雪渓 の俳句

雪渓 の俳句

雪渓 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22818640/



雪渓 補遺

いなびかり雪渓二重ガラスの外 橋本多佳子
うすうすと雪渓らしも霧の中 清崎敏郎
かもしかの瀧雪渓に遠からず 百合山羽公 樂土
なほ高き雪渓が霧のひまに見ゆ 水原秋櫻子 秋苑
ひるがへる吾子よ雪渓より潔し 能村登四郎
みどりして芽木雪渓へせめぐなり 大野林火 海門 昭和十四年
わが胸に来て雪渓の雲岐れ 平畑静塔
アルプスの雪渓見えてくる離陸 稲畑汀子
ゴンドラに浮き雪渓に立つ不思議 百合山羽公 樂土
ピッケルを立て雪渓を私有せり 上田五千石『風景』補遺
ミサはじまる遠雪渓の翔ぶ形 岡本眸
一人一人雪渓に指差し入るゝ 右城暮石 上下
一瞬の日にも柔らぎ雪渓照る 橋本多佳子
下界より見し白さなし雪渓は 右城暮石 虻峠
九頭竜の雪渓懸かる天の戸に 右城暮石 句集外 昭和五十四年
仙丈岳雪渓太くつばらなり 水原秋櫻子 玄魚
大山の雪渓花の上にかゝる 高野素十
天が裂きし雪渓の端にいこひをり 能村登四郎
天の原雪渓の襞そろひたる 阿波野青畝
天界に雪渓として尾をわかつ 橋本多佳子
天翔くるものに雪渓胸を出す 上田五千石『琥珀』補遺
完全に吾がもの雪渓真正面 山口誓子
山彦をかへし雪渓夜もしるく 福田蓼汀 山火
山梨熟れ穂高雪渓眉の上 飯田蛇笏 山響集
山腹の雪渓落ちずして残る 山口誓子
岩手県側の雪渓なり白し 鷹羽狩行
師は彼方に在すや雪渓の一の倉 林翔
戸の前に太刀の雪渓さかしまに 阿波野青畝
戸隠の雪渓地靄のぼり来し 右城暮石 天水
攀ぢがたき雪渓と見れば霧かかる 水原秋櫻子 秋苑
旧軍都より雪渓の夕景色 飯田龍太
昃りてきて雪渓の汚れたり 清崎敏郎
明日は別の雪渓懸る小屋泊り 津田清子
昼月の近く大きく雪渓に 松本たかし
暁闇の中雪渓のうち懸る 山口青邨
水と時間と雪渓の底流れ 津田清子
水の音して雪渓の髄滅ぶ 津田清子
汚れたる雪渓踏みて何の快 山口誓子
煙草喫む者雪渓を撫でる者 右城暮石 句集外 昭和三十八年
照りかげる雪渓雪は炎えずとも 佐藤鬼房
白骨化する雪渓は踏み難し 百合山羽公 樂土
真白にぞ雪渓懸る五月の日 水原秋櫻子 晩華
神楽笛天へ雪渓絶え絶えに 大野林火 雪華 昭和三十七年
突つ張の雪渓の端しづくして 津田清子
落石とどまる雪渓の仮の平 津田清子
蝶蜂の如雪渓に死なばと思ふ 橋本多佳子
街の鐘雪渓へ来て響きあふ 有馬朗人 知命
裾長くして雪渓の汚れたる 鷹羽狩行
誓ひ新たに雪渓を仰ぐたび 上田五千石『琥珀』補遺
豪雨中雪渓真白(しんぱく)以て怺ふ 橋本多佳子
赤旗立て雪渓発破直前なる 山口誓子
陰晴の雪渓あつめ大汝 阿波野青畝
雁渡し雪渓汚れ見えにけり 及川貞 夕焼
雄山へと雪渓を踏めり一歩づつ 水原秋櫻子 蓬壺
雪渓がごつそり痩せて豪雨晴れ 橋本多佳子
雪渓が直立峰の高ければ 山口誓子
雪渓といふ剣と槍かち合へり 鷹羽狩行
雪渓とガレとは天を同じうす 阿波野青畝
雪渓と滝川同じ傾斜なる 山口誓子
雪渓にありて美貌の際立てり 鷹羽狩行
雪渓にあるかなきかの虫とべり 鷹羽狩行
雪渓にとどまつの枯れ骨ばつて 佐藤鬼房
雪渓にひろふ昆虫の片翅を 橋本多佳子
雪渓にまた藍の色濃くなれり 右城暮石 虻峠
雪渓にむき出しの手が罐を切る 津田清子
雪渓にゐしただ一人忘られず 山口誓子
雪渓に下りてまたたく星おほし 水原秋櫻子 蓬壺
雪渓に何誇るべく子を産みし 原裕 葦牙
雪渓に凝らす眼 尾根の彼方にまで 伊丹三樹彦
雪渓に山の険相かくされず 上田五千石『琥珀』補遺
雪渓に山鳥花の如く死す 野見山朱鳥 天馬
雪渓に旅館の旗をつゝ~と 高野素十
雪渓に水分の神立ち給ふ 山口誓子
雪渓に焚いて神代の火と思ふ 鷹羽狩行
雪渓に獣のごとき一つ岩 佐藤鬼房
雪渓に罐詰うづめあり楽し 福田蓼汀 山火
雪渓に遅き月夜の光洩る 能村登四郎
雪渓に飛ぶ翅持ちて生けるもの 山口誓子
雪渓のある山バスガールも泊る 山口誓子
雪渓のしだり尾を踏み雲を踏み 上田五千石『琥珀』補遺
雪渓のしづくの白さ風露草 野見山朱鳥 幻日
雪渓のつかる火山湖うすみどり 松崎鉄之介
雪渓のとけてとどろく蕨かな 加藤秋邨
雪渓のひかり押へし一朶雲 岸田稚魚 筍流し
雪渓のよごれゐしこと偲び睡る 下村槐太 天涯
雪渓の一渓なだれたるさまに 山口青邨
雪渓の一端尾根を越ゆるあり 阿波野青畝
雪渓の一黒点と人なりゆく 林翔
雪渓の下なる賽の河原思ふ 山口誓子
雪渓の今日の消耗はじまれり 津田清子
雪渓の位置さだまれる一樹光 飯田龍太
雪渓の出尽しリフト終りたる 阿波野青畝
雪渓の初伏夜雨の音すなり 飯田龍太
雪渓の図太く立てり与せむか 飯島晴子
雪渓の垂れこむ邑の幟かな 上田五千石 天路
雪渓の外気を胸に充たし吸ふ 阿波野青畝
雪渓の大嘴の先を踏み 鷹羽狩行
雪渓の大破は神の意のままに 鷹羽狩行
雪渓の尾の退けば菫濃し 上田五千石『琥珀』補遺
雪渓の怒号のさまを天に懸け 鷹羽狩行
雪渓の斧鉞発止と岩手山 鷹羽狩行
雪渓の残をオアシスとして集ふ 上田五千石 風景
雪渓の水とどまらず総落葉 飯田蛇笏 家郷の霧
雪渓の端のめくれてをりしなり 岸田稚魚
雪渓の落石ひとの頭大 鷹羽狩行
雪渓の雪を啖ひて生き延びる 上田五千石 琥珀
雪渓の雲くづれ落つ黒部谿 水原秋櫻子 晩華
雪渓の麓夕日の蒲団抱く 飯田龍太
雪渓はかかるもの我が側にあり 右城暮石 上下
雪渓はなだれて吾にとどまれる 山口誓子
雪渓は夏日照るさへさびしかり 水原秋櫻子 秋苑
雪渓は立ちて汚れて人間味 平畑静塔
雪渓へ時の刻みのごとく歩す 野見山朱鳥 幻日
雪渓も見ゆ月寒牧場に 高浜年尾
雪渓やまことしやかに武田菱 阿波野青畝
雪渓や信濃の山河夜に沈み 水原秋櫻子 蓬壺
雪渓ゆくさみしきときは列なせり 鷹羽狩行
雪渓をLげてプ口ペラ下がりゆく 阿波野青畝
雪渓をあふげばそこに天せまる 水原秋櫻子 秋苑
雪渓をかなしと見たり夜もひかる 水原秋櫻子 秋苑
雪渓をけもののごとく叩き撫す 岡本眸
雪渓をしみ出し水の細き奏で(月山に登る二句) 細見綾子
雪渓をつきあげ一瀑とどろけり 福田蓼汀 秋風挽歌
雪渓をふり返らんと腰入れぬ 岸田稚魚 筍流し
雪渓をクルスと刻み主峯たり 上田五千石 森林
雪渓を中に山襞折り合はず 上田五千石『田園』補遺
雪渓を仰ぐ反り身に支ヘなし(月山に登る二句) 細見綾子
雪渓を吹き上げられし蝶緋なり 橋閒石 雪
雪渓を天に懸けたり娶る家 木村蕪城 寒泉
雪渓を引立ててゐる男あり 後藤比奈夫
雪渓を戴き屋根の尖る駅 林翔 和紙
雪渓を打ち不帰の滝と呼ぶ 阿波野青畝
雪渓を擁し鹿島は双つ峯 福田蓼汀 山火
雪渓を目のなだれゆき青霞 岡本眸
雪渓を罐詰転がりゆきぬ愉快 福田蓼汀 山火
雪渓を翔けたる鷹の羽をひろふ 野見山朱鳥 幻日
雪渓を見に来ぬ秋の聲を聞きに 及川貞 夕焼
雪渓を踏み荒らす群れ疲れ見つつ 松本たかし
雪渓を遠しといはず脱帽す 阿波野青畝
雪渓を雨うつ音のひろごりぬ 星野麥丘人
雪渓を雲行き大き無音過ぐ 藤田湘子 てんてん
雲を被て雲に雪渓を垂らしたり 山口誓子
雷の下雪渓を馳せて膝ゆるむ 相馬遷子 山国
靴に踏み固しもろしこれが雪渓 橋本多佳子
音立てて雪渓解けてゐたりけり 松崎鉄之介
駅頭に雪渓を見る邂逅よ 飯島晴子
高嶽の襞に雪渓枝別れ 山口誓子
黒し白し雪渓交ふ地の牙は 林翔 和紙

以上
by 575fudemakase | 2016-08-14 11:44 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26106830
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング