団扇 の俳句

団扇 の俳句

団扇 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22812445/


団扇 補遺

いつしかに五色団扇も青ひとつ 福田蓼汀 山火
いろいろの団扇がありて貧しさよ 山口青邨
うかうかと団扇の風を貰ひゐし 中村汀女
うちはあれとさらにあふかん時もなし 正岡子規 団扇
おき床の団扇に並ぶ一葉哉 成田蒼虬
かやり火に挟箱から団扇かな 其角
からす団扇長押に挿して夏負せり 安住敦
くさぐさの団扇用ひずなりにけり 阿波野青畝
くらがりに団扇を白くつかひをり 上田五千石 風景
ことごとく団扇破れし熱さ哉 正岡子規 暑
このところ働き過ぎの団扇かな 草間時彦
さびしさはよるべ欲しさか団扇持つ 林翔 和紙
しゆろの葉の団扇に涼し法師ぶり 支考
すゞしさや月ひるがへすぬり団扇 祐甫
たが子ぞや三日月あふぐ白団扇 乙訓
たま~に団扇もつ日を我身かな 露印
のせて見て団扇に重しまくわ瓜 正岡子規 甜瓜
はい原の団扇を送るたより哉 正岡子規 団扇
ひとり酔ふて物謡ひ出す団扇哉 正岡子規 団扇
ふるさとやいづくよりこの団扇風 桂信子「草影」以後
まくなぎを払ふの用の高麗団扇 上田五千石 琥珀
まどかさや片面は白茶白団扇 渡邊水巴 富士
むつまじしとはとんだこと渋団扇 石川桂郎 四温
もてなさん団扇あれこれ戸棚より 星野立子
よき風を膝にまとめし団扇哉 正岡子規 団扇
わが川床の下を団扇の流れゆく 高野素十
をのこゞのさゝらにしたり団扇の絵 松窓乙二
ポンプ小屋 留守 檳榔団扇と昼蚊帳と 伊丹三樹彦
一つづつ団扇を添へて革布団 高野素十
一日の舩路をかたる団扇かな 卓池
一途さが論に勝ちをり白団扇 岡本眸
三代の米つき今に渋団扇 正岡子規 団扇
三界の輪廻を外れ渋団扇 佐藤鬼房
中元団扇のみ新しき老の居間 中村汀女
二階から屋根舟招く団扇哉 正岡子規 団扇
京女てんてにかさすうちは哉 正岡子規 団扇
人の背のなど淋しもよ夜の団扇 中村汀女
人まねの団扇を使ふ小猿哉 正岡子規 団扇
人をよぶ団扇の音や夕涼み 正岡子規 団扇
人を恨むことも忘れし団扇かな 鈴木真砂女 紫木蓮
今人と古心と書せる団扇かな 相生垣瓜人 負暄
介病に尼の団扇や星の宿 使帆
似顔絵の団扇ばかりや冷奴 日野草城
伽羅の蚊遣羅の団扇彼も一時 正岡子規 蚊遣
使ふことなきが如くに団扇掛 清崎敏郎
傾城にあふがれて居る団哉 正岡子規 団扇
傾城の団扇に這はす蛍哉 正岡子規 蛍
傾城の顔にあてたる団扇哉 正岡子規 団扇
光琳がちどり啼なり古団扇 井上士朗
其身その団扇をもたば放下僧 凉菟
凌霄や蝉の団扇に日の相撲 上島鬼貫
初嵐胸の団扇をとばしけり 岸田稚魚 雁渡し
南方の赤き団扇を使はれよ 山口青邨
反古堆裏埋む疎懶の団扇かな 河東碧梧桐
古き世を知れる団扇を友とせり 相生垣瓜人 負暄
古き炉の火棚に見ゆる柄は団扇 阿波野青畝
古団扇つくづく見つつ頼むなり 相生垣瓜人 負暄
古団扇我をば煽ぎ倦じけり 相生垣瓜人 負暄
古団扇涙の跡を見らるゝな 正岡子規 団扇
古畳団扇に虫をおさへけり 正岡子規 団扇
叮嚀に使うてありし団扇かな 後藤夜半 底紅
君来ねば柱にかけし団扇かな 村上鬼城
味噌つけてあぶらればよき団扇かな 荊口
呼り人を先にたててや団扇売 素覧
和尚から買てとらする団扇うり 許六
団扇おいて観る甲斐国の月雪花 角川源義
団扇さし団扇はさしてなかりけり 正岡子規 団扇
団扇とも亦宿縁のある如し 相生垣瓜人 負暄
団扇にて古びし涼を納れにけり 相生垣瓜人 明治草抄
団扇にて扇ぎて蟇を退けつ 相生垣瓜人 明治草抄
団扇の柄持ち良ささうにありにけり 高田風人子
団扇ひらひらつかひつ曰く熱帯夜 阿波野青畝
団扇もたで出れば貧しなつの月 鈴木道彦
団扇もち人犯すごと蚊帳くゞる 小林康治 玄霜
団扇もて我に吹き送れ不二の風 正岡子規 団扇
団扇二ツ角と雪とを画きけり 正岡子規 団扇
団扇出して先づ問ふ加賀は能登は如何 正岡子規 団扇
団扇取つて廊下舞ひ出る酒興かな 正岡子規 団扇
団扇売る子をばねさせて蚊遣哉 木導
団扇売る簾にちらし掛けにして 清崎敏郎
団扇帯にさしてきたりて寄席にをり 森澄雄
団扇手に田舎の夜店見に行きぬ 正岡子規 夜店
団扇持つてありけば駅を出はなれぬ 正岡子規 団扇
団扇持つて欄に凭れば風楼に入る 正岡子規 団扇
団扇持つて汽車に乗りたる道者哉 正岡子規 団扇
団扇持て小庭の月や夕歩行 正岡子規 団扇
団扇腰に鍬つかひ居るあるじ哉 正岡子規 団扇
団扇膝に立て世界は左右に分れけり 上野泰 春潮
団扇風稚児装束の寝に送る 伊丹三樹彦
団扇飛んでくる音ありし油団かな 阿波野青畝
墨すらば団扇よごさん星むかえ 風国
夏の野に千種を分る団扇かな 馬場存義
夏やせの歌かきつける団扇哉 正岡子規 夏痩
夏やせをかくしかねたる団扇哉 正岡子規 夏痩
夏痩の腋皿叩く団扇哉 正岡子規 夏痩
夏至の日の団扇立なる奈良団扇 後藤夜半 底紅
夜の田のところ~に団扇かな 桜井梅室
夜空かなはじめてつかふ白団扇 渡邊水巴 富士
大へいのはしらにうつる団扇かな 支考
大畳紙より出す飾団扇かな 後藤比奈夫
天が下団扇にかくれ昼寝かな 上野泰 春潮
天狗団扇ここに生まれてここに死ぬ 飯島晴子
奥の間の暗きに使ふ団扇かな 中村汀女
妻泣かせしのちの団扇の激し激し 岸田稚魚 雁渡し
姫だちも団扇で出るや蛍狩 正岡子規 蛍
嬌羞や団扇を洩れて蛾眉二つ 日野草城
嬰をあやすくるくるくると団扇かな 松崎鉄之介
子規ほどの根気はあらず白団扇 藤田湘子
客の話たへがたし団扇もてあそぶ 富安風生
宮島の赤団扇なり風強し 細見綾子 牡丹
家にして団扇づかひの日も稀や 木村蕪城 寒泉
家涼し団扇にのせて嵐山 正岡子規 団扇
寐起から団扇とりけり老にけり 鈴木道彦
寝られぬ夜羽たゝくものは団扇哉 亀世
寝落ちたる夜陰の畳白団扇 松村蒼石 雪
小娘ののぞきこんだる団扇かな 正岡子規 団扇
小娘の団扇つかふや青すだれ 正岡子規 青簾
屈強の団扇を使ふ市庁地下 佐藤鬼房
山ひとつあなたへ行ぞ団扇こせ 成田蒼虬
山中や絵団扇の色薄きまま 波多野爽波
山代の菖蒲祭の夜の団扇 高野素十
川風や団扇持て人遠ありきす 正岡子規 団扇
巻~の中に吹るゝ団扇哉 園女
幼より憂ひしる子の団扇かな 原石鼎 花影
御紋入大本山の安団扇 阿波野青畝
愚かなる女媚び寄る団扇かな 日野草城
扇子売る兄が跡から団扇うり 木導
手ざはりも芦の柄軽き団扇かな 阿波野青畝
手すさひの団扇画芭蕉キ角など 正岡子規 団扇
打明けむためらひ団扇落ちにけり 鷲谷七菜子 黄炎
抱籠に団扇さゝれて翼かな 河東碧梧桐
招提寺団扇は旅の荷と思はず 百合山羽公 樂土
招提寺団扇法華寺扇これ 百合山羽公 樂土
敗戦日団扇を胸に当てをれば 石田波郷
方言はひとことで足り渋団扇 鷹羽狩行
既に昼団扇の上に葉書載り 木村蕪城 寒泉
昔咄団扇の風に薫りけり 正岡子規 団扇
是も又ちから仕事や柿団扇 智月尼
月光もいくとせかみし白団扇 渡邊水巴 富士
未開発売物にして皮団扇 後藤比奈夫
村と話す維駒団扇取つて傍に 正岡子規 団扇
松風の村雨を呼ぶ団扇かな 正岡子規 団扇
松風の海鳴くらき団扇かな 角川源義
柄の長き朝顔団扇笹の雪 水原秋櫻子 蘆雁
柄の長き葛飾団扇おいてある 山口青邨
柄を立てて吹飛んで来る団扇かな 松本たかし
桃美なり団扇の上において見る 富安風生
桑の実のしみだらけなる団扇かな 富安風生
梵網の団扇風とはただ固し 後藤比奈夫
梵網会過ぎしと思ふその団扇 後藤夜半 底紅
楽遁は宇治殿さへも渋団扇 野坡
権助が名前書きけり渋団扇 正岡子規 団扇
欄干や団扇の下の淡路島 正岡子規 団扇
正式の団扇の風や又正し 相生垣瓜人 負暄
此頃や土産にもらふ江戸団扇 正岡子規 団扇
殺さるるための出を待つ団扇かな 富安風生
母親に夏やせかくす団扇かな 正岡子規 団扇
水団扇水散点す顔の上 正岡子規 団扇
水団扇精霊蜻蛉描きあり 後藤比奈夫
涼しさやあふぐ団扇のうらおもて 正岡子規 団扇
涼み舟団扇の端をぬらしけり 正岡子規 納涼船
涼み舟団扇の風に帆をかけん 正岡子規 納涼船
涼風やあふぐ団扇のうらおもて 正岡子規 団扇
渋団扇つよさにながき形見かな 北枝
渋団扇つよさに中のかたみかな 北枝
渋団扇はたはたと河口夕映す 橋閒石 雪
満月の雫を受けん水団扇 正岡子規 団扇
灯とり虫団扇にのせて見せてゐる 細見綾子 桃は八重
灯にかざし鹿の透きたる奈良団扇 阿波野青畝
焼栗売る寡黙 羽根団扇は使い 伊丹三樹彦
熱帯夜団扇の骨の呟ける 百合山羽公 樂土
父に似て白き団扇の身に添へる 渡邊水巴 富士
物おもふ暮や黄色なぬり団扇 椎本才麿
猶飛ん蛍団扇に一拍子 一笑(金沢)
琉球の芭蕉の団扇贈られぬ 正岡子規 団扇
用ひざる団扇を立つる老の膝 富安風生
病む身には団扇に重き軽きあり 上野泰 佐介
病後にて思ひ自在の白団扇 能村登四郎
白団扇けふも独りをあふぐなる 渡邊水巴 富士
白団扇妻には貸さじ老けて見ゆ 渡邊水巴 富士
白団扇旅寝の妻の胸の上に 大野林火 白幡南町 昭和三十年
白団扇腮(あぎと)のふちどり病めどまろし 中村草田男
百姓の昼寝団扇や草の上 山口青邨
百姓の腰骨盆の団扇挿し 百合山羽公 寒雁
盃をのせて出したる団扇哉 正岡子規 団扇
盆休み団扇泳ぎの小*えい見て 百合山羽公 樂土以後
盜み出す女と話す団扇哉 正岡子規 団扇
相共に我も団扇も古りにけり 相生垣瓜人 負暄
睾丸をのせて重たき団扇哉 正岡子規 団扇
破団扇夏も一爐の備哉 正岡子規 団扇
稲妻の夜をいねがての団扇なる 三橋鷹女
端居して葱をあふぐ団哉 正岡子規 団扇
筆筒に団扇さしたる机かな 河東碧梧桐
米つきの提げて出でけり大団扇 正岡子規 団扇
紅もゆる団扇の紐や天瓜粉 原石鼎 花影
紅団扇おとろへもせず冬籠 阿波野青畝
絹団扇端居し居れば蛍飛ぶ 正岡子規 団扇
縁側の団扇拾うて下り立ちし 松本たかし
羽団扇に又孟獲を見る日かな 正岡子規 団扇
老い骸に良しとふものぞ古団扇 相生垣瓜人 負暄
老ぬれば骨も鳴なり渋団扇 五明
耳うちのときの団扇のうすみどり 鷹羽狩行
腰にさす団扇も軽し絵の旅寐 洒堂
舞妓来て川床に団扇の風造る 山口誓子
船乗込待つ絵団扇や小桟橋 水原秋櫻子 蘆雁
草の上おきし団扇の色浮かみ 木村蕪城 一位
荷口とく奈良の団扇やほとゝぎす 木導
蕗折て我も人並の団扇哉 正岡子規 団扇
蚊の多きひまな手多き団哉 正岡子規 団扇
蚊やり火や団扇も笠も手のかゝり 朱拙
蚊遣火に挟み箱から団扇かな 其角 五元集拾遺
蛍打たばうすものゝ団扇塗木履 正岡子規 蛍
蜜言の皃見え透つきぬ団扇 東皐
蜜言の顔見へ透きぬ団扇 東皐
蝉鳴くや団扇に画く滝の音 正岡子規 蝉
裏側は月と薄の団扇哉 正岡子規 団扇
裸身や団扇をしほの遠歩行 成田蒼虬
褌に団扇さしたる裸哉 正岡子規 団扇
豆腐腹もとより知つて団扇かな 石川桂郎 高蘆
貧乏に疲れきつたる団扇かな 星野立子
買ひに往て絵の気に入らぬ団扇かな 正岡子規 団扇
辞世●痩顔に団扇をかざし絶し息 杉風
這ひいでし虫おさへたる団扇哉 正岡子規 団扇
遺骨の窓過ぎゆく団扇と国言葉 中村草田男
鎌倉に遊んで団扇もらひけり 雨滴集 星野麥丘人
鎗もちの小挙を取て団扇かな 桜井梅室
雨避けの団扇借りしがえにしなる 上田五千石『天路』補遺
頷いているばかりなる団扇かな 橋閒石 微光
風誘ふ木の葉模様や団扇みせ 泉長 江戸名物鹿子
風鈴しやべり通し団扇とと走り 富安風生
風鈴に団扇の風を與へけり 相生垣瓜人 明治草
鮓の句を題す鮓屋の団扇哉 正岡子規 鮓
麦の穂を描きて白き団扇かな 後藤夜半 翠黛

以上
by 575fudemakase | 2016-08-14 06:39 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26106277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング