半 底紅
女より男春めき歩きをり 星野立子
如月やそのいろとなく春めきぬ 森澄雄
子の髪に櫛入るゝ我れ春めきぬ 渡邊水巴 富士
実朝忌春動かむとしてためらふ 松本たかし
宮水の春めくことは許されず 後藤比奈夫
寺の灯もなべて春めく宵なれや 日野草城
小便の音春めきぬ練馬道 政岡子規 春浅し
小野の鳶雲に上りて春めきぬ 飯田蛇笏 霊芝
庭荒れて鳶の声など春めかす 政岡子規 春浅し
戒名のなかの一字の春めく日 飯田龍太
早店も春めきわたる田打猿 句空
昔男ありける闇の春めきぬ 廣瀬直人
春めかぬ詞づかひやとしの内 千代尼
春めきしことにも焚火して遊ぶ 後藤夜半 底紅
春めきし人の往来を聞きて病む 高浜年尾
春めきし星のまたたく蟻地獄 飯田龍太
春めきし海や日の旗月の旗 政岡子規 春浅し
春めきし瀧の中より山の声 飯田龍太
春めきし雀の貌や勤めそむ 岸田稚魚 負け犬
春めきし雨に瀬ばしる磧 飯田蛇笏 雪峡
春めきし雪の小樽の列車音 飯田龍太
春めきし雪解の音に静心 星野立子
春めきてきしか何やらむずかゆし 桂信子 草影
春めきてものの果てなる空の色 飯田蛇笏 家郷の霧
春めきて仄月宮は高浪に 飯田蛇笏 春蘭
春めきて夜明くる風を非情とも 飯田蛇笏 家郷の霧
春めきて濃くなるばかり嶺の雲 飯田蛇笏 椿花集
春めきて眼に直なるは麦の畝 飯田蛇笏 雪峡
春めきて雲にひかりのよみがへる 廣瀬直人 帰路
春めきぬ既にとろんとせる木あり 相生垣瓜人 明治草抄
春めきぬ是を閑雅と云ふならむ 相生垣瓜人 明治草
春めきぬ紺が残葱に変る如 藤田湘子 神楽
春めきのほの一とすぢを歯の痛む 細見綾子 桃は八重
春めきの落ちゐぬものに深まらん 細見綾子 桃は八重
春めくか病衣ひとしく土筆色 百合山羽公 樂土以後
春めくといへば暮色も春めきて 相生垣瓜人 微茫集
春めくとどうだん茜さしにけり 阿波野青畝
春めくと云ふ好意をば示されき 相生垣瓜人 負暄
春めくと夕陽おのれの瞳をひらく 飯田龍太
春めくと己れへ言へばひとりごと 岡本眸
春めくと春めくやうな声で言ふ 鷹羽狩行
春めくと枯木の枝の日の微塵 長谷川素逝 暦日
春めくと片目つぶりに剥製師 佐藤鬼房
春めくと竹屋の竹に夕日さす 飯田龍太
春めくと簷ふかく住み古る灯なり 飯田龍太
春めくと覚えつゝ読み耽るかな 星野立子
春めくと話して改札員同士 岡本眸
春めくと障子をしめて机にもどる 長谷川素逝 暦日
春めくと雲に舞ふ陽に旅つげり 飯田龍太
春めくは阿諛せらるるに似たりけり 相生垣瓜人 明治草
春めくやほとけの彩の褪せもよき 伊丹三樹彦
春めくや人さま~の伊勢まいり 荷兮
春めくや抱く子の素足やはらかき 及川貞 夕焼
春めくや格納庫より単葉機 雨滴集 星野麥丘人
春めくや泥人形に目鼻描き 星野麥丘人 2004年
春めくや湾の架橋を車燈流れ 佐藤鬼房
春めくや爪にうしなふ薪渋 石橋秀野
春めくや畠の中に桐一樹 岸田稚魚 紅葉山
春めくや白鳥の圈鴨の圏 角川源義
春めくや藁堆の数置くぶだう山 岡井省二 鹿野
春めくや藪ありて雪ありて雪 小林一茶
春めくや西日に小鳥ちら~す 原石鼎 花影以後
春めくや赤らひく日の西の島 上村占魚 鮎
春めくや遠からねども連れを得て 上田五千石『天路』補遺
春めくや電線に鳥畦に鳥 鷹羽狩行
春めくや鷹さへ鳩となりかけて 政岡子規 鷹化為鳩
春めくや鷹さへ鳩になりかけて 政岡子規 鷹化為鳩
春めくを冬田のために惜しむなり 相生垣瓜人 微茫集
春めくを心のどこか拒みをり 能村登四郎
春めく日林相雲を往かしむる 飯田蛇笏 山響集
春めく灯あすの人参けふ洗はれ 中村草田男
春動く低きに流れ信濃川 森澄雄
春動く雀環に飛び地に恋猫 石塚友二 光塵
木叢より眼そらせば春めく日 飯田龍太
松ばかりなれど細雨に春めける 及川貞 榧の實
松江大橋渡る仔牛の鈴春めく 松崎鉄之介
枯山の脊骨腰骨春めきぬ 林翔
河回も会ひ何回も春めきぬ 後藤比奈夫
深山の春めくいろに月の雲 飯田蛇笏 家郷の霧
湖の空繊月の針春めきし 森澄雄
熱あるは稍春めくに似たりけり 相生垣瓜人 明治草
片手ぶくろ失ひしより春めくや 及川貞 榧の實
犬の失踪以後や春めく月そだつ 下村槐太 天涯
病草城を訪ひ梅を訪ひ春めく陽 飯田龍太
空も星もさみどり月夜、春めきぬ 渡邊水巴 白日
繋がれて牛耳春めく坂の上 伊丹三樹彦
群岩に上るしぶきも春めけり 杉田久女
舟に乗りて眺むる橋も春めけり 杉田久女
菓子食へば春めく慣ひあらむとす 相生垣瓜人 負暄
葬列のそれぞれの顔春めける 岸田稚魚 紅葉山
裸木に春めきたちし渓こだま 飯田蛇笏 家郷の霧
遠雷ののちの夜風の春めく日 飯田龍太
青雲に陽の春めきのしるき朝 日野草城
風がほどよく春めいた藪と藪 種田山頭火 草木塔
風さへも春めくものとなりにけり 稲畑汀子

以上g
by 575fudemakase | 2016-02-11 00:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25331884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。