夾竹桃 の俳句

夾竹桃 の俳句

夾竹桃 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22800901/


夾竹桃 補遺

そこいらぢゆう夾竹桃や顔痩せて 岡本眸
そんなこともあつたやうな夾竹桃の赤さで 種田山頭火 自画像 落穂集
たましひの出入してゐる夾竹桃 飯島晴子
ゆく船のみなかくれ消ゆ夾竹桃 山口青邨
わがのぼる石段長し夾竹桃 山口青邨
パヴイリオン花垣もゆる夾竹桃 山口青邨
主はまこと碧い瞳 夾竹桃の奥処 伊丹三樹彦
人妻の眉根夾竹桃憂しと(神戸、金子兜太氏居) 細見綾子
何か炒める音して路地の夾竹桃 岡本眸
再見(ツアイチイエン)の意か大揺れの夾竹桃 鷹羽狩行
台風の接近夾竹桃の揺れ 山口誓子
地に絵硝子 解かれ 未練な夾竹桃 伊丹三樹彦
夜はさらに赤味加へて夾竹桃 鷹羽狩行
夾竹桃あせもの寄りの子を抱く 松村蒼石 寒鶯抄
夾竹桃かがまりゐしは女人かな 伊丹三樹彦
夾竹桃かほのとりかへもうきかぬ 加藤秋邨
夾竹桃から 湧く風 信じ 神父昼寝 伊丹三樹彦
夾竹桃さき滞船に燕飛ぶ 西島麥南 金剛纂
夾竹桃さき滯船に燕飛ぶ 西島麦南 人音
夾竹桃さき運河ゆく蔬菜舟 西島麦南 人音
夾竹桃しんかんたるに人をにくむ 加藤秋邨
夾竹桃そこら石切る音ばかり 伊丹三樹彦
夾竹桃たわゝに墓は数知れず 日野草城
夾竹桃どっと声立て夜の男女 伊丹三樹彦
夾竹桃に 寺門密閉 煤降る街 伊丹三樹彦
夾竹桃の明るさ暗さ夕爾の忌 安住敦
夾竹桃の燃ゆる揺れざま終戦日 松崎鉄之介
夾竹桃の空ぞ出自に復元せる 中村草田男
夾竹桃の紅が護りてゐたるかな 平井照敏
夾竹桃はげしき言葉われを去る 原裕 葦牙
夾竹桃ひとたび花ををさめけり 松村蒼石 雪
夾竹桃まぼろしの湖よぎり来て 角川源義
夾竹桃われの婚後に花了る 伊丹三樹彦
夾竹桃一夏最も眼を酷使 安住敦
夾竹桃南蛮墓標朽ちにけり 小林康治 玄霜
夾竹桃厠を酸のけむり洩れ 飴山實 おりいぶ
夾竹桃外人の声どっと夜に 伊丹三樹彦
夾竹桃寝墓に挙る季節は遠し 山口誓子
夾竹桃廈の石造貧に耐ヘ 飯田蛇笏 雪峡
夾竹桃引導鐘の圏のなか 角川源義
夾竹桃戦後の病みな長し 石田波郷
夾竹桃戦車は青き油こぼす 中村草田男
夾竹桃挿して炉の釜たぎるなり 松村蒼石 雁
夾竹桃揺れる裏窓 革命史 伊丹三樹彦
夾竹桃昼は衰へ睡りけり 草間時彦 櫻山
夾竹桃泣きじやくる子の眼鼻寄る 松崎鉄之介
夾竹桃白きがはやく秋に入る 百合山羽公 樂土
夾竹桃白しと見つつ兵汗す 山口誓子
夾竹桃白より咲いて鑑真忌 雨滴集 星野麥丘人
夾竹桃砂浜は霧賑はへり 廣瀬直人
夾竹桃窓の百日さだまりぬ 岡本眸
夾竹桃競車かくやと乱れけり 林翔 和紙
夾竹桃花のをはりの海荒るる 桂信子 女身
夾竹桃花無き墓を洗ふなり 石田波郷
夾竹桃荒れて颱風圏なりけり 山口誓子
夾竹桃街路樹とせりヴエスヴイオ噴き 山口青邨
夾竹桃親しき家の石畳 廣瀬直人 帰路
夾竹桃躍るよ無風の齢となりそ 中村草田男
女来て脚組む夾竹桃の夜 伊丹三樹彦
彩簷をめぐり夾竹桃に出づ 加藤秋邨
文中の夾竹桃も暮れにけり 斎藤玄 雁道
晝廊出て夾竹桃に磁榻ぬる 飯田蛇笏 山響集
検疫所夾竹桃と古りにけり 清崎敏郎
死の不安夾竹桃はたわたわと 伊丹三樹彦
殉教の丘長咲きの夾竹桃 鷹羽狩行
洗顔少女は裏川浸かり 夾竹桃 伊丹三樹彦
浦上や十年後の夾竹桃 石塚友二 曠日
海風の朝のすさびに夾竹桃 上田五千石『琥珀』補遺
灰燼に夾竹桃の朝の微雨 西島麦南 人音
炎帝が夾竹桃を寵児とす 相生垣瓜人 負暄
父母にあふ夾竹桃のまた盛り 森澄雄
犬連れて子を負ひて子ら夾竹桃 加藤秋邨
町空に海の雲をり夾竹桃 清崎敏郎
画廊出て夾竹桃に磁榻ぬる 飯田蛇笏 春蘭
病めば炎ゆ夾竹桃が家つつみ 松村蒼石 雪
白い夾竹桃の花の下まいばん掃く 放哉 小豆島時代
白夾竹桃のたそがれながし予後の旅 角川源義
白木槿夾竹桃の白と夜へ 石塚友二 磊[カイ]集
百年の墓ここになし夾竹桃 山口青邨
着陸の夾竹桃が目に入り来 清崎敏郎
競艇場夾竹桃を土堤の花 山口誓子
緑蔭をなす夾竹桃花に満ち 山口誓子
蚊火の風夾竹桃の裏白葉 石田波郷
裏はすぐ運河にほへり夾竹桃 山口青邨
誕生日夾竹桃の燃え足らず 相生垣瓜人 負暄
身の科や夾竹桃の昼を出でず 星野麥丘人
鬱勃たる夾竹桃の夜明けかな 平井照敏 猫町
黄哺江上白夾竹桃散るとおもえ 金子兜太
黙祷に 爆都の夾竹桃 ざわざわ 伊丹三樹彦

以上
by 575fudemakase | 2016-08-13 17:12 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26104871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング