心太 の俳句

心太 の俳句

心太 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22818633/


心太 補遺

おかはりをするつもりなき心太 後藤比奈夫
お手あげの手をおろしたるところてん 橋閒石 虚 『和栲』以後(I)
くたびれや心太くふて茶屋に寝る 正岡子規 心太
これから墓參心太突きたかり 岡井省二 前後
ちりこんだ杉の落葉や心ふと 正岡子規 心太
ところてん墨東綺譚また読まむ 西東三鬼
ところてん戦時もかかる海の照り 鷹羽狩行
ところてん昭和がふつと顔を出す 藤田湘子 てんてん
ところてん煙のごとく沈みをり 日野草城
ひぐらしが鳴いてゐるよと心太 細見綾子
まむし草見て気散じの心太 飴山實 句集外
みちのくの水の味しれ心太 正岡子規 心太
よろよろと押し出されたる心太 清崎敏郎
一行皆草苞置きぬ心太 河東碧梧桐
冷し菓子石花菜の香を口中す 石川桂郎 高蘆
十の願ひ一つ叶ひし心太 鈴木真砂女 都鳥
原つぱてふ言葉なつかし心太 林翔
句夫婦に真紅の皿や心太 石橋秀野
名物のこゝろぶとめせのう御僧 正岡子規 心太
名物の心太めせこゝろぶと 正岡子規 心太
吹きころび石花菜だまし残りけり 阿波野青畝
啜るへし心太木曽の青嵐に 正岡子規 心太
嘉定喰ないがしろなる心太 百合山羽公 樂土以後
夕風や酒の肴のところてん 雨滴集 星野麥丘人
婆々の留守海月にやならん心太 正岡子規 心太
少年老い易し突き出す心太 百合山羽公 樂土
山みちに日のさしてゐる心太 鷲谷七菜子 游影
山風や桶浅く心太動く 正岡子規 心太
己が胸のねむれる邪鬼に心太 飴山實 句集外
帷子の腋背涼しところてん 日野草城
庭先の清水に白し心太 正岡子規 心太
心太 城下は甍灼けっ放し 伊丹三樹彦
心太 河岸の厠へ降りる梯子 伊丹三樹彦
心太ありと申すにぞ心太 正岡子規 心太
心太うす味もちて啜らるゝ 日野草城
心太すすりて仕事半端なり 岸田稚魚 紅葉山
心太すするや祭囃子の中 森澄雄
心太すゝる漢の真顔かな 日野草城
心太そへてねのつく清水哉 正岡子規 清水
心太にむせぶは男 菖蒲園 伊丹三樹彦
心太に月上りたる戸口かな 河東碧梧桐
心太の店にラムネを問へば無し 正岡子規 心太
心太の桶に落ち込む清水哉 正岡子規 清水
心太ふとあさましや宮ほとり 下村槐太 天涯
心太みづうみ遠く煙りたる 桂信子 樹影
心太喰うて涼しきのんどかな 日野草城
心太屋に向いてござるよ石仏 正岡子規 心太
心太梅を洗ひし手に掬ふ 百合山羽公 寒雁
心太水にもならず明けにけり 正岡子規 心太
心太清水の中にちゞみけり 尾崎放哉 大学時代
心太瞼に母の膝の嵩 石塚友二 磊[カイ]集
心太突いたる無体にはあらず 岡井省二 鯛の鯛
心太身に借銭はなけれども 伊丹三樹彦
心太龍宮城のはしら立て 正岡子規 心太
忘却もすがしき齢心太 林翔
死ぬことを忘れてをりし心太 鈴木真砂女 都鳥
水もろともにすすりてや心太 岡井省二 鯛の鯛
水無月の落葉するなり心太 日野草城
沈んだる苔も見ゆるやところてん 正岡子規 心太
海の霧黯澹として心太 加藤秋邨
漣は馬の鼻息心太 正岡子規 心太
玉を吐く水からくりや心太 村上鬼城
産土の門前にして心太 森澄雄
真桑尽きて更に心太をくはん哉 正岡子規 甜瓜
石花菜の花青潮の瀬のもとに 山口誓子
立ちながら心太くふ飛脚哉 正岡子規 心太
竜神ケ井水と書きてところてん 百合山羽公 樂土以後
筧水打ちどほしなり心太 高浜年尾
胸に十字切りしことなし心太 鈴木真砂女 都鳥
茶屋ありや山辺の水の心太 正岡子規 心太
茶屋を見て走りついたる心太 正岡子規 心太
華客おほ方兵等壮んに心天 石塚友二 方寸虚実
葛切は上品ところてん下品 亭午 星野麥丘人
蝉鳴くや瀬にながれ出しところてん 飯田蛇笏 山廬集
道灌にすゝめ参らす心太 正岡子規 心太
酢に噎せて母の声聴く心太 石塚友二 磊[カイ]集
青潮に石花菜の花は深けれど 山口誓子
風吹てさゝ波つくる心太 正岡子規 心太
齢とへば齢を問はれてところてん 鷹羽狩行

以上
by 575fudemakase | 2016-08-15 04:29 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26108832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング