新緑 の俳句

新緑 の俳句

新緑 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22569300/


新緑 補遺

あひびきはなかく新緑森々と 山口誓子
いくつかの部屋新緑の椅子の部屋 山口誓子
からびたる髪膚新緑しんしんと 山口青邨
きよお!と喚いてこの汽車はゆく新緑の夜中 金子兜太
すでに荒川新緑の湖を出て 山口誓子
たたなはる新緑や天に嶮なす嶽 村山故郷
どの家も新緑に噎せ村しづか 鷹羽狩行
まほろばの膽澤新緑水明り 佐藤鬼房
わが心わが身新緑の山に入る 相馬遷子 雪嶺
グラビアを焼き新緑の地をこがす 鷹羽狩行
人の晩年新緑の地を購ひに 山口誓子
僧死して新緑の山不幸なり 山口誓子
内に凝るもの新緑となりて現る 山口誓子
北風に新緑の根を幣とせり 三橋敏雄
十勝新緑人の息横にながれて 金子兜太
句碑に日はいまだからまつ新緑に 山口青邨
墓山は新緑の冷え腎症(ネフローゼ) 佐藤鬼房
実験の火は新緑の上に育つ 古舘曹人 能登の蛙
山門や新緑ゆたかなる大寺 村山故郷
御舟屋の舟新緑のいづこなる 山口誓子
摩天楼より新緑がパセリほど 鷹羽狩行
教会の漏り新緑の雨なれど 鷹羽狩行
新緑といふしづけさと明るさと 稲畑汀子
新緑にかすかな風の寒々忌 廣瀬直人
新緑にたぎらす粥の陶の蓋 鷹羽狩行
新緑にふと暇ある賄婦 廣瀬直人
新緑に乗らんと牽けば青馬の肥え 飯田蛇笏 家郷の霧
新緑に伸びし眉毛を切りおとす 相馬遷子 山河
新緑に吹きもまれゐる日ざしかな 深見けん二
新緑に吾等の婚は実に旧し 山口誓子
新緑に命かがやく日なりけり 稲畑汀子
新緑に声しはがれて鴉過ぐ 山口誓子
新緑に夫たるべしとせし日なり 山口誓子
新緑に松はかぐろき東山 日野草城
新緑に濯ぎて何を忘るるか 森澄雄
新緑に犬が真夏の呼吸づかひ 山口誓子
新緑に産んで乳房が甦る 鷹羽狩行
新緑に美貌の母を子が誇る 山口誓子
新緑に豹をさなくて雌を知らず 山口誓子
新緑に電燈点きし音はせず 山口誓子
新緑のあの木この木の欝々と 山口青邨
新緑のあひびき汚れたりとせず 山口誓子
新緑のなかまつすぐな幹ならぶ 桂信子 新緑
新緑のゆふべかたへに子あるなし 山口誓子
新緑のアパート妻を玻璃囲ひ 鷹羽狩行
新緑の中黄に近き緑あり 山口誓子
新緑の五月に障子さす日あり 山口誓子
新緑の単線電車日光市 高野素十
新緑の土佐へ転居の荷を送る 右城暮石 散歩圏
新緑の垣越しに客二三人 飯田龍太
新緑の夜や乳ぜり泣くその児知る 山口誓子
新緑の夜半もにほへり焼岳に月 山口青邨
新緑の宇治発電の水吐けり 右城暮石 散歩圏
新緑の宮島翼下より現るる 山口青邨
新緑の山たたなはる国古く 山口青邨
新緑の山となり山の道となり 尾崎放哉 小浜時代
新緑の山に黒木の樅多し 高野素十
新緑の山を重ねて祝はるゝ 高野素十
新緑の山径をゆく死の報せ 飯田龍太
新緑の山火となれる躑躅かも 石塚友二 磊[カイ]集
新緑の庭より靴を脱ぎ上る 山口誓子
新緑の庭逍遥もよからずや 山口青邨
新緑の映ゆるにあらず鐘蒼し 水原秋櫻子 残鐘
新緑の暮るるのみなり肩の凝 日野草城
新緑の最も新は今年竹 山口誓子
新緑の柳の木あるやさしさよ 高野素十
新緑の椎の最も昂れる 百合山羽公 樂土
新緑の浅間雪なく雲もなし 水原秋櫻子 殉教
新緑の源流へ道定らず 廣瀬直人
新緑の町に乳歯を抜きにゆく 廣瀬直人
新緑の空わたりゆく蝶々かな 山口青邨
新緑の第二の門は医薬門 高野素十
新緑の緑の酒や過されよ 山口青邨
新緑の茶の畝もぐもぐ丘を越す 山口誓子
新緑の蝦夷に季節を戻す旅 稲畑汀子
新緑の関ケ原朱の鉄骨林 山口誓子
新緑の雨に紅茶のかんばしく 日野草城
新緑の雨やいそげる川の波 山口誓子
新緑の風にゆらるるおもひにて 飯田蛇笏 椿花集
新緑の風吹きかはる夢のなか 飯田龍太
新緑の香をまとひ来し渓釣師 水原秋櫻子 餘生
新緑の高まりゆきて嶺をなす 鷹羽狩行
新緑へ数歩出しとき金堂鎖す 山口誓子
新緑やあきらかに捧げ元帥刀 渡邊水巴 富士
新緑やうつくしかりしひとの老 日野草城
新緑やかぐろき幹につらぬかれ 日野草城
新緑やこつてり絵の具つけて描く 高田風人子
新緑やしたたる魚籠を土間に置き 鷹羽狩行
新緑やたへにも白き琴弾く像 山口青邨
新緑やたましひぬれて魚あさる 渡邊水巴 白日
新緑ややはらかき地に材を置きて 山口誓子
新緑や人の少き貴船村 波多野爽波 鋪道の花
新緑や余韻のなかに撞木揺れ 鷹羽狩行
新緑や兄欲る東大構内に 秋元不死男
新緑や市電の床に魚籠の濡れ 鷹羽狩行
新緑や旅する肘を汽車に見る 山口誓子
新緑や日光あぶら濃くなりて 日野草城
新緑や暁色到る雨の中 日野草城
新緑や柔腹つけて豹腹匐ふ 山口誓子
新緑や柩の上を風通る 廣瀬直人 帰路
新緑や水恋鳥が啼きしと云ふ 渡邊水巴 白日
新緑や濯ぐばかりに肘若し 森澄雄
新緑や熱き飯くふ木の匠 鷹羽狩行
新緑や犬押れて歯をすべて見す 山口誓子
新緑や白猫のゐる枇杷の下 渡邊白泉
新緑や皇居名残の霊柩車 渡邊水巴 白日
新緑や老師の無上円満相 日野草城
新緑や肥後の日ざしの額を刺す 鷹羽狩行
新緑や船橋に魚の乏しき日 村山故郷
新緑や芥のごとき汽車の中 百合山羽公 故園
新緑や薔薇の花びら地に敷きて 日野草城
新緑や輓馬にて眼の聡明に 山口誓子
新緑や魚棲むらんか枝に石に 渡邊水巴 白日
新緑や鶏卵のむと瞑りて 山口誓子
新緑を山雨の墨の洗ひけり 百合山羽公 樂土
新緑を擽る風よせせらぎよ 林翔
新緑を泳ぎごころに歩みけり 鷲谷七菜子 一盞
新緑を目に満たし橋を渡る 尾崎放哉 小豆島時代
新緑を行く連結車一つ部屋 山口誓子
新緑薄目せめて一縷の息をせよ 赤尾兜子 歳華集
梅崖に樅の新緑翼張る 佐藤鬼房
植ゑられてすぐ新緑に加はれり 上田五千石 森林
滝の如き新緑貧を遊びをり 小林康治 玄霜
神木や新緑界を抽んでて 上田五千石『田園』補遺
肉食にくちびる飽きし夜の新緑 鷹羽狩行
西塔残花に在り東塔は新緑に 日野草城
車窓新緑故山に向ふうづくまり 森澄雄
都電老いぬ新緑に窓開け放ち 岡本眸
銀閣は古びつくしぬ新緑に 日野草城
雨あとの新緑に噎せ道路鏡 鷹羽狩行
霞沢の新緑まざと室の名に 山口青邨
風邪引いて炬燵を愛す新緑裡 日野草城
鷹はやさしや新緑をよぎるとき 飯田龍太

緑さす

かく勁き米寿の碑文緑さす 能村登四郎
きはまりて連翹の黄は緑さす 松村蒼石 雁
さんさんと緑さす馬洗ふなり 藤田湘子 途上
どの窓にも箱根万嶽緑さす 村山故郷
万緑の森は紫紺の空のこす 平畑静塔
享くる血のおもき点滴緑さす 鷲谷七菜子 花寂び
信仰に煤けし諸仏緑さす 鷹羽狩行
冬を緑の森まで弛みゆく臼歯 橋閒石 風景
大庫裡の大板の間に緑さす 鷹羽狩行
庵の蛇客には見えず緑さす 百合山羽公 樂土
気骨の字走る久女碑緑さす 林翔
突き上げて仔鹿乳呑む緑の森 西東三鬼
緑さすフアインダー裡を裸婦歩む 岸田稚魚 負け犬
緑さす卓軽く打ち起ちあがる 岡本眸
緑さす旅墓に逢ひ牛に遇ひ 鷲谷七菜子 花寂び
緑さす智恵子の貼絵どこ狂ふ 平畑静塔
緑さす机の角に蚤殺す 百合山羽公 寒雁
緑さす歳月古りし框かな 石田波郷
緑さす素足の冷えをひとり言 岡本眸
緑さす細田掻きをり一騎塚 石田波郷
緑さす腰掛け茶屋の窓に鳥城 村山故郷
緑さす薄粥を花のごと餘す 小林康治 玄霜
自画像は描きかけのまま緑さす 鷹羽狩行
螢籠のぞきし額に緑さす 鷹羽狩行
行水の肌に林泉緑さす 野見山朱鳥 曼珠沙華
鍬で切る堆肥切口緑さす 大野林火 雪華 昭和三十五年
鏡の間一面はただ緑さす 林翔
鳴かぬ龍ゐて天井に緑さす 鷹羽狩行

以上
by 575fudemakase | 2016-05-12 05:06 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25786732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング