薔薇 の俳句

薔薇 の俳句

薔薇(1) の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22543759/


薔薇(2) の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22543757/


薔薇 補遺

あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷
あち向きは鏡裡の薔薇のみ妻と居て 香西照雄 対話
あひびきの袂が薔薇につきささる 伊丹三樹彦
ありあまるゆゑにくづほる薔薇と詩人 香西照雄 対話
いくたびもバラに口づけ港去る 山口青邨
いさかひて仲なほりして薔薇の花 日野草城
いつもどこかで僕喚ぶ微音で薔薇開く 楠本憲吉 孤客
いつ癒ゆる薔薇大輪にのぼり咲く 角川源義
うす紅に霑ふ薔薇の末ら葉かな 飯田蛇笏 山響集
おうおうと金春家いま薔薇のとき 森澄雄
おほぞらは素顔の青さ薔薇出荷 岡本眸
おもひごと横に流れて薔薇の季 森澄雄
かいまみをゆるさぬ垣の薔薇咲けり 日野草城
くた~と散つてしまひぬ薔薇の花 村上鬼城
くれなゐのバラにして金をふくみたる 山口青邨
ことさらに白薔薇散りてゐるところ 石田勝彦 秋興以後
しくるゝや紅薄き薔薇の花 政岡子規 時雨
しぬぶるはかの日のをとめなりし薔薇 日野草城
そこはかと薔薇の溜息らしきもの 後藤夜半 底紅
その国の子が出て薔薇の大使館 鷹羽狩行
その棘を残して薔薇の散りにけり 相生垣瓜人 負暄
その薔薇の名も古りにけり吾も古り 石田勝彦 秋興
たはやすく薔薇のまみれし砂はたく 中村草田男
たれこめて薔薇ちることも知らさりき 政岡子規 薔薇
とげ赤し葉赤し薔薇の枝若し 政岡子規 薔薇
とほるときこどものをりて薔薇の門 大野林火 冬雁 昭和二十一年
ともに老いかの薔薇乙女寝息たつ 佐藤鬼房
どしゃ降る夜の白バラたたかいの目を継ぐ 古沢太穂 火雲
どの薔薇も少しは人を欺きぬ 後藤比奈夫
ぬれいろに夜昼となく緋薔薇さく 飯田蛇笏 春蘭
ぬれいろに夜晝となく緋薔薇さく 飯田蛇笏 山響集
はなびら無限夢また無限薔薇枕 加藤秋邨
はまなすのかをりは遠き薔薇のかをり 中村草田男
ひえびえと緑金ひかる薔薇の蟲 飯田蛇笏 山響集
ひたに闘いまた薔薇の季相逢うも 古沢太穂 古沢太穂句集
ひと拗ねてものいはず白き薔薇となる 日野草城
ほととぎす山家も薔薇の垣を結ふ 川端茅舎
みどり児に見せつつ薔薇の垣を過ぐ 篠原梵 年々去来の花 皿
もう何もするなと死出の薔薇持たす 平畑静塔
もぐらもぐりて薔薇園を行き過ぎて 津田清子
もっと胸張る洋弓少女 薔薇季の的 伊丹三樹彦
やはらかに月光のさす白薔薇 飯田蛇笏 春蘭
やや冷えて薔薇の五月のはじまりぬ 岡本眸
ゆあみしてほのかにねむし薔薇匂ふ 日野草城
ゆるむのみの薔薇母像は小首傾げ 香西照雄 対話
よき主婦によき薔薇さくといふ話 高野素十
わがいのちわれに戻りて薔薇果てぬ 日野草城
わが咳にくづるる薔薇と見入りけり 臼田亜郎 定本亜浪句集
わが病わが診て重し梅雨の薔薇 相馬遷子 山河
われに薔薇山羊には崖を与ふべし 中村草田男
われは詩を作り隣家は薔薇作り 鷹羽狩行
アダムの末裔薔薇の棘痛からず 鷹羽狩行
ウエデイングケーキ白薔薇より白し 後藤比奈夫
カーテンのレースの薔薇が空に白し 篠原梵 年々去来の花 皿
クリスタルガラスに奢る薔薇と見し 阿波野青畝
クリスマスケーキの薔薇は砂糖です 日野草城
ケーキに薔薇霧のちまたに老人殖え 三橋鷹女
サドルに腰浮かす少年 薔薇咲く町 伊丹三樹彦
シテ島の 薔薇窓溶かす 大夕焼 伊丹三樹彦
シャガールに肖しものの居り薔薇を描く 阿波野青畝
ジープより赤き薔薇落つ跳ねとびぬ 平畑静塔
タイピストコツプに薔薇をひらかしむ 日野草城
ナプキンをひろげてたのし薔薇の朝 日野草城
バラかがやく鉄工の汗の顔寄れば 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
バラと豚をむすぶ延長線上の墓碑 橋閒石 荒栲
バラの卓夏菊の卓ハイカラな 高野素十
バラの雨血沈すこし速すぎる 後藤比奈夫
バラを挿し眠る一家に嗅がせたり 秋元不死男
バラ剪つて日の中にわが顎存す 岡井省二 夏炉
バラ垣脱けて姉追いしは昔 夢二の忌 楠本憲吉 楠本憲吉集
バラ散るや己がくづれし音の中 中村汀女
バラ腐ち遠き浮標の赤著し 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
バラ色に馬の首過ぐ論理のごと 飯島晴子
バラ高く港はあまた船浮べ 山口青邨
パン屋の娘気安く薔薇を呉れにけり 阿波野青畝
ビール苦く葡萄酒渋し薔薇の花 政岡子規 薔薇
ランチ終へ出る霽色に薔薇さけり 飯田蛇笏 春蘭
リヤリストもロマンチストもバラの雨 山口青邨
ワイシャツの目立ちて雨後の薔薇一気 岡本眸
一つなら二つなら咲く薔薇と住む 後藤夜半 底紅
一庭に白薔薇香る山紅葉 林翔
一期一会薔薇垣を荷の薔薇が過ぎ 鷹羽狩行
一束の緋薔薇貧者の誠より 杉田久女
一枚の辧解きしより薔薇の午後 稲畑汀子
一盆の薔薇の匂や室に満つ 政岡子規 薔薇
一輪ざしに活けたる薔薇の二輪哉 政岡子規 薔薇
一輪にして多弁なる紅薔薇 鷹羽狩行
一輪の薔薇を啣みぬ壺の口 富安風生
一輪の薔薇吹き散りぬ初嵐 政岡子規 初嵐
七輪の薔薇影もなしあの子だな 日野草城
七面鳥薔薇咲く道に影蒼し 水原秋櫻子 蓬壺
三鬼ゐず薔薇の病気を嘆き立てば 三橋敏雄
上野にて紅蓮咲きぬ薔薇散りぬ 金子兜太
乙女獲し如きかも薔薇を挿して臥す 石田波郷
乞食と僧侶をへだつ薔薇の門 藤田湘子 てんてん
乳牛のめをほそめては薔薇を嗅ぐ 飯田蛇笏 白嶽
乳白の薔薇月明に抽ん出て 佐藤鬼房
亡母の薔薇光の中はさびしきかな 中村草田男
亡母の薔薇開きぬ紅唇打ちふるへ 中村草田男
亡母応へぬ月桂樹の辺薔薇咲きぬ 中村草田男
人の香の渦巻くなかに輝る薔薇は 日野草城
人影のけもの臭くて薔薇満開 岡本眸
今朝の花露をたもてり薔薇の壺 水原秋櫻子 蘆雁以後
仏壇を薔薇でうづめて強気な日 岡本眸
仏陀の顔きよらに朝の薔薇ひらく 赤尾兜子 蛇
伐りこみし薔薇に蕾の多き哉 政岡子規 薔薇
会堂や結婚式の薔薇の鉢 政岡子規 薔薇
何も問はねど横顔の薔薇薫りくる 中村草田男
傘さして馬車を下りけり薔薇の花 政岡子規 薔薇
傘さして馬車を下りるやばらの雨 政岡子規 薔薇
光陰のいま矢の如く薔薇真紅 後藤比奈夫
全輸血了りぬ薔薇を換へくれぬ 石田波郷
写真の中四五間奥に薔薇と乙女 中村草田男
出品の薔薇のカードはタイプで打ち 後藤比奈夫
初富士にこの白薔薇の香をうつす 山口青邨
初富士の腹にバラ掻き射撃音 渡邊白泉
刺せば血が出る 巷に 原に 薔薇の季節 伊丹三樹彦
剣よりも鋭き棘の紅薔薇 鷹羽狩行
卓の薔薇くづるるか灯を絶ちしあと 鷲谷七菜子 黄炎
卓の薔薇に隠るるに似て遅き午餉 楠本憲吉 孤客
南風に孕める薔薇の蕾かな 日野草城
去るものは追はず風雨の薔薇白し 橋閒石 雪
又さけるいばら薔薇も後の月 荊口
反射炉を守りて薔薇を剪り呉れし 川端茅舎
口寄せに血の凶暴な薔薇点る 佐藤鬼房
古りしもの光放てり薔薇咲く日 水原秋櫻子 残鐘
可笑しからずや枕頭台薔薇あふるるは 石川桂郎 高蘆
合えば誰彼を讃える 薔薇季である 伊丹三樹彦
君がため五月を薔薇の咲きこぞる(麻草子を祝ひて) 細見綾子
咲き切つて薔薇の容を超えけるも 中村草田男
咲き切りし薔薇を眺めて倦怠す 日野草城
咲き咲きて乏しき薔薇の蕾哉 政岡子規 薔薇
咲き盛る薔薇に鉄柵姿消す 伊丹三樹彦
咲き絶えし薔薇寄せあるに散る柳 河東碧梧桐
咲く薔薇が平和の砦戦後の家 伊丹三樹彦
唄の数ほどあるといふ薔薇の花 石田勝彦 秋興
善良に公園の薔薇を見て帰る 富安風生
四十代五十に近し薔薇を愛づ 日野草城
四季薔薇の果の平花なりとても 中村草田男
四季薔薇や産後の老猫日の石に 中村草田男
四季薔薇淡し「直接の友」又欠けて 中村草田男
地を飾る薔薇のアーチの余り花 上田五千石『琥珀』補遺
垣の薔薇白きがちりて径しろし 水原秋櫻子 新樹
垣薔薇の売女に匂ふ旦暮かな 飯田蛇笏 山廬集
垣薔薇円か夏立つあらしやりすごし 上田五千石『天路』補遺
塀越す薔薇 戦後昭和を倦む勿れ 伊丹三樹彦
壕に住む人に一輪のバラを剪る 山口青邨
壺に挿す露地薔薇の刺厚きこと 飯島晴子
夏の雲かなしき家に薔薇咲けり 日野草城
夏は来ぬ人はにほへりバラとリラと 山口青邨
夏は来ぬ北の港に薔薇咲きて 山口青邨
夏近く薔薇咲いて居る杉垣根 政岡子規 夏近し
夕映夫人薔薇ひとつぶのペンダント 楠本憲吉 方壺集
夕月や薔薇のかをりのそことなく 日野草城
夕風や昏き硝子に薔薇浮き立ち 野澤節子 未明音
夕風や白薔薇の花皆動く 政岡子規 薔薇
外股に歩きて薔薇に嫌るる 後藤比奈夫
夜の薔薇喪章に似たりよろこべず 藤田湘子 途上
夜の薔薇見覚えのある蟻が馳せ 鷹羽狩行
夜はバラに院長夫妻らしき暇 後藤比奈夫
夜空涯なし星・薔薇・同志明日を期し 古沢太穂 古沢太穂句集
夜雨はげし薔薇近づけて食事する 細見綾子
夢に入りてたわやめとなる薔薇の花 日野草城
太陽はいま弓張りて薔薇暗し 阿波野青畝
太陽も薄目で通る薔薇園 鷹羽狩行
如露の頸はなはだ長し薔薇の前 清崎敏郎
妹は薔薇赤く姉は百合白し 政岡子規 薔薇
妻のみの夜の灯ともして薔薇の垣 右城暮石 句集外 昭和十四年
妻の前薔薇売白き帽脱ぐも 星野麥丘人
妻も鉄之介も見え薔薇匂ひ蘇れり 大野林火 月魄集 距和五十七年
嫁ぐ娘いまだ父母の家に睡る暁の薔薇 中村草田男
子が失せし焦土つちかひ薔薇ちさし 高屋窓秋
子守子の白粉つけて薔薇の園 原石鼎 花影
子雀や薔薇の垣根にちよろちよろす 政岡子規 薔薇
安南の国夕焼す薔薇とこそ 山口青邨
家富んで門高し薔薇乱れ咲く 政岡子規 薔薇
寝がへりて薔薇と別るるさびしけれ 日野草城
小さい傘薔薇咲くやうに雨に開く 有馬朗人 母国
小男の住みてくぐれる薔薇の門 伊丹三樹彦
少女美し薔薇もチョコレートも売れる 安住敦
尖鋭も叡智も薔薇の姿とし 後藤夜半 底紅
展観の薔薇にあるべき媚態かも 相生垣瓜人 明治草抄
岩崎谷いまは薔薇咲く垣多し 水原秋櫻子 蓬壺
布裁ちし長鋏にて薔薇を剪る 山口誓子
庭の薔薇汝に切り供ふ昨日また今日 及川貞 夕焼
庭荒れて蜘の囲多き薔薇咲ぬ 政岡子規 薔薇
廃園のあけぼのひらく薔薇の花 日野草城
廓然と薔薇紅白にちりわかれ 川端茅舎
心よき薔薇のずは枝や二尺あまり 政岡子規 薔薇
恋愛論言ひ尽したる薔薇の棘 伊丹三樹彦
恩愛の言葉短く薔薇くれなゐ 古舘曹人 能登の蛙
悔の糸夜の薔薇と甦へる 石塚友二 方寸虚実
悲報来て女人喪ふ薔薇のとき 森澄雄
惜しや惜し町田に薔薇の散り敷きて 山口誓子
愁なきに似て薔薇に水やつてをり 安住敦
憩ふ椅子あり薔薇のアーチくぐる 津田清子 礼拝
憶ひ出のありし如くに薔薇を見る 後藤夜半 底紅
戀々と夕日影ある薔薇かな 飯田蛇笏 白嶽
我庭の薔薇も葵も咲きにけり 政岡子規 薔薇
手の薔薇に蜂来れば我王の如し 中村草田男
持ち合はす乏しき時間薔薇に立つ 後藤夜半 底紅
捲きふかき薔薇の蕾よしばし然(さ)なれ 中村草田男
支那服は前後へ二片薔薇寛らか 香西照雄 対話
教会の薔薇窓蝶のひらひらす 山口青邨
散らばりてそれぞれ好きな薔薇に立つ 深見けん二
散る薔薇に下り立ちて蜂吹かれけり 渡邊水巴 白日
文字盤に巻きつき終る今日と薔薇 有馬朗人 知命
新緑や薔薇の花びら地に敷きて 日野草城
旅の傘少し濡らして薔薇の午後 稲畑汀子
日の出の薔薇呟き癖も癒えて止む 加藤秋邨
日の薔薇まぶしめば風髪を吹く 原裕 葦牙
日傘さす版画風景薔薇など咲き 富安風生
日時計や薔薇垣あをき海を截る 相生垣瓜人 微茫集
日時計を薔薇垣越しに読みゆける 相生垣瓜人 微茫集
日蝕のなほりたるとき薔薇の派手 阿波野青畝
日記買ひ薔薇挿し彼の日憶ひをり 及川貞 夕焼
日輪にひびきてとべる薔薇の蟲 飯田蛇笏 山響集
日輪を襲ふ雷雪薔薇の園 川端茅舎
昃る干潟薔薇は最後を歪み咲き 橋閒石 無刻
明易き薔薇たしかに一夜経し 岡本眸
星が星呼ぶごと薔薇に薔薇が咲き 鷹羽狩行
星満つと夜をひらきある薔薇の門 野見山朱鳥 運命
春光を得てやはらかき薔薇の棘 後藤比奈夫
春寒き百萬本の薔薇の棘 石田勝彦 秋興以後
春寒やはなびらひるむ薔薇の花 日野草城
春愁の胸飾黒きバラを売る 山口青邨
春暁の雲咲き八重の薔薇となる 石塚友二 方寸虚実
春眠やつぼみの薔薇を枕辺に 日野草城
春眺の雲薔薇と咲き咲き垂りぬ 「百萬」 「方寸虚実」石塚友二
晩祷や晩祷ながき薔薇の中 三橋鷹女
曇り日の風の諜者に薔薇の私語 楠本憲吉 方壺集
曲馬の娘薔薇を髪挿して春惜む 野見山朱鳥 天馬
月いでて薔薇のたそがれなほつづく 水原秋櫻子 旅愁
月曜はさむし新し壺にバラ 平畑静塔
月雪や萎みかさねて垣の薔薇 飯田蛇笏 山廬集
有刺鉄線にも咲きて薔薇の園 鷹羽狩行
朝の日のあたらぬバラはなほ眠る 山口青邨
朝光に紅薔薇愛し妻となりぬ 桂信子 月光抄
朝日淡し厨の土間に薔薇散りて 香西照雄 対話
本売つて薔薇より軽き銭を得し 野見山朱鳥 運命
束髪にして袴つけたり薔薇の花 政岡子規 薔薇
枕辺の薔薇くれなゐに白夜なる 山口青邨
枝低き朝鮮薔薇の蕾哉 政岡子規 薔薇
柵くぐる薔薇やラヂオの尋ね人 秋元不死男
根の国へとほしも門の白薔薇 高屋窓秋
梅原の薔薇そつくりや牡丹肉 右城暮石 一芸
梅雨めきて薔薇を視るとき老めきて 三橋鷹女
梅雨空と真紅の薔薇を見比べつ 相生垣瓜人 負暄
棕櫚蓑を着て薔薇垣を立ち出づる 川端茅舎
棘に触れ薔薇より紅き薬塗る 林翔 和紙
棘の傷洗ひてありし薔薇手入れ 鷹羽狩行
棘先をあらはに薔薇の花氷 鷹羽狩行
椅子を置くや薔薇に膝の触るゝ処 政岡子規 薔薇
椎の花気しばしば薔薇を圧しけり 相生垣瓜人 明治草
歯に咬んで薔薇のはなびらうまからず 加藤秋邨
死の薔薇となり氷柱に透きとほる 三橋鷹女
母の日は妻の日 盛り薔薇ジョッキいかが 伊丹三樹彦
母は見しと一車の薔薇の掛ゆくを 野澤節子 未明音
水に泛く鳥軽んじて薔薇を嗅ぐ 橋閒石 卯
水流れて横へ引きたる薔薇の影 中村草田男
氷中に棘を持ち込み紅薔薇 鷹羽狩行
汽車すぎしあと薔薇がまぶしく咲いてゐたり 種田山頭火 自画像 層雲集
沙翁ここに眠るバラの花真紅 山口青邨
河童の恋路に月の薔薇ちれる 飯田蛇笏 霊芝
油糟くさき薔薇園事務所かな 清崎敏郎
治療には薔薇一本の花瓶も邪魔 桂信子 草影
浄土なる薔薇のあるじとなりたまふ 水原秋櫻子 蘆雁
浴房の日に鏡前の薔薇はえぬ 飯田蛇笏 白嶽
海兵生薔薇より前に服白し 山口誓子
海港に薔薇咲き人はうすものを 山口青邨
消灯の早きに馴れず薔薇匂ふ 鈴木真砂女 紫木蓮
深く捲き尖る白薔薇自省勝ち 香西照雄 素心
深さ息せむ夜の粗ら壁に薔薇さして 細見綾子
渓流に薔薇垣垂るゝ水車かな 川端茅舎
湯上りの思明るく薔薇を見る 日野草城
湯上りや薔薇の香と摶つしやぼんの香 日野草城
満園の緑や薔薇二三輪 政岡子規 薔薇
満面に雨の滴の紅薔薇 山口誓子
潦つながりそめし薔薇の雨 後藤夜半 底紅
潮の香の満ちきて薔薇のゆらぐなり 鷲谷七菜子 黄炎
激怒する体温の渦バラの季節 佐藤鬼房
濃き薔薇が大輪となる遅日かな 及川貞 夕焼
濡れ傘を突く薔薇園の夕映に 三橋鷹女
火星近き夜へ咲きつぎ咲き減る薔薇 野澤節子 未明音
為し得る故に為さざる非行岩根薔薇 中村草田男
焦土に薔薇咲き四方の青空蝶とまる 高屋窓秋
熱の眼だるし塀競り交む白い薔薇 赤尾兜子 蛇
父の日の薔薇の委曲を尽しけり 後藤夜半 底紅
父の日の薔薇を抱きて見せしこと 後藤夜半 底紅
牆の薔薇旅寝の*かやに近かりき 飯田蛇笏 霊芝
犬の仔の青眼の睫杳かの薔薇 下村槐太 天涯
犬の口から日の舌一枚春の薔薇 中村草田男
猫走る界隈の垣薔薇咲いて 森澄雄
瓶の薔薇窓あけあれば虻きたる 高屋窓秋
生け足して生け足してまだ薔薇不足 後藤比奈夫
甲斐に遊べば薔薇水晶や花合歓や 山口青邨
町中になりし薔薇園古りにけり 清崎敏郎
番傘の軽るさ明るさ薔薇の雨 中村汀女
病めば故郷恋ふ日や薔薇花終へぬ 村山故郷
病癒えて力無き手や薔薇を折る 政岡子規 薔薇
病癒えて手づから薔薇を手折りけり 政岡子規 薔薇
病院の匂ひ抱ける薔薇のにほひ 橋本多佳子
白き顔ねむれり薔薇の花にほふ 日野草城
白壁の穴より薔薇の国を覗く 渡邊白泉
白日や少女提げたる薔薇の紅 日野草城
白薔薇おもおもしくも朝ぐもり 飯田蛇笏 白嶽
白薔薇さきそろふ暾のうるほへり 飯田蛇笏 山響集
白薔薇と成る黄蕾や赤子いかに 香西照雄 素心
白薔薇に饗応の麺麭温くからぬ 飯田蛇笏 霊芝
白薔薇の花の尖りの弛みたる 松本たかし
白薔薇の花をつめたる棺かな 政岡子規 薔薇
白薔薇は雨に耐へをり明日知らず 加藤秋邨
白薔薇ひとのごとくにくづほれぬ 鷹羽狩行
白薔薇剪り遺はすや胡瓜の上 永田耕衣
皿を待つナイフフオークや薔薇匂ふ 日野草城
目に薔薇酒胡弓民の音見本市 古沢太穂 火雲
盲人が来る白薔薇の二三輪 廣瀬直人 帰路
看護婦も老院長もバラ仲間 後藤比奈夫
眠る嬰児水あげてゐる薔薇のごとし 飯田龍太
眦に薔薇の溢るる端居かな 上野泰 春潮
眩むは 薔薇にか 指の噴き血にか 伊丹三樹彦
眼をあけて蝮の眠る薔薇の下 西東三鬼
短日の薔薇白々と夫遅き 桂信子 月光抄
石卓の肌理滑らかに紅薔薇 松本たかし
砂町に波郷あらずよ薔薇あえか 上田五千石『天路』補遺
磔像のうしろの薔薇を爪はじく 津田清子 礼拝
祝ぎ事の出がけに殺す薔薇の虫 能村登四郎
神父の家薔薇を咲かせて窄き門 鷹羽狩行
禁断の薔薇の階段のぼりつつ 山口青邨
福々と鬱金薔薇の大蕾 飯田蛇笏 山響集
福藁や籾置を敷く薔薇の蔓 香西照雄 素心
窓の薔薇日を吸ひをるに目覚めけり 高屋窓秋
競ひ合ふもの人と人薔薇と薔薇 後藤比奈夫
競馬場倫敦風に薔薇咲かせ 平畑静塔
築地青く薔薇紅の館かな 政岡子規 薔薇
籐椅子や心は古典に眼は薔薇に 川端茅舎
籠蛍ほのに照らせる薔薇白し 臼田亜郎 定本亜浪句集
紅が暮れ黄が暮れ白き薔薇真近 中村草田男
紅薔薇に棕櫚蓑を脱ぎ捨ててあり 川端茅舎
紅薔薇に闇来ても紅そこにあり 鈴木真砂女 夕螢
紅薔薇の咲き切つてをり客長座 日野草城
紅薔薇の棘の血粒あなかしこ 三橋敏雄
紅薔薇の棘もてわれを隔てゐる 鷹羽狩行
紅薔薇の紅を矢立の墨で描く 後藤比奈夫
紅薔薇や きちがひならぬ わが獨語 富澤赤黄男
絨毯の薔薇濃きことも春愁ひ 鷹羽狩行
絶頂の薔薇は切りすてねばならぬ 平井照敏 猫町
継ぎはぎの舗装路薔薇の散るままに 鷹羽狩行
緋薔薇のかず十指に余れば身に余る 中村草田男
緑蔭の白バラ緑ならんとす 山口青邨
罪のまひるま等間隔の薔薇さかり 加藤秋邨
美しき家族構成バラ囲み 後藤比奈夫




翌しらぬ身をながらへ居れば薔薇が散る 政岡子規 薔薇
老いにも狂気あれよと黒き薔薇とどく 能村登四郎
老けること薔薇見ることにはじまりぬ 亭午 星野麥丘人
老といふ概念もあり薔薇もあり 中村草田男
肋木のあばらは薔薇の垣の上に 山口誓子
背後より薔薇の一撃 喜劇果つ 楠本憲吉 楠本憲吉集
胡蝶蘭舞ひ薔薇にほひ誕生日 山口青邨
胸にバラ挿しサッカーみる奴雨期に入る 金子兜太
胸に挿す薔薇の香りはわが香り 稲畑汀子
胸に殉死のバラと我が名と碑除幕果て 楠本憲吉 方壺集
膝に顎薔薇売ねむる人の果 加藤秋邨
色貧しき吾子の手袋薔薇を刺せ 能村登四郎
芝刈に微雨の垣薔薇もろかりき 西島麦南 人音
花びらの落ちつつほかの薔薇くだく 篠原梵 年々去来の花 雨
花びらを巻いて薔薇の尖るかな 松本たかし
花冠多々裏濃に薔薇の褪せ初めぬ 中村草田男
花売の薔薇が溢れる乳母車 有馬朗人 母国拾遺
草むらむら薔薇の黄なるあり赤きあり 政岡子規 薔薇
草むらむら薔薇黄なるあり赤きあり 政岡子規 薔薇
草濡れて薔薇培ふほとりかな 飯田蛇笏 山響集
葉かくれて朝鮮薔薇の花赤し 政岡子規 薔薇
蒐めたるフラスコにバラ展の薔薇 後藤比奈夫
蔓ばらの垣が隔つる園の薔薇 松本たかし
蔓バラの花をつらねて幾垂も 山口青邨
蔓バラの華鬘の如く異木より 山口青邨
蔓薔薇や子に嘴うつす大鴉 加藤秋邨
蔓薔薇を佳き令嬢を垣間みる 日野草城
薄目あけ寝直る犬や薔薇腐る 佐藤鬼房
薔薇*もがれその場にむしり散らされて 日野草城
薔薇あかし脳髄の皺すきとほる 飯田蛇笏 白嶽
薔薇あぢさゐ木苺の花酒保の雨 下村槐太 光背
薔薇あまた剪り薔薇垣を損はず 鷹羽狩行
薔薇いきれとは心憎かりしかな 後藤夜半 底紅
薔薇いくつ孕みては散り予後長し 楠本憲吉 方壺集
薔薇いけし喫煙室の机かな 政岡子規 薔薇
薔薇いつも眩しむ人や慈眼細し 香西照雄 素心
薔薇うつる水底終ひの梅雨明り 飯田蛇笏 霊芝
薔薇かかへきし汗をとるわれの前 大野林火 雪華 昭和三十五年
薔薇かをり女書記補は過去を愛づ 日野草城
薔薇かをり白き肩凝るタイピスト 日野草城
薔薇かをり老書記は来ること遅き 日野草城
薔薇がはふガレージの扉が開けてある 清崎敏郎
薔薇が地の影と交す語 陽の盗聴 楠本憲吉 楠本憲吉集
薔薇が赤すぎて悲しいことだらけ 後藤比奈夫
薔薇くづれ夜干に乾くものと病む 中村汀女
薔薇くれし嫗みまかり薔薇咲ぬ 政岡子規 薔薇
薔薇さはに一家団欒を擬装せり 安住敦
薔薇ちさし小さし焦土に苦しき愛 高屋窓秋
薔薇ちりぬちればや花も葉も刺も 支考
薔薇ちるやいちごくひたき八ツ下り 政岡子規 苺
薔薇で石階を狭めて未亡人 鷹羽狩行
薔薇といふ森の勲位を草の上 古舘曹人 能登の蛙
薔薇と砕け生殖の窟蘇らず 佐藤鬼房
薔薇どれも香りて日の香まじりあふ 野澤節子 未明音
薔薇には既に媚客の名のありし 相生垣瓜人 負暄
薔薇に住み薔薇の終始を観るならん 中村草田男
薔薇に入る太陽どつと暗くなりぬ 加藤秋邨
薔薇に影妻と知世子は別ものか 加藤秋邨
薔薇に棘こころの傷が詩をかかす 上田五千石『田園』補遺
薔薇に棘をんなには爪パラダイス 鷹羽狩行
薔薇に犬敵意のあとの胴ぶるひ 鷹羽狩行
薔薇に立つ過ちは誰が過ちぞ 加藤秋邨
薔薇に置き人の名刺の角は鋭し 古舘曹人 能登の蛙
薔薇に背を廻せば風の櫻島 古舘曹人 砂の音
薔薇に虫つきたることが一大事 雨滴集 星野麥丘人
薔薇に蜂深入りし過ぎたぞ汝は 鷹羽狩行
薔薇に触れてひそかなる息を一つづつ 加藤秋邨
薔薇に雨降りしきり人に会ひたくなし 村山故郷
薔薇に雷ややありて虚を衝かれけり 下村槐太 天涯
薔薇に風 アウシュビッツの頁めくれ 伊丹三樹彦
薔薇に風一つ袋に夫婦のパン 岡本眸
薔薇に風琴柱たふれしままにあり 野澤節子 未明音
薔薇のかげまぼろしはみな手を伸べて 加藤秋邨
薔薇のかげ茶房の銀器煮られおり 飴山實 おりいぶ
薔薇のアーチの窄き門神父館 上田五千石 田園
薔薇の中に寝まりて若し薔薇作り 松本たかし
薔薇の前もの食むわれやけものめく 日野草城
薔薇の前如何なる笑顔つくれとや 津田清子
薔薇の名の過去美しきのみならず 後藤比奈夫
薔薇の園それに大西洋の波青く 山口青邨
薔薇の園古き書物を読みふける 山口青邨
薔薇の園夫人の帽子ものふりて 山口青邨
薔薇の園引返さねば出口なし 津田清子 礼拝
薔薇の園水面を刻む風の術(すべ) 中村草田男
薔薇の園老いける人のたふとしく 山口青邨
薔薇の土誰か訪ひくる意にしつとり 野澤節子 花季
薔薇の坂にきくは浦上の鐘ならずや 水原秋櫻子 残鐘
薔薇の夜のロイヤル・ゼリー状の夢 鷹羽狩行
薔薇の家悲劇の家と隣りあひ 鷹羽狩行
薔薇の家犬が先づ死に老女死す 西東三鬼
薔薇の情われ三十をすでに過ぎ 下村槐太 光背
薔薇の散り季神父らも遊びたまへ 鷹羽狩行
薔薇の昼一書読むにも力要る 後藤比奈夫
薔薇の朱ヶいとはしやまひ革まる 飯田蛇笏 白嶽
薔薇の束二つに分けて憎み合ふ 藤田湘子 神楽
薔薇の束貰ひ機席を狭くせり 鷹羽狩行
薔薇の棘傷神父とて生身なり 鷹羽狩行
薔薇の画のかきさしてある画室哉 政岡子規 薔薇
薔薇の花いきれを囲み人いきれ 鷹羽狩行
薔薇の花さわがしきわが影が過ぐ 加藤秋邨
薔薇の花に鼻つけて嗅ぐ香の薄き 政岡子規 薔薇
薔薇の花マリーと呼ぶは妹なり 政岡子規 薔薇
薔薇の花一片欠けし四片かな 富安風生
薔薇の花期吾より孤独に強き吾娘 中村草田男
薔薇の花溲瓶に映るうたてしや 日野草城
薔薇の花白しトーストきつねいろ 日野草城
薔薇の苗選りゐて肩を敲かれし 安住敦
薔薇の虫刺すべくありぬ蜂の針 西島麦南 人音
薔薇の虫神の手の如我潰す 上野泰 春潮
薔薇の襞為し得る仕事重なりて 中村草田男
薔薇の辺にわが病むやまひ軽からぬ 日野草城
薔薇の辺やこたびも母を捨つるがに 石田波郷
薔薇の辺やはにかみの齢過ぎたれど 森澄雄
薔薇の門 仰いでから消え セールスマン 伊丹三樹彦
薔薇の門すずめは人をはばからず 亭午 星野麥丘人
薔薇の門ギルドハウスを過ぎしより 雨滴集 星野麥丘人
薔薇の門一つづつもち住まへりき 山口青邨
薔薇の門家庭教師として潜る 能村登四郎
薔薇の門屑屋の礼は帽脱るだけ 香西照雄 対話
薔薇の門幾つくぐると心足る 角川源義
薔薇の門王宮の如くわがくぐる 山口青邨
薔薇の階五歩十歩下り薔薇の中 山口青邨
薔薇の雨妹は性学の書を読めり 日野草城
薔薇の雨本門寺裏へ坂をなす 藤田湘子 途上
薔薇の風われにさはなる髪ありて 鷲谷七菜子 黄炎
薔薇の風一陣生死なまなまし 廣瀬直人 帰路
薔薇の香ありけふのいのちを眠らしむ 日野草城
薔薇の香か今ゆき過ぎし人の香か 星野立子
薔薇の香にねむれるはわが妻なりき 飯田蛇笏 白嶽
薔薇の香に看護婦ら来て祝ぎくるる 石田波郷
薔薇の香のただなか仰臥浮くごとし 鷲谷七菜子 花寂び
薔薇の香の粉々として眠られず 政岡子規 薔薇
薔薇の香を吸はしめ胸部撮影す 岡井省二 明野
薔薇はなれ一二歩にして悪の相 加藤秋邨
薔薇は冱て骰子の一個を見失ふ 橋閒石 無刻
薔薇は病み山椒魚はひとり生く 佐藤鬼房
薔薇ほどける 錆朱 内からうちから湧き 伊丹三樹彦
薔薇むしる垣外の子らをとがめまじ 杉田久女
薔薇もげる男の息を脊後にし 伊丹三樹彦
薔薇も目醒む保線工事の徹夜の灯 伊丹三樹彦
薔薇や梔子や 先立って嗅ぎ 男老いる 伊丹三樹彦
薔薇を剪り刺をののしる誕生日 西東三鬼
薔薇を剪る心に支へかねし日に 中村苑子
薔薇を剪る鋏刀の音や五月晴 政岡子規 五月晴
薔薇を嗅ぐ給仕腰まろくなりつゝあり 日野草城
薔薇を嗅ぐ鼻の尖りの冷たきこと 橋閒石 朱明
薔薇を持つ少女も押され圧され揉まれ 日野草城
薔薇を画く花は易く葉は難かりき 政岡子規 薔薇
薔薇を瞥し婦人記者薔薇のことは言はず 日野草城
薔薇を移して跡に莟の菊を植ゑし 政岡子規 菊
薔薇を見て居りしが男眼を閉ぢぬ 日野草城
薔薇を見るよりも焚火の方へ行く 細見綾子
薔薇を見るわれの手にある黒扇 原石鼎 花影
薔薇を見る少女らの帽すでに白く 富安風生
薔薇を見る眼の草臥や病ミ上り 政岡子規 薔薇
薔薇を見る薔薇の背丈になりもして 政岡子規 秋興
薔薇を詠むことを白紙にして戻る 古舘曹人 能登の蛙
薔薇アーチ出入りに揺るゝ蕾あり 及川貞 榧の實
薔薇アーチ棘は要らぬと思ひけり 後藤比奈夫
薔薇一枝挿しぬ忘られてはゐずや 藤田湘子 途上
薔薇一枝美人の胸にしぼみけり 政岡子規 薔薇
薔薇万花園の雀も香に酔はむ 村山故郷
薔薇剪つてしまひしことを唄で言ふ 加藤秋邨
薔薇剪つて手づから活けし書斎哉 政岡子規 薔薇
薔薇剪れば夕日と花と別れけり 加藤秋邨
薔薇剪定老の手は血をふきやすし 山口青邨
薔薇匂ふはじめての夜のしらみつゝ 日野草城
薔薇匂ふやこのよろこびを誰に告げむ 村山故郷
薔薇匂ふや来時ノ道の軸の前 村山故郷
薔薇包み薔薇に明るむ新聞紙 伊丹三樹彦
薔薇吹かれ~揉まれ~をり 清崎敏郎
薔薇呉れしひとあり風鶴山房忌 雨滴集 星野麥丘人
薔薇咥へけり一輪をさらに剪る 岡本眸
薔薇咲いてをりこの家もかの家も 高田風人子
薔薇咲いて夏橙を貰ひけり 政岡子規 薔薇
薔薇咲いて日ふはふはの烏骨鶏 岡井省二 鹿野
薔薇咲いて昼間の空つぽの鳩舎 鷹羽狩行
薔薇咲かせ遊学の外故郷出でず 松崎鉄之介
薔薇咲き詩に倦みがたきしづごころ 飯田蛇笏 山響集
薔薇咲く上に住みて若さよ二階住 中村草田男
薔薇喰ふ虫聖母見たまふ高きより 水原秋櫻子 残鐘
薔薇園に一花選ぶは恋めける 岡本眸
薔薇園の 何処へ佇っても 微笑の主 伊丹三樹彦
薔薇園の 渦中に ラジオの小函置く 伊丹三樹彦
薔薇園のもぐらの道の狂ほしき 鷹羽狩行
薔薇園の小便小僧ぬらす風 鷹羽狩行
薔薇園の小屋の中なる電話鳴り 深見けん二
薔薇園の生土あらはもぐらみち 鷹羽狩行
薔薇園の薔薇よりも濃き夕茜 深見けん二
薔薇園の鉄柵に手をふれてゆく 桂信子 初夏
薔薇園をたもとほるホース跨ぎもし 清崎敏郎
薔薇園一夫多妻の場をおもふ 飯田蛇笏 椿花集
薔薇垣にともる鄙びし十燭光 鷹羽狩行
薔薇垣に載る白封書何の縁 伊丹三樹彦
薔薇垣に釣糸の澄み夕日の嶺 飯田龍太
薔薇垣のむかご熟るるにまかせおく 佐藤鬼房
薔薇垣の夜は星のみぞかゞやける 山口誓子
薔薇垣の映えに持出し夕刊読む 伊丹三樹彦
薔薇垣の母の黒衣を児は怯る 渡邊白泉
薔薇垣の薔薇の抵抗風隠密 楠本憲吉 孤客
薔薇垣の見る~煙る驟雨かな 清崎敏郎
薔薇垣やすぐ徴笑つくり主婦同志 伊丹三樹彦
薔薇垣や伏目がちなる幾日過ぎ 中村苑子
薔薇垣や間の休みのときのほど 山口誓子
薔薇垣や隣人にして愛されず 鷹羽狩行
薔薇垣を一歩も出ずに孕み犬 鷹羽狩行
薔薇垣添い 予期したように女 消え 伊丹三樹彦
薔薇大輪稚ければ神召されしや 角川源義
薔薇季の薔薇挿し吾子の約婚日 能村登四郎
薔薇展に濡れ洋傘の倒れし音 鷹羽狩行
薔薇展を見て且つ時間余るなり 安住敦
薔薇戦争忘れてゐたりばら苑に 星野麥丘人 2002年
薔薇投げて泉一瞬中世に 山口青邨
薔薇抱くは日本に似たりはにかむのも 加藤秋邨
薔薇挿せども空瓶になほ洋酒の香 桂信子 晩春
薔薇散つてこの爺かの婆つきあはぬ 秋元不死男
薔薇散つて夜はすべての人の上に 有馬朗人 母国
薔薇散つて昨日より今日遠くなる 加藤秋邨
薔薇散て萩の葉青き小庭哉 政岡子規 薔薇
薔薇散るや拾ふ子*もぐ子かゞやかに 渡邊水巴 白日
薔薇既にわがひげおもて見馴れけむ 日野草城
薔薇日増しに五角六角詩の業 中村草田男
薔薇暮るる毛絲明りに編みゐしが 野澤節子 未明音
薔薇枕作れよと散り敷く薔薇か 鷹羽狩行
薔薇棄てし壺は昨日となりにけり 加藤秋邨
薔薇植ゑし手足のよごれ四月尽 細見綾子
薔薇浸けし葉のきはやかに甕の水 飯田蛇笏 白嶽
薔薇深くぴあの聞ゆる薄月夜 政岡子規 薔薇
薔薇満ちて見上ぐる軒も黄ばらなり 及川貞 夕焼
薔薇満開 神父の歩々は裳裾の中 伊丹三樹彦
薔薇満開かつて聖女にあくがれし 岡本眸
薔薇熟れて学課けだるくなりまさる 山口誓子
薔薇熟れて空は茜の濃かりけり 山口誓子
薔薇病むとつぶやく遠き日のごとく 佐藤鬼房
薔薇病んで鬱ぎの虫の水びたし 佐藤鬼房
薔薇白き夜の獣医たち酔ひしれぬ 下村槐太 光背
薔薇白し文書課長の卓上に 日野草城
薔薇白し暮色といふに染りつつ 後藤夜半 底紅
薔薇百花老人の読むサリンジャー 星野麥丘人 2003年
薔薇盗人薔薇の唇まで盗む 鷹羽狩行
薔薇窓に遠く紋白蝶とべる 山口青邨
薔薇紅き実を掌にこひびとを町に 伊丹三樹彦
薔薇紅し水もコップも透明に 日野草城
薔薇紅し若き秘書若き妻をもつ 日野草城
薔薇緩びぬ時てふものにほだされて 中村草田男
薔薇美しと脳院の坂朝なくる 伊丹三樹彦
薔薇老いぬ茎に添ふ陽のあたゝかに 日野草城
薔薇胸にピアノに向ふひとり哉 政岡子規 薔薇
薔薇蕾み昆蟲界に移りたり 秋元不死男
薔薇豊か今宵のベツド傾くよ 日野草城
薔薇賞づる人は互に妨げず 富安風生
薔薇赤しそのほかのこと考へず 燕雀 星野麥丘人
薔薇過ぎてだんだん薔薇となりて過ぐ 加藤秋邨
薔薇食べるなら血の色の花がよし 能村登四郎
薔薇館馬車の車輪を装飾に 佐藤鬼房
薔薇黄なり雇員勤勉に昇給せず 日野草城
藪跡や筍生える薔薇の側 政岡子規 筍
蜘の巣に一ひら薔薇の花赤し 政岡子規 薔薇
蟲たえて奥地は薔薇に陽の昇る 飯田蛇笏 白嶽
蠅一つ夜深き薔薇に逡巡す 日野草城
蠅殺す毒皿置きて薔薇を挿す 百合山羽公 寒雁
行きあはす真紅の薔薇の堕るとき 飯島晴子
行きまじる軽羅の街は薔薇粧ふ 中村汀女
袂にはあをきバットよ薔薇のみち 下村槐太 天涯
袂には青きバツトよ薔薇のみち 下村槐太 光背
裸婦像に翳濃きところ薔薇園 鷹羽狩行
見えてゐる野薔薇のあたりいつ行けむ 野澤節子 未明音
親王の御輦の薔薇白妙に富士 飯田蛇笏 霊芝
詩人齢なし花束抱けば薔薇適ふ 福田蓼汀 秋風挽歌
誓子生きるも薔薇のひらくも詩の力 秋元不死男
調剤はしづかな仕事バラの午後 後藤比奈夫
警報鳴る薔薇の落花を書に挟み 野見山朱鳥 曼珠沙華
豪華なる薔薇盛り沼を見はるかす 林翔 和紙
貧相な薔薇の咲きたる土用かな 鈴木真砂女 生簀籠
貰ひたるばかりの薔薇に鼻埋む 伊丹三樹彦
賜はりしことほぎの花は薔薇の花 村山故郷
贈られし薔薇生き生きと退院す 鈴木真砂女 紫木蓮
贈り主田端義男の薔薇豪華 村山故郷
赤いバラからませ聖書研究会 山口青邨
赤い薔薇描き来喪中にかかはらず 後藤比奈夫
赤き薔薇白き薔薇皆さみだるゝ 政岡子規 五月雨
赤犬のびしよ濡れ走る薔薇の雨 石塚友二 玉縄以後
赤薔薇と白薔薇と枝を交へけり 政岡子規 薔薇
赤薔薇や萌黄の蜘の這ふて居る 政岡子規 薔薇
走り梅雨薔薇の絢爛流しけり 鈴木真砂女 夏帯
路売の薔薇にたびたび水そそぐ 伊丹三樹彦
車輪浮く速度で胸にバラひらく 橋閒石 風景
農夫より見えゐてわが座薔薇透くか 野澤節子 未明音
辺福は青天と薔薇書買ふのみ 香西照雄 素心
近づけば薔薇のひかりの凝りくづる 野澤節子 未明音
通ひ路の春光ふかき薔薇垣 西島麦南 人音
造花になき薔薇の冷肌妻は生きて 香西照雄 対話
遅咲の薔薇赤うして散り易き 政岡子規 薔薇
過去の重さにたへかね薔薇は咲きくづる 有馬朗人 母国拾遺
遠くより見し紅薔薇の辺に来る 山口誓子
酒に遠き幾日ぞ薔薇の咲き代り 石川桂郎 含羞
醜聞やタイプに薔薇の揺れどほし 岡本眸
金魚葬る吾子に薔薇も枝伸べて 林翔 和紙
針有と蝶に知らせん花薔薇 中川乙由
鉄打つ音薔薇を芯まで開かしむ 津田清子 礼拝
銀河行四季薔薇の何選ばんや 佐藤鬼房
錠剤を噛み砕き服む薔薇の前 相生垣瓜人 微茫集
鎌新た青若茎の薔薇をきる 飯田蛇笏 山響集
門前の土に薔薇散りしとばかりの記憶にて 原石鼎 花影
開く薔薇内に多くのもの包む 津田清子 礼拝
阿蘭陀の昔更紗や薔薇の形 政岡子規 薔薇
障子あけて病間あり薔薇を見る 政岡子規 薔薇
隣人の薔薇いくたびも盗み詠む 鷹羽狩行
雉子飼ふ黄咲万朶の薔薇がくり 飯田蛇笏 椿花集
雨つのりきし薔薇の葉のふるへつつ 清崎敏郎
雨つのり薔薇にしげく雫はせ 清崎敏郎
雨に剪る薔薇に傘をさしかけて 稲畑汀子
雨の伊豆海暗けれど薔薇赤し 阿波野青畝
雨の薔薇よ野郎も女郎も寄りくるな 中村草田男
雨の薔薇濡れても切りぬ誕生日 及川貞 夕焼
雨もまた薔薇に妬心を抱くもの 後藤比奈夫
雨宿りしてしばらくは薔薇の前 山口青邨
雨近きこと薔薇の香のこもる午後 稲畑汀子
雲の中にバラ色の雲更衣 大野林火 青水輪 昭和二十六年
雷すぎしことばしづかに薔薇を撰る 石田波郷
電車待つ垣根の薔薇今朝は雨 高野素十
青天の日は倦みやすし薔薇も吾も 岡本眸
青草の凪ぎ蒸す薔薇の花たわわ 飯田蛇笏 山響集
青草をふく風ぬくく薔薇さけり 飯田蛇笏 白嶽
青蛙薔薇の煙雨に鳴きぬれぬ 西島麦南 人音
面粗らき壺にさしたり梅雨の薔薇 細見綾子
鞭みたいに 蔓薔薇一枝の撥ね 或る日 伊丹三樹彦
風きれい赤き薔薇にふるるとき 稲畑汀子
風の日の湾の白濁薔薇爛熟 岡本眸
風邪なりや薔薇を離れて薔薇の線 加藤秋邨
風邪惹くか薔薇はいよいよ紅くなる 加藤秋邨
鬼心きざすきれいに薔薇のジャム煮ゆる 山田みづえ まるめろ
黄の夕焼かぶさりにけり薔薇の園 山口青邨
黄の薔薇と咲くべくて黄の色の薔薇 石塚友二 曠日
黄薔薇や異人の厨に料理會 杉田久女
黎明の水に真夏の薔薇は崩れ 橋閒石 朱明
黒き蝶来て白薔薇を白うしぬ 日野草城
黒薔薇の中の黒撰る多佳子の忌 平畑静塔

以上
by 575fudemakase | 2016-05-12 13:10 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/25788072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング