青田 の俳句

青田 の俳句

青田 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22832817/


青田 補遺

おもかげの青田暮れゆく秋の声 角川源義
かの家に青田曇りのさだめなき 原石鼎 花影
かゞやきのある雲が青田向ふより 細見綾子
この国に青田の青のある限り 後藤比奈夫
さざなみの志賀にと来つれ青田波 林翔
さゝ波や湖めぐらして青田哉 正岡子規 青田
さゞなみ立つ青田は不安拭へずに 上田五千石『田園』補遺
しろがねの千曲や果つる青田原 角川源義
せめて馬見たしと思ふ青田原 能村登四郎
せんすべもなくてわらへり青田売 加藤秋邨
そこから青田のほんによい湯加減 種田山頭火 自画像 落穂集
そこから青田のよい湯かげん 種田山頭火 草木塔
たちよるや青田波打つ痩柳 角川源義
たゞ恋し青田の果ての石切場 渡邊白泉
どこの織なりや青田の絨毯は 山口誓子
はれたりふつたり青田になつた 種田山頭火 草木塔
ひしひしと声なき青田行手に満ち 橋本多佳子
ひとり果てむ家吹きぬけて青田風 鷲谷七菜子 銃身
びつしり青田部落島なし松が聳ゆ 松崎鉄之介
ふらりふらり根岸を出れば青田哉 正岡子規 青田
みちのくや青田に降りる山の雲 岸田稚魚
みづうみに一枚沿ひの青田そよぐ 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
むさしのや青田の風の八百里 正岡子規 青田
やはらかき青田いちまい杉の寺 鷲谷七菜子 花寂び
ゆるぎなき青田の色となりにけり 清崎敏郎
わが行くにつれてうね見ゆ青田道 原石鼎 花影
カラリントンカラリントン青田四五枚又一軒 荻原井泉水
スケジュールの如く緻密に青田混む 楠本憲吉 孤客
ラッパ蓄音機で 風呼び 青田古道具店 伊丹三樹彦
一切を忘る満目青田にて 山口誓子
一枚の近江の青田織りしもの 山口誓子
一点の偽りもなく青田あり 山口誓子
一面の青田に青と早緑と 山口誓子
一面はかんらかんらと青田中 山口青邨
中をふむ人や青田の水車 正岡子規 青田
乳房礼讃多佳子忌の青田舎 平畑静塔
二上に秋風吹て青田かな 右城暮石 句集外 昭和二年
二筋に虹の立つたる青田哉 正岡子規 青田
井田をなせり越後の大青田 山口誓子
人と地が結ばれ青田真青に 山口誓子
人の住む家のぎりぎりまで青田 山口誓子
人ひとり置かず青田の激すなり 相馬遷子 山国
人遠く歩める青田ぐもりかな 桂信子 花影
佐渡の島青田は青き碑を敷く 山口誓子
何をせる青田の中のテント張 右城暮石 句集外 昭和四十九年
何處か血をたらす青田に立ち上り 三橋敏雄
信濃川大き青田を曲流す 山口誓子
僻遠に青田むしろのごと捨てられ 金子兜太
八方へゆきたし青田の中に立つ 橋本多佳子
八郎湖のへりを取りたる青田哉 正岡子規 青田
冷夏にて継目も見えず青田原 能村登四郎
初嵐青田のうねり谷戸かけて 石川桂郎 四温
匕首で髭剃る男青田風 中村苑子
単線の狭軌青田に狭められ 山口誓子
友の墓と師の句碑の間青田かな 松崎鉄之介
台風のあとの青田の青全し 伊丹三樹彦
合羽着て父煙り去る青田道 石塚友二 光塵
唯一基青田の中に墓が立つ 山口誓子
国原をなせり佐渡にも大青田 山口誓子
土手切れて水迸る青田哉 正岡子規 青田
堰き入るゝ青田の水に目高かな 内藤鳴雪
夕立に鷺の動かぬ青田かな 正岡子規 夕立
夕蛙ひとつ海添ひに青田一つ 香西照雄 対話
夕風の見えてねぢれる青田哉 正岡子規 青田
夕風の鷺吹き飛ばす青田哉 正岡子規 青田
夕飯の向ふに見ゆる青田哉 正岡子規 青田
夜の煙草力一ぱい青田へ投ぐ 右城暮石 句集外 昭和三十四年
夜中見る青田に水の流るゝを 右城暮石 上下
夜濯ぎに鳴りだす釣瓶青田中 飴山實 おりいぶ
大門はいづこ青田の道をさす 角川源義
大青田白シャツ農夫微かなり 山口誓子
大青田芯にくろぐろ藺田一つ 百合山羽公 樂土
大青田道通じゐて村居無し 山口誓子
天領の小間切れ青田燕飛ぶ 松崎鉄之介
学校のあとに淋しき青田かな 正岡子規 青田
安堵せり伊勢の青田が現れて 右城暮石 句集外 昭和五十七年
宙を踏む人や青田の水車 正岡子規 青田
対岸の青田へ渡る竹筏 右城暮石 句集外 昭和五十四年
尊めり神の青田の縦の筋 山口誓子
小松植ゑて新道直き青田哉 正岡子規 青田
小路して青田の風に吹かればや  正岡子規 青田
山の旅ときに青田もちらほらと 鈴木真砂女 紫木蓮
山里は青田に日ざし朝の蝉 右城暮石 句集外 昭和二年
山門や青田の中の松並木 正岡子規 青田
山鳩よ世襲の青田鉄錆水 津田清子 礼拝
峠から見る段々の青田かな 正岡子規 青田
巡査見えて裸子逃げる青田哉 正岡子規 青田
差し出での崎にも青田筑紫なり 山口誓子
市と云ふも小さし青田をめぐらせり 松崎鉄之介
幾山の彼方青田のひとたむろ 角川源義
広青田真唯中に農夫立つ 山口誓子
影として目を閉ぢひらき青田漕ぐ 佐藤鬼房
徒歩帰校青田の中の遠き路 山口誓子
指しゃぶる童女に青田ばかりの旅 伊丹三樹彦
斧入れぬ杜を青田の中に残す 右城暮石 句集外 昭和三十四年
日帰りの伊勢の青田と慈姑田と 岡井省二 鹿野
日本の国ありがたき青田哉 正岡子規 青田
日本海青田千枚の裾あらふ 能村登四郎
日没と共に闇来る青田かな 右城暮石 句集外 昭和五十四年
日盛りの青田離れて時間見る 廣瀬直人 帰路
日除して青田に沈む小家かな 前田普羅 普羅句集
早植ゑの近江の青田部厚けれ 山口誓子
昼は青田夜は蛙聞く往来哉 正岡子規 蛙
智慧と言ふは涼しきものか青田風 細見綾子
書きだめて手紙ふところ青田道 石橋秀野
木曾・長良・楫斐越えて吹く青田風 松崎鉄之介
木曾三川つぎつぎに過ぎ青田風 鷹羽狩行
村の墓地青田と同じ平面に 山口誓子
東西に青田ひろげて雄物川 鷹羽狩行
松籟に青田が見えてきたりけり 大野林火 早桃 太白集
椋鳥むれてすれずれにとぶ青田原 飯田蛇笏 雪峡
植ゑつけて月にわたせし青田哉 正岡子規 青田
植木村青田の中に常緑樹 山口誓子
横雲に朝日の漏るゝ青田哉 正岡子規 青田
横顔を青田たぎちて流れをり 草間時彦 中年
正しき田歪む田伊勢の青田にも 山口誓子
死ねばみな青田の墓地の御影石 山口誓子
死者の霊安らか青田青山に 右城暮石 句集外 昭和五十三年
水汲めば青田暮れゆき覚束な 日野草城
水盗む荒魂も失せ青田売 加藤秋邨
汗の臍に山風あそび青田ゆく 飯田龍太
沼落す渦のしづかに青田べり 水原秋櫻子 蓬壺
泥の手を青田に洗ひ甜爪頒つ 津田清子 礼拝
洪水のさはるものなき青田哉 正岡子規 青田
洪水や青田を流れ海に落つ 正岡子規 青田
流れ矢の弱りて落ちし青田哉 正岡子規 青田
海と青田一つにつゞく青ぐもり 右城暮石 声と声
海近き青田の水を分け流す 右城暮石 句集外 昭和二十三年
海風の青田越えても海の匂ひ 大野林火 潺潺集 昭和四十年
涯しなき青田炎天白濁す 相馬遷子 山国
涼しさや青田の中の一つ松 正岡子規 涼し
温泉の宿四方の青田の暮るゝのみ 日野草城
湖の水揚げて青田を養へり 右城暮石 句集外 昭和五十七年
満目の青田しめりや安曇郡 能村登四郎
満目の青田を牛も眺めたつ 百合山羽公 故園
溝萩を青田に咲かせ羽越線 松崎鉄之介
滑らかな青き平面青田なり 山口誓子
漠たる青田を横に鷺の飛ぶ 正岡子規 青田
潮ぐもり青田ぐもりにつづきけり 桂信子 草樹
火の国の巌青田にゆるぎなく 山口青邨
炎天へ無頼の青田もりあがる 相馬遷子 山国
炎天や青田に動く人の影 正岡子規 炎天
照り込みの足らぬ青田の水光る 右城暮石 散歩圏
牛の尿青田いよいよさかんなり 右城暮石 句集外 昭和二十三年
物議なり青田に集る若い農夫 金子兜太
狂院のまはり青田の泥細かく 飯島晴子
猪垣の波の朽ち色青田売 伊丹三樹彦
琴の音の洩れていよいよ青田濃し 伊丹三樹彦
田から田へうれしさうなる水の音 正岡子規 青田
田の上や青みのうつる昼の月 正岡子規 青田
田舎路は鷺こきませて青田哉 正岡子規 青田
甲斐駒ケ嶽ふかぶかと青田入れ 廣瀬直人
申し訳ないやうな青田道あるく 岡本眸
町はづれ青田にとなる鍛冶屋哉 正岡子規 青田
町中の路地が青田へ口開く 右城暮石 句集外 昭和五十四年
疑ひもなき豊作の青田照り 右城暮石 上下
白き蝶青田を翔けて翅汚る 相馬遷子 雪嶺
白毫寺雨のあと吹く青田風 岸田稚魚 紅葉山
白雲や広く青きは田なるべし 正岡子規 青田
白雲や青く広きは田なるべし 正岡子規 青田
白鷺の一点のほか青田波 鷹羽狩行
白鷺の力かましき青田かな 正岡子規 青田
直ぐ前の青田が塞ぐ双眼鏡 右城暮石 句集外 昭和三十三年
真青にて今も賢治の青田なり 山口誓子
砂浜も青田も猫の額ほど 右城暮石 句集外 昭和五十四年
稗蒔と殿の見給ふ青田かな 正岡子規 青田
稠密な青田近江の青田なり 山口誓子
稲妻はためき消えて青田の風なり 尾崎放哉 大正時代
立ちたけれ大き青田の真中に 山口誓子
米原駅青田も越へ岐れ行く 山口誓子
縦筋と横筋ありて唯青田 山口誓子
羨しくて青田の鷺となりゐたる 森澄雄
老いまじき手元鯉切る夕青田(丹波にて) 細見綾子
老農の皺の密度や青田自讃 香西照雄 対話
耶蘇ならず青田の海を踏み来るは 西東三鬼
能登の海や千枚田いま青田どき 村山故郷
芋澤の名の青田みち少女走す 佐藤鬼房
芦鳴らし来て縹渺の青田風 林翔 和紙
若き夫婦に稲妻の青田あり 飯田龍太
茫々の雨中にしかと青田なり 鷲谷七菜子 一盞
草津より湖や青田や姥ケ餅 森澄雄
萱草や青田の畦の一ならび 正岡子規 青田
落ちゆきてしばし青田の金魚なれ 平畑静塔
蓮の葉が青田に立てり大師の国 山口誓子
虹の中を人歩きくる青田かた 松本たかし
虹の根に白壁光る青田哉 正岡子規 青田
蚊の声や和泉が城は青田なり 角川源義
裸足で踏む訃報のペタル青田波 上田五千石『田園』補遺
見下ろす北陸細分の青田に海迫り 金子兜太
訃へ急ぐ流離の青田限りなし 古舘曹人 能登の蛙
詰め寄せる山無し尾張青田には 山口誓子
誰も見て無意味な朽木青田中 岡本眸
足下を見佇つ青田の農夫ひとり 中村草田男
車中客水薬飲み青田ばかり 中村草田男
軒端よりただちに崇し青田富士 富安風生
農の眼に松も青田もみどり増す 右城暮石 句集外 昭和三十三年
農夫立つ青田茶畠いづれかに 山口誓子
農薬の霧をふるまふ新青田 百合山羽公 寒雁
農薬の霧押し返す強青田 百合山羽公 寒雁
近江大青田大き平面なり 山口誓子
近江青田圧延したる如平ら 山口誓子
近鉄の速くて青田青くする 鷹羽狩行
逃げ水の青田に坐すは二子塚 角川源義
道につれ青田も山にさしかかる 平畑静塔
遠景に一風樹ある青田原 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
重なれる青田日本の村の景 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
金瓶在上々吉の青田かな 燕雀 星野麥丘人
錐で突く隙なし近江路の青田 山口誓子
門残る侍町の青田かな 内藤鳴雪
関ケ原青田に高田低田あり 山口誓子
闇中に青田浮ぶや一螢火 相馬遷子 雪嶺
防波堤までの青田を行きつくす 右城暮石 句集外 昭和二十三年
除草機と帰る遠くの青田より 百合山羽公 寒雁
除草機を通す青田の青櫛目 百合山羽公 寒雁
雲海をはづれし機影青田航く 阿波野青畝
雷落ちて大杉薫る青田かな 日野草城
霧雨のふるや青田の朝朗 正岡子規 青田
青き近江路一枚の青田なり 山口誓子
青山へ青田の波の寄する村 松本たかし
青濃なる青田の眺め象潟は 佐藤鬼房
青田ありて又家居あり町はづれ 正岡子規 青田
青田あり家あり我も生きるべし 高田風人子
青田あり川あり白帆つらなれり 正岡子規 青田
青田あり川あり白帆上り行 正岡子規 青田
青田あり川あり白帆五つ六つ 正岡子規 青田
青田あり河在白帆画のことし 正岡子規 青田
青田いま怒髪の如し 旅 惨酷 楠本憲吉 方壺集
青田というも沼の中に植えて青海につづき 荻原井泉水
青田とて藺の田、雲が夏らしく刈り藺の匂う 荻原井泉水
青田とはよべぬさみどり千枚田 能村登四郎
青田にて白鷺紙の如く飛ぶ 山口誓子
青田にて稲の孕みのひそかなる 山口誓子
青田にて飛ぶため鷺の羽白し 山口誓子
青田にて黒に徹する紫蘇畑 山口誓子
青田にはあをき闇夜のありぬべし 平井照敏 天上大風
青田には賢治の魂の鎮まれる 山口誓子
青田に出でず御行の松を見て返る 正岡子規 青田
青田に向ひ薪切りをれば青切るごとし 細谷源二 砂金帯
青田に湧くをとこの匂ひ驟雨去る 鷲谷七菜子 花寂び
青田の上雲が出てゐて月かくす 右城暮石 声と声
青田の上飛びも越えずに蝉鳴けり 右城暮石 句集外 昭和三十四年
青田の中古き松立つ陶師の墓 山口青邨
青田の中白雲のひゞき地に入る 中川一碧樓
青田の夜更けし燈下を犬急ぐ 右城暮石 句集外 昭和二十八年
青田の径真直ぐの北陸ミルク冷し 金子兜太
青田の間足跡ふかく安曇びと 能村登四郎
青田の香はげし帳場を抜けくれば 伊丹三樹彦
青田はや風の自在をゆるしゐる 鷲谷七菜子 天鼓
青田びっしり青田びっしり何恋う旅 楠本憲吉 方壺集
青田への水路魚ゐて逃げまどふ 右城暮石 一芸
青田べりの燈が見え家はもう見えぬ 篠原梵 年々去来の花 雨
青田もて近江を青の一塗りに 山口誓子
青田より光湧き出づ朝曇 相馬遷子 山河
青田より断崖落つる千曲川 水原秋櫻子 玄魚
青田より直ぐに高嶽信濃なり 山口誓子
青田より青吊り上げて四方の山 鷹羽狩行
青田より風入るるなり円座にて 森澄雄
青田中今様の家増えにけり 高田風人子
青田中強き燭にて油売る 山口誓子
青田中敵に焼かれし身なりけり 石塚友二 光塵
青田中水田は水を主張する 山口誓子
青田中蜃気楼めく野馬追武者 松崎鉄之介
青田二粁隔てて稚しわが家見ゆ 相馬遷子 雪嶺
青田光しんしん冷ゆる喉仏 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
青田分厚く映して 祖父の置き眼鏡 伊丹三樹彦
青田前にし近江富士黒くみゆ 山口誓子
青田原展べて蒲原米どころ 石塚友二 磊[カイ]集
青田原松蟲草もそが中に 石塚友二 玉縄以後
青田売はじまりつつも蚕を飼へり 加藤秋邨
青田売常の日輪めぐりつつ 加藤秋邨
青田売朝暾しづかなる下に 加藤秋邨
青田売鷺も鴉もゐて舞へり 加藤秋邨
青田夕日にしばしは顔も牛も染まり 細見綾子
青田明りうけてとなりの蟷螂も 大野林火 冬青集 雨夜抄
青田段丘山墓詣りの道に似て 中村草田男
青田波にも寄せる波返す波 山口誓子
青田波扇とひらく夕べかな 上田五千石『森林』補遺
青田湖なす浜名湖の近くまで 山口誓子
青田無風鼻血出さうに不安なる 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
青田白鷺市女笠めく墳一つ 中村草田男
青田目に詰め帰りなんいざ妻へ 楠本憲吉 方壺集
青田稀に畠多きぞ是非もなき 正岡子規 青田
青田行く汽車来し方も山重なり 右城暮石 句集外 昭和三十一年
青田豊年定紋頑(がん)と飛騨の倉 橋本多佳子
青田貫く一本の道月照らす 臼田亜郎 定本亜浪句集
青田路それて身に湧く風をきく 能村登四郎
青田道もどる窓から見られる 尾崎放哉 小豆島時代
青田道広うて石の鳥居立つ 右城暮石 句集外 昭和六年
青田青し父帰るかと瞠るとき 津田清子 礼拝
青田風 同じ家紋で喪服集う 伊丹三樹彦
青田風 犬も昼寝の乳房もつ 伊丹三樹彦
青田風 覚めて赤子のひとり機嫌 伊丹三樹彦
青田風半島尖端より起る 大野林火 飛花集 昭和四十七年
青田風四脚山門四方吹きに 上村占魚
青田風机上には稿半ばにて 及川貞 夕焼
青田風着茣蓙煽りつ亘るなり 石塚友二 光塵
須磨寺のともし火うつる青田哉 正岡子規 青田
頬ずりの父を嫌がる青田へ出て 森澄雄
顔痩せて青田の中に農夫立つ 相馬遷子 山国
風あれば細魚さばしる青田原 能村登四郎
風はしり青田に広さ加はるも 津田清子 礼拝
香具山へ家も青田も入り込めり 右城暮石 天水
高藺草青田のために刈り除く 百合山羽公 寒雁
鯉を飼ひ青田育てて佐久郡 鈴木真砂女 紫木蓮
鷺一つ立て青田の風薫 正岡子規 薫風
鷺一ツ下りて青田の風薫る 正岡子規 青田

青田 続補遺

あつき日を水につかれる青田かな 朱拙
ことしはとおもふ青田のそよぎ哉 支考
たのもしや何も加納の青田時 上島鬼貫
なみだにもしむや青田の穂の匂ひ 惟然
のびあがり~見る青田かな 成田蒼虬
のぼる日や青田の中の戻り駕 晩得 哲阿弥句藻
ほとゝぎす青田の浪を湖水とも 中川乙由
まくはりし青田打合茂りかな 三宅嘯山
むら雨の櫛の歯いるゝ青田哉 露川
むら雨の離宮を過る青田哉 黒柳召波
ゆたかなる青田の中や宮参り 成田蒼虬
よい月の隠れて居たる青田哉 桃先
りん~と凧上りけり青田原 小林一茶
一つらに早稲も晩稲も青田哉 馬場存義
一つ家に青田の中の竹生嶋 十丈
五畿内で名の通りたる青田哉 田川鳳朗
傘さしてふかれに出し青田かな 加舎白雄
喜雨亭に夕風わたる青田かな 高井几董
国半や青田に移る雲のみね 許六
岐阜山は青田の上の稲葉哉 支考
我庵はひる寐する間に青田かな 松岡青蘿
手もみにはならぬ嵐の青田かな 寂芝
朝起の顔ふきさます青田哉 惟然
松風を中に青田のそよぎ哉 丈草
梟啼て跡もさらなる青田哉 桃隣
橘の小島が崎も青田かな 知足
涼風や青田のうへの雲の影 許六
涼風を青田におろす伊吹かな 支考
湖は里へ広がる青田かな 堀麦水
照こんだ暑みをはらむ青田かな 十丈
燕の青田で待やあきのかぜ 紫道
父ありて明ぼの見たし青田原 小林一茶
白山を青田に雪の五月かな 荊口
百姓のかたなとぐべき青田かな 探志
短冊に植て色紙に青田かな 木因
秋来ぬとはま風かよふ青田かな 北枝
織物の直段もさがる青田哉 桃妖
聟がねに青田見せ居る機嫌哉 三宅嘯山
草取の空に息づく青田かな 紫道
行船や我は青田の鷺の首 野坡
谷風や青田をまはる庵の客 丈草
雨雲の垣鼻ゆけば青田かな 井上士朗
雨露のせつきてはらむ青田かな 野紅
風と成てみな江戸へ入青田哉 田川鳳朗
風もなき青田は朝のすゞみかな 杉風
風颯と鷺の見へ来る青田哉 三宅嘯山
鴨の子の勝手わするゝ青田哉 吏全

以上
by 575fudemakase | 2016-08-14 06:06 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26106231
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング