玉虫 の俳句

玉虫 の俳句

玉虫 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22805188/


玉虫 補遺

しぐるるか玉虫の厨子くらくなる 加藤秋邨
そんなその時玉虫にとばれけり 岡井省二 鯛の鯛
わが庭の万緑の中玉虫落つ 山口青邨
マッチ箱に玉虫入れて都の子 金子兜太
一天の玉虫光り羽子日和 清崎敏郎
九月また玉虫がくる一位の木 岡井省二 有時
五葉松歩く玉虫不器用に 右城暮石 散歩圏
動かしてあり玉虫のゐしひしやく 右城暮石 句集外 平成四年
南透き玉虫は飛び夕づきぬ 藤田湘子 途上
口紅の玉虫いろに残暑かな 飯田蛇笏 霊芝
口臙脂のたまむし色に桜んぼ 原石鼎 花影
国分寺跡の玉虫飛びしまま 廣瀬直人
堀割の道玉虫を拾ひたる(浦和の見沼通船堀二句) 細見綾子
墓松に玉虫とるや秋近く 飯田蛇笏 山廬集
変らざる玉虫に月日流れけり 福田蓼汀 山火
夕暮の玉虫男には不吉 燕雀 星野麥丘人
孔雀悪聲玉蟲がとんでくる 岡井省二 鯨と犀
展墓日暑し玉虫袖をあゆむかな 飯田蛇笏 霊芝
山荘のいろ~のもの玉虫も 高野素十
征箭見れば玉虫窓をよぎりけり 水原秋櫻子 緑雲
憮然たり玉虫の腹玉虫色 飯島晴子
戸袋に入りし玉虫惜しみけり 松崎鉄之介
捉へたる玉虫を飼ふすべ知らず 後藤比奈夫
玉虫が心に残しゆきし色 後藤比奈夫
玉虫とあそぶ遊行に似たりけり 燕雀 星野麥丘人
玉虫と宝石さほど異らず 後藤比奈夫
玉虫にひかりしづめて西の空 鷲谷七菜子 花寂び
玉虫に眠りの繁み緑濃き 原裕 青垣
玉虫に秋惜しむ情たなごころ 飯田蛇笏 春蘭
玉虫に虚空ひびかずなりにけり 藤田湘子
玉虫のあれよあれよと飛び行けり 右城暮石 句集外 昭和五十二年
玉虫のいろよみがへる風の中 飯田龍太
玉虫のいろ縹渺と落暉浴び 飯田龍太
玉虫のとまりたる葉のすこし垂れ 山口青邨
玉虫のなきがらまろぶ閨のうち 山口青邨
玉虫のひそみてをりし柄杓の柄 右城暮石 散歩圏
玉虫のへめぐる幹に澄む嶺あり 飯田龍太
玉虫のわなをぬかれて地に光る 阿波野青畝
玉虫の一円を描き飛びもどる 山口青邨
玉虫の亡骸露の石におく 山口青邨
玉虫の交り了りて袂別つ 中村草田男
玉虫の出てきし時代物箪笥 能村登四郎
玉虫の数の減りたる墳墓の地 原裕 青垣
玉虫の末期は草に寝かせやる 林翔
玉虫の枝うつりとぶ朝ぐもり 山口青邨
玉虫の死して光のかろさなる 野澤節子 鳳蝶
玉虫の死にからびたる冬畳 飯田蛇笏 山廬集
玉虫の熱沙掻きつつ交るなり 中村草田男
玉虫の玉裳乱るるまま交後 鷹羽狩行
玉虫の瑠璃色きよき寒さかな(法隆寺二句) 細見綾子
玉虫の突き当り飛ぶ塔の簷 右城暮石 句集外 昭和四十六年
玉虫の緑陰を出て飛ぶことも 山口青邨
玉虫の羽のみどりは推古より 山口青邨
玉虫の羽ひらくこととはになし 山口青邨
玉虫の色にさそはれて闘ふ 飯島晴子
玉虫の色の如くに過ぎたる世 後藤夜半 底紅
玉虫の雌はとまれども雄はとぶも 山口誓子
玉虫の鞘翅ばかり残りゐし 右城暮石 一芸
玉虫の飛びたつ音は内緒にす 飯島晴子
玉虫の飛びて光を引きにけり 清崎敏郎
玉虫の飛んで眉濃き島の娘なり 中村草田男
玉虫の飛翔の間の貌如何に 岸田稚魚 紅葉山
玉虫はおのが光の中に死にき 加藤秋邨
玉虫も木の葉の塵と見てすゞし 右城暮石 句集外 昭和十三年
玉虫やいのち絶つ日はまだ遠し 赤尾兜子 玄玄
玉虫やたゝみあまりし薄翅 日野草城
玉虫や歿き子のものの家に減る 能村登四郎
玉虫や芸志いくすぢ身を走る 中村草田男
玉虫を入るる旅果の財布痩せ 能村登四郎
玉虫を手でかこみゆく運河ぞひ(浦和の見沼通船堀二句) 細見綾子
玉虫を捕り逃がしたる捕虫網 右城暮石 虻峠
玉虫を放つや連山日をかへす 角川源義
玉虫ノ穴ヲ出タル光哉 正岡子規 玉虫
玉虫交り廃屋藁ち昼の闇 中村草田男
玉虫交る五色の雄と金の雌 中村草田男
玉虫交る土塊どちは愚かさよ 中村草田男
玉虫交る煌たる時歩をきりぎりす 中村草田男
玉虫交る触角軽打しあひながら 中村草田男
玉虫交る青橙々は青光り 中村草田男
玉虫舞ふ一本立の喬木に 阿波野青畝
玉虫貝に昼月の虚空かな 岡井省二 大日
玉蟲がゐる筈の木をめぐり過ぐ 三橋敏雄
玉蟲に秋惜しむ情たなごころ 飯田蛇笏 心像
玉蟲のことは蕪村に任すべし 星野麥丘人 2005年
玉蟲の何するすべもなく死にし 中村汀女
玉蟲の妖しき色や小函中 高浜年尾
玉蟲の飛び来し膝を動かさず 森澄雄
玉蟲や日熱漂ふ墓一基 秋元不死男
玉蟲や瑠璃翅乱れて畳とぶ 杉田久女
玉蟲を拾はず過ぎて何恃まむ 石田波郷
玉蟲を拾ひて唐招提寺かな 森澄雄
玉蟲舞ふ樫と樟との間にて 石田波郷
玉蟲飛ぶ玉蟲いろを見たるのみ 加藤秋邨
盟神探湯(くがたち)に玉虫は死を賜りし 津田清子
筺底に秘めし玉虫のみ知れり 福田蓼汀 山火
筺底の玉虫光る人の忌に 山口青邨
肌を這ふ玉虫うしろぐらきかな 飯島晴子
草庵の天に玉虫地に蜥蜴 阿波野青畝
迢空忌玉虫曉の木叢越 飯田龍太
追はざるも玉虫の飛び遠ざかる 右城暮石 天水
野火のごと玉虫厨子の天女飛ぶ 野見山朱鳥 天馬
鑑真の日とて玉虫放生す 阿波野青畝
鑑真の目を玉虫の走りけり 阿波野青畝
雪舟の寺の玉虫飛びにけり 石田勝彦 百千
飛べる虫玉虫なりし駐車場 右城暮石 句集外 昭和五十四年

以上
by 575fudemakase | 2016-08-14 07:09 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26106328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング