薄暑 の俳句

薄暑 の俳句

薄暑 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22543739/


薄暑 補遺

けふよりの薄暑となりし白地着る 森澄雄
たかだかと木叢定まる薄暑光 廣瀬直人
たはぶれに酒をいなめば夕薄暑 上田五千石『天路』補遺
めくばせのぐるり薄暑の草木あり 岡井省二 有時
わんなりの遠く近くに街薄暑 山田みづえ 草譜
ガード下工員あまたかへる薄暑 松崎鉄之介
コツプ酒斜に波うち薄暑の灯 中村草田男
タイ薄暑潮来にありし橋も見え 高田風人子
パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑 高田風人子
ラッシュアワー過ぎても暮れず夕薄暑 清崎敏郎
ロビー薄暑子にはじめてのモーニング 後藤比奈夫
一群の鳥やや高き薄暑光 廣瀬直人
二度と連れ立つこともあるまじ坂薄暑 楠本憲吉 方壺集
仮睡いつか夕闇となりゐし薄暑 村山故郷
伊勢に来たからは薄暑の伊勢うどん 飯島晴子
修道女と肘触れしかば薄暑来ぬ 小林康治 玄霜
元朝と思ひしもすぐ薄暑めき 高田風人子
北国の薄暑タベの影法師 高田風人子
卓薄暑夫婦一つのメニュー見る 高田風人子
口糸に切る灰汁巻や夕薄暑 角川源義
呼吸して居りし芭蕉が書きし字薄暑の気 中村草田男
啄木のよすがの椹なり薄暑 佐藤鬼房
啄木の教卓前に薄暑来る 角川源義
嘘つくや薄暑の水を身のほとり 橋閒石 朱明
国生みの神たづねあて夕薄暑 角川源義
地下室に花を蔵せり街薄暑 福田蓼汀 山火
夕薄暑倉庫はかたく閉したり 大野林火 海門 昭和十三年
夕薄暑建つ柱より木遣歌降る 角川源義
夕薄暑蛾と息をともにしてゐたりき 大野林火 早桃 太白集
夜の潮騒たかまり寄せて薄暑の胸 鷲谷七菜子 銃身
夜の薄暑片目つむりに経を模写 佐藤鬼房
夜も薄暑舟の雨水汲みすつる 松村蒼石 寒鶯抄
夜風たつ薄暑の欄の花槐 西島麦南 人音
大和路はすでに薄暑の藺田点ず 能村登四郎
夫人起つて薄暑の窓をひらきけり 日野草城
子を置き来し乳房が濡らす薄暑の胸 岸田稚魚 雁渡し
官邸の薄暑をいづる花売女 飯田蛇笏 霊芝
家鴨と亀岩に上がりて共に薄暑 村山故郷
小判草小判まぶしき庭薄暑 清崎敏郎
小駅の薄暑にキャベツ玉むすぶ 飯田蛇笏 心像
山坂を楯と仰げば薄暑湧く 上田五千石『琥珀』補遺
山墓に薄暑の花の鬱金かな 飯田蛇笏 春蘭
山荘は南西に縁富士薄暑 星野立子
山預に童児走れば薄暑光 飯田龍太
思ひより言葉やさしき夕薄暑 上田五千石『琥珀』補遺
戦盲に腰を揉まるる夜の薄暑 日野草城
手にはがき翳し来る娘に街薄暑 後藤比奈夫
新暖のとげとげしくて山椒籬 飯田蛇笏 雪峡
旅の貧しさ薄暑の沖にけぶる伊豆 佐藤鬼房
日差また薄暑の幹を半廻り 三橋敏雄
日照雨して薄暑の蓬しゞに生ふ 西島麦南 人音
明石原人薄暑のおのころ島往き来 金子兜太
朴活けし画房薄暑の大陶壺 西島麦南 人音
板硝子青し薄暑となりにけり 右城暮石 句集外 昭和二十二年
栴檀の花うすいろに郷薄暑 飯田蛇笏 椿花集
欺かんか握りて柔し薄暑の手 岸田稚魚 負け犬
母の日のけふや薄暑の浅草に 石塚友二 玉縄以後
母郷行酌婦の痣にある薄暑 角川源義
沖へ向く牛を見下ろし薄暑山 原裕 青垣
沼船に薄暑の帽を傾くる 富安風生
海苔店の青女房に薄暑来ぬ 村山故郷
海霧はるゝ気配薄暑のたちどころ 高浜年尾
清閑に薄暑の庭の石乾く 日野草城
満目の草木汚さず薄暑来る 飯田龍太
潮汚れ薄暑の漁船群れて泊す 水原秋櫻子 残鐘
濡るる石ありて乾ける石薄暑 後藤比奈夫
火の島に茸雲立ち夕薄暑 角川源義
牛部屋に牛深ねむり薄暑来る 角川源義
田にし拾ふ里乙女ゐて野の薄暑 村山故郷
町薄暑公衆電話あれば人 星野立子
病床の薄暑を厭ふすべもなし 高浜年尾
皆が見る私の和服パリ薄暑 星野立子
石にゆらめく影みなまろく薄暑来ぬ 山口青邨
砂丘白肌見せて薄暑の洒田港 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
砂利下す音の薄暑に臥してをり 大野林火 白幡南町 昭和三十年
種子蒔いて即日の愛薄暑光 飯田龍太
窓薄暑栴檀の実の真青に 飯田龍太
筆擲つて薄暑の袖をからげしのみ 小林康治 玄霜
細くひろく眼ひらき薄暑の芭蕉像 中村草田男
罌粟の虫薄暑の微雨をおびにけり 西島麦南 人音
老人のくさめ薄暑にそむきけり 百合山羽公 樂土
考ふることもまぶしき薄暑となる 細見綾子
耳掻のさきの綿毛の薄暑光 飯田龍太
肱ついて薄暑の机きのふけふ 山口青邨
背を丸め病い養う者に薄暑 金子兜太
臆病犬か猛犬ばかり街薄暑 中村草田男
花はてし薄暑の桐に鴉飼ふ 西島麦南 人音
菖蒲田に水ほとばしり薄暑来る 角川源義
薄寒を憶ひて薄暑称へけり 相生垣瓜人 負暄
薄暑なり光り飛び交ふもの殖えて 日野草城
薄暑なり好暑とも亦言ふべきか 相生垣瓜人 負暄
薄暑なり旅ゆく道は最上沿ひ 村山故郷
薄暑なり甘ゆるハワイアンギター 日野草城
薄暑なり葱坊主見てせうべんす 日野草城
薄暑なる藁匂はせて民話劇 能村登四郎
薄暑にも耐へられぬ身の山荘に 高浜年尾
薄暑の地に篏まれる石に釘直す 篠原梵 年々去来の花 雨
薄暑の木ひよどりじつと止り居て 佐藤鬼房
薄暑の汗頸おおう髪今日刈らな 古沢太穂 三十代
薄暑の足おのがかしらの影をふみ 橋閒石 朱明
薄暑光目立ちて妻の身弱かな 大野林火 飛花集 昭和四十七年
薄暑来てこでまりの花散るを知らず 松村蒼石 雁
薄暑来ぬ人美しく装へば 星野立子
薄暑来ぬ鳩の羽風を肩に受け 小林康治 玄霜
薄暑来る信越雲の彼方にて 飯田龍太
薄暑来る少年の手と漁夫の眼と 飯田龍太
薄暑来る木叢つづきの八ケ嶽 廣瀬直人 帰路
薄暑白花ひりゝと辛き草ならん 右城暮石 句集外 昭和十二年
薄暑芭蕉の詩筆千行万行や 中村草田男
薄暑行くこぼれ美島は松の島 角川源義
薄暑街頭鶏卵砕け人心乾きたり 中村草田男
薄暑長城見えざる山へ続きをり 山田みづえ 手甲
薊濃き薄暑の雨の花車 西島麦南 人音
蘭を愛で薄暑の葉巻くゆらする 飯田蛇笏 山響集
蝶ひとつ吐きて薄暑の杉林 石塚友二 玉縄抄
蟻いでて風薄暑なる杣の路 飯田蛇笏 山廬集
蠅のとぶ薄暑の草を刈りにけり 飯田蛇笏 春蘭
行先を告げず告げ得ず夕薄暑 上田五千石『天路』補遺
街騒の高まるばかり窓薄暑 高浜年尾
衰への旅も三日の薄暑光 大野林火 方円集 昭和五十二年
裏窓に街を見下ろす薄暑の子 飯田龍太
西の下に親しく下車し辻薄暑 高浜年尾
訳もなく妻を叱りぬ夕薄暑 大野林火 月魄集 距和五十七年
起重機に薄暑の夕日わが町よ 高田風人子
路地の話聞くでもなしに夕薄暑 岸田稚魚 紅葉山
踏切が阻む薄暑の誓子行 伊丹三樹彦
軽暖に在られしはこのセルの頃 高野素十
軽暖の心のかなふ夏書かな 阿波野青畝
軽暖の心のままに茶にあそぶ 阿波野青畝
軽暖の音無き海に出でにけり 飯島晴子
軽暖や写楽十枚ずいと見て 飯島晴子
週末をさけて薄暑の城ヶ島 星野立子
郭公の擬音薄暑の横断路 右城暮石 句集外 昭和六十三年
野うさぎの跳んで消えたる毛野薄暑 鷲谷七菜子 天鼓
長停車薄暑の長野駅の鳩 星野立子
陸前薄暑火の女水女 佐藤鬼房
集りし一日信者寺薄暑 星野立子
雉子の声遠くにこもり薄暑来ぬ 松村蒼石 雪
雪ふりて又新暖の花すもも 飯田蛇笏 雪峡
風音は遠くを鎮め薄暑来る 飯田龍太
飛ぶ鳥は高く薄暑の水にごる 橋閒石 朱明
駅鈴ふれば鳥祖のこゑ薄暑来る 角川源義
鰻食うて出て夕薄暑つづきをり 大野林火 月魄集 昭和五十四年
鴉起ちて薄暑を去らず無電塔 渡邊水巴 富士
鶏ごゑの日がな湧きゐて薄暑光 飯田龍太
鷺飛べり銀細工薄暑の天 山口青邨
黒鯛釣る薄暑の波濤日を揺りぬ 西島麦南 人音

以上
by 575fudemakase | 2016-05-12 04:22 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25786683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング