四月尽 の俳句

四月尽 の俳句

四月芯 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23774894/


四月尽 補遺

おんじきの器を土に弥生盡 飯田蛇笏 白嶽
こけし買ふ数の恋しき四月尽 石田波郷
たけて紅の菓子あり弥生尽 水原秋櫻子 霜林
やみつきとなりて通ふや弥生尽 日野草城
一慶事一弔事四月終りけり 村山故郷
人の句の一語省きぬ弥生尽 松崎鉄之介
人形の熊野胸ゆたか弥生尽 山口青邨
倚り馴れし柱も焼けぬ弥生尽 桂信子 月光抄
刃ごたへの堅き葱はも弥生尽 鈴木真砂女 夕螢
反りかへる木の葉鰈や弥生尽 前田普羅 普羅句集
四月尽く凧の慟哭地におろし 三橋鷹女
四月尽個室もつとも白きとき 飯田龍太
四月尽兄妹門にあそびけり 安住敦
四月尽夜を翔ぶ鳥のこゑの中 飯田龍太
四月尽朱の箸流れくることも 飯田龍太
四月尽父祖の業火に上り窯 古舘曹人 能登の蛙
四月尽白根の雪をつかみ食ふ 細見綾子
夕鶴の十羽はほのと弥生盡霊 古舘曹人 砂の音
子を思ふ四月尽なるくさのたけ 松村蒼石 寒鶯抄
山椿咲きおとろへし四月尽 村山故郷
弥生尽役の小角の降らす雨 星野麥丘人 2003年
弥生尽烏賊が墨吐くはしりもと 石橋秀野
弥生尽父祖にかしづく子の墓は 飯田龍太
弥生尽病むわれよりも妻あはれ 村山故郷
弥生尽追ひ着せられて羽織るもの 能村登四郎
弥生尽駅に別れてより逢はず 安住敦
弥生盡山坂の靄あるごとし 飯田蛇笏 山響集
弥生盡日芥子こまごまと芽生えけり 杉田久女
怠け懈けて雲ぞ真白き四月尽 相馬遷子 山国
恙ともなく心疲れ弥生尽 富安風生
春蘭の花高うして弥生尽 山口青邨
昼風呂に眉根明るし弥生尽 日野草城
椿掃きし瞳に蕊の輪や弥生尽 原石鼎 花影
母の忌の雨のしたたる四月尽 角川源義
流れ着きし衣は紅色弥生尽 林翔
田をすこし残すおごりも四月尽 松村蒼石 雁
細き雨日々降り島の四月尽 村山故郷
肩の骨鳴らすは 如意の 四月尽 伊丹三樹彦
花咲くと花散ると人や弥生尽 山口青邨
芽キヤベツの市にも稀に弥生尽 水原秋櫻子 蘆雁
草ひきし泥手のままの四月尽 細見綾子
薔薇植ゑし手足のよごれ四月尽 細見綾子
虎杖をむかし手折りぬ四月尽 石田波郷
谷杉に凪ぎ雲迅さや弥生尽 飯田蛇笏 山廬集
辛口の独逸ワインや弥生尽 星野麥丘人 2002年
過つて鏡を破りぬ弥生尽 日野草城
門川を飛びよろめくや四月尽 安住敦
雪嶺に揚げたる声や四月尽 細見綾子

以上
by 575fudemakase | 2016-04-15 08:00 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25667165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング