夏霧 の俳句

夏霧 の俳句

夏霧

*はまなすは海霧を呼ぶ花低く這ひ 梶尾黙魚
「海ゆかば」きれぎれちちはは濡らす海霧 平井さち子 紅き栞
うつ伏して山角這ひぬ夏の霧 長谷川かな女 雨 月
えぞにうの花の群落海霧流れ 鮫島交魚子
きりぎしの囮鵜鳴かず海霧の中 町田しげき
ぎぼし咲き海霧がむしばむ一墓標 金尾梅の門
ざうざうと海霧鳴る菜種刈りゐたり 宮岡計次
ときに鹿現るる林道海霧塞ぎ 高澤良一 燕音
ぼんやりと夏霧のこる山間部 高澤良一 随笑
みちのくの旅の余白を海霧埋む 奥田恵美 『再度山』
よべの海霧丘にのこれり風露草 澤田 緑生
アルバムヘ夏霧の尾瀬しまひけり 佐藤正尉
オパールの青き変身夏霧に 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
オホツクの海鳴斯くも海霧冷す 桑田青虎
オホーツクの海霧市役所を包みけり 長嶋石城
クローバに降りるスリッパ海霧の這う 長谷川かな女 牡 丹
ノサップの海霧の奥より集乳車 佐藤 哲
リフト番また夏霧につつまるる 奈良文夫
一人づつ人を裹めり海霧の街 石原八束 空の渚
一切を海霧が隠せり海の音 茂里正治(濱)
人動きやまずよ海霧の甲板に 高浜虚子
僚船のマストを追ひつ海霧の中 秦 孝浩
六月の海霧蕭々と牧泊り 堀口星眠 営巣期
剣が峰に夏霧吹て滝の音 夏霧 正岡子規
千曲川底夏霧流れ赤牛群る 宮坂静生 青胡桃
去る海霧に首すり合はす放ち馬 小林雪雄 『海明け』
古稀の手でみかん苗植う海霧の中 閑田 梅月
咲き残りゐる*はまなすも海霧に濡れ 行方克巳
国後島あとかたもなく海霧の中 高澤良一 燕音
地の果ての暗く蟹煮る海霧の町 荒川楓谷
坂を匐ふ海霧は魚臭の街を消す 石原八束 空の渚
夏の霧やさいさらだに来ていたり 小宅容義
夏の霧ホテルに着きし赤き馬車 龍胆 長谷川かな女
夏の霧乳房の冷えを憶ひけり 菅原鬨也
夏の霧噴き捲く前鬼後鬼像 猿橋統流子
夏の霧眺めをりしが取り巻かる 内田美紗 誕生日
夏霧が隠す国後望郷館 福田和子
夏霧が靴のかたちで来る朝か 四ッ谷 龍
夏霧にたつぷり濡れる魚のごと 吉原文音
夏霧にぬれてつめたし白き花 乙二
夏霧にホツプ畑の蔓見ゆれ 八木林之介 青霞集
夏霧に傘ひらくなり地獄谷 綾部仁喜 樸簡
夏霧に吸ひ込まれゆく車かな 小林孝子(春郊)
夏霧に日のしとしと人かがめる 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
夏霧に暗き両手となりゐたる 櫛原希伊子
夏霧に濡れてつめたし白い花 乙二
夏霧に銀だちて野猿の毛 甲斐すず江
夏霧に陰陽石のかくれんぼ 原裕 青垣
夏霧のじはっと鳴れる日本海 高澤良一 ぱらりとせ
夏霧のつばさ四五人さらひけり 角川照子
夏霧のとどまるごとく峡泊り 高澤良一 随笑
夏霧のとほりしあとの草千里 松本康男「鶴俳句選集」
夏霧のみるみる蔵王はぎとりし 山田静枝(青樹)
夏霧の中より黒い僧侶達 石井哲夫
夏霧の去来はげしき湯の万座 松本夜詩夫
夏霧の山男にも乳首あり 大屋達治 繍鸞
夏霧の明るきところ硫黄噴く 新谷氷照
夏霧の海より湧きて海に去り 鈴木真砂女
夏霧の漂着物なり眠る子は 高野ムツオ 陽炎の家
夏霧の無縫や吾も樹の一つ 吉田未灰「半弧」
夏霧の陰陽石のかくれんぼ 原裕 『青垣』
夏霧の音戸に船ら寄り合へり 五十崎朗
夏霧の飛ぶや鶴富姫の家 早瀬紀子
夏霧の麦草峠越えにけり 八十嶋祥子
夏霧はとばず足許つゝみ来る 竹屋睦子
夏霧へ発つ岳人の群しづか 堤高嶺「五嵐十雨」
夏霧も燕もあらき信濃かな 青柳志解樹「山霊樹魂」
夏霧やしなやかに行く一馬身 楠本憲吉
夏霧やなだれのごとく馬現れし 宮崎滴水(ぬかるみ)
夏霧やにほひ濃くして高野山 山田悦子
夏霧やチロルの村をいくつ過ぎし 山田弘子 懐
夏霧や人に生るる列にゐて まついひろこ
夏霧や四つ手かぶさる夏井川 前田普羅 新訂普羅句集
夏霧や声の少女の紅らみ来 小池文子 巴里蕭条
夏霧や声掛け合ふも赤城越え 山田昭子
夏霧や巴里は毎晩舞踏会 皆吉司
夏霧や森のガラスの美術館 永井登久枝
夏霧や蝶は追はるる遊びして 殿村菟絲子 『菟絲』
夏霧や馬のしづかな息青し 吉原文音
夏霧や魁夷の白馬木の間より 松本素子(夏爐)
夏霧らふ剣山さし老遍路 平間真木子
夏霧らふ酋長の墓の山帰来 文挟夫佐恵 遠い橋
夏霧を来しくるぶしを大事にす 萩原麦草 麦嵐
夏霧を脱ぎし天城や青峰忌 彦根勘一
夕海霧なか一光芒の鶴のこゑ 平井さち子 紅き栞
天涯の岩のくぼみを海霧抜けず 笠井 操
太棹は曽祖母の声海霧の月 小枝秀穂女
太陽も人もつまづく夏の霧 青野三重子
太陽を海霧の遮る瀬戸の島 鈴木君子
奥山に夏霧のぼり杉濡らす 原裕 青垣
山のぼる夏霧速し都府楼趾 桜井キミ子
山一つ廻れば深き海霧の村 掛田篤子(壷)
山頂はこの先とのみ夏の霧 柏井幸子(ホトトギス)
岬々に海霧のまつはる良夜かな 小島静居
岳の幟発つに色めく夏の霧 宮津昭彦
岳樺呑み込む海霧の迅さかな 高澤良一 素抱
店々に海霧より揚げし青さんま 大野林火
御瀧や夏霧冷えを宮も無く 松根東洋城
息つまる夏霧にゐて八合目 杉木輝夫
戸のひまを海霧の吹きこむ島泊り 小原菁々子
支那の嗅煙草の壷に海霧深み 猿田咲子
斜里岳を海霧たちまちに隠しけり 橋本弘子
旅予定変へねばならぬ蝦夷の海霧 稲畑汀子
旅豫定變へねばならぬ蝦夷の海霧 稲畑汀子
昆布焼く煙に海霧のうすれうすれ 長谷川かな女 牡 丹
月消していつか海霧とぶ島泊り 小原菁々子
桜島に海霧かかる別れの日 野間しづ子
樹海より湖より湧きて夏の霧 山田弘子 こぶし坂
水の町湯の町湯沢夏の霧 横田昌子
氷下魚釣る夜明けの海霧は月孕み 西東三鬼
沖よりの海霧を捕へて髪の先 蛯名晶子(薫風)
没年のみ誌す墓碑銘夏の霧 猿橋統流子
波二段三段海霧の陽は赤し 石原八束 空の渚
海霧うすれきて撫子の吹かれどほし 清崎敏郎
海霧かこち秋烏賊干しの平戸海女 小原菁々子
海霧が来てあらぬ白藤滂沱たり 文挟夫佐恵 雨 月
海霧くれば海霧を払ひて踊りけり(利尻島にて) 石原八束 『風霜記』
海霧ごめに樺太見ゆる墓洗ふ 石田龍子
海霧ごめの湾やひようたん島はどこ 千田 敬
海霧ごめや無一物めく寒風山 渡辺恵美子(萬緑)
海霧ときに馬柵より低く流れゐし 稲畑汀子 汀子第二句集
海霧とざす沼波岸に寄するのみ 高濱年尾 年尾句集
海霧に耐へて人住む板屋なりしかな 長谷川かな女 雨 月
海霧のあと山きて坐る大暑かな 永田耕一郎
海霧のきて履物だまりが犬溜り 平井さち子 紅き栞
海霧ののつぴきならぬ植田かな 綾部仁喜 樸簡
海霧の中位置さだかなる谷地坊主 小林道子 『下萌』
海霧の中漕ぎ出で鮑密漁す 水見悠々子
海霧の奥の知人岬を指ささる 加藤楸邨
海霧の奥犬鳴きいでて月育つ 加藤楸邨
海霧の川七夕のもの流れゆく 高野素十
海霧の底横走る波伝令めく 笠井操 『雪の紋』
海霧の旅ともづな重く解かれゆく 金箱戈止夫
海霧の界抜け出て眼鏡青みたり 中山砂光子 『納沙布』
海霧の縞日漁港路線に貨車あらはる 石原八束 空の渚
海霧の野に放たれ駈くる親子馬 高見岳子
海霧の陸橋抛物線の情事経て 八木三日女 落葉期
海霧はれて一舟の影海になし 富安風生
海霧ふかきフィヨルドに射す曙光かな 仙田洋子 雲は王冠
海霧よりの虫のすくなさ誘蛾燈 中戸川朝人 残心
海霧を来し船に港の春灯 五十嵐播水 埠頭
海霧低き椴法華村人を見ず 文挟夫佐恵 黄 瀬
海霧充ち来ラヂオの尋ね人はじまり 田中北斗
海霧冷えの巌ことごとく波に侍す 藤木倶子「火を蔵す」
海霧去来薄雪草の揺れ止まず 小林雪雄 『海明け』
海霧捲かる製鋼火焔の鼻つぱし 入江勉人
海霧晴れてころころと波笑ひをり 笠井操 『雪の紋』
海霧来去り碑が「しらじらと」輝くよ 赤城さかえ
海霧残る牧の沢辺の親仔馬 高濱年尾 年尾句集
海霧沖に退き残る夕明り 高濱年尾
海霧泣いて崖にきしとき視界絶つ 石原八束 空の渚
海霧深きゆゑ日の色の金鳳華 水見壽男
海霧深き法華村人を見ず 文挟夫佐恵
海霧深し昼を夜につぐ銅鑼の音 道川源治郎
海霧渡るためにいくばくかのコイン 対馬康子 純情
海霧濃しや積丹の島点々と 杉阪大和
海霧濃し首つつこんでかひば馬 安東次男 裏山
海霧誘ひフンベの滝の乱れ落つ 菅原茂甚
海霧込めて天駆くごとし岬の馬 小林雪雄 『海明け』
海霧迅し花あかしやの街かくす 岡本昼虹
海霧迫る小学校の万国旗 蓬田紀枝子
海霧退きて佐渡全容を現はせり 曽田ハツ
海霧透きて波の群青よみがへる 仙田洋子 雲は王冠
海霧連れて牧童牛を追ひ行けり 高岡千歌
海霧飛べり釧路の街の花時計 高木良多
温泉げむりと海霧のとけあふ忘帰洞 西桐童心
湾に生れ棒立ちに海霧襲ひ来る 笠井操 『雪の紋』
激しさのあとのやさしさ海霧雫 加倉井秋を
瀬戸の島々神かくし夏の霧 永井芙美(狩)
煙突の胴切つて海霧流れをり 赤尾恵以
燈台がぽつんと海霧の帯のさき 高澤良一 随笑
牧牛の帰路なり嶺を海霧下る 長谷川かな女 雨 月
独立国なり海霧の貨物船 吉原文音
玉砕をまぬがれし日のごとき海霧 澤田緑生
白老といふ駅の名を海霧に読む 高橋笛美
祝人の夏霧の海越えきしと 宇佐美魚目 天地存問
穂芒も硫黄噴く嶺も海霧浸す 文挟夫佐恵 黄 瀬
窓の海霧山手の燈に押しのぼる 長谷川かな女 雨 月
立居して鈴の音を張る夏の霧 栗林千津
笛きこゆ海霧の津軽の星祭 町田しげき
納沙布の海霧の奥より集乳車 佐藤 哲
納沙布は海霧に白夜の火を焚けり 後藤一秋
羅臼沖背黒鴎に海霧去来 高澤良一 燕音
美しき海霧の怖さも知りて住む 高橋笛美
耶蘇島の海霧冷えつづき烏賊不漁 小原菁々子
肩触れし誰や根室の海霧深し 南葉愛子
自転車を倒す夏霧疎林より 長谷川かな女 牡 丹
船の鼠啼いて夏海霧深かりぬ 臼田亜浪 旅人
船団の海霧に薄るる石巻 宮田硯水
花*ささげ海霧降りゐるは妹が畑 金箱戈止夫
花売の花にも海霧の流れけり 依田明倫「バイカル湖」
茴香酒(アブサン)の底は海霧へとつづきたる 村上瑪論 銀化
草原も夏霧も唇強いて居り 萩原麦草 麦嵐
荒海霧や風除解かぬ漁師村 石垣軒風子
薺咲き翼のごとく海霧通ふ 小林康治 玄霜
蜑の火の海霧に打たるるみだれかな 古舘曹人 樹下石上
蝦夷黄菅とや海霧に色走りしは 稲畑汀子 春光
蝦夷黄菅とや海霧の色走りしは 稲畑汀子 汀子第二句集
裾野ゆく行けるところまで夏霧 福田太ろを
親馬は海霧のしづくの音にも覚め 福田甲子雄「盆地の灯」
訪ひ来しが襟裳岬の海霧の濃し 小島阿具里
足摺のあざみのほかは海霧の中 庄中健吉
距離感を奪ひ夏霧寄せて来る 岩岡中正
這々といたこに青し夏の霧 有馬籌子
酔ひ痴れては帰る外なし海霧の底 金箱戈止夫
金盞花畑に海霧濃くなる夕 柴田白葉女
釣舟の若狭の湾の海霧に消ゆ 辻 文子
霧多布てふ湿原の海霧に遭ふ 茂木花詠
霧笛泣くほどに海霧濃き啄木碑 石原八束 空の渚
韓国の奏の音渡す海霧の果 谷中隆子
音たてて海霧おそひくる北の町 川崎慶子
馬の歯のがしがしむしる海霧の草 辻桃子(童子)
鬱金空木海霧を抜け出てひよこ色 高澤良一 燕音
魔がさしたやうに海霧湧きまだ引かず 高澤良一 燕音
鵜の尾岬四月の海霧の押しのぼる 阿部みどり女
黄菅色フォッグランプに海霧抜けて 高澤良一 燕音

夏霧 補遺

せかせかと背をこごめゆく海霧の街 角川源義
アルバムの昔の我や海霧ながる 加藤秋邨
オホツクの海荒れ番屋海霧寒し 高浜年尾
一僧を見ず夏霧に女濡れ 西東三鬼
剣が峰に夏霧吹て滝の音 正岡子規 夏霧
南流の潮おしつつむ夏の霧 上村占魚
城に藤播州平野海霧流れ 野見山朱鳥 幻日
夏の霧声を殺して襲ひけり 鈴木真砂女 紫木蓮
夏潮に海霧の生れてとぶを見る 高野素十
夏霧に陰陽石のかくれんぼ 原裕 青垣
夏霧のなか慾ふかくしてをりぬ 飯島晴子
夏霧の何も見えねば死のごとし 平井照敏
夏霧の在りどころなる友の墓(箱根) 細見綾子
夏霧の晴れて鬼ゐず大江山 鷹羽狩行
夏霧の河口に見えてくるものは 平井照敏
夏霧の海より湧きて海に去り 鈴木真砂女 夏帯
夏霧の渦の中なる恋いくつ 鈴木真砂女 紫木蓮
夏霧の胸に渦まく旅枕 鈴木真砂女 夏帯
夏霧の雄ごころ茂吉より貰ふ 伊藤白潮
夏霧の髪無造作に勿来越え 岡本眸
夏霧は晴れゆく朝の峡のもの 稲畑汀子
夏霧やうつそり泛ぶ大和棟 山田みづえ 忘
夏霧やしなやかに行く一馬身 楠本憲吉 孤客
夕焼けぬ一木もなし海霧の中 加藤秋邨
夜半覚めて夏霧深きうつつかな 稲畑汀子
奥山に夏霧のぼり杉濡らす 原裕 青垣
奥蝦夷の海霧の港の蜻蛉つり 加藤秋邨
店々に海霧より揚げし青さんま 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
延齢草海霧(がす)の面影通りけり 金子兜太
桐ヶ谷の夏霧をふむうすごろも 飯田蛇笏 白嶽
梵妻の夏霧濃きを嘆きけり 飯島晴子
氷下魚釣る夜明けの海霧(ガス)は月孕み 西東三鬼
海霧(ガス)の街日をあげガードのみ響く 佐藤鬼房
海霧うすれきて撫子の吹かれどほし 清崎敏郎
海霧うすれ港に沖の戻る宵 稲畑汀子
海霧ときに馬柵より低く流れゐし 稲畑汀子
海霧の夜は灯取虫さへ恋しけれ 岡本眸
海霧の奥の知人(しりと)岬を指ささる 加藤秋邨
海霧の奥呼びては女風呂敷あぐ 加藤秋邨
海霧の奥犬鳴きいでて月育つ 加藤秋邨
海霧の川七夕のもの流れゆく 高野素十
海霧の樹海に汽笛吹きあげ根室線 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
海霧の沖見てをり鯨浮ぶかと 佐藤鬼房
海霧の街顎つきだして陽をさがす 佐藤鬼房
海霧はるゝ気配薄暑のたちどころ 高浜年尾
海霧まとふ北限のわが椨の木よ 佐藤鬼房
海霧を生む一流木の座礁かな 佐藤鬼房
海霧下りてポプラ新樹のところまで 高浜年尾
海霧冷をなつかしきものとてまとふ 稲畑汀子
海霧凝つて聳つ親王の枯お榁(むろ) 佐藤鬼房
海霧残る牧の沢辺の親仔馬 高浜年尾
海霧襲ふ苺の花を葉を濡らし 橋閒石 朱明
灯りゐしクルスの塔の海霧に消え 清崎敏郎
献燈は煩悩の数夏の霧 岡本眸
翁とも猪とも夏霧濃かりける 飯島晴子
船の鼠啼いて夏海霧深かりぬ 臼田亜浪 旅人 抄
薺咲き翼のごとく海霧通ふ 小林康治 玄霜
蜑の火の海霧に打たるるみだれかな 古舘曹人 樹下石上
蝦夷黄菅とや海霧に色走りしは 稲畑汀子
迎へ火の幹を染むるや海霧の中 加藤秋邨
野生馬の腹太々と海霧のなか 飯島晴子
鍵穴を海霧ひそかに流れこむ 有馬朗人 母国
門司と読み海霧巻ける街に出る 橋本多佳子
阿蘇の野を濡らす夏霧迫り来し 稲畑汀子
雑踏に荷馬現はれ海霧しづく 佐藤鬼房

以上
by 575fudemakase | 2016-08-14 06:24 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26106257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング