氷水 の俳句

氷水 の俳句

氷水 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22818521/


氷水 補遺 

かき氷胸元深く食ひこぼす 右城暮石 散歩圏
こころよく天橋撓む氷水 山口誓子
しばらくは死人なかりし氷水  永田耕衣
はらわたのひしとつめたし氷水 日野草城
むかしから曇る器の氷水 伊藤白潮
むづかしき碑林より先づかき氷 有馬朗人 立志
やき芋の行燈あつし夏氷 正岡子規 夏氷
ゆきすぎて戻るバスあり氷水 石橋秀野
マラソンの二組が過ぎ氷水 岸田稚魚 紅葉山
一匙のアイスクリムや蘇る 正岡子規 夏氷
一匙の脳天衝けり夏氷 能村登四郎
一団は八月大名かき氷 百合山羽公 樂土以後
一撃の罅が罅よぶ夏氷 能村登四郎
一日一訓柱に氷水を売る 大野林火 月魄集 昭和五十五年
一本の木もなき街の氷水(敦賀) 細見綾子
一条のけむり入りたる夏氷 能村登四郎
三尺の鯛生きてあり夏氷 正岡子規 夏氷
人妻と刻をつひやす氷水 上田五千石『田園』補遺
佳き酒の舌にころぶよ夏氷 石川桂郎 高蘆
傾城の噛み砕きけり夏氷 正岡子規 夏氷
円き頭に姉の手置かれ氷水 中村草田男
冨士の雪見なからくふや夏氷 正岡子規 夏氷
冷えわたる五臓六腑や氷水 日野草城
冷淡な頭の形氷水 星野立子
冷風の口にたまるや氷水 正岡子規 氷水
初めての老もやゝ過ぎ氷水 山口誓子
初松魚ひつこむ跡や夏氷 正岡子規 初鰹
匙なめて童たのしも夏氷 山口誓子
君か代や親が所望の夏氷 正岡子規 夏氷
君か代や親の病気に夏氷 正岡子規 夏氷
夏氷かむにあそこに不二の雪 正岡子規 夏氷
夏氷つる家のかどに累々と 日野草城
夏氷はかなくたのむ命哉 正岡子規 夏氷
夏氷一匙半を啜りて止む 安住敦
夏氷挽ききりし音地にのこる 山口誓子
夏氷挽くに快鋸を以てせり 相生垣瓜人 明治草抄
夏氷掻くや白雪にはかなる 日野草城
夏氷童女の掌にてとけやまず 橋本多佳子
夏氷自転車濡すとめどなし 山口誓子
夏氷鋸荒くひきにけり 川端茅舎
富士下りてまた腹濁す氷水 百合山羽公 樂土
少しづつ飲んでなくなる氷水 桂信子 草影
彩るに紅の険しき氷水 上田五千石『琥珀』補遺
掻き氷水にもどりし役者かな 橋閒石 微光
旅にて淋し氷水のがらすの匙音 荻原井泉水
本州の最北端の氷旗 飯島晴子
水差にかちんかちんと夏氷 日野草城
氷旗ぶらさがりをり自然木 清崎敏郎
氷旗ぶらさげてをる大蘇鉄 清崎敏郎
氷旗立つ氷を紅き字にて書き 山口誓子
氷旗風といふものなかりけり 清崎敏郎
氷水これくらゐにして安達ヶ原 飯島晴子
氷水とがれる肩をそれとのみ 石橋秀野
氷水夜の映画は始まれり 山口誓子
氷水東の塔のおそろしく 飯島晴子
氷水牀几にくづす褄がしら 石橋秀野
氷水甘し罪人の分際に 中村草田男
氷水良くも悪くも一人旅 岡本眸
氷水花なき瓶をかたほとり 石橋秀野
氷水蜑のうなゐと膝を並め 日野草城
法隆寺村にやすらふ夏氷 下村槐太 天涯
玉三郎ぎらひがひとり氷水 草間時彦
町走る人見ゆわれは氷水 正岡子規 氷水
祈りたる神の多度村氷水 山口誓子
茜して海の方あり氷水 上田五千石 琥珀
荒々しき男同士や氷水 村山故郷
血を吐きて痩するや谷の氷水 高屋窓秋
鎌倉のいくさどころの氷旗 石田勝彦 秋興以後
門前の店や樒と氷水 正岡子規 氷水
陰湿に電気鋸夏氷 百合山羽公 樂土
青春のいつかな過ぎて氷水 上田五千石 田園
鵞口瘡は烏の灸か氷水 佐藤鬼房

以上
by 575fudemakase | 2016-08-15 03:53 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26108800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング