行水 の俳句

行水 の俳句

行水 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22814043/


行水 補遺

*よう病みし人も行水名残かな 河東碧梧桐
あつ過ぎる行水にさす夕日影 飯田蛇笏 山廬集
ある暗さ行水盥置くほどの 岡本眸
ままははも老いて行水したまへり 草間時彦 櫻山
中年の膩肥りや行水す 石塚友二 光塵
五位鳴いてそゞろ行水名残かな 河東碧梧桐
垣まはらに行水すべき隈もなし 正岡子規 行水
夕立に行水したる都哉 正岡子規 夕立
妻の行水音ひそめをりかなしきや 小林康治 玄霜
宵月や黍の葉かくれ行水す 正岡子規 行水
小夜更けし行水ふぐりことにかなし 小林康治 四季貧窮
庭行水黒づみそめぬ志貴生駒 石橋秀野
朝顔の垣のあなたに行水す 正岡子規 行水
此頃や退公遅く行水す 正岡子規 行水
気持よや行水過ぎて雨を見る 正岡子規 行水
流螢と見れば火の行水の行 上田五千石『森林』補遺
灌仏やはや行水のころになる 正岡子規 仏生会
臍が冷たくなりぬ名残の行水か 臼田亜浪 旅人 抄
蓮さくや行水すてる水溜り 正岡子規 蓮の花
蝉鳴くや行水時の豆腐売 正岡子規 蝉
行水ぢやふんどし貸さん男七夕 正岡子規 七夕
行水に天の夕焼したたれり 相馬遷子 雪嶺
行水に夫呼ぶ背戸の畑哉 正岡子規 行水
行水に発止と人のまなこかな 野見山朱鳥 曼珠沙華
行水のあとの大雨や花樗 飯田蛇笏 霊芝
行水のうしろで蟇の魔法かな 日野草城
行水のうつれる空に足ふみ入れ 上野泰 春潮
行水のひと髣髴と起ちにけり 日野草城
行水のむかし月夜の木槿垣 鷹羽狩行
行水の中へしたゝる薄哉 正岡子規 薄
行水の名残やなすび葉隠りに 石川桂郎 高蘆
行水の大女房や灸のあと 日野草城
行水の女に灯す簾越し 日野草城
行水の妻も暮れゐる涼しさよ 日野草城
行水の妻豁然と灯をまとも 野見山朱鳥 曼珠沙華
行水の客に参らす豆ランプ 日野草城
行水の巫女に慣れよる小鹿かな 内藤鳴雪
行水の後の夕餉や養老酒 正岡子規 行水
行水の提灯の輪うつれる柿葉うら 杉田久女
行水の涼しき乳を見られけり 日野草城
行水の火のけぶたくて門に出る 右城暮石 句集外 昭和五年
行水の烏を覗く秋格子 橋閒石 虚 『和栲』以後(I)
行水の盥や何や新世帯 正岡子規 行水
行水の老尼はなげく二日月 原石鼎 花影
行水の肌に林泉緑さす 野見山朱鳥 曼珠沙華
行水の肌白うして痣を見る 正岡子規 行水
行水の膚に流るる緑かな 上野泰 春潮
行水の裸に麦の夕日影 飯田蛇笏 山廬集
行水の雷臍を驚かす 正岡子規 行水
行水の首筋わたる雁の聲 正岡子規 雁が音
行水も名残りの風や水の月 松村蒼石 寒鶯抄
行水や児の手を出す青鬼灯 正岡子規 青鬼灯
行水や再び汗の細工事 正岡子規 行水
行水や晒し場暮るる垣の隙 飯田蛇笏 山廬集
行水や月に吹かるるあばら骨 臼田亜浪 旅人 抄
行水や槇高々と雲の色 石橋秀野
行水や沛然として夕立す 正岡子規 夕立
行水や燃えさしの火のかたはらに 右城暮石 句集外 昭和四年
行水や犬田が痣の在処 正岡子規 行水
行水や盥に遊ぶ児二人 正岡子規 行水
行水や盥の空の樅の闇 飯田蛇笏 山廬集
行水や秋海棠の湯の雫 正岡子規 行水
行水や籬あやなくなりにつつ 日野草城
行水や美人住みける裏長屋 正岡子規 行水
行水や肌に粟立つ黍の風 杉田久女
行水や背中にそよぐ楢の影 正岡子規 行水
行水や背戸口狭きねむの花 正岡子規 合歓の花
行水や虫干の書のしまひさし 正岡子規 行水
行水や鷺もからすとかはりけり 正岡子規 行水
行水をこぼすや草の露涼し 正岡子規 行水
行水をすてる小池や蓮の花 正岡子規 蓮の花
行水を出て梳る椽の端 正岡子規 行水
金魚掬ふ行水の子の肩さめし 杉田久女

行水 続補遺

かはほりや行水の湯を空へ打 馬場存義
すいと行水際涼し飛ほたる 牧童
下駄はいて杖に更行水鶏哉 吾仲
低く行水にはあてぬ野分哉 三宅嘯山
十六夜や行水の間の闇は有 中川乙由
名月や煙はひ行水の上 嵐雪
夏草の花やきれいな行水場 魯九
学ばずて行水たゝく水鶏哉 越人
川音や秋行水も八百里 完来
年や只東路さして行水菜 尚白
春風や麦の中行水の音 木導
昼起て行水しけり花ざかり 朱拙
朝顔や朝行水の朝きげん りん女
木がらしや雪をもて行水の上 朱拙
来る水の行水あらふ涼かな 嵐雪
来る水の行水洗ふすゞみ哉 嵐雪
水仙や田へ行水のもる垣根 成田蒼虬
白菊の礼に出る日や朝行水 木因
筑摩川春行水や鮫の髄 其角
菜の花に春行水の光かな 黒柳召波
蓮の香も行水したる気色哉 野水
行水にうちまたがせよたかむしろ 加舎白雄
行水にやがてかへるのいさみかな 土芳
行水にをのが影追ふ蜻蛉哉 千代尼
行水に数かくよりも鷺に傘 其角
行水に数はかゝじな星の恋 中川乙由
行水に数書とめん涼み幕 馬場存義
行水に濺ぐや蓼の自ら 三宅嘯山
行水に落てつれだつ椿かな 諷竹
行水に誘れがほの花藻哉 高井几董
行水のとゞまる霜のわら家哉 成田蒼虬
行水のやつはしわたる燕かな 呂丸
行水のゆくにまかせて冬至かな 田川鳳朗
行水の下たき立るかやりかな 野明
行水の捨てどころなきむしのこゑ 上島鬼貫
行水の捨所なき虫の声 上島鬼貫
行水の湯に巻入てあやめかな りん女
行水も八日ぶりなり若楓 魯九
行水も妻に寐すごす氷かな 凡兆
行水も日まぜになりぬむしのこゑ 小西来山
行水や何にとゞまるのりの味 其角 五元集
行水や戸板の上の涼しさに 惟然
行水や春のこゝろの置所 高井几董
行水や花も行からながれ蜷 土芳
行水や苗代小田にせきそむる 加舎白雄
行水を仕舞あげくやたかむしろ 魯九
衣張のした行水や杜若 早野巴人
裸身に鶏頭あかし行水場 露川
錦木をふみにじり行水鶏かな 東皐
雲水や庭行水に落ちかかる 上島鬼貫

以上
by 575fudemakase | 2016-08-14 15:01 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26107240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング