菜の花 の俳句

菜の花 の俳句

菜の花 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23774511/


菜の花 補遺

いささかの雪や挿されし花菜の黄 臼田亜郎 定本亜浪句集
いまさらに菜箸長し夕花菜 野澤節子 八朶集以後
いろ~の雛のこれは菜種雛 高野素十
かいま見る山吹ねたむ菜種かな 小西来山
かさね着や菜の花かほる雨あがり 白雄
かの頃の人らと梅史菜の花に 原石鼎 花影以後
げんげ田に花菜田隣り入間川 角川源義
こころゆるびゐたり花菜は実への雨 藤田湘子 途上
このあたり関ヶ原とや菜種咲き 星野立子
この島におなじ日りん花菜時 飯田蛇笏 家郷の霧
こぼれ菜の花むらがりの島の墓 上村占魚
こまごまと農夫の話花菜満つ 廣瀬直人
さざめきて菜の花の揺れ交しをり 清崎敏郎
たそがれをみせばや菜種ちらぬ内 土芳
なほひまの菜の花日和参宮に 長谷川素逝 村
なんだ菜種の早咲きか買つて来たんか雨の日 中川一碧樓
ひそやかに子がぬすみたる花菜かな 大野林火 海門 昭和七年以前
ふところの菜の花雛はしぼみけり 三橋鷹女
ふらふらと行けば菜の花はや見ゆる 政岡子規 菜の花
ふるさとに来て旅愁はも菜の花黄 中村苑子
べたべたに田も菜の花も照りみだる 水原秋櫻子 霜林
また凄む 磯波 菜種の乱れ咲き 伊丹三樹彦
むすめさんが活けてくれたる桃や菜の花 種田山頭火 自画像 落穂集
めとりし日けふ筑紫野の菜の花に 森澄雄
やせ村に今菜の花のさかり哉 政岡子規 菜の花
よしの出てまた菜の花の旅寐かな 松岡青蘿
トカラ馬瞑るはかなし花菜のなか 赤尾兜子 歳華集
一と本一と本描かれて花菜橋わたし 中村草田男
一日の路や菜の花浪の花 政岡子規 菜の花
一日~花持のびる菜種哉 土芳
一本づつ涼しいやうな花菜かな 細見綾子 桃は八重
三島の富士近し菜種の花つづき(栗田やすしさん居) 細見綾子
三鬼の葬へ菜種嵐の傘傾け 小林康治 玄霜
上り帆の菜の花の上に見ゆる哉 政岡子規 菜の花
世を戀うて花菜の嵐吹く中に 飯田蛇笏 家郷の霧
乱礁眼下に 菜の花一畝 麦一畝 伊丹三樹彦
二上に夕日の降つ花菜かな 角川源義
二月はや菜の花丈をなしにけり 清崎敏郎
二階ごと尺八鳴る山家花菜の中 中村草田男
亡き貌の揺れて花菜の遠明り 鷲谷七菜子 銃身
人の服黒より白へ花菜咲く 波多野爽波 鋪道の花
人愛しめ花菜は蝶を肯へる 石塚友二 光塵
人立ちて菜の花は黄を輝かし 上野泰
伏見かと菜種の上の桃の花 雪芝
体内の菜の花あかり野良着きて 平畑静塔
傘の裏菜の花明り旅の我 上野泰
兼平の塚をとりまく菜種哉 政岡子規 菜の花
兼平の塚取り巻いて菜種咲く 政岡子規 菜の花
利休像たくまし菜の花をもて祀る 山口青邨
利根明り菜の花明り窓を過ぐ 篠原梵 年々去来の花 皿
剪つて来し菜の花視野に見あたらず 右城暮石 散歩圏
北上は声なく流る花菜敷き 山口青邨
半眼に菜の花染みて在しけり 橋閒石 卯
古壁に菜の花咲くや浄土寺 政岡子規 菜の花
咲き呆け壷の菜の花冬籠 山口青邨
咲き囃す花菜の中の庵かな 日野草城
喫泉に顔伏せてゐて花菜照 岡本眸
土もの憂し菜種の莢の青極まり 右城暮石 句集外 昭和三十一年
土乾き菜の花はもう終りかな 細見綾子 桃は八重
土堤を黄とする菜の花は土堤の花 山口誓子
塔の影伸び菜の花の色となる 稲畑汀子
塗り替へし神馬の胡粉菜種御供 右城暮石 虻峠
墓の頭に菜の花おきてゆくもあり 細見綾子
墓まうで花菜をゆけば夢のごとし 大野林火 海門 昭和七年
夕されば水より低き花菜ぞひ 中村汀女
夕凪の湖より低き花菜道 橋閒石 雪
夕月のまだ光らざり菜種畑 上村占魚 鮎
夕爾の花菜夕爾の雲雀そこに夕爾 安住敦
夕花菜帰漁の唄のはずみ来よ 臼田亜郎 定本亜浪句集
夜の菜の花の匂ひ立つ君を帰さじ 中川一碧樓
夜半覚めて寒月瓶の菜の花に 山口青邨
大きほくろと生きて定年花菜淡し 古沢太穂 火雲
妻の辺に久しや車窓花菜過ぐ 香西照雄 素心
子恋ひ旅豊後菜の花夢のごと 小林康治 玄霜
安房の海や山の頂まで花菜 村山故郷
家遠近暮れて菜の花はるか也 政岡子規 菜の花
寺ありて菜種咲くなり西の京 政岡子規 菜の花
小袋のこぼれ花咲菜種哉 建部巣兆
山吹も菜の花も咲く小庭哉 政岡子規 山吹
崖つぷちなる菜の花の仰がるる 清崎敏郎
嵩もなき菜の花和や赤絵鉢 水原秋櫻子 蘆雁
往て来れば鞜にちり付菜種哉 土芳
息せるや菜の花明り片頬に 西東三鬼
愚禿親鸞を触れりあの花菜 香西照雄 葱室
戻りくる菜の花車二頭立 高野素十
戻り鴫渡り来し田の菜種かな 右城暮石 句集外 昭和三年
手向るや野は菜の花の幾畑 昌房
捨てである花菜うれしや逢はで去る 杉田久女
捨畑に花菜の色の行き渡る 稲畑汀子
放牛の花菜がなくばさびしからむ 大野林火 雪華 昭和三十九年
新らしき電信村も菜種道 尾崎放哉 中学時代
旅に狎れて酔へば菜の花明りかな 小林康治 玄霜
旅に買ふ菓子のかるさよ花菜雨 鷲谷七菜子 銃身
旅を来て友二菜の花拈華かな 小林康治 玄霜
日のそばに蝶がきてゐる花菜かな 高屋窓秋
明日は知らず菜の花種となる確さ 岸田稚魚 雁渡し
明日香村菜の花もつともつと欲し 亭午 星野麥丘人
明星や運河に出でし花菜道 橋閒石 雪
春事の頃の河内は菜種色 後藤比奈夫
春潮と菜の花に旅織りなされ 上野泰 春潮
昼のやうに夜の暖き菜種花 右城暮石 句集外 昭和三年
昼吠る犬や菜種の花の奥 蓼太 蓼太句集二編
時明り花菜明りの額ぼくろ 佐藤鬼房
朝風や菜の花浮す椀の中 石塚友二 磯風
朧夜や水田をもれて菜種畑 十丈
木彫雛菜の花散ればはなやぎぬ 福田蓼汀 山火
本を読む菜の花明り本にあり 山口青邨
村ところところ菜の花見ゆるかな 政岡子規 菜の花
桃も花菜も昨日に遠し彼岸雪 臼田亜浪 旅人 抄
桃生けて菜の花生けて不足なし 後藤夜半 底紅
桃菜種かりゐも三年流れたり 石塚友二 光塵
桜過菜の花越て金閣寺 高桑闌更
梅に肥て菜の花吸はぬ鳥もなし 井上士朗
植なりに流れて行や菜種花 りん女
橋下へ及ぶさざなみ花菜明り 香西照雄 素心
死火山屋島菜の花どきはかもめかもめ 金子兜太
殷ここに亡び菜の花明りかな 有馬朗人 天為
母と行く一筋道の花菜かな 中村汀女
母の忌やこぼれ花菜を鶏ついばみ 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
水ぎはまで埋む菜の花長良川 細見綾子
水くらく菜の花白く日暮れたり 宮紫暁
水越して行く楽しさの菜種花 右城暮石 句集外 昭和二年
氷岳襖までは菜の花 揚雲雀 伊丹三樹彦
永き日や菜種つたひの七曲り 政岡子規 日永
江南の花菜に旅も終るかな 松崎鉄之介
沖の銀圏消えぬ脚下に花菜展く 香西照雄 素心
沼べりの闇噎せつぽき花菜かな 岡本眸
法螺ふくや菜の花の方うち向て 鳳朗
波うつて牛腹かへる花菜風 上田五千石『田園』補遺
流離の日返し桃生け花菜生け 後藤比奈夫
海ひくく花菜明りの安房の国 鷹羽狩行
海を縮め天の花菜に辺地校 古舘曹人 能登の蛙
海寄りに花菜咲き満ち死に給ふ 佐藤鬼房
海山のあひだひそかに花菜咲く 村山故郷
海明りして菜の花に行く夜かな 河東碧梧桐
清羹に菜の花黄なる二月かな 富安風生
湯豆腐や菜の花桶にたくましき 渡邊水巴 富士
湾と池のさざなみ同紋花菜隔て 香西照雄 素心
滋賀の雨花菜つづきに竹の秋 飯田蛇笏 雪峡
濯ぎても濁らぬ流水花菜明り 香西照雄 素心
火色強める野鍛冶 何さま花菜ざかり 伊丹三樹彦
熱の唇乾き花菜の風に佇つ 橋閒石 雪
牛にも齢湖も花菜の黄も淡く 桂信子 晩春
牛の胴花菜あかりの湖へだつ 桂信子 晩春
猫ふえて菜種油の春暮れぬ 橋閒石 和栲
玄の墓や菜の花明り消え 山口青邨
玉掘って菜の花倒る出土変 百合山羽公 寒雁
産着きて菜の花持や桜がり 杉風
男海夫漁休み日を花菜に立つ 村山故郷
目に遠く菜種咲けると野を横に 石塚友二 光塵
睡くて睡くて菜の花ばかりで見えぬ敵 金子兜太
瞑れば菜の花色に安房の空 石塚友二 玉縄以後
禿びし菜の花に突風亡師の忌 佐藤鬼房
竿のもの片より乾く花菜風 橋閒石 雪
笊に花菜明日葺く花御堂の傍 大野林火 月魄集 昭和五十四年
筑紫路の菜の花雨にこそ濡れむ 小林康治 玄霜
紅梅も菜種もさくや門の中 政岡子規 紅梅
緋桃菜の花遺残空洞胸に泡く 石田波郷
群生し丈揃はざる花菜畑 山口誓子
耕人の花菜明りに立ち憩ふ 上野泰
胃袋に菜の花詰まる牛の艶 津田清子
胴長の犬がさみしき菜の花が咲けり 中川一碧樓
花菜かげ蝶こぼれては地にはねぬ 飯田蛇笏 春蘭
花菜どき内側ひかるミルク罐 佐藤鬼房
花菜の中夕爾ベレーをかぶりて来 安住敦
花菜の辺まぶしや乙女辺過るかに 香西照雄 対話
花菜の辺水ちかづけて紀の川は 大野林火 方円集 昭和四十九年
花菜の黄沼風門にあふれたり 村山故郷
花菜は実に 結願の髪 堂で吹かれ 伊丹三樹彦
花菜ほの~香を吐いて白みそめし風 種田山頭火 自画像 層雲集
花菜より汽車の貌くる陽炎と 森澄雄
花菜より花菜へ闇の闇ぐるま 三橋鷹女
花菜をト口吾ならば身を托すまじ 山口誓子
花菜中天日うつる沼一つ 大野林火 雪華 昭和四十年
花菜咲き家に暗き間明るき間 岡本眸
花菜咲き水をじやぶ~水仕事 細見綾子 桃は八重
花菜咲き送電塔の脚埋まる 伊丹三樹彦
花菜明りたしかめていし生の息 赤尾兜子 歳華集
花菜明りはやブランコに乗る老婆 赤尾兜子 歳華集
花菜来て河の光りの匂ひなき 大野林火 冬青集 雨夜抄
花菜澄むわがこころづま幸ありや 下村槐太 天涯
花菜濃きかなた海坂くもるなり 鷲谷七菜子 黄炎
花菜濃き夕べたやすく人死して 鷲谷七菜子 黄炎
花菜照り身売工場のしんかんと 伊丹三樹彦
花菜照る石炭船に黒牛積む 松崎鉄之介
花菜照る阿波にはじまる札所道 上田五千石『琥珀』補遺
花菜畑とだえけり家々くらく 大野林火 海門 昭和八年
花菜畑人もかゞやき入り来たる 石塚友二 光塵
花菜道海女一列に磯開き 上野泰
花菜雨北上の汽罐焚きて待つ 角川源義
花菜雨能登はなゝめに松さゝり 飴山實 少長集
花菜雨車に酔ひて母ねむる 松崎鉄之介
花菜風血縁とほく吹かれ合ふ 鷲谷七菜子 銃身
芸妓駆け来て屍にすがる菜の花明り 金子兜太
菜の花 なのはな 街から来た子に翼生えて 伊丹三樹彦
菜の花がぎっしりむかし焦士帯 伊丹三樹彦
菜の花がしあはせさうに黄色して 細見綾子 桃は八重
菜の花が咲きて耳取峠とふ 清崎敏郎
菜の花が実になりにけるものあはれ 細見綾子 桃は八重
菜の花が岬をなすや琵琶の湖 渡邊水巴 白日
菜の花つゝむ小家や路一つ 政岡子規 菜の花
菜の花といふ平凡を愛しけり 富安風生
菜の花に 戯れんまで 糸桜 伊丹三樹彦
菜の花にくるり~と入日哉 成田蒼虬
菜の花にこたへて嬉し筬の音 琴風
菜の花にそふて道あり村稲荷 政岡子規 菜の花
菜の花にそめよすゞめの柿衣 井上士朗
菜の花になれも小さき幸欲るや 角川源義
菜の花にばけつ叩いて子の合図 中村汀女
菜の花に一日で出来上りし家 尾崎放哉 大正時代
菜の花に便所のやうな祠かな 川端茅舎
菜の花に口ばしそめて啼雀 井上士朗
菜の花に咲かわりけり金鳳花 句空
菜の花に大名うねる麓かな 井上士朗
菜の花に婚礼したる狐哉 政岡子規 菜の花
菜の花に居あまる蝶の石地蔵 政岡子規 菜の花
菜の花に幅を広げて川曲り 鷹羽狩行
菜の花に日月淡し師の歿後 桂信子 晩春
菜の花に日闌て起し朝かな 尚白
菜の花に明はなれけり小提灯 卓池
菜の花に春行水の光かな 黒柳召波
菜の花に朧一里や嵯峨の寺 内藤鳴雪
菜の花に未練の夕日及びけり 岡本眸
菜の花に気がろき袷ごゝろ哉 りん女
菜の花に汐さし上る小川かな 河東碧梧桐
菜の花に海光及ぶところかな 稲畑汀子
菜の花に渾身の黄のありにけり 平井照敏
菜の花に溺れむ歓喜師の句碑は 林翔
菜の花に煤掃をする飼家かな 村上鬼城
菜の花に玉わすれ知皃ぎつね 長翠
菜の花に田家没して雁かへる 百合山羽公 故園
菜の花に疲れてをればみな昔 加藤秋邨
菜の花に白波のよく立つ日かな 桂信子 花影
菜の花に色うしなひし仏哉 鳳朗
菜の花に落つる日の紅たらたらと 福田蓼汀 山火
菜の花に蝶意外庵そののちも 高野素十
菜の花に裏戸はいつも明けはなたれ 桂信子 月光抄
菜の花に裾野は黄也峯の雪 牧童
菜の花に視線つなぎてゆけば海 稲畑汀子
菜の花に車の音の明るき夜 大野林火 冬青集 雨夜抄
菜の花に障子がほそくあけてある 大野林火 海門 昭和七年以前
菜の花のいつこぼれてや小石原 三宅嘯山
菜の花のいろをぬすみし胡蝶かな 為有
菜の花のうつとしくなる関屋かな 鈴木道彦
菜の花のうはつら風もなかりけり 魯九
菜の花のおのが黄に倦む入日中 能村登四郎
菜の花のおぼろが空につゞくなり 細見綾子 桃は八重
菜の花のかほりめてたや野らの糞 政岡子規 菜の花
菜の花のここらも盛りすぎし旅 高野素十
菜の花のごときものかたはらに欲し 平井照敏
菜の花のさく頃里の餅赤し 政岡子規 菜の花
菜の花のたましい遊ふ胡蝶かな 政岡子規 胡蝶
菜の花のどこで逢ひてもよき黄かな 後藤比奈夫
菜の花のにほひは甘くにがきかな 白雄
菜の花のはつ~にみゆる都かな 曉台
菜の花のふかみ見するや風移り 路健
菜の花のほいやりと来る匂ひ哉 北枝
菜の花のむかふに立や朝日山 朱拙
菜の花のゆふべの葬り吾も欲らむ 伊丹三樹彦
菜の花の一劃一線水田満つ 水原秋櫻子 帰心
菜の花の上にかさなる生駒かな 政岡子規 菜の花
菜の花の上に淀舟動きけり 政岡子規 菜の花
菜の花の上吹風のやなぎかな 木導
菜の花の中に三條四條かな 政岡子規 菜の花
菜の花の中に城あり郡山 許六
菜の花の中に夕日の黄なるかな 政岡子規 菜の花
菜の花の中に大きな道のあり 山口青邨
菜の花の中に家ある桃の花 森澄雄
菜の花の中に川あり渡し舟 政岡子規 菜の花
菜の花の中に狐の祠哉 政岡子規 菜の花
菜の花の中に稲荷の鳥居かな 政岡子規 菜の花
菜の花の中に道あり一軒家 政岡子規 菜の花
菜の花の中に高きはからしかな 荷兮
菜の花の中や手に持獅子頭 松窓乙二
菜の花の倶利伽羅うけて広さ哉 林紅
菜の花の匂ひや鳰の礒畑 惟然
菜の花の北国故の痩せやうや 上野泰
菜の花の向ふに見ゆる都かな 政岡子規 菜の花
菜の花の咲くところまで来て話 高野素十
菜の花の咲くとも告げて忌を修す 高野素十
菜の花の四角つなぎてゆく車窓 稲畑汀子
菜の花の四角に咲きぬ麦の中 政岡子規 菜の花
菜の花の夕ぐれながくなりにけり 長谷川素逝 暦日
菜の花の夕明り中あやふきかな 岸田稚魚 負け犬
菜の花の夜明の月に馬上かな 村上鬼城
菜の花の失せし近江をまのあたり 飴山實 辛酉小雪
菜の花の実をもち未だ寂しからず 下村槐太 天涯
菜の花の寒がる雨の降りにけり 清崎敏郎
菜の花の小坊主に角なかりけり 其角 五元集
菜の花の小村ゆたかに見ゆる哉 政岡子規 菜の花
菜の花の少しばかりは見ゆる哉 政岡子規 菜の花
菜の花の岬を出でゝ蜆舟 川端茅舎
菜の花の弁に光やうす霞 原石鼎 花影
菜の花の引きぬかれたるばかりかな 右城暮石 散歩圏
菜の花の影やうつろふ海のへり 木導
菜の花の散込窓やおこし米 毛〔ガン〕
菜の花の暮るるや人を待ち得たり 中村汀女
菜の花の暮れてなほある水明り 長谷川素逝 暦日
菜の花の朝光に燃ゆひとところ 山口青邨
菜の花の流るゝ水の諸子かな 高野素十
菜の花の消えゆくごとく実となりぬ 山口青邨
菜の花の照明誇りよみがへれ 香西照雄 素心
菜の花の痩せむせぶかに夕づく日 右城暮石 句集外 昭和十六年
菜の花の白和もよし雛料理 山口青邨
菜の花の盛に一夜啼田螺 曽良
菜の花の端山里過ぎ西行忌 右城暮石 句集外 昭和七年
菜の花の紀路見越すや山のきれ 几董
菜の花の脊戸を流るゝ雨間かな 曉台
菜の花の舞こんで居る坐敷哉 建部巣兆
菜の花の色にも染ず蝶の夢 中川乙由
菜の花の茎浅海に在るごとし 赤尾兜子 歳華集
菜の花の莟をせつく胡蝶哉 為有
菜の花の蜜は上味蝶の吻 平畑静塔
菜の花の身うちについて鳴蛙 樗良
菜の花の道行人の岡見哉 黒柳召波
菜の花の野末に低し天王寺 政岡子規 菜の花
菜の花の雨や神子田花表田 惟然
菜の花の露ひいやりと尻をうつ 政岡子規 菜の花
菜の花の露ひやゝかや顔と尻 政岡子規 菜の花
菜の花の露ひゝやりと顔をうつ 政岡子規 菜の花
菜の花の風に躍りて疎なるかな 清崎敏郎
菜の花の風まぶしくて畦蛙 森澄雄
菜の花の黄には心の閉ざされず 後藤比奈夫
菜の花の黄色のほかは島淋し 後藤比奈夫
菜の花はみなうこん也初瀬寺 許六
菜の花は夜も燃えつつ明けそむる 山口青邨
菜の花は濃く土佐人の血は熱く 松本たかし
菜の花も匂ひて春の野菜籠 水原秋櫻子 蘆雁
菜の花も活けて雛を野にさそふ 平畑静塔
菜の花やあちらこちらに七大寺 政岡子規 菜の花
菜の花やはつとあかるき町はつれ 政岡子規 菜の花
菜の花やよう似た顔の姉妹 政岡子規 菜の花
菜の花や一人乗りたる二人乗 政岡子規 菜の花
菜の花や仁王の草鞋提げて行く 政岡子規 菜の花
菜の花や余念もなしに蝶の舞 政岡子規 菜の花
菜の花や勅使の車通りけり 政岡子規 菜の花
菜の花や大根の花はうら淋し 政岡子規 大根の花
菜の花や奥州通ふ汽車の笛 政岡子規 菜の花
菜の花や娘に出あふ田舎道 政岡子規 菜の花
菜の花や小娘ひとり此大家 政岡子規 菜の花
菜の花や小学校の昼餉時 政岡子規 菜の花
菜の花や岡崎女郎衆人を呼ぶ 政岡子規 菜の花
菜の花や昼も蛙の鳴く処 政岡子規 菜の花
菜の花や海をへだてゝ淡路島 政岡子規 菜の花
菜の花や海苔干す家の裏畠 政岡子規 菜の花
菜の花や焼場の煙たえだえに 政岡子規 菜の花
菜の花や牛の尿する渡し船 政岡子規 菜の花
菜の花や物見に上る姫御前 政岡子規 菜の花
菜の花や獅子の頭の行く小道 政岡子規 菜の花
菜の花や絵馬売る店の夕日影 政岡子規 菜の花
菜の花や視学迎へる村の口 政岡子規 菜の花
菜の花や道者よびあふ七曲り 政岡子規 菜の花
菜の花や野中の寺の椽の下 政岡子規 菜の花
菜の花や金蓮光る門徒寺 政岡子規 菜の花
菜の花や雨にぬれたる嫁狐 政岡子規 菜の花
菜の花や雨やんで日未なり 政岡子規 菜の花
菜の花や雲は茶色の入日影 政岡子規 菜の花
菜の花や駅から駅へ三里半 政岡子規 菜の花
菜の花をいざ見に行む孫を杖 支考
菜の花をはさんで麦の畝青し 政岡子規 青麦
菜の花をよろこび給ふべしと思ひ 高野素十
菜の花を上から見るか揚げ雲雀 政岡子規 揚雲雀
菜の花を供へて我等忌を修す 高野素十
菜の花を入れてめでたし粥柱 山田みづえ 草譜
菜の花を出でゝ飛び行く蝶黄なり 政岡子規 蝶
菜の花を点して九段桜かな 佐藤鬼房
菜の花を瓶に枯らして後挿さず 伊丹三樹彦
菜の花を身うちにつけてなく蛙 李由
菜の花を食ひすぎて脳毀れたる 佐藤鬼房
菜の花日和母居しことが母の恩 中村草田男
菜の花片吹きとぶ吉野山畑 右城暮石 句集外 昭和三十六年
菜の花紫雲英染物そろふ鯉幟 百合山羽公 樂土
菜の花遠し貧者に抜きし歯を返す 西東三鬼
菜や麦や杉の木の間に野が見ゆる 政岡子規 菜の花
菜や麦や森の中より野が見ゆる 政岡子規 菜の花
菜種が咲きかけた夜明方の貧民 中川一碧樓
菜種ぐもり河童天上つかうまつり 石橋秀野
菜種のつぼみもつ明るさ風吹くか 中川一碧樓
菜種の農日本いつまでかくあらむ 及川貞 夕焼
菜種よりぬれいろふかし麦の波 卯七
菜種刈る菜種の花のあはれ添ふ 山口青邨
菜種咲いて小村近しと見ゆる哉 政岡子規 菜の花
菜種咲いて風なき国となりにけり 村上鬼城
菜種散る泥の小道の轍哉 政岡子規 菜の花
菜種星をんなの眠り底知れず 西東三鬼
菜種殻積みて準備す春祭 右城暮石 散歩圏
菜種熟れ乳房おほひし衣うすし 細見綾子
菜種熟れ打ち伏すものを室生寺 細見綾子
菜種田の雨をいちにち刈つてをり 長谷川素逝 村
菜種畑吾子駈入りて煙るなり 石川桂郎 含羞
葉書買ひ菜の花雨の晴れしばかり 細見綾子 桃は八重
虻が来て動かしてゐる花菜かな 細見綾子 桃は八重
蝶と化す菜の花ばかり峠村 上田五千石 森林
蝶ひたすらとまる廃屋の菜の花に 赤尾兜子 歳華集
行く春や大根の花も菜の花も 政岡子規 行く春
行春に花とり置て菜種哉 荻人
行春の麦に追はるゝ菜種かな 去来
西域へ道のはじめを花菜畑 松崎鉄之介
見て通る菜種の花の日数哉 土芳
誰がわざや天衣あかるむ花菜など 伊丹三樹彦
諸手挙げ少女や花菜に溺れたく 香西照雄 素心
谷はいちめん木の芽伸ぶ中の花菜照る 種田山頭火 自画像 層雲集
農の餉の花菜あかりに灯があはれ 森澄雄
農夫の葬おのがつくりし菜の花過ぎ 加藤秋邨
退院の花瓶菜の花残したり 山口青邨
道曲るとき菜の花の列曲る 稲畑汀子
遠き花菜暮るればちかき花菜浮ぶ 大野林火 早桃 太白集
遠浅をもて波隔て花菜畑 鷹羽狩行
遠賀川水系古墳花菜村 野見山朱鳥 運命
遠里の麦や菜種や朝霞 鬼貫
避寒宿刺身のつまに菜の花添へ 鈴木真砂女 居待月
郭公は花菜の丘の奥の山 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
酔えぬ夜は菜の花色の夢が欲し 橋閒石 虚 『和栲』以後(I)
里の昼菜の花深し鶏の声 牧童
野の花や菜種が果は山の際 小西来山
鈴振りふり 遍路溺れる 花菜の海 伊丹三樹彦
長き塀にそひつゝ花菜田へいでたり 種田山頭火 自画像 層雲集
門前の花菜の雨や涅槃像 飯田蛇笏 山廬集
関ケ原菜の花の黄はペンキ塗り 山口誓子
闇ひとしからずげんげ田花菜畑 鷹羽狩行
陵道大きく曲がり花菜黄に 村山故郷
陽のしたゝりに山襞の花菜むせぶ香や 種田山頭火 自画像 層雲集
雛壇の桃も菜の花も影として 山口青邨
雛壇の菜の花は散り易きかな 清崎敏郎
雨に暮るゝ日を菜の花のさかり哉 松岡青蘿
雨の日を閉ざす雨靄花菜畑 鷹羽狩行
雨の花菜 ずうっと 乳子の頬照る旅 伊丹三樹彦
雨の花菜寝がへりしてもつめたしや 大野林火 海門 昭和七年以前
雨もいや菜種ふぐなどなほのこと 燕雀 星野麥丘人
雨上り少しみだれし花菜かな 細見綾子 桃は八重
青蛾ゐて甘菜の花に南吹く 飯田蛇笏 霊芝
青麦に菜の花の黄の滲み出づ 富安風生
青麦やところところに菜種咲く 政岡子規 青麦
頂点で見る三角の花菜畑 鷹羽狩行
額縁の金やはらかに花菜挿し 中村汀女
風ある旅菜種の駅に身を休む 飴山實 おりいぶ
風呼ぶ夕映え花菜は金の環浮かべ浮かべ 古沢太穂 古沢太穂句集
飼鳥の餌にする菜種折にけり 政岡子規 菜の花
餅ほして菜の花匂ふ日和哉 乙訓
驢馬を飼ひたし菜種咲く死後のため 佐藤鬼房
骨壺のごと酒花菜母郷行 古舘曹人 能登の蛙
高円の月の出遅し花菜寒 上田五千石 天路
高塔に花菜かがよふかみ想ふも 伊丹三樹彦
鬼ケ浜には菜の花のこぼれ咲き 佐藤鬼房
鳥啼くや藪は菜種のこぼれ咲き 堀麦水
麦と菜の花の中から白帆哉 政岡子規 菜の花
麦と菜の花の間を白帆哉 政岡子規 菜の花
麦の風菜種の花は散にけり 政岡子規 麦
麦は穂に菜種とびさき田水満つ 飯田蛇笏 白嶽
麦を出て道菜の花の中に入る 政岡子規 菜の花
麦菜種おもふどしとて唐にしき 土芳
麦菜種見分て蝶の行衛かな 望月宋屋
黄を主張せり菜の花の一画は 山口誓子
黒牛が駅に顔入れ菜の花嗅ぐ 加藤秋邨

以上
by 575fudemakase | 2016-02-29 00:02 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25387434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング