初夏 の俳句

初夏 の俳句

初夏 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22538736/


初夏 補遺

いたどりの広葉は蝦夷の初夏のもの 高浜年尾
いつも右手に青島ありて夏初め 金子兜太
いま初夏の岬のわれらに寄せくる魚 金子兜太
かすかなる手摺のほこり初夏憂しや 金子兜太
けふの静臥初夏の繭雲閉ぢわたる 山口誓子
けもののごとき温さ黄濁の初夏長江 金子兜太
この館の記憶も古りぬ今は初夏 高浜年尾
さきがけて初夏の山草花は黄に 飯田蛇笏 春蘭
たのしみの有田に人りぬ町は初夏 星野立子
とぶ鳥に遅速ありけり夏はじめ 飯田龍太
どうやらあるけて見あげる雲が初夏 種田山頭火 自画像 落穂集
どの筋を行つても初夏の川に出る 橋閒石 朱明
はつなつのすそをなだむる后かな 三橋敏雄
はつなつのひとさしゆびをもちゐんか 三橋敏雄
はつなつの船足迅き旅愁かな 山田みづえ まるめろ
はつなつの衾煽ちぬよきめをと 三橋敏雄
はつなつの逃亡箴と思うべし(悼山本健吉氏*五月七日) 永田耕衣
はつなつや縄文の玉一顆欲し 藤田湘子 神楽
みくるまに初夏の皇子睡し給ふ 飯田蛇笏 霊芝
わが初夏や吾子抱く妻の肩を抱く 渡邊白泉
アカシヤに衷甸かる初夏の港路 飯田蛇笏 春蘭
アカシヤに衷甸驅る初夏の港路 飯田蛇笏 山響集
スリッパに初夏の情感素足なる 飯田蛇笏 家郷の霧
プラタヌに御輦も初夏の港かな 飯田蛇笏 霊芝
一むらの薊がつくる夏はじめ 右城暮石 句集外 昭和十年
三人逢ひ三人教師の初夏の服 能村登四郎
五山凌ぐ巨刹は松の初夏なりけり 渡邊水巴 富士
何か叫ぶ初夏硬山のてつぺんに 西東三鬼
初夏に開く郵便切手ほどの窓 有馬朗人 母国
初夏のみちぬれそむ雨に桑車 飯田蛇笏 白嶽
初夏のむらさき透ける貝の殻 飴山實 次の花
初夏のわれに飽かなき人あはれ 永田耕衣
初夏のホテル地下の理髪の標を立つ 山口誓子
初夏の三日月金や雲の中 原石鼎 花影
初夏の卓朝焼けのして桐咲けり 飯田蛇笏 霊芝
初夏の夜ごろとなりぬ谷のさま 原石鼎 花影
初夏の大きくてさびしいオムレツつくる 飯島晴子
初夏の家甍をたかく澄ませゐき 大野林火 海門 昭和十三年
初夏の島老年二人呵呵とあり 金子兜太
初夏の嶺小雨に鳶の巣ごもりぬ 飯田蛇笏 霊芝
初夏の川ながれて神代かも知れぬ 平井照敏
初夏の手籠に満てし紅蕪 飯田蛇笏 白嶽
初夏の日に手足ひからせ生きむとす 山口誓子
初夏の月放ちてくちびる山幼し 金子兜太
初夏の朝の雀斑うつくしき 日野草城
初夏の椋鳥高鳴くは何の木ぞ 飯田龍太
初夏の河岸ほろほろと青き瓦斯ともる 山口誓子
初夏の瞳海を飛ぶ蝶一つ 原石鼎 花影
初夏の礁に易占いくど妻病めば 金子兜太
初夏の風げん~の花を吹く 原石鼎 花影
初夏の風遊船岩をはなれじと 前田普羅 能登蒼し
初夏の飢え朝空ひらく薔薇いろに 飴山實 おりいぶ
初夏の黒髪小竹(ささ)の葉ずれを愛すてふ 中村草田男
初夏は赤松艶めきて傾きて 金子兜太
初夏まぶしあはれ寝しまま尿もする 山口誓子
初夏まぶし尿瓶は見えぬところに置けよ 山口誓子
初夏まぶし読みがたきまで書を白む 山口誓子
初夏やわれには欲しきアフォリズム 雨滴集 星野麥丘人
初夏や吹き休めたる行潦 三橋敏雄
初夏や壽司巻く方に玉甍 永田耕衣
初夏や浮木を浮木小突き行く 永田耕衣
初夏や草の伸びたる植木鉢 細見綾子 桃は八重
初夏や蝶に眼やれば近き山 原石鼎 花影
初夏や足裏夢のごとく白し 廣瀬直人 帰路
初夏をきて海鵜一羽にこだわるも 金子兜太
初夏をなみポプラ彎りて北海道 飯田蛇笏 雪峡
初夏を出て蜥蜴はいまだ軟かき 山口誓子
初夏太陽点々遠の鋲にある 西東三鬼
初夏旅人茜のあとは食欲りて 金子兜太
初夏東北友あれば来て岩礁渡る 金子兜太
初夏長江鱶などはぼうふらより小さい 金子兜太
初夏隣人野は白蟻の腐韻 金子兜太
北浦の海雲酢にせん夏の始 飴山實 次の花
医師にほひ初夏の畳に吾寝たり 山口誓子
双つ眼の貨車が引きゆく初夏の闇 佐藤鬼房
吾子の初夏飛行機が鳴き虻うなり 渡邊白泉
啄木鳥の絶えまを初夏の雲冷えて 渡邊水巴 富士
地に刺さるわが尿(しと)初夏を匂うかな 金子兜太
夏初めわが山鳥は生きられぬ 佐藤鬼房
夜雲白し簇がる初夏の花も白し 橋閒石 朱明
大兵の細眼まぶしや初夏の蝶 松本たかし
天使像くだけて初夏の蝶群れをり 水原秋櫻子 残鐘
奔流や冷えしぞ初夏の蕨汁 渡邊水巴 白日
娘がかせぐ初夏の菜園渓向ひ 飯田蛇笏 白嶽
宵の初夏近き人ごゑ遠蛙 日野草城
家並のかげに煙突ひそむ君等の初夏 金子兜太
寒山寺 首夏 鐘鳴らし合う詩人 彼我 伊丹三樹彦
小諸はや塗りつぶされし初夏の景 星野立子
屋上を蟻が横切り夏初まる 秋元不死男
山塊を愛する初夏の情そぞろ 飯田蛇笏 家郷の霧
岩折れんばかり波打つ夏はじめ 飯田龍太
嶺瞭かに初夏の市民ゆく 飯田龍太
川上に雲引く首夏の吉野川 松崎鉄之介
巣のほとり初夏金色の雨けぶる 水原秋櫻子 岩礁
帽白く初夏の樹蔭にこどもゐつ 大野林火 海門 昭和十四年
幕間や初夏の虹彩踊り段 石塚友二 方寸虚実
怯え犬しき鳴き初夏や逢魔刻 石塚友二 方寸虚実
朝の初夏刺すメタボリンにほひけり 日野草城
朝光の金刷く初夏の孔雀歯朶 渡邊水巴 富士
木天蓼の初夏の葉白い痛み分け 金子兜太
木天蓼初夏真蛇さすらいやまぬかな 金子兜太
木橋の上の日の暈夏始め 廣瀬直人
木洩日を油紋とひろげ首夏の水 上田五千石『天路』補遺
桑畑に初夏の兆しの美くしや 右城暮石 句集外 大正十五年
梨棚や初夏の繭雲うかびたる 水原秋櫻子 葛飾
椎樫は先生の樹ぞ夏始 雨滴集 星野麥丘人
楡がくり初夏の厨房朝焼す 飯田蛇笏 春蘭
楫ン取に大つぶてなる初夏の雨 飯田蛇笏 霊芝
檣頭を初夏の河港に聳えしむ 山口誓子
残雪一条白褌に似て初夏浅間 林翔
水疲れしてはや首夏の美少年 三橋敏雄
沼津初夏一重瞼の皇太子 渡邊白泉
海から無電うなづき歩む初夏の鳩 西東三鬼
海を来し戦信すべて簡に首夏 伊丹三樹彦
港は初夏靴のエナメル灯を恋へる 三橋鷹女
瑠璃強き孔雀の頭夏始 飯島晴子
生きものゝおどろく初夏の水ばかり 山口誓子
町の端に初夏の動きて行々子 右城暮石 句集外 昭和二年
知を愛すこともギリシアの初夏の海 有馬朗人 立志
石垣の雨にどくだみ初夏の花 廣瀬直人 帰路
石蕗むらに眼またゆき夏の始 岡井省二 山色
繋船に星ちりばめて初夏の闇 飯田蛇笏 山響集
脈弱く初夏のひかりに堪へゐたり 山口誓子
航海燈河港に泊てし初夏の夜も 山口誓子
莢ゑんどう小さく実り初夏の雲 村山故郷
菜園に初夏の昼情淡々し 飯田蛇笏 椿花集
蕗の葉に日輪躍る初夏は来ぬ 三橋鷹女
藤棚の下に来て煙草すふ初夏の風 村山故郷
行き戻る東京も鎌倉も初夏 石塚友二 光塵
街は初夏竝び走れる馬車の鈴 福田蓼汀 山火
記憶も初夏どぶ泥なする道のはた 金子兜太
詠人に海女がたつきも初夏の景 飯田蛇笏 山響集
輪転機初夏のグラフを刷れる見られ 山口誓子
道の初夏クロームコンタツクス重き 日野草城
酔うて候 鋲のごとくに星座は初夏 楠本憲吉 楠本憲吉集
酔つているのに酔わないという初夏老女 金子兜太
金魚売飄とゆき夏始まりぬ 伊丹三樹彦
雲も首夏藪穂後ほど乗り出して 香西照雄 対話
雲仙は初夏の潮路に峙てり 高浜年尾
青みどろえりにかわきて初夏暑き 山口誓子
青反吐の初夏のうつつに尾道あり 金子兜太
首夏すでに兵が詩を愛づ手簿饐えたり 伊丹三樹彦
首夏の夜の洋車ひとの車に蹤かしむ 篠原梵 年々去来の花 雨
首夏の家朝に深夜に貨車轟き 石田波郷
首夏の家英霊還り電車より見られ 石田波郷
馬鈴薯の初夏や新婦の眼鏡光り 下村槐太 天涯
高潮に遠岬初夏の雲しろむ 飯田蛇笏 山響集
黒ずみしとろろを啜る初夏兼山 金子兜太

以上
by 575fudemakase | 2016-05-11 19:36 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25785026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング