夏の日 の俳句

夏の日 の俳句

夏の日 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22805004/



夏の日 補遺

I will replyこの碑の真上夏日のみ 中村草田男
たのもしや杉の木の間の夏日影 洒堂
たまさかに落岩夏日霧を劈(さ)く 中村草田男
なみだ涸れ吾子ねむりつぐ夏日昏る 飯田蛇笏 白嶽
はつ夏の日を中空の杉の山 岡井省二 有時
みかき干して夏の日の烏と影と一羽 荻原井泉水
みちのくの短き夏の日の盛り 高野素十
めくるめきしかも夏日の石に堪ふ 伊丹三樹彦
わたつみのとどろき夏の日長し 村山故郷
三十の憂き黄炎の夏日かな 野澤節子 未明音
何のたのしさ夏の日の城を指す 岡井省二 明野
刑庭の夏日あまねく秘密断つ(長野刑務所望見(二句)[うち一句]) 飯田龍太
双翼に赫と夏日の照る雲上 福田蓼汀 山火
向日葵にながき銷夏の日を迎ふ 百合山羽公 春園
吾子の死に夏日のかたき土をふむ 飯田蛇笏 白嶽
噴煙の古綿為すに夏日透く 中村草田男
城庇やや散状に夏日直下 中村草田男
夏の日にしろくなりゆくわが面皮 川端茅舎
夏の日にねものがたりや棒枕 去来
夏の日に懶き飴のもやし哉 嵐雪
夏の日に見る物からの瘻かな 兀峰
夏の日のうかんで水の底にさへ 上島鬼貫
夏の日のひえてしたゝる岩間哉 正岡子規 夏の日
夏の日の倉庫にそへば海くらく 大野林火 海門 昭和十三年
夏の日の大仏の背を焼きにけり 正岡子規 夏の日
夏の日の暑からざりし憩ひかな 高野素十
夏の日の机のほかに拠りどなし 安住敦
夏の日の色としもなし青山椒 正岡子規 青山椒
夏の日は熔岩に燃え移らずや 上村占魚
夏の日は白光塵を降らしたまふ 山口誓子
夏の日へひそかな挽歌耕せり 高屋窓秋
夏の日やがんぴ喰ふ虫の紅に 牧童
夏の日やくれ竹細き翠澄む 村山故郷
夏の日やさめて*崛のいなびかり 嵐雪
夏の日やちんちん電車嵯峨走る 村山故郷
夏の日や一息に飲酒の味 路通
夏の日や丸沼といふ沼ありし 高野素十
夏の日や咄に念のいらでよし 路通
夏の日や大刈込の庭の景 村山故郷
夏の日や潮の光りと鱚上ぐる 村山故郷
夏の日や煎餅焼きゐるうらおもて 村山故郷
夏の日や畳の上のあぶら足 車庸
夏の日や鍼のごとくに滝しぶき 阿波野青畝
夏の日を事とも瀬田の水の色 上島鬼貫
夏の日を額に聖なるかな誕辰 山口誓子
夏の日寂寞と法堂をきざむ斧のおと 荻原井泉水
夏の蝶翔け青歯朶の日も緑 福田蓼汀 秋風挽歌
夏夕日東京港は河へつづき 大野林火 海門 昭和十四年
夏日かも事務執る音のああしづか 下村槐太 天涯
夏日の下「昼の灯」自称義の師たりし 香西照雄 対話
夏日の縞よろこぶ森にゐる馬は 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
夏日は呼び霧は退路を閉したり 中村草田男
夏日暮れゆるがぬ石となりにけり 伊丹三樹彦
夏日濃し岩を踏まへて馬の蹄 大野林火 雪華 昭和三十五年
夏日灼け死は鉛よりおもかりき 飯田蛇笏 白嶽
夏没日両岸に蘆黙しけり 松村蒼石 雪
夜も光る杉とて立たせ夏の日に 川端茅舎
女来て哭く夏の日のうすかげり 寒食 星野麥丘人
妻そむき哭くバルコンの夏日昏る 飯田蛇笏 白嶽
崖崩えて夏日返すや父の墓 大野林火 冬雁 昭和二十二年
川風や夏の日落つる臼の音 上島鬼貫
抱へゐる鶏首伸べて夏日瞶る 野澤節子 未明音
掃く葉とてない夏の日は木斛の葉のちり 荻原井泉水
敗戦の日の夏の皿いまも清し 三橋敏雄
旅愁あり浴房にただよふ夏日翳 飯田蛇笏 山響集
時なしの山の日なりき夏の猪 岡井省二 夏炉
有礒には尺八烏賊や夏日和 句空
朝顔の夏日陰待間のとうふ哉 杉風
槃(たの)しみは考(な)しとげるべし夏の日も 金子兜太
横向いて居るに夏の日輝けり 三橋敏雄
歓送のどよめき夏日暮れてもきこゆ 日野草城
水車小屋節洩れ夏日はりつきし 上野泰 佐介
沈む夏日撮るため一日賭ける男 赤尾兜子 歳華集
波のたり大繋索に夏日灼く 飯田蛇笏 山響集
波底より夏日の青くかへり来る 篠原梵 年々去来の花 雨
濁流とあらがふ潮夏没日 橋閒石 雪
火口の秘密真上に夏の日がありて 津田清子 礼拝
火口壁夏日直下す洽さよ 中村草田男
焼岳は夏日に灼けて立つけぶり 水原秋櫻子 新樹
燉台やしんたる夏日わたるのみ 加藤秋邨
爆音と夏日火口に底ごもる 中村草田男
物皆のやわらかに住む夏日哉 永田耕衣
独臥して夏日寂寞たり放屁 日野草城
獏のゐる何のことなき夏日影 飯島晴子
異国なり晩飯あとの夏日暮(中国旅行吟) 細見綾子
病眼のなか夏日墜ちゆく白き径 赤尾兜子 蛇
病難の夏日を花卉にたかぶりぬ 飯田蛇笏 白嶽
石山仰ぐ白き夏日の路溜り 中村草田男
硬きまで乾きしタオル夏日にほふ 篠原梵 年々去来の花 雨
神風やすげ笠の帆も夏日和 中川乙由
簡素なる墓と山の間夏日落つ 林翔 和紙
納屋の前枇杷の厚葉に夏日こもる 大野林火 青水輪 昭和二十五年
老いぬれば会葬一つ夏日終ゆ 山口青邨
老斑を夏日晒しの童かな 永田耕衣
船底に洩れし夏日を遺骨よぎる 加藤秋邨
赤き犬ゆきたる夏の日の怖れ 渡邊白泉
赤ん蜂夏日に見れば黄なるかな 原石鼎 花影以後
輸血終へ夏日瓶花にしづまれり 飯田蛇笏 白嶽
野に糞るや痛き夏日を首筋に 上田五千石『田園』補遺
野の夏日世俗を嗤ひがたくゆく 飯田蛇笏 家郷の霧
雪渓は夏日照るさへさびしかり 水原秋櫻子 秋苑
飛行服よごれ夏日に見るべからず 山口誓子
饒舌の父子よ夏日野を灼くに 三橋鷹女
香薬師夏日は月となりにけり 永田耕衣
高昇る夏日の浜を漕ぎいでぬ 大野林火 早桃 太白集
魚干て病家にゆるす夏日和 杉風
鰊屋敷残り豊穣の夏日照る 能村登四郎
鳴神や只鳴ル夏の日の光 乙訓


以上
by 575fudemakase | 2016-08-14 05:51 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26106212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング