日傘 の俳句

日傘 の俳句

日傘 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22813844/


日傘 補遺

おのづから盲の日傘日の方へ 中村草田男
お寺の屋根のつまらなさ日傘さして来た 中川一碧樓
けふのことけふに終らぬ日傘捲く 上田五千石『琥珀』補遺
こぼるゝや日傘の上の椎の花 正岡子規 椎の花
さしつれて若紫の日傘かな 内藤鳴雪
じやく捕りの日傘のやがて動きけり 岸田稚魚
ついて行く日傘連ねて小葬ひ 清崎敏郎
つぼめある日傘はみ出し臙脂濃し 篠原梵 年々去来の花 雨
としごろの膝をかくさず砂日傘 日野草城
なかい訴え 日傘の裡へ神父容れ伊丹三樹彦
ひらきたる日傘の陰に這入りけり 後藤夜半 翠黛
ふつふつと日傘のひまに泥地獄 中村汀女
ふりかへり仰ぎ日傘の母をたしかむ 篠原梵 年々去来の花 中空
ふり向きし尼の日傘も竹の影 岸田稚魚 筍流し
ふるさとの雲に会ふ絵日傘ひろげ 後藤比奈夫
ほろ~と雨つぶかゝる日傘かな 原石鼎 花影
また遅れて 紫苑の高さの 日傘の妻 伊丹三樹彦
やすみ立つ太夫に日傘静まれり 高浜年尾
ゆるやかな港への坂秋日傘 鷹羽狩行
われに貸す女の日傘いづれのおひと 山口青邨
ケーブルを下りし一歩に日傘さす 清崎敏郎
チユウリツプこの日五月の日傘をさす 富澤赤黄男
バス避くる日傘のふるゝ築土塀かな 清崎敏郎
一つ二つ日傘さしたる渡し哉 正岡子規 日傘
一斉に日傘さす音ある所 稲畑汀子
一本落葉松 しみじみ 日傘さす妻で 伊丹三樹彦
万博の噴水群に日傘さす 山口青邨
並びゆく日傘ほのかに色たがへ 林翔
乗るまでもなし大佛へ日傘さし 星野立子
交番に日傘はみ出す昼下り 岡本眸
今たたみ凭せし日傘息づける 後藤夜半 底紅
佛足に春の日傘をおもひゐる 岡井省二 有時
備中の瓦廂を秋日傘 石田勝彦 百千
億劫や妻の日傘を讃へるは 草間時彦 櫻山
出で立ちて長臑比売や砂日傘 日野草城
北極熊よごれ日傘の田舎弁 橋閒石 無刻
古日傘さして盲ひの夫庇ふ 伊丹三樹彦
叫びたきことかずかずや黒日傘 桂信子「草影」以後
君たちや俄か遍路の秋日傘 岸田稚魚
吾のものならぬ海岸日傘へ行く 山口誓子
吾を送り戻る日傘の妻あらん 波多野爽波 鋪道の花
唐黍屋高原日傘咲かせけり 百合山羽公 樂土
四十になれば日傘をさすといふ 雨滴集 星野麥丘人
図らずも 微笑の髭の男日傘 伊丹三樹彦
土佐に入る日傘のまはりみな緑 桂信子 草影
土塀より土塀へ誰の日傘行く 阿波野青畝
垂らしたる手より真直に日傘垂れ 波多野爽波 鋪道の花
城の石仰ぐ洋傘を日傘とし 橋閒石 朱明
城仰ぐ日傘全円真うしろに 岡本眸
墓地に逢ふ日傘の誰も若からず 岡本眸
墓守の子の絵日傘や墓群の中 山口青邨
墓山に開きて母子の日傘かな 伊丹三樹彦
夕立に日傘さしたる女かな 正岡子規 夕立
大干潟秋の日傘を端に置く 岸田稚魚
妊りて紅き日傘を小さくさす 森澄雄
妹に買ううるしぐろなる日傘 飯田蛇笏 霊芝
妻の旅日傘を海に山に開く 伊丹三樹彦
妻よ闇を覚えて廻す古日傘 岸田稚魚 雁渡し
妻よ闇夜を覚えてまはす古日傘 岸田稚魚 負け犬
婆の日傘借りポストまで厨より 山口青邨
宿の婢に借りし日傘をもやひさし 星野立子
少年に道問ふ日傘さしかけて 岡本眸
山妻の日傘も花といふべしや 山口青邨
島への便船 日傘たたんで女も跳ぶ 伊丹三樹彦
崖づたひ日傘たためば身ひとつに 岡本眸
川に出て帝釈参りの秋日傘 岸田稚魚
彩日傘プールの監視塔に挿す 山口誓子
影の陰その翳にをりパラソル屋 林翔
彼の日傘否此の日傘否其の日傘来ず 上田五千石『琥珀』補遺
心さしかけぬ日傘で足りぬ分 後藤比奈夫
折りたたむ風も秋なる日傘かな 岡本眸
持ちかへて日傘の影を正しけり 稲畑汀子
捧ぐるものなし墓前にて日傘たたむ 津田清子 礼拝
揺るる牛車病める農婦の日傘さし 伊丹三樹彦
日傘さしかけてもらひて鯊を釣る 右城暮石 天水
日傘さし噴水の雨ささと受く 山口青邨
日傘さし外人墓地を下に見て 山口青邨
日傘さし女出てくる渡岸寺 森澄雄
日傘さし跼み馴れたる物腰に 後藤夜半 底紅
日傘さすときの姿にしなのあり 高浜年尾
日傘さすとき突堤をおもひ出す 岡本眸
日傘さす版画風景薔薇など咲き 富安風生
日傘さす音のパチンと空へ逃ぐ 高浜年尾
日傘させば海の底より淋しさ来る 津田清子 礼拝
日傘さへ重しと母の外出かな 山田みづえ 木語
日傘して女牛飼通りけり 村上鬼城
日傘して強き流れを渡りけり 石田勝彦 秋興以後
日傘して汽笛の音の次を待つ 藤田湘子
日傘して花野の小女郎誰が小女郎 正岡子規 花野
日傘しなふ山の風かな避暑期去る 中村汀女
日傘たたまずに 榕樹の蔭も過ぐ 伊丹三樹彦
日傘たたみ茶屋にあづけてほととぎす 山口青邨
日傘たたむや空の広さに逃げし色 高浜年尾
日傘にうけきれぬ西日の中帰る 津田清子 礼拝
日傘にも絞の藍を欲しと思ふ 阿波野青畝
日傘に映え紅顔ただに冷徹に 香西照雄 対話
日傘のつくる影のむらさき胸冷やす 野澤節子 未明音
日傘の妻を 撮る 廃船の苔色と 伊丹三樹彦
日傘の往来で 燈籠銘はモルガン・ユキ 伊丹三樹彦
日傘の柄細く長くて軽げなり 高浜年尾
日傘ひらく人工島の端まで来て 橋閒石 微光
日傘まはつてぐんぐん浮びあがりけり 平井照敏 猫町
日傘みな沼へ傾く芋旱 小林康治 玄霜
日傘より見る若者の笛吹く口 桂信子 草影
日傘一つ女気を絶ちたる木の山へ 中村草田男
日傘一つ長城にひらきしが見ゆる 加藤秋邨
日傘入りて杉の木の暮きはまりぬ 岸田稚魚 筍流し
日傘畳みて十歩夕波高まりぬ 橋閒石 雪
日傘直立水中を行くごとし 岡本眸
日傘置く更けて戻りし玄関に 波多野爽波 鋪道の花
日傘見に日除帽見に来たる園 後藤比奈夫
春蝉やひとり日傘をかざすとき 中村汀女
昼が夜となりし日傘を持ちつづけ 波多野爽波 鋪道の花
朝ぐもり海岸日傘ひとつひらく 相生垣瓜人 微茫集
木洩日にさせば日傘のをどりけり 稲畑汀子
松が枝のひくく垂れたり遠日傘 山口青邨
林間や日傘かざすもたたむまま 岡本眸
柄の長き日傘が流行り来りけり 星野立子
桟橋のあんこ姿も日傘さし 清崎敏郎
母ともの足りなく日傘軽くて少女 中川一碧樓
母の墓日傘開けば翳に入る 岡本眸
水を切る仕ぐさや日傘たたみても 岡本眸
水浅黄ほのかにひらく日傘かな 日野草城
沓掛へ日傘降りゆく男郎花 角川源義
河骨やしんと日傘を透す日に 中村汀女
泡立草 日傘ささぬと溺れる妻 伊丹三樹彦
津山かな柳の下をゆく日傘 渡邊白泉
流れ橋風の日傘をたたみけり 石田勝彦 雙杵
浅草へ仏壇買ひに秋日傘 岡本眸
浜日傘幾日は立ちし夏終る 石塚友二 光塵
浜日傘横目に投函したるのみ 石塚友二 光塵
海上に自愛の日傘白く張る 津田清子 礼拝
海岸日傘中年男ひとりをり 草間時彦 中年
海岸日傘倒れてすぐに柄が上向く 山口誓子
海岸日傘同類は何町か先 山口誓子
海岸日傘挿し置く無人なるときも 山口誓子
清水の阪のぼり行く日傘かな 正岡子規 日傘
渚行く日傘は遠くまで見ゆる 高浜年尾
漣のさみしくなりし日傘かな 岡本眸
潮の香のたちまちつつむ日傘かな 中村汀女
激浪へ日傘一重のたるみなく 岡本眸
照り降りにさして色なし古日傘 杉田久女
熔岩原や水母の如く日傘行く 角川源義
爆部 陸橋 急ぐ日傘は誰かの母 伊丹三樹彦
父老いぬ日傘の影を地に落し 伊丹三樹彦
牧草にパラソル一つ裏返し 高野素十
狐舎を見る朱の日傘を傾けつ 石田波郷
玄室を出て人の世の日傘さす 有馬朗人 母国
理髪店の鏡日傘のいま通る 桂信子 花影
産み月の日傘を何時も手放さず 右城暮石 上下
病む夫をかばふ日傘を高くしぬ 岡本眸
白夜来るまで白昼の日傘さす 平畑静塔
白雲はパラソル砂丘ゆく吾の 津田清子
真白な秋の日傘を住しとしぬ 後藤比奈夫
石に腰してゐるをそこを通る日傘の人そのほか二三人 中川一碧樓
砂山に日傘畳んで遊びけり 日野草城
砂山に泳がぬ妹の日傘見ゆ 日野草城
砂日傘あらぬ方より彼がくる 波多野爽波 鋪道の花
砂日傘さつきの犬がまた通る 波多野爽波 鋪道の花
砂日傘ちよつと聞違へ立ち戻る 波多野爽波 鋪道の花
砂日傘ひらき頃なる砂の灼け 能村登四郎
砂日傘みたりのをとめまどろめる 日野草城
砂日傘より砂日傘ガム抛る 上野泰
砂日傘一つ礁の果の果 清崎敏郎
砂日傘五色の浜に色加ふ 山口誓子
砂日傘好きな方へと斜めなり 高田風人子
砂日傘彼まどろめり彼女読む 日野草城
砂日傘日ざしはすでに秋めきて 清崎敏郎
砂日傘真昼の夢をうち覆ふ 日野草城
砂日傘立てるあたりも鹿尾菜干し 清崎敏郎
砂日傘縁はたはたと*ひるがえり 清崎敏郎
砂日傘舞子の松を綴りたる 後藤比奈夫
砂白く寡婦のパラソル小さけれ 西東三鬼
磴のぼる日傘月光殿に茶会 山口青邨
秋日傘そこはサントリー美術館 岸田稚魚
秋日傘なにとて磧さすらふや 上田五千石『琥珀』補遺
秋日傘ゆらりと起てり岩の上 岡本眸
稚子すでに上りし鉾の日傘 後藤夜半 翠黛
競馬趣味かうもり日傘色褪せて 平畑静塔
紺碧の波にたゝめる日傘かな 上村占魚 鮎
絵日傘の絵もおとなしく京らしや 上村占魚 球磨
絵日傘や森の奥には沼棲んで 楠本憲吉 孤客
絵日傘をさせば真神のうろ~す 岡井省二 鯨と犀
絵日傘をひらきみせたる表情よ 後藤比奈夫
絵日傘を廻しゴルフの夫のそば 後藤比奈夫
絹日傘かたむいて日を返しけり 日野草城
緑蔭の置きし日傘も冷え冷えと 中村汀女
縞日傘楽し音楽亦楽し 高野素十
織子等の日傘傾け草深く 山口青邨
纒足女野を行く紺の日傘さし 山口青邨
老いらくの髪うつくしき日傘かな 上田五千石『天路』補遺
老樹巌のごとく日傘を立てかけて 山口青邨
背負籠に日傘つきさし蜑が行く 清崎敏郎
胸病めば農婦日傘をさして通る 中村草田男
脱ぎ棄ての羽衣ばかり砂日傘 日野草城
船中に日陰を作る日傘かな 村上鬼城
色深きふるさと人の日傘かな 中村汀女
芍薬の日傘に雨や業平忌 三橋鷹女
花栗に日傘 女の出城かと 伊丹三樹彦
若者を遁れ坐しをり砂日傘 草間時彦 中年
萱山に旅の日傘を沈ませゆく 楠本憲吉 孤客
葛が咲く河内に日傘さしつれて 岡井省二 鹿野
蕗の葉を日傘雑草園に遊びけり 山口青邨
蝶失せぬつひに日傘の中に来ず 岡本眸
誰が日傘忘れある蜂屋音のして 河東碧梧桐
誰も死ぬな 日傘の友ら いま墓地沿い 伊丹三樹彦
谷間のはやかげり来し日傘かな 山口青邨
象牙屋を出る象色の日傘かな 有馬朗人 非稀
負の爛れ冠や日傘過ぐ 角川源義
足遅きは女なるらん日傘 正岡子規 日傘
路地曲る礦婦に日傘さしかざされ 小林康治 玄霜
転坂でついと消えたる秋日傘 岸田稚魚
遇えばきまつて 術後の男 日傘の中 伊丹三樹彦
遠足の女教師は日傘さし 清崎敏郎
鈴おとのかすかにひびく日傘かな 飯田蛇笏 山廬集
鈴の音のかすかにひゞく日傘かな 飯田蛇笏 霊芝
鏡台の柄に日傘吊り独り棲み 中村草田男
門を出て日傘ひろげて色生れ 上村占魚 球磨
開きたる日傘忽ち城をなす 後藤比奈夫
閑居して日傘の中の國訛 古舘曹人 砂の音
陸橋に日傘が咲いて正午なる 岡本眸
馬場隔てたる柵をゆく秋日傘 清崎敏郎
骨張る日傘旅ゆくときも自我強し 津田清子 礼拝
高原の何処へ行くにも日傘さし 清崎敏郎
高原の孤独日傘の絹を張り 津田清子 礼拝
麦秋や庄屋の嫁の日傘 正岡子規 麦秋
黄落やおんば日傘におんば入れ 三橋鷹女
黒雲のにわかに騒ぐ日傘かな 正岡子規 日傘
黒頭巾 容れて 修女の 黒日傘 伊丹三樹彦


以上
by 575fudemakase | 2016-08-14 06:56 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26106302
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング