夏の雲 の俳句

夏の雲 の俳句

夏の雲 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22806585/


夏の雲 補遺

あるときは一木に凝り夏の雲 原裕 青垣
あれ夏の雲又雲のかさなれば 惟然
ここや飛騨夏雲影を地に落す 松崎鉄之介
このをとこ夏雲たてば憤怒(いきどほ)る 富澤赤黄男
どぶろく一石神消夏雲も起りけり 大野林火 方円集 昭和四十九年
のろか否か丘の夏雲を望むとき 加藤秋邨
ふところに花こそ匂へ夏の雲 上島鬼貫
まつさらな約束ごとや夏の雲 橋閒石 微光以後
わぎもこのほ句見て笑まし夏の雲 原石鼎 花影以後
われ一人走る悲壮に夏雲はや 山口青邨
エ場や机の上の夏の雲 渡邊白泉
乾坤に噴く溶岩か夏雲か 阿波野青畝
南へ~航夏の雲 高野素十
口既にむばらを生ず夏の雲 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
墓へ名刺夏雲の辺で空濃ゆし 香西照雄 対話
墓へ名剌夏雲の辺で空濃ゆし 香西照雄
壮図めく夏雲 巴里の門の上 伊丹三樹彦
夏の雲かなしき家に薔薇咲けり 日野草城
夏の雲ちぎれんばかり電車過ぐ 廣瀬直人 帰路
夏の雲中花の峯をかたどるか 舎羅
夏の雲手籠出てゐる鎌の先 飯田龍太
夏の雲槐の幹も寂びたりや 永田耕衣
夏の雲湧き人形の唇ひと粒 飯田龍太
夏の雲白きに乳房向けて泳ぐ 加藤秋邨
夏の雲胸に母国を去る願書 有馬朗人 母国
夏の雲臼碾く音の消えしまま 飯田龍太
夏の雲近づけば土器片々と 廣瀬直人
夏の雲野に働きて肌さびし 廣瀬直人 帰路
夏の雲鸚鵡ひそかにゐたりけり 加藤秋邨
夏雲とあらゆる巌の目鼻かな 加藤秋邨
夏雲と真対ひてをり点滴す 鷲谷七菜子 一盞
夏雲にたちはだかりて水泳着 飯田蛇笏 白嶽
夏雲に勢ひて泣ける赤子かな 森澄雄
夏雲に大河句会と名付けたり 高野素十
夏雲に日々登高をおもふのみ 飯田蛇笏 白嶽
夏雲に昏れがたき帆の据わりけり 飯田蛇笏 白嶽
夏雲に牛糞を干す漢かな 飯島晴子
夏雲に藤蔓の尖伸び止まず 右城暮石 句集外 昭和十四年
夏雲に行方郡も岬なす 高野素十
夏雲のからみてふかし深山槇 飯田蛇笏 山廬集
夏雲ののしかかり来し牧草地 清崎敏郎
夏雲のまぶしさ去らず歓喜仏 加藤秋邨
夏雲の下おうと言ひおうと言ふ 藤田湘子 てんてん
夏雲の下なる墓域生きて購ふ 山口誓子
夏雲の下に砂金の町遠し 高野素十
夏雲の下ミナス州ゴヤス州 高野素十
夏雲の壮子時なるを見て泪す 山口誓子
夏雲の奥鬱窟と穂高在り 松本たかし
夏雲の庵ヘラヂオ何か言へる 右城暮石 句集外 昭和十三年
夏雲の海山に立つ湯に泊つる 大野林火 飛花集 昭和四十六年
夏雲の湧きてさだまる心あり 中村汀女
夏雲の湧く山麓に荘傾斜 深見けん二
夏雲の湧く峰ちかく軒雀 木村蕪城 一位
夏雲の立ちたつ伽藍童女のうた 橋本多佳子
夏雲の茸雲めく子は知らず 伊丹三樹彦
夏雲は千尋渓なす嶽に照る 村山故郷
夏雲は雲を惜しまず色惜しまず 廣瀬直人
夏雲むるるこの峡中に死ぬるかな 飯田蛇笏 春蘭
夏雲やことばのまへに口うごく 岡井省二 五劫集
夏雲やこの部落百軒とはなからむ 大野林火 早桃 太白集
夏雲やのろの疾駆の何処に去る 加藤秋邨
夏雲や今日のはじめの箸茶碗 岡本眸
夏雲や八十路初めて患者食 松村蒼石 雪
夏雲や召集令の走り書き 渡邊白泉
夏雲や夢なき女よこたはる 桂信子 月光抄
夏雲や山人崖にとりすがる 飯田蛇笏 山廬集
夏雲や汐深ければ波成さず 鈴木真砂女 夏帯
夏雲や海に尽きたる牧の柵 鈴木真砂女 夏帯
夏雲や白木の鳥居天に立つ 村山故郷
夏雲や胸堆ければ神恐れず 岸田稚魚 雁渡し
夏雲や胸堆ければ神畏れず 岸田稚魚 負け犬
夏雲や菅沼といふ沼ありし 高野素十
夏雲や諸人弔問のゆきかへり 飯田蛇笏 山廬集
夏雲や辰巳にあるを阿波太郎 正岡子規 夏の雲
夏雲や農夫肉群負ふごとく 香西照雄 対話
夏雲や駱駝をわたす大黄河 加藤秋邨
夏雲より大涌谷ヘゴンドラが 阿波野青畝
夏雲よ子が欲るままに象(かたち)なせ 伊丹三樹彦
夏雲をきざす晴天海黝む 飯田蛇笏 雪峡
夏雲を仰ぐ二人は新移民 高野素十
夏雲を廬山のふところ生みて放たず<九江> 篠原梵 年々去来の花 中北支の四〇日
夏雲を更に遠ざけ製材音 右城暮石 上下
夏雲を髪挿す女島やアテネ近し 林翔 和紙
夏雲湧けり妙義は岫もあらなくに 中村草田男
夏雲濃し厩の馬に若竹に 飯田蛇笏 霊芝
夏雲立つ全き佐渡の容となりて来 荻原井泉水
夏雲立つ山は越後ぞ鷹舞へり 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
夏雲立つ左内坂上日日通ふ 村山故郷
夏雲航く地上のことを語りつづけ 橋本多佳子
夏雲観るすべての家を背になして 中村草田男
夏雲躄る妙義は音のなき山なり 中村草田男
夏雲高し壕舎巷をつくりゆく 大野林火 早桃 太白集
夏雲高し子をつれて海へ旅立つ日 大野林火 早桃 太白集
大台ヶ原の夏雲無より生ず 山口誓子
届きゐし若布あぶれば遠夏雲 原裕 葦牙
山門の雲の出行や夏の山 露川
嶽離る夏雲みれば旅ごころ 飯田蛇笏 山響集
巨濤幾重沖の夏雲襞もちさく 香西照雄 素心
帷子に似せて染るや夏の雲 許六
心の臓掴まれゐたり夏の雲 鷲谷七菜子 一盞
恐竜の歯が見つかりて夏の雲 橋閒石 微光以後
愛さるる身は夏雲もまぶしまず 岡本眸
朝日生み夏雲淡くうづくまる 香西照雄 対話
楽譜読めぬ子雲をつれて親夏雲 秋元不死男
機下を飛ぶ断雲と別に夏の雲 富安風生
此山や夏のさくらに夏の雲 高桑闌更
沖は夏雲クローバーに花咲く如く 中村草田男
濤の面に漣夏雲漣こまか 香西照雄 対話
濤の面に漣夏雲襞こまか 香西照雄
濯ぐ妻夜も夏雲は膨れおり 飴山實 おりいぶ
火山の夏雲朱欒を開き押しひろげ 中村草田男
焼や夏雲の端のとびちぎれ 加藤秋邨
父のごとき夏雲立てり津山なり 西東三鬼
片削ぎにカムヰヌプリは夏雲断つ 加藤秋邨
現場とは殖ゆ鋼材と夏雲と 中村汀女
異国めく夏雲を負ひ尊徳碑 香西照雄 対話
病窓に日々の夏雲鮮しき 桂信子 草影
空港の四方に夏雲乱れ立つ 橋閒石 雪
突堤に夏雲たかしひとりゆかな 大野林火 海門 昭和十四年
累卵めく夏雲白樺下枝繁し 香西照雄 素心
美しき夏雲の意図風妬む 楠本憲吉 方壺集
而して~夏雲を見る 高野素十
膳とりて座はくづれけり夏の雲 岱水
自ら花のごとく妙義に小夏雲 中村草田男
草負ふ人夏雲載せて低まる峯 香西照雄 素心
誰も来て仰ぐポプラぞ夏の雲 水原秋櫻子 晩華
遠く湧く夏雲遺書は一俳誌 原裕 青垣
鉄橋のかくれもなくて夏雲群る 飯田蛇笏 家郷の霧
青嶺夏雲最も近く人死ぬ家 加藤秋邨
青草限りなくのびたり夏の雲あばれり 尾崎放哉 大正時代
飛騨に湧く夏雲嶺を越えきたる 水原秋櫻子 秋苑
魁けて夏雲捉ふ山の湖 林翔
黒き手を 夏雲にのせて疲れたり 富澤赤黄男
黙然と夏雲の目を向けにけり 平井照敏 猫町

以上
by 575fudemakase | 2016-08-14 05:29 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26106193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング