ラムネ の俳句

ラムネ の俳句

ラムネ の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22818527/



ラムネ 補遺

かんざうの芽やラムネ瓶川へ棄つ 細見綾子
しんしんと紫外線焦げラムネのむ 阿波野青畝
はじめにラムネのけむり顔に来る 相生垣瓜人 微茫集
バスの埃浴びてひるまずラムネ飲む 右城暮石 声と声
ラベンダー色の富良野のラムネ壜 後藤比奈夫
ラムネなど何の足し労働の前に飲む 山口誓子
ラムネのむ泡くちびるをはじくなり 篠原梵 年々去来の花 皿
ラムネのむ若き夫婦が向ひあひ 百合山羽公 故園
ラムネの栓天井をついて時鳥 正岡子規 時鳥
ラムネの酸肺にしみゆく日の青さ 大野林火 青水輪 昭和二十六年
ラムネ以外欲しきものなし花会式 右城暮石 上下
ラムネ冷えゐて嘆息を長うせり 山口誓子
ラムネ呑む丸腰 戦後三十年 伊丹三樹彦
ラムネ壜玉を抱きて鳴り遊ぶ 中村草田男
ラムネ屋のなつかしきもの立ちて飲む 鷹羽狩行
ラムネ屋の変らずありし屋号かな 百合山羽公 樂土以後
ラムネ屋も此頃出来て別荘地 正岡子規 ラムネ
ラムネ抜く大仏殿の外れにて 星野麥丘人
ラムネ抜く太き短き指突込み 右城暮石 句集外 昭和二十九年
ラムネ抜く旅の床几にをとめごと 森澄雄
ラムネ抜く音の思ひ出三田訪はな 石川桂郎 含羞
ラムネ玉ころりと父子旅了る 能村登四郎
ラムネ立ち飲み渦潮を観し後に 鷹羽狩行
ラムネ飲みさうな男女のやつて来る 後藤比奈夫
ラムネ飲みつつ金借の目やすあり 上村占魚
ラムネ飲み終りし顔を見られたり 右城暮石 声と声
ラムネ飲む山働きの身の装具 右城暮石 声と声
ラムネ飲む崖の青葉に足垂れて(中村草田男、西東三鬼、神田秀夫、原子公平の諸氏と粟津温泉に遊ぶ) 細見綾子
ラムネ飲む老妻もまた喇叭飲 山口青邨
一本のラムネを飲んで海わたる 下村槐太 天涯
万緑にラムネ奔騰させ若し 鷹羽狩行
三十年前とラムネの味かはらず 右城暮石 句集外 昭和二十六年
仰ぎ飲むラムネが天露さくら散る 西東三鬼
十人はたのしき人数ラムネ飲む 高田風人子
唇にラムネの壜のいかめしき 相生垣瓜人 微茫集
城の濠市電近くてラムネ売る 右城暮石 句集外 昭和二十九年
大富士を傾けて飲むラムネかな 鷹羽狩行
大阪やラムネ立飲む橋の上 伊丹三樹彦
大雷雨ラムネ飲みいるわれは男 赤尾兜子 歳華集
峡の青星ラムネの玉を友と鳴らす 中村草田男
工事場に来るまで渇しラムネ飲む 山口誓子
彼の茶屋にラムネ飲みしが空つ風 永田耕衣
心太の店にラムネを問へば無し 正岡子規 心太
応召兵ラムネを弾じく附添はれ 伊丹三樹彦
旅心はなはだ淡しラムネ飲む 相生垣瓜人 微茫集
日本海真向きにラムネ鳴らし飲む 村山故郷
水に冷やすラムネもっとも色冷えて 右城暮石 上下
漁港秋ラムネつぐとき玉鳴れり 大野林火 白幡南町 昭和二十八年
漫才館妻子ラムネをころがしたり 安住敦
熊野さまに線香藤にラムネ瓶 百合山羽公 寒雁
猫がゐてラムネの壜と戯るのみ 下村槐太 天涯
発電の煤降る水にラムネ冷やす 右城暮石 句集外 昭和三十年
簀戸越しのちら~西日ラムネ冷え 星野立子
胸毛の渦ラムネの瓶に玉躍る 西東三鬼
荒磯来しその後刻なりラムネ飲む 相生垣瓜人 微茫集
訪へばすぐラムネ抜く音ひでを病む 右城暮石 句集外 昭和二十五年
迎鐘ラムネ抜く音を隣りたる 大野林火 飛花集 昭和四十六年
遠足の終り船中のラムネ飲む 右城暮石 句集外 昭和二十八年
閻魔鉦近くてラムネ噴きこぼれ 大野林火 月魄集 昭和五十六年
飲み干して冷やしラムネが身についたと 山口誓子
鵜の鳥をさきには見たりラムネ飲む 相生垣瓜人 微茫集

以上
by 575fudemakase | 2016-08-15 04:01 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26108816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング