日除 の俳句

日除 の俳句

日除 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22833462/



日除 補遺

ありありと戦車幾台日覆かけ 能村登四郎
お巡(まは)りの日除はビーチパラソル風 鷹羽狩行
しもたやの日除や鬱と女竹垣 石川桂郎 四温
だんだらの日覆くだもの赤青黄 大野林火 冬雁 昭和二十二年
だんだらの日覆見をれば海あるごとし 篠原梵 年々去来の花 皿
ばた~と夕風強き日除巻く 星野立子
ひぐらしや夕立したたる舟日覆 水原秋櫻子 蓬壺
ひそかなる日覆の外を通りけり 大野林火 早桃 太白集
わが洋車(やんちょ)牡丹を描ける日覆もつ 山口青邨
わが船の水尾に傾き日覆舟 高浜年尾
ジユネといふ渚通りの日覆店 能村登四郎
ソーダ水日覆の奥の卓に黄に 大野林火 早桃 太白集
一律にこけしの眉目や日除店 阿波野青畝
三日月にたゝむ日除のほてりかな 渡邊水巴 白日
仏蘭西語日覆の前をすぎてききぬ 水原秋櫻子 秋苑
仲店に古りし簪屋の日覆 安住敦
厨夫帽仰向きに窓の日覆巻く 石川桂郎 含羞
喪の家ちかくミルクホールの日覆古る 中村草田男
園の花卉幽らからぬ秋の日覆かな 飯田蛇笏 山響集
壇浦見渡す日覆まかせけり 杉田久女
大部屋の智慧をしぼりて日除かな 野見山朱鳥 曼珠沙華
孤島行甲板(デッキ)日覆に赤目の蠅 秋元不死男
山の虻日除の内を飛んでをり 清崎敏郎
山葵田に日覆立つ日の穂高見ゆ 能村登四郎
懺悔うけて神父いでゆく日除帽 津田清子 礼拝
日傘見に日除帽見に来たる園 後藤比奈夫
日覆かけ帽子怠けて草々に 古舘曹人 能登の蛙
日覆かげまぶしき潮の流れをり 杉田久女
日覆に少女は水を滝なさしめ 石田波郷
日覆の効用を思い腐るかな 永田耕衣
日覆の自他を疑うチヤンス哉 永田耕衣
日覆や働きし顔飯を食ふ 藤田湘子 途上
日覆より午後三点の鐘なれり 山口誓子
日覆喪のごと夏がれに入りにけり 大野林火 方円集 昭和五十二年
日覆張り出して一と日の商始む 伊丹三樹彦
日覆照り古うまや路はかくれける 水原秋櫻子 秋苑
日除あるうちは下ゆく日除帽 鷹羽狩行
日除してまだ働ける舟大事 岡本眸
日除して百日紅を隠しけり 村上鬼城
日除して青田に沈む小家かな 前田普羅 普羅句集
日除すだれの縞目の影の白桃よ 細見綾子
日除帽被て烏蝶遠ざくる 後藤夜半 底紅
日除舟水天宮へ棹しにけり 阿波野青畝
日除艇国賀の汐の秀をあほつ 阿波野青畝
日除艇摩天崖いまはるかにす 阿波野青畝
昨日より日除をしたり農学校 前田普羅 普羅句集
昼ひなか遊べる家の日覆かな 上村占魚 鮎
曇天に日覆意味なき豹の檻 山口誓子
松影のひまなく張りし日除かな 百合山羽公 春園
棕櫚縄の垂れ涼しげに日除出来 星野立子
水平線船の日覆に容れて航く 右城暮石 虻峠
浜街道日除に浪のひびく日あり 大野林火 海門 昭和九年
海を航く「祝進水」の日覆張り 山口誓子
海風や日覆の内にみやげ選る 篠原梵 年々去来の花 皿
湖に臨みいまは固捲く縞日覆 山口誓子
煉瓦館日除真紅に老給仕 中村汀女
燈台の夕の火色日覆巻く 松本たかし
眼のあたり怒濤相うつ日覆かな 原石鼎 花影
石工いま恵比須を創る日除かな 阿波野青畝
秋の風日除の下に起りけり 富安風生
窓あまた幌の日覆またあまた 篠原梵 年々去来の花 皿
立秋の日除ふかぶかおろしけり 鈴木真砂女 生簀籠
竹叢を日除の軒や鬼城伝 石川桂郎 四温
簀日除を人馬潜らせ茶店かな 原石鼎 花影
縞西瓜日覆の縞が下り隠す 渡邊白泉
舟よりも大いなる日除漕ぎ行けり 前田普羅 普羅句集
舳の日覆艫の日覆と向きかはる 山口誓子
船日除坐睡のをんな美しき 上村占魚
艫に張る一枚日覆艫をかくす 山口誓子
芝刈に産院の窓日覆垂る 西島麦南 人音
花鋪の日覆みどりに夏きたる 西島麦南 人音
茄子苗の日除し置いてまた縫へり 杉田久女
葭日除立てて泥鰌屋守りけり 百合山羽公 樂土
蒼老の亀の屎の黄味日覆末だ 永田耕衣
賑はひの避暑季はすぎぬ秋日覆 水原秋櫻子 蘆雁
転舵しつつあり日覆より日はみ出す 津田清子 礼拝
遊船のたるむ日覆に日がみなり 百合山羽公 寒雁
遊船の低き日覆に窮屈に 高浜年尾
野分後の家並や日除たるみけり 岡本眸
長き航終へ日覆より女を見る 山口誓子
隣り亦官庁窓に日除せり 松崎鉄之介
風までも遮るつもり日除帽 後藤比奈夫

以上
by 575fudemakase | 2016-08-14 06:53 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26106296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング