母の日 の俳句

母の日 の俳句

母の日 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22590891/


母の日 補遺

けふ母の日泡を泛べて川流る 大野林火 青水輪 昭和二十七年
さだめとや母の日の胸白き花 山口青邨
どこへゆきしや母の日の妻を子が連れて 安住敦
ものを煮るこゑごゑ母の日の厨 鷹羽狩行
亡き母の指ぬき太き母の日よ 岡本眸
働ける間は寡欲母の日ぞ 香西照雄 素心
原つぱのどこにもなくて母の日よ 亭午 星野麥丘人
妻羨し母の日の花甕にあふれ 山口青邨
少し酔ひぬ母の日の波こまやかに 星野麥丘人
尼乗つて母の日を空く昇降機 伊藤白潮
換算せずばすべて恩恵母の日ぞ 香西照雄 素心
明けぬれば母の日といふ島泊り 石塚友二 玉縄以後
木の実置くてのひら母の日なりけり 秋元不死男
母の日が母の日傘の中にある 有馬朗人 母国
母の日といふもの妻にあるにはあり 安住敦
母の日に奉仕緑のゴムたはし 百合山羽公 寒雁
母の日に思ひ出せずに父の日を 右城暮石 散歩圏
母の日に母の知らざる町にゐて 後藤比奈夫
母の日に生れたりけり果報者 山口青邨
母の日ぬくとくさやえんどう出そめて 尾崎放哉 大正時代
母の日のいうれい草は父ならむ 後藤比奈夫
母の日のけふや薄暑の浅草に 石塚友二 玉縄以後
母の日のてのひらの味塩むすび 鷹羽狩行
母の日のないしよないしよに父容れず 上田五千石『琥珀』補遺
母の日のゆるき大川海に入る 桂信子 草影
母の日の五月つごもり紅粉の花 山口青邨
母の日の今日を母さび勤め妻 林翔 和紙
母の日の八十路の母は何欲しき 清崎敏郎
母の日の去年は相州江の島に 石塚友二 玉縄以後
母の日の地に混み合へる鳩の胸 野澤節子 八朶集以後
母の日の太陽液化して沈む 佐藤鬼房
母の日の妻より高き娘かな 日野草城
母の日の季移りゐる朴の空 飯田龍太
母の日の慈悲の鎮もる地底湖よ 佐藤鬼房
母の日の更に芍薬ひらきけり 百合山羽公 寒雁
母の日の母なくまはる風車 平井照敏
母の日の母に活けけり果樹の花 中村草田男
母の日の母に雨中の桐の花(伊豆) 細見綾子
母の日の母の膝机で遊ぶ 鷹羽狩行
母の日の母は米壽を目の前に 清崎敏郎
母の日の水際光輪なせりけり 岡本眸
母の日の海が集めるちぎれ雲 岡本眸
母の日の深空へ松の花粉舞ひ 飯田龍太
母の日の物干竿へ黄金虫 石田勝彦 雙杵
母の日の猫あそびをり櫟原 石田波郷
母の日の老妻をまのあたりにす 松村蒼石 雁
母の日の花の荷が着く男子校 林翔 和紙
母の日の花棒挿しに古徳利 石川桂郎 高蘆
母の日の花籠うれし机上にす 岡本眸
母の日の長湯や存と亡うつつ 秋元不死男
母の日の風吹いてゐる思川 雨滴集 星野麥丘人
母の日の風鈴しきり鳴ることよ 鈴木真砂女 都鳥
母の日は妻の日 盛り薔薇ジョッキいかが 伊丹三樹彦
母の日ひとり珈琲にミルク咲き 岡本眸
母の日やけふは熟路を歩まんか 中村草田男
母の日やこの月母の命日も 山口青邨
母の日や亡き子好みし着物これ 及川貞 夕焼
母の日や夏みかんの汁子より飛び 細見綾子
母の日や大きな星がやや下位に 中村草田男
母の日や大方の母けふも疲れ 及川貞 夕焼
母の日や子を哭く母が街をゆく 及川貞 榧の實
母の日や星の中なる遊び星 鷹羽狩行
母の日や木苺の葉が雨ためる 細見綾子
母の日や母と隔つる億万里 相生垣瓜人 明治草
母の日や母は病むとも紅の花 林翔 和紙
母の日や港のパブの弾語り 亭午 星野麥丘人
母の日や花の支柱に絶えぬ水輪 香西照雄 対話
母の日や茶をいれ手焼菓子夫と 及川貞 夕焼
母の日よ母の記憶のなき妻よ 高田風人子
母の日を過ぎて山椒の葉のこはし 細見綾子 桃は八重
母の日を過ぎて緑雨に身を濡らす 細見綾子
母の日を都忘れも忘れざる 百合山羽公 樂土
母似の幼女見上げ母の日晝花火 三橋敏雄
海に来て母の日母を忘れたき 亭午 星野麥丘人
父支へ母解く包母の日ぞ 香西照雄 対話
畳の上の一日母の日と思ふ 野澤節子 八朶集以後
痰の切れ悪くて母の日を鬱ぐ 佐藤鬼房
白山いちげ白きを胸に母の日ぞ 林翔 和紙
磨き床にかまど火映えて母の日ぞ 香西照雄 素心
終ひ湯に欠伸して母の日の妻よ 相馬遷子 雪嶺
線香の林のみどり母の日よ 岡本眸
老妻に母の日われに卒寿誕生日 山口青邨
馬も牛も二重瞼に母の日ぞ 中村草田男
齢まだ及ばぬ母の日なりけり 石田勝彦 秋興以後

以上
by 575fudemakase | 2016-05-12 04:32 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25786692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング