白絣 の俳句

白絣 の俳句

白絣 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22804901/


白絣 補遺

いくらかは僧形に似む白絣 能村登四郎
おそろしきまで我に似て白絣 加藤秋邨
けふよりの薄暑となりし白地着る 森澄雄
さらさらと肌につかずよ白絣 松本たかし
しやんとたつ白地の腰の芸に生き 松崎鉄之介
すこしづつ老いざま見せて白絣 能村登四郎
たたみ皺合はす旦過の白絣 伊藤白潮
つかの間の若さありけり白地着て 能村登四郎
ぬぎし白地月光のびてつつむなり 能村登四郎
ひぐらしのうしろさみしき白地かな 藤田湘子 途上
ひぐらしや点せば白地灯の色に 金子兜太
ひとり身は老いも恋めく白絣 能村登四郎
まだ糊の固きがうれし白地脱ぐ 林翔
めでたさや白地着て耳なんなんと 岡井省二 五劫集
やや冷えて定家忌までの白絣 森澄雄
ゆく人に遠弟子われの秋白地 能村登四郎
をさな子の白地を見れば夜の秋 森澄雄
ヘッドライト白地の人をふと捕へぬ 篠原梵 年々去来の花 皿
一切を病がくれの白絣 能村登四郎
亀深く沈み白地の季節来る 廣瀬直人
亡き父も亡き兄もゐて白絣 桂信子 草影
佳き男たらむと白地買ひにけり 草間時彦
冬日移るちりめん白地一寸織られ 橋本多佳子
吹かれゐて白地や顔を忘れゐる 森澄雄
夏休暇けふにて果つる夜の白地 能村登四郎
妻なしに似て四十なる白絣 石橋秀野
子供みな白地に浴衣地蔵盆 森澄雄
寒月の白地を蝕が通り抜け 山口誓子
彼の単衣白地に紺か紺地に白か 星野立子
怒るとき生あざやかに白絣 鷹羽狩行
思ひ出は兄より夫へ白絣 岡本眸
恋のころ着し白絣子に譲る 能村登四郎
恋をしてゐるにはあらぬ白地かな 草間時彦
憎かりし匂袋の白地かな 後藤夜半 底紅
揉上に白加へゐて白地似合ふ 松崎鉄之介
日章旗白地の光冬なりし 渡邊水巴 富士
昔ほど男は佳けれ白絣 能村登四郎
昔男にふところありぬ白絣 岡本眸
朝顔や母の白地は蔵のなか 桂信子 初夏
東京に着て汗ばめる白絣 細見綾子
正月の看板白地何を描く 伊丹三樹彦
歩み来し能村登四郎白絣 桂信子 草影
水ありて水にそひゆく白絣 鷹羽狩行
永久にふるさと藤村先生白地なる 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
湯屋を出る白地に灼ける一車輛(浅草所見) 飯田龍太
瀬音近し織りすすみゆく白絣 大野林火 青水輪 昭和二十四年
疑ひを白地の袖になほ残す 鷹羽狩行
白地ぎて夕ぐれの香の来てをりぬ 森澄雄
白地の膝厚しやのこる若さかも 能村登四郎
白地好きの君よ黄泉路も白地着て 林翔
白地燿り出づ恋に賭けたるごとくにも 野澤節子 花季
白地着て*えりの日ぐれのふしぎなる 岡井省二 夏炉
白地着ていつかぬりゑに韜晦す 伊藤白潮
白地着てこころ羽ばたき待ちゐたり 能村登四郎
白地着てこの郷愁の何処よりぞ 加藤秋邨
白地着てすぐに石塀沿ひをゆく 岡本眸
白地着てつねなく夕焼待ちゐたり 大野林火 青水輪 昭和二十五年
白地着てなすこと多き老の端 能村登四郎
白地着てふるさとに胸ひらけをり 森澄雄
白地着てほつと息づく蹠見ゆ 松村蒼石 雪
白地着てむしろ痩躯は嵩かさに 大野林火 青水輪 昭和二十四年
白地着て土に親しき雀の子 森澄雄
白地着て坐りをり何か湧くごとし 能村登四郎
白地着て壮年(をさかり)なりや端居見ゆ 森澄雄
白地着て多情めきたる夕じめり 能村登四郎
白地着て夜の町にきて別れける 古沢太穂 古沢太穂句集
白地着て夜更けを宵のごとく坐す 上田五千石『琥珀』補遺
白地着て夜目また遠くさまよへり 飯田龍太
白地着て大き闇夜を分け行きし 林翔
白地着て女心仏心束の間に 岡本眸
白地着て妻の来てゐる盆三日 森澄雄
白地着て孤りは死後を気遺はず 岡本眸
白地着て家庭教師の夜はじまる 能村登四郎
白地着て山の秋風一身に 後藤夜半 底紅
白地着て山鳩のこゑ陽は洞 森澄雄
白地着て己れよりして霞むかな 中村苑子
白地着て帯締め男濃くなれり 能村登四郎
白地着て抜き差しならぬ昨日今日 桂信子 花影
白地着て揮毫の構べくづされず 阿波野青畝
白地着て根三つ葉の香の真昼時 飯田龍太
白地着て父情ゆたかにあるごとし 能村登四郎
白地着て痩脛鶴のごとくなり 富安風生
白地着て白き褌も思ひ立つ 能村登四郎
白地着て白地にはやや老い過ぎし 森澄雄
白地着て科あるごとし妻の前 小林康治 四季貧窮
白地着て腕に吾子の歯型あり 能村登四郎
白地着て腰が要と帯を巻く 能村登四郎
白地着て蜜のかをりの闇まぎる 能村登四郎
白地着て血のみを潔く子に遺す 能村登四郎
白地着て行きどころなしある如し 藤田湘子 途上
白地着て行くところみな遠からず 能村登四郎
白地着て褒貶淡く人のなか 岡本眸
白地着て親と離るるごとくなり 廣瀬直人
白地着て言葉の柾目通しけり 能村登四郎
白地着て闇やはらかく背負ひけり 能村登四郎
白地着て陽の衰へを見てゐたり 飯田龍太
白地着て頤に聲いでにけり 岡井省二 猩々
白地着て鬱が巻きつく男帯 能村登四郎
白地着む頭上げし蛇身ひかりたる 野澤節子 未明音
白地著て鰻を食べにゆく日あり 後藤比奈夫
白絣するりと時が通り抜け 能村登四郎
白絣わが若かりし日を負へり 森澄雄
白絣尼にはなれぬ女かな 鈴木真砂女 紫木蓮
白絣日曜の子に彼女来るか 安住敦
白絣着くづれ頃を人に逢ふ 能村登四郎
白絣着て花終へし木のごとし 飯田龍太
白絣縫はせて齢白みたる 能村登四郎
白絣肌にまとひて夏桔梗 松本たかし
白絣荒波とほく闘へる 桂信子 樹影
白絣運傾きてより強気 鈴木真砂女 居待月
秋白地着て晩年を長くをり 能村登四郎
空港に白地大幅うまごやし 山口誓子
端居して旅の借着の白絣 加藤秋邨
筒鳥や白地のおのれけふまぶし 森澄雄
糊つよくしててれくさき白地かな 能村登四郎
糊といふ快きもの白地着て 林翔
絲の継傷ちりめんの白地冴え 橋本多佳子
老いしことありありと着る白絣 大野林火 月魄集 昭和五十四年
耳遠の妻白地着て夕さるる 松村蒼石 雁
膝に置き手の甲の皺白地着て 森澄雄
若さはよし白地を覗く文庫本 能村登四郎
英霊を訪はまく海人の白地着て 山口誓子
血も肉も目立たず減るよ白絣 能村登四郎
追ひすがるやうに白地の母が行く 廣瀬直人
遠目にて眼窪の黒き婆白地 松崎鉄之介
関ケ原いつまで雪の白地なる 山口誓子
雨情も着し秋風ごろの白絣 能村登四郎
顔変はりしたるおもひの白絣 上田五千石 風景
飯強し母の着給ふ白絣 桂信子 晩春
骨をつつみて八十の白絣 森澄雄
鯉幟白地に黒の鱗なり 山口誓子
黄泉の子もうつせみの子も白絣 能村登四郎
鼻を柔くして仕立上りの白地着る 能村登四郎
齢七十白地似合へば白地着て 鈴木真砂女 居待月

以上
by 575fudemakase | 2016-08-14 12:06 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26106888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング