花茣蓙の俳句

花茣蓙の俳句

花茣蓙 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22800768/



花茣蓙 補遺

たたまれしまゝの花茣蓙身にぞ入む 高野素十
一枚の花茣蓙を持ち古りにけり 清崎敏郎
冷しうどん去年の花茣蓙青々と 渡邊水巴 富士
小袖たたむ花茣蓙しきて女の間 山口青邨
愁ひつつ坐る花茣蓙はなやかに 日野草城
昼寝の巻けばまことに花茣蓙一枚 荻原井泉水
極楽の花茣蓙のべし我鬼忌かな 百合山羽公 樂土以後
老人の身持の話花茣蓙に 後藤夜半 底紅
花茣蓙といふも寝茣蓙といふもあり 高野素十
花茣蓙にからだ捩りし昼寝ざま 森澄雄
花茣蓙に伸べて手足を喜ばす 鷹羽狩行
花茣蓙に位牌を拭ふ絹帽かな 能村登四郎
花茣蓙に余る畳の真青なり 林翔
花茣蓙に小さき姉妹座りゐる 山口青邨
花茣蓙に臥て胸につく花の痣 能村登四郎
花茣蓙のこれも新らしこれも新らし 高野素十
花茣蓙のたたんでありし三味線屋 雨滴集 星野麥丘人
花茣蓙のまん中くぼみ暑百日 能村登四郎
花茣蓙のをばはけむりをあげて燃ゆ 飯島晴子
花茣蓙の上に週末の夜のありぬ 後藤比奈夫
花茣蓙の上のマツチを取りにきし 高野素十
花茣蓙の上の主やいつも~ 高野素十
花茣蓙の夢の短くきれにけり 鷲谷七菜子 黄炎
花茣蓙の端にて泣きぬ嘆き節 岸田稚魚
花茣蓙の糸のほつれは許されて 後藤夜半 底紅
花茣蓙の美しかりし貧居かな 高野素十
花茣蓙の花のかたまり咲くはよし 鷹羽狩行
花茣蓙は昼よりの空黄なるかな 岡井省二 鹿野
花茣蓙や寝ねし重さに妻の胴 草間時彦 中年
花茣蓙をつかまり立ちの児が踏まゆ 中村汀女
花茣蓙を一枚しいて美しく 山口青邨
花茣蓙を一枚しきしくらしかな 高野素十
花茣蓙を垣間見られて隠栖 富安風生
花茣蓙を外れし寝息をつづけをり 森澄雄
花茣蓙を敷くさらさらと花こぼし 能村登四郎
花茣蓙を晩年展ぶるごとく展ぶ 後藤比奈夫
花茣蓙を横抱きにして盆の町 細見綾子
花茣蓙を美しく敷く庵かな 山口青邨
若ものに花茣蓙なんの意味もなし 亭午 星野麥丘人
雨蛙聞く花茣蓙に手をおいて 松村蒼石 雁
飲食の花茣蓙を敷きのべにけり 清崎敏郎

以上
by 575fudemakase | 2016-08-14 06:46 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26106284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング