鬼灯市 の俳句

鬼灯市 の俳句

鬼灯市 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22804803/


鬼灯市 補遺

あだ花や四万六千日きたる 角川源義
すこし赤く鬼灯市の鬼灯よ 山口青邨
なすなしや四万六千日雨に過ぐ 角川源義
ひしめきて四万六千日のもろびとよ 山口青邨
ふところに四万六千日の風 深見けん二
ほほづき買ふ四万六千日のいい女 山口青邨
七日足らず四万六千日にけふは 山口青邨
下駄おろす四万六千日の夜から 能村登四郎
何企む鬼灯市の片隅にて 安住敦
傘を手に鬼灯市の買上手 水原秋櫻子 晩華
千生りの鉢は高きに鬼灯市 鷹羽狩行
四万六千日あかつきの雨佳しとせり 能村登四郎
四万六千日なる大き夜空あり 岸田稚魚
四万六千日のお香に火傷せり 阿波野青畝
四万六千日一天雲の無きならひ 水原秋櫻子 蘆
四万六千日子忘れの日を賜らず 山田みづえ 忘
四万六千日浅草有縁無縁かな 百合山羽公 樂土以後
四万六千日煌々と石畳 大野林火 方円集 昭和五十二年
土砂降りの四万六千日の市 清崎敏郎
地ならべの鉢鬼灯も市のもの 石田勝彦 秋興以後
堆書裡に四万六千日も過ぐ 藤田湘子
大葭簀の下の四万六千日 清崎敏郎
師の句碑は鬼灯市の薄闇に 鈴木真砂女 紫木蓮
枝道もまたあをあをと鬼灯市 鷹羽狩行
清流に休む千日詣かな 阿波野青畝
濡縁に鬼灯市の鉢おいて 山口青邨
炎立つ四万六千日の大香炉 水原秋櫻子 晩華
真青な雨が鬼灯市に降る 清崎敏郎
稿成るや四万六千日にして 山口青邨
結縁の四万六千日なりけり 安住敦
葭簀よく鬼灯市のよかりけり 後藤比奈夫
雨降れり鬼灯市の鬼灯に 清崎敏郎
青比丘や鬼灯市に抽んでて 石田波郷
香焚くや四万六千日の念持佛 水原秋櫻子 蘆雁
香煙を鳩にも四万六千日 鷹羽狩行
鬼灯の市の裏なる夜の厨 有馬朗人 天為
鬼灯市そしらぬ顔で押し通す 安住敦
鬼灯市の宵なり麦丘人夫婦は留守 村山故郷
鬼灯市の裏側びしと水打たれ 岸田稚魚 筍流し
鬼灯市夕風のたつところかな 岸田稚魚 筍流し
鬼灯市師を喪ひしより行かず 山田みづえ まるめろ
鬼灯市見おろし堂に雨やどり 福田蓼汀 秋風挽歌
鬼灯市雨雲しかと遠ざけし 中村汀女
鬼燈市控への鉢を葭囲ひ 石田勝彦 百千

以上
by 575fudemakase | 2016-08-14 11:00 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26106729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング