金亀子 の俳句

金亀子 の俳句

金亀子 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22805183/


金亀子 補遺

「脚下照顧」かなぶんぶんが裏がへり 橋本多佳子
かなぶんのつるみ落ちたる飛鳥寺 岡井省二 有時
かなぶんのわが袖掴みはなさぬは 安住敦
かなぶんの命の果ては裏返り 飴山實 句集外
かなぶんの第一弾の熱帯夜 百合山羽公 樂土以後
かなぶんぶん雨の薊にねむりけり 阿波野青畝
かなぶんや愚かな夜に終りなし 角川源義
かなぶん~の頭に泥や萩の花 高野素十
くらがりの唸り独楽なる金亀子 石塚友二 光塵
こよひさびし金亀子一つ五器噛一つ 山口青邨
のけぞりて避けしは金亀子なりし 右城暮石 句集外 昭和五十五年
ぶつかるは灯に急く途の金亀子 中村汀女
ぶんぶんと虻の舞ひこむ馬の耳 正岡子規 虻
ぶんぶんに玻璃くろがねの関なすや 石塚友二 光塵
ぶんぶんに食はれたる葉と知る朝 稲畑汀子
ぶんぶんの燈へゆく音を闇に聞く 篠原梵 年々去来の花 雨
ぶんぶんをその来し闇へ投げいなす 篠原梵 年々去来の花 雨
ぶんぶんをつけて戻りし朝散歩 後藤比奈夫
みな孤独金亀子まろび竃馬跳ね 安住敦
わが髪にぶんぶんもつれ啼きわめく 橋本多佳子
ダイアナの死やかなぶんの一直線 桂信子 草影
一弾や長梅雨明けの金亀子 百合山羽公 樂土以後
中空をとよもしてとぶかなぶんぶ 山口誓子
俳人にかなぶんぶんがぶんとくる 金子兜太
向日葵の蕊にまぎれし金亀子 高浜年尾
吹く秋の飛んで乙女が黄金虫 高屋窓秋
城を撃て粒よりのかなぶんと石で 金子兜太
夜起きて書く字を黄金虫襲ふ 細見綾子
天守堂内にかなぶんぶんが飛び 清崎敏郎
弱視われ金亀子のごとぶつかりぬ 木村蕪城 一位
後架灯置くやもんどりうつて金亀子 飯田蛇笏 霊芝
恋捨つるごと金亀子窓より捨つ 安住敦
捉へては猫に啖はする黄金虫 日野草城
方向を定めず金亀子闇ヘ 鷹羽狩行
暑かりし日の暮れ方の金亀子 右城暮石 上下
朝の星黄金虫標本室は彼方に 金子兜太
林間に金亀子こぼるる秋しぐれ 松村蒼石 寒鶯抄
校庭のひろき砂とぶ金亀子 右城暮石 句集外 昭和十一年
母の日の物干竿へ黄金虫 石田勝彦 雙杵
灯を打つてぶんぶんの恍惚のとき 鷹羽狩行
灯点すや闇を率ゐて金亀子 加藤秋邨
硝子戸もすゞし没り日に金亀子 右城暮石 句集外 昭和十五年
粥腹に暑き衾の黄金虫 角川源義
締め切りし家に入り来る金亀子 右城暮石 虻峠
翅たたみそこねし金亀子なりけり 安住敦
葉と落ちて紫金まどかや金亀子 原石鼎 花影
蜘蛛現はれ金亀子とぶ端居かな 山口青邨
裏富士の月夜の空を黄金虫 飯田龍太
踏み潰す鞘翅の音金亀子 右城暮石 虻峠
金亀子に裾つかまれて少女妻 鷹羽狩行
金亀子の訪ひ来て死真似幾年ぶり 中村草田男
金亀子を畳に鳴かせ祇園町 飯島晴子
金亀子タイルの壁にあたり散らす 鷹羽狩行
金亀子交む曇天白きとき 石田波郷
金亀子月光にとぶ身を鎧ひ 山口誓子
金亀子片白草を食ひにけり 阿波野青畝
金亀子胡瓜の花を半分に 高野素十
雌の背に雄しづまれる金亀子 右城暮石 声と声
青草の中に死にゐし金亀子 右城暮石 句集外 昭和三十九年
飛んできし木曾のかなぶんぶんと夜行 大野林火 方円集 昭和五十一年
髪縋るぶんぶん二星逢ひにけり 橋本多佳子
黄金虫うす雲竹のかなたにて 飯田龍太
黄金虫ためて幼く雨期を越す 飴山實 おりいぶ
黄金虫の羽根美しき孤独かな 細見綾子 桃は八重
黄金虫峡をきはめし身を飾る 角川源義
黄金虫擲つ法に遵へり 相生垣瓜人 明治草
黄金虫時計屋の灯に狂ひけり 藤田湘子 てんてん
黄金虫灯を摶つたびの金属音 伊丹三樹彦
黄金虫秋水山の端にかくれ 飯田龍太
黄金虫行くところ無き羽たゝむ 細見綾子 桃は八重
黄金虫雲光りては暮れゆけり 角川源義

以上
by 575fudemakase | 2016-08-14 07:12 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26106333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング