髪洗ふ の俳句

髪洗ふ の俳句

髪洗ふ の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22812552/


髪洗ふ 補遺

あやめの辺束ねて軽き洗ひ髪 桂信子 月光抄
うしろむき腋見せてをり洗ひ髪 森澄雄
うつむくは堪へる姿ぞ髪洗ふ 橋本多佳子
せつせつと眼まで濡らして髪洗ふ 野澤節子 鳳蝶
なかば立ちあがりて長き髪洗ふ 鷹羽狩行
ふり返るとき阿修羅なり洗ひ髪 鷹羽狩行
ゆゑあらぬくやしさの髪洗ふなり 上田五千石『風景』補遺
わが手櫛より泡とんで髪洗ふ 阿波野青畝
アマゾンの水女等は髪洗ふ 高野素十
ストーヴを囲む一人は洗ひ髪 岡本眸
一仕事夜に控へし髪洗ふ 岡本眸
七曜の一曜きめて髪洗ふ 鈴木真砂女 夕螢
乙女等の真菰がくれに髪洗ふ 山口青邨
仲居たち洗濯すめば髪洗ふ 後藤比奈夫
十六夜やいまだしめりて洗ひ髪 日野草城
卯の花や一握となる洗ひ髪 鷲谷七菜子 銃身
堕胎して癒えしながしめ洗ひ髪 野見山朱鳥 曼珠沙華
堪ふるべし髪洗ふ指強めつつ 岡本眸
夏痩のおとがひうすく洗ひ髪 杉田久女
夕顔や櫛すべりたる洗ひ髪 鷲谷七菜子 黄炎
大寒の死霊を招く髪洗ひ 三橋鷹女
大寒の耳あかあかと洗ひ髪 岡本眸
天の川こころ乾けば髪洗ひ 鈴木真砂女 夕螢
妻として八とせの洗ひ髪束ね 上野泰 佐介
妻とゐて匂ふは妻の洗ひ髪 山口誓子
子の髪を洗ふ遥かに海が鳴る 有馬朗人 母国
崖下に髪洗ふ歩みつつしむ 山口誓子
年待ちて髪洗ふことやさしけれ 松本たかし
思ひ立つて髪を洗ひぬ夜の長さ 日野草城
憂きときは男も髪を洗ふべし 安住敦
手に細り消えなん髪を洗ひけり 阿波野青畝
指立てて髪洗う雪ふる野を帰り 金子兜太
旅の髪洗ふや夜霧町をこめ 橋本多佳子
旅の髪洗ふ卯の花腐しかな 小林康治 玄霜
星のごと雫懸りし洗ひ髪 上野泰 春潮
月の夜にはしばしを梳く洗ひ髪 山口誓子
松に籟といふものゝあり洗ひ髪 山口誓子
此方へ来彼方へ行くや洗ひ髪 山口誓子
水砧競ひしあとに髪洗ふ 阿波野青畝
汗の髪洗ふ頭蓋も痩せにけり 相馬遷子 山河
汝が面法尼めきては髪洗ふ 阿波野青畝
泣きに来たことは言はずに髪洗ふ 鷹羽狩行
洗ひ髪あげて襟あし見せくれし 上村占魚
洗ひ髪いつしか乾き小鳥来る 鈴木真砂女 卯浪
洗ひ髪いまだ筋目を立てずして 山口誓子
洗ひ髪かわく間月の籐椅子に 杉田久女
洗ひ髪しぼり艶なるものしぼる 鷹羽狩行
洗ひ髪つかんて見るや帰る雁 正岡子規 帰雁
洗ひ髪ひたひの汗の美しく 星野立子
洗ひ髪五日まわりのやなぎ哉 りん女
洗ひ髪夜空の如く美しや 上野泰 佐介
洗ひ髪日にあつ鶏も野分あと 細見綾子
洗ひ髪明けて青天の下に在り 山口誓子
洗ひ髪梳けば炎のごとくなり 鷹羽狩行
洗ひ髪秋の夕焼に濡れゐたり 山口誓子
洗ひ髪路地吹きぬくる風のあり 鈴木真砂女 卯浪
洗ひ髪顔にかゝるや帰る雁 正岡子規 帰雁
浮世絵の腕さながら髪洗ふ 鷹羽狩行
盆過の薄情めける洗ひ髪 岡本眸
目をつむる顔横向けて髪洗ふ 高野素十
短夜や捌いて寝たる洗ひ髪 日野草城
短夜や未だ濡色の洗ひ髪 三宅嘯山
稗蒔の嵐及べり洗ひ髪 日野草城
耳たぶを花のごとくに洗ひ髪 鷹羽狩行
耳朶白くわが妻なるや洗ひ髪 山口誓子
芥子蒔くや風に乾きし洗ひ髪 杉田久女
花栗に男もすなる洗ひ髪 飯田龍太
芸人と見られたる髪洗ひけり 阿波野青畝
葉桜や豊かに垂れし洗ひ髪 三橋鷹女
蛙口かがやきかがやきて髪洗ふ 鷹羽狩行
蜂若し洗ひ髪して通るとき 野澤節子 未明音
裏近しまた裏近し髪洗ふ 鷹羽狩行
誰が為の命ぞひとり髪洗ふ 福田蓼汀 秋風挽歌
豊かとも乏しともなき洗ひ髪 上野泰 佐介
雪墜る音髪を洗ひて眼つむれば 橋本多佳子
青柳は妹がかたみか洗ひ髪 正岡子規 青柳
顔じゆうも泡を立て髪洗ひけり 阿波野青畝
高階に髪洗ひをり町に雨 岡本眸
髪洗う 左右に太陽振り分けて 伊丹三樹彦
髪洗うて温泉にもうたるゝいとま乞 石橋秀野
髪洗う黒肌ぎらり 露台の昼 伊丹三樹彦
髪洗ひたる日の妻のよそ~し 高野素十
髪洗ひても濤音を逃れ得ず 岡本眸
髪洗ひやりたる句あり悲しけれ 高野素十
髪洗ひゐて茫々の山河かな 鷲谷七菜子 一盞
髪洗ひ来し手に乗りて夜の桃 岡本眸
髪洗ひ生き得たる身がしづくする 橋本多佳子
髪洗ひ留守居に馴れし病ひ妻 岡本眸
髪洗ふ五月の風の井のほとり 及川貞 夕焼
髪洗ふ即ち心洗ひたく 阿波野青畝
髪洗ふ四十の妻となる眼を開け 右城暮石 句集外 昭和二十三年
髪洗ふ抜け毛口より吐き出して 右城暮石 句集外 昭和四十八年
髪洗ふ明日は渦潮越ゆるべく 岡本眸
髪洗ふ湯の沸きすぎし時雨かな 鈴木真砂女 生簀籠
髪洗ふ男にはなき白と黒 鷹羽狩行
髪洗ふ痩肘張りて見栄もなく 鈴木真砂女 夕螢
髪洗ふ音せり髪を洗はせ置く 鷹羽狩行
髪洗ふ鼻腔を天に開きつつ 阿波野青畝
黒髪といひしはむかし髪洗ふ 鈴木真砂女 夏帯

以上
by 575fudemakase | 2016-08-14 15:05 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26107245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング