赤富士 の俳句

赤富士 の俳句

赤富士

冬靄に赤富士こもるスズキ舟 瀧井孝作
初富士の赤富士なりしめでたさよ 大橋越央子
初明りまづ北斉の赤富士に 真貝葉月
刻々の大赤富士となりゐつつ 岸田稚魚 筍流し
夕照の赤富士となり梅幽し 渡邊水巴 富士
幼児のごと赤富士のごと冬来たる 橋石 和栲
振り向けば赤富士あらむ希臘劇 高山れおな
秋*かやを出て赤富士を目のあたり 久米正雄 返り花
豁然と赤富士霧を払ひけり 山本允(若葉)
赤富士としてきはまるを慈悲心鳥 杉山岳陽
赤富士と云へる彩とは今の今 柳澤仙渡子(玉藻)
赤富士にかつとをんなの内側を 河野多希女
赤富士になりゆく釣瓶落しかな 乙部露光
赤富士に万籟を絶つ露の天 富安風生
赤富士に河童忌の雲帆のごとし 白木南栖
赤富士に滴る軒の露雫 深見けん二
赤富士に砲列のごとカメラ据ゑ 柴垣千風
赤富士に芒の花のなびきけり 岩崎照子
赤富士に見え心を新たにす 関口露子
赤富士に露の満天満地かな 富安風生
赤富士に露滂沱たる四辺かな 富安風生「古稀春風」
赤富士に鳥語一時にやむときあり 富安風生
赤富士のぬうつと近き面構ヘ 富安風生
赤富士のやがて人語を許しけり 鈴木貞雄「月明の樫」
赤富士の天に小鳥の微塵かな 上野泰 春潮
赤富士の帯ゆつたりと初仕事 島田初翠
赤富士の日が照りいだす岩桔梗 百合山羽公 寒雁
赤富士の病む身を浄む刻一刻 三浦勲 『生きる』
赤富士の真近に来たり浜神楽 駒走鷹志
赤富士の胸乳ゆたかに麦の秋 澤木欣一
赤富士の褪め山小屋の灯も消えて 河野美奇
赤富士の雲紫にかはりもし 阿波野青畝「紅葉の賀」
赤富士は逸してめざめ宿凍つる 皆吉爽雨 泉声
赤富士へ亡き妻の墓真向へり 三浦勲 『生きる』
赤富士も見せたし紺の夕富士も 深川正一郎
赤富士やちやぷちやぷ波の寄り来たり 森玲子
赤富士や不二も不一も殴り書き 高柳重信
赤富士や叫びて飛ぶは慈悲心鳥 大津希水
赤富士や回り舞台のゆつくりと 高尾秀四郎
赤富士や天のほてりの治まらず 檜紀代
赤富士や湖の底より日は昇る 星野椿「波頭」
赤富士を仰ぐは先師仰ぐなる 行方克己 無言劇
赤富士を離れぬ雲の端焼けて 加藤多可詩(若葉)
露とんで赤富士の色また変はる 綾部仁喜 樸簡
露の彩動き赤富士現じけり 石原八束 雁の目隠し
頂きが少し赤富士雁の声 井本農一
風生の赤富士の碑や枸杞熟るる 鈴木白祇

赤富士 補遺

お旅所の富士は赤富士うち据ゑて 山口青邨
マンダラ的赤富士かつと顔の上 岡井省二 鯨と犀
二た朝を赤富士なりし避暑名残 高浜年尾
刻々の大赤富士となりゐつつ 岸田稚魚 筍流し
夕照の赤富士となり梅幽し 渡邊水巴 富士
幼児のごと赤富士のごと冬来たる 橋閒石 和栲
改悛のごとく赤富士さめゆくよ 富安風生
機上吟往路赤富士帰路黒富士 阿波野青畝
秋なれや赤富士生きてゐるごとし 高浜年尾
稜立てて赤富士あらし露の天 富安風生
見る見るに赤富士となり夕燕 上村占魚
赤富士と見極めて朝爽やかに 高浜年尾
赤富士に万籟を絶つ霧の天 富安風生
赤富士に吉田の宿の覚めきらず 阿波野青畝
赤富士に滴る軒の露雫 深見けん二
赤富士に漸く露の野は明けて 高浜年尾
赤富士に針葉の霧団々と 富安風生
赤富士に露の満天満地かな 富安風生
赤富士に露滂沱たる四辺かな 富安風生
赤富士に鳥語一時にやむことあり 富安風生
赤富士のえんじ濃きまで初冬よ 細見綾子
赤富士のたちまち褪せし裸富士 富安風生
赤富士のぬうつと近き面構へ 富安風生
赤富士の厖大とある太虚かな 阿波野青畝
赤富士の天に小鳥の微塵かな 上野泰 春潮
赤富士の日が照りいだす岩桔梗 百合山羽公 寒雁
赤富士の親子神輿や火の祭 角川源義
赤富士はいまも笹鳴くばかりかな 岡井省二 明野
赤富士や湖畔の町も名残の灯 阿波野青畝
赤富士や颱風一過せしあとに 高浜年尾
赤富士を待つ雲たちの身づくろひ 富安風生
赤富士を投げだす薩た峠かな 阿波野青畝
赤富士を蕎麦刈る人も立ちて見る 細見綾子

以上
by 575fudemakase | 2016-08-14 11:52 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26106844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング