入学 の俳句

入学 の俳句

入学 の例句
(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23769346/


入学 補遺

8といふ数字は眼鏡入学す 上野泰 春潮
お妾の子の入学も祝ひけり 日野草城
さりげなく進学の友の噂をする 日野草城
みどり射す机隣りに新教師 能村登四郎
わが孫の村嬢と群れて入学す 水原秋櫻子 霜林
ランドセル負ひ反りかへり入学す 上野泰
一年生あの子もこの子も家の子も 石塚友二 光塵
一年生らしく加留多をとりにけり 上野泰 春潮
一年生らしく歌留多をとりにけり 上野泰
一本の前歯がぬけて入学す 上野泰 春潮
一生の友の従兄と入学す 上野泰 春潮
兄入学兄の絵本を読んでをり 上野泰 春潮
兄入学相撲の相手今日より犬 上野泰 春潮
入学すイエスの渇き壁に見て 岡本眸
入学す戦後飢餓の日生れし子 上野泰
入学す戦後饑餓の日生れし子 上野泰 春潮
入学に迄あと四日今日も雨 上野泰 春潮
入学の一と月経たる紫雲英道 橋本多佳子
入学の吾子の頭青く後前す 石川桂郎 含羞
入学の吾子の髪なり父が刈る 石川桂郎 含羞
入学の吾子人前に押し出だす 石川桂郎 含羞
入学の子が跳び妻がわたる畦 石川桂郎 含羞
入学の子と来し校舎樋腐る 伊丹三樹彦
入学の子に槇垣の朝の照 岡本眸
入学の少年母を掴む癖 右城暮石 上下
入学の帽子特々大の子よ 飯島晴子
入学の日の雀らよ妻と謝す 岸田稚魚 負け犬
入学の朝ありあまる時間あり 波多野爽波 鋪道の花
入学の母子の道の海寄りに 山口誓子
入学の試験の波に我が一家 上野泰
入学の釦皆嵌め手持無沙汰 右城暮石 上下
入学の靴紐結ぶ紅潮して 伊丹三樹彦
入学の魯西亜の子あり父とともに 山口誓子
入学や山国雪を降らせつゝ 相馬遷子 山国
入学や昆布ほしたる学びの舎 山口誓子
入学や枝は力を空へ抜き 鷹羽狩行
入学や黄色い帽子気に入って 村山故郷
入学や黒牛道に繋がれて 山口誓子
入学をして四五日目蝶の昼 後藤夜半 底紅
入学を待つ寝台のニス匂ひ 山口誓子
入学児つぎつぎ映す潦 村山故郷
入学児ねむる瞼に夜の滝 飯田龍太
入学児手つなぎはなしまたつなぐ 右城暮石 上下
入学児胸呑ませ穿く長袴 阿波野青畝
入学児脱ぎちらしたる汗稚く 飯田龍太
入学児連絡船に跳び乗りて 津田清子
入学式三十代の母幸福 右城暮石 句集外 昭和三十六年
入学後晴れ一週の飛べりけり 能村登四郎
入学試験幼き頸の溝ふかく 中村草田男
入学貯金役立てり梅の風荒び 能村登四郎
入学難砥石動きて刃を研ぎつつ 香西照雄 素心
其の道の犬をおそれて入学す 上野泰
凸凹に鉛筆削り入学す 上野泰 春潮
前髪に朝日赫奕入学す 山口誓子
吾は試験官入学試験始まりぬ 山口青邨
土管渉り蝶追ひて吾子入園す 能村登四郎
壁をたよりに乙女の入学受験の座 中村草田男
大人びて昨日の園児の入学す 石塚友二 光塵
学帽を耳に支へて入学す 上野泰 春潮
富士山の絵を描き覚え入学す 上野泰 春潮
小学帽目までかぶりて蝶つまむ(太郎一年生) 細見綾子
峡道をひとり来し子が入学す 村山故郷
愛犬の見送つてをり入学す 上野泰 春潮
手毬のせ一年生の文机 上野泰 春潮
手洗ひて靴に飛沫や入学す 波多野爽波
新入生靴むすぶ顔の充血する 山口誓子
新教師若葉楓に羞らふや 森澄雄
旧青春また入学の頃に逢ふ 山口誓子
春光の髪毛混血一年生 伊丹三樹彦
春日に透く翅生えて吾子入園す 能村登四郎
末の子の足の細しや入学す 上野泰
林太郎は鴎外の名や入学す 村山故郷
柳川の伝習館の入学日 高野素十
栴檀の花散る那覇に入学す 杉田久女
森が抱く春禽の数入学期 野澤節子 雪しろ
母がつきゆく入学を父送る 波多野爽波 鋪道の花
母の手の梶入学はどろんこ道 平畑静塔
母子三組入学感謝ミサの鐘 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
海手より風の喊声入学期 佐藤鬼房
湯のはしる溝飛び越えて入学す 岡本眸
潮照れり入学の子の舳に跼み 藤田湘子 途上
炭坑の汽車に乗り来て入学す 山口誓子
目水晶入学の子のあはれかな 川端茅舎
眠りをる入学の子に智飛び込め 上野泰 春潮
知り合ひは花屋の息子入学す 上野泰
砦なす一風垣より入学児 岸田稚魚 筍流し
紺服の芯の細頸新入生 林翔 和紙
緋桃咲き入学の子の道草す 森澄雄
肩いからせ最も小さき入学生 林翔 和紙
舌を出す癖がとれずに入学す 上野泰 春潮
色灯の下に白灯や入学試験果てぬ 中村草田男
草の影石に鋭く入学す 飯島晴子
菅笠の農婦の母と新入生 山口誓子
菊さかり履歴ゆたけき新教師 能村登四郎
藪の小家より入学の児が出で来 村山故郷
進学の子をもち寒の草青し 橋閒石 雪
進学生来て一泊す我が家にも 右城暮石 句集外 昭和四十四年
運転手志望の末子入学す 上野泰
道端に鶏の喧嘩や入学す 村山故郷
重牽引車にこゑ抗へり入学児 岸田稚魚 負け犬
鐘鳴れば讃ふる鐘と入学子 山口青邨
雛祭一年生もすぐ終り 上野泰 春潮
青麦に青き穂が出て汗稚し(太郎一年生) 細見綾子
顔波の中に吾子あり入学す 上野泰 春潮

以上
by 575fudemakase | 2016-04-06 00:02 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25443853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング