甘酒 の俳句

甘酒 の俳句

甘酒 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22841927/



甘酒 補遺

あんどんは客の書きけり一夜酒 正岡子規 一夜酒
だまされて子供のなくや一夜酒 正岡子規 一夜酒
ふしか根の雪汁煮てや一夜酒 正岡子規 一夜酒
一椀に 甘酒の膜 冬滝見る 伊丹三樹彦
乳母の顔 浮ぶ 祭の甘酒飲む 伊丹三樹彦
二杯目の甘酒あつき霜夜かな 日野草城
人の親の甘酒売を呼びにけり 正岡子規 甘酒
十一や甘酒のこる舌の熱 古舘曹人 樹下石上
吹きさます甘酒の湯気や朝の萩 日野草城
味噌つくる余り麹や一夜酒 正岡子規 一夜酒
夜のかなた甘酒売の声あはれ 原石鼎 花影
妻との永い暮らし 甘酒を吹き窪ませ 伊丹三樹彦
接待の甘酒どんぐり落つる宮 山口青邨
新涼や生姜すり込む濃甘酒 日野草城
松風に甘酒さます出茶屋かな 正岡子規 甘酒
松風に甘酒わかす出茶屋かな 正岡子規 甘酒
松風の甘酒を吹く出茶屋哉 正岡子規 甘酒
梅雨冷の三本松の甘酒屋 山口青邨
欝々と迫る芽杉に甘酒飲む 山口青邨
甘酒に いま存命の一本箸 伊丹三樹彦
甘酒に 小雪散り込む 椿の宮 伊丹三樹彦
甘酒に箸いつぽんの妙を添ふ 上田五千石『琥珀』補遺
甘酒のすする間に冷え世のいびつ 岸田稚魚 負け犬
甘酒の沸々木瓜は雪深き 水原秋櫻子 蓬壺
甘酒の湯気のちよろ火よお滅灯 古沢太穂 捲かるる鴎以後
甘酒の甘きをにくむ我下戸ぞ 正岡子規 甘酒
甘酒の生姜粗らしや二分の梅 飴山實 少長集
甘酒の箸は一本もがり笛 阿波野青畝
甘酒の老舗はくらし歳の市 水原秋櫻子 晩華
甘酒の薄かりし葛黄葉かな 清崎敏郎
甘酒の釜の光や昔店 正岡子規 甘酒
甘酒はあまきや一木濃き紅葉 山口青邨
甘酒も飴湯も同じ樹陰かな 正岡子規 甘酒
甘酒や土手からのぞく長命寺 川端茅舎
甘酒や蟇口探る小僧二人 正岡子規 甘酒
甘酒を上燗神の落葉焚き 平畑静塔
甘酒を冷ますに遠目効ききたる 上田五千石『琥珀』補遺
甘酒祭いよいよ雪の木立かな 岸田稚魚 筍流し
甘酒祭雪の卍と果てにけり 岸田稚魚 筍流し
白菊や風邪気の妹に濃甘酒 日野草城
神田より甘酒とどく祭かな 水原秋櫻子 蘆雁
秋の蝶甘酒糀ほの白し 石田波郷
舟あつし船頭見えず一夜酒 正岡子規 一夜酒
西東忌濡れて椿の一夜酒 平畑静塔
飲みごろの熱さを味の一夜酒 鷹羽狩行

以上
by 575fudemakase | 2016-08-15 04:21 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26108827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング