キャンプ の俳句

キャンプ の俳句

キャンプ の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22802267/


キャンプ 補遺

おほばこの葉の焦げてゐるキヤンプかな 富安風生
おほばこを踏みてキャンプも名残かな 清崎敏郎
ことごとに歓声キャンプまだ陽あり 右城暮石 句集外 昭和三十四年
すべて無償の山峡キャンプ火を焚けり 右城暮石 句集外 昭和三十四年
なほ奥の青きキャンプに行く人か 清崎敏郎
なんばんにふれてキャンプの張られけり 清崎敏郎
びしよ濡れのキャンプの中に人声す 清崎敏郎
わかものの匂ひ燃えをりキヤンプの火 能村登四郎
キャンプせり名無浜にて枯木灘 右城暮石 句集外 昭和五十年
キャンプにて女水堰き石集む 右城暮石 句集外 昭和五十一年
キャンプの水汲む急流の水選び 右城暮石 上下
キャンプの漢一刀に枝切り落し 清崎敏郎
キャンプの火あがれる空の穂高岳 加藤秋邨
キャンプの火根上り松の根を焦がす 右城暮石 虻峠
キャンプの缶切乳房の下にこきこきと 草間時彦 中年
キャンプより燃えてゐる木を雨に出す 鷹羽狩行
キャンプゐて派手にタオルを干してをり 清崎敏郎
キャンプ・ファイヤ消ゆると岳友輪を縮め 福田蓼汀 秋風挽歌
キャンプ場賽の河原と隣りあふ 鷹羽狩行
キャンプ寝て沖の稲妻忘れらる 鷹羽狩行
キャンプ張る男言葉を投げ合ひて 岡本眸
キャンプ張る電線低き峡に入り 鷹羽狩行
キャンプ更けゆく星空の釣天井 鷹羽狩行
キャンプ村去る白樺の手摺れ幹 鷹羽狩行
キャンプ殖ゆ高嶺の星の安けさに 阿波野青畝
キャンプ閉ずギター横抱きの少女を主に 金子兜太
キヤンプにもゐたる有閑マダムかな 後藤比奈夫
キヤンプの火見ゆる座敷に夜はゐる 山口青邨
キヤンプの灯流れの荒きところにも 右城暮石 声と声
キヤンプより漕ぎ出したるボートかな 山口青邨
キヤンプ容れ山は深さを失ひつ 津田清子 礼拝
キヤンプ張るボーイスカウト無駄をせず 平畑静塔
ギャルどもも寝しづまりをるキャンプかな 阿波野青畝
ヨツトハーバー男ばかりのキャンプの火 佐藤鬼房
人絶ちは 火絶ち 冷雨のキャンプ村 伊丹三樹彦
低唱のキヤンプ缶切を返しにゆく 能村登四郎
処女等のキャンプの洗足石滑る 右城暮石 句集外 昭和三十一年
対岸は元蓼の崖キャンプ跡 右城暮石 句集外 昭和五十三年
山崩れせし磧にてキャンプ張る 右城暮石 上下
山川の瀬を堰き狭めキャンプせる 右城暮石 句集外 昭和五十四年
嶺の星いろをかへたるキャンプかな 加藤秋邨
星の夜の砂のしとねのキヤンプかな 日野草城
昨夜よりやや減るキヤンプ夏惜しむ 能村登四郎
月夜霧孤立キヤンプがをのゝけり 能村登四郎
月晴れてキヤンプの眠り真白にぞ 日野草城
木の股にをりてキャンプの仲間なる 清崎敏郎
杉の木にキヤンプのポスト掛けてあり 山口青邨
杉山にキャンプの煙漂へる 右城暮石 句集外 昭和五十七年
林道にサイクリングのキャンプ張る 佐藤鬼房
梓川瀬音たかまるキャンプかな 加藤秋邨
歌声は彼処のキャンプにも起る 阿波野青畝
水中に捨てしキャンプの余り飯 右城暮石 虻峠
波すゞしキヤンプの色も深からぬ 高屋窓秋
浜木綿によべのキャンプをたゝみをり 清崎敏郎
海と交わるキャンプの青年陽の唄歌う 金子兜太
清らなる水置きキャンプいとまあり 右城暮石 句集外 昭和十四年
渡渉幾度ずぶ濡れ岳友キャンプ張る 福田蓼汀 秋風挽歌
溶岩焦げてをりてキャンプの跡があり 清崎敏郎
潔く汚すキヤンプのズボンかな 後藤比奈夫
煮焚の火見せてキャンプの下流に住む 伊丹三樹彦
石寄せて囲むキャンプの冷やしもの 右城暮石 句集外 昭和四十一年
花火の棒赤く地に挿しキャンプ去る 秋元不死男
道端のやうなところにキヤンプ張る 後藤比奈夫
霧ふかきキヤンプの場へひとのみゆ 百合山羽公 春園
青年らキヤンプの如く庫裡使ふ 後藤比奈夫
青春の昏さキヤンプの灯を消して 津田清子
青淵の磧に一人キャンプせり 右城暮石 天水
龍膽もキヤンプの場もひくからず 百合山羽公 春園
龍膽やキヤンプの場は飯を焚く 百合山羽公 春園

以上
by 575fudemakase | 2016-08-14 11:30 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26106793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング