鮨 の俳句

鮨 の俳句

鮨 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22806387/


鮨 補遺

ある時は鮓をおしある時は又 正岡子規 鮓
あをあをと降る葉の見えて一夜鮨 鷲谷七菜子 游影
いなり鮨花野の馬となりにけり 岡井省二 鯨と犀
うつくしきものふりかけぬちらし鮓 正岡子規 鮓
きぬぎぬのはなれがたさや鮓の圧 正岡子規 鮓
この宿や飛瀑にうたす鮓の石 飯田蛇笏 山廬集
この村に朴咲くかぎり朴葉鮓 後藤比奈夫
これやこのとろまぐろ鮨冬の夜は 村山故郷
ふるさとの味召しませと鮎の寿司 阿波野青畝
ふるさとや親すこやかに鮓の味 正岡子規 鮓
ふるさとをはなれ年経ぬ一夜鮓 村山故郷
よせ席の鮓古くさき匂ひ哉 正岡子規 鮓
われに法あり君をもてなすもぶり鮓 正岡子規 鮓
われ愛すわが予州松山の鮓 正岡子規 鮓
スーパーの鮨を昼餉に田植せり 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
ピアノまた止まればさびし鮓を押す 中村汀女
一つ来て蝶のとまるや鮓の圧 正岡子規 鮓
一燈に二人はさびし蕪鮓 古舘曹人 樹下石上
二日避暑お寿司のにほふ刻が午 阿波野青畝
人問はゞ鮓屋の裏と答ふべし 正岡子規 鮓
今回も喰ひそびれたる秋刀魚鮨 飯島晴子
傾城のなるゝ柱も一夜鮓 正岡子規 鮓
八十八夜母がゐませば鮓食べに 岸田稚魚 紅葉山
冬枯や王子の道の稻荷鮓 正岡子規 冬枯
加賀はもう雪ありと来し蕪鮨 能村登四郎
十六夜*かますの鮨を食べにけり 岡井省二 有時
千早ぶる神代の石や鮓の石 日野草城
南風にほや焦したる鮓の宿 原石鼎 花影
友は皆寄てなれしかはしら鮓 正岡子規 鮓
友は皆寄て馴るゝやはしら鮓 正岡子規 鮓
古家や苔蒸す石を鮓の圧 正岡子規 鮓
名にし負ふ鮓の弥助の盛衰記 阿波野青畝
名物や古風な鮓の今に猶 正岡子規 鮓
垣ごしや隣へくばる小鰺鮓 正岡子規 鮓
塗桶に寿司の錦やしぐれふる 松本たかし
塵取と巻鮨を前仕丁雛 山口誓子
夕焼の脚のゆききを鮨屋より 岡井省二 明野
夕立や簀子に近き鮓の桶 正岡子規 鮓
天皇誕生日未明に鮨を匂はしめ 林翔 和紙
奥飛騨の新茶もめでよ朴葉鮨 水原秋櫻子 緑雲
姿鮨駅弁に鮎姿なさず 石川桂郎 高蘆
寒凪に魚貝そろひしちらし鮨 水原秋櫻子 緑雲
寿司つくりありて妻ゐず軒若葉 村山故郷
寿司取つて店屋ものにも限度あり 安住敦
尼もゐて鮓を開くや山桜 河東碧梧桐
山の家や留守に雲起る鮓の石 正岡子規 鮓
山上の茶屋に鮓ありそれを喰ひぬ 正岡子規 鮓
山北や鮎の鮓買ふ汽車の中 正岡子規 鮓
山青き旅のはじめの一夜鮨 鷲谷七菜子 天鼓
川媚のまつりし鮒は寿司の材 阿波野青畝
庫裏の戸に鮨桶干して鯊の秋 石川桂郎 高蘆
待ちかねて鮓の圧取る夕哉 正岡子規 鮓
我老いて柿の葉鮓の物語 阿波野青畝
手づくりの鮨のいろいろ桜の夜 佐藤鬼房
敬老の日の給食の鮪鮨 角川源義
新川の酒腐りけり鮓の蓼 正岡子規 鮓
旅僧よ鮓魚といはず参られよ 正岡子規 鮓
早鮓や出舟を呼ばる人の声 正岡子規 鮓
早鮓や東海の魚背戸の蓼 正岡子規 鮓
春の雨博多の寿司のくづれをり 角川源義
春夫健次が好みし鮨や夕朧 佐藤鬼房
春浅し三つ葉で結ひし茶巾鮨 中村苑子
晝飯は精進鮓や魂祭 正岡子規 魂祭
曼珠沙華真赤で稲荷鮨食べる 川端茅舎
木の芽寿司野猿になみされゐたらずや 小林康治 玄霜
末枯をきて寿司だねの光りもの 波多野爽波
杉山の宇陀の月ある天魚(あまご)鮨 森澄雄
村長の賞めて食べたる朴葉鮓 後藤比奈夫
桃の日の寿司出来家の者ばかり 高田風人子
此宿や飛瀑にうたす鮓の石 飯田蛇笏 霊芝
毛抜鮨神田祭に来てさがす 水原秋櫻子 蘆雁
氏子の灯 地に据えて 喰う 祭鮨 伊丹三樹彦
水底の蒼さの僧と鮓つまむ 橋閒石
氷底の蒼さの僧と鮓つかむ 橋閒石 風景
汁椀の具にてまり麩や散し鮨 雨滴集 星野麥丘人
清風机詩経一巻鮓一鉢 日野草城
減る腹に入れる蟹寿司冬の旅 阿波野青畝
渡御過ぎの間合もよくて鮨届く 能村登四郎
漫談や鮓に添へたる醴一壺 日野草城
濤声に簀戸堪へてあり鮓の桶 原石鼎 花影
熊野なる鮨食へば春急ぎ足 佐藤鬼房
片蔭に一折の鮓を子と食うべ 日野草城
琴やめて殿へ使ひのすもじ哉 正岡子規 鮓
登山鮓葭簀のかげにあるばかり 阿波野青畝
白足袋の足をのせては鮓を圧す 阿波野青畝
目張鮨割つてわれらが国見かな 飯島晴子
真白米炊きて鮨とす小正月 水原秋櫻子 緑雲
眼張寿司熊野の春を惜めやと 水原秋櫻子 玄魚
破れたる真昼の夢や鮓馴るゝ 日野草城
碧梧桐の卷鮓虚子の柚味噌哉 正岡子規 柚味噌
秋祭大きく鮨を握りけり 鈴木真砂女 都鳥
稲荷鮨きて怠け翁敬へる 百合山羽公 樂土
窓の空野分雲とぶ寿司つまむ 富安風生
筍や鮓の五月となりにけり 正岡子規 筍
粽鮨海老としるせり敬老日 水原秋櫻子 蘆雁
精進につかへさうなり鮎の鮨 正岡子規 鮓
約ありて来らず鮓の圧低し 正岡子規 鮓
紅滲みたる稲荷寿司母に冬 石田勝彦 雙杵
老いけるを敬ひとどく稲荷寿司 水原秋櫻子 餘生
花の雨避けての宿の柿葉鮨 能村登四郎
花冷えの鮨てふ握り小さくて 能村登四郎
花合歓に四山曇るや鮓熟るゝ 原石鼎 花影
花疲れまづ眼に来ての袱紗鮨 能村登四郎
蒸鮓やゆつくり歩くやうにする 飯島晴子
蒸鮨や新派観にゆく話など 草間時彦
蒸鮨や椿を蓋に赤絵鉢 水原秋櫻子 蘆雁
蕪鮓賜ふ日より心の急ぎけり 赤尾兜子 玄玄
蕪鮨の鰤すさまじき氷かな 加藤秋邨
虚子を待つ松蕈鮓に酒二合 正岡子規 松茸
虚子を待つ松蕈鮓や酒二合 正岡子規 松茸
試射強行の日なりよき寿司よばれつつ 中村草田男
赤汐はよその沙汰なりにぎり寿司 阿波野青畝
赤貝のひもに終りし夜の鮓 森澄雄
退院の日を選びゐて蕪鮨 角川源義
通夜の鮨まぐろが赤き夜寒かな 草間時彦
酒寿司を賜ふは波郷の女弟子 角川源義
重代の鮓桶といふ他奇もなし 日野草城
野の店や鮓に掛けたる赤木綿 正岡子規 鮓
釣瓶寿司盛夏の町を見つつ食ふ 阿波野青畝
鍋燒をわれ待ち居れば稻荷鮓 正岡子規 鍋焼
鎌倉や誰が石すゑを鮓の圧 正岡子規 鮓
雛に鮨人はまことの鮨を食ふ 山口誓子
雛の宵妻が買ひ来し鮨を食ふ 佐藤鬼房
雛の鮨働く者の白丁にのみ 山口誓子
雛寿司に刻めるもののかくこまか 能村登四郎
雨音の近づくごとし朴葉鮨 藤田湘子
震災忌柿の葉鮨を口にして 亭午 星野麥丘人
霰打つ模型の鮨をめがけては 秋元不死男
青吉野柿の葉鮨を口の中 百合山羽公 樂土以後
青春蘇る鮨つくる酢のにほひ 山口誓子
風邪気味のこの夜のちひさき鮓のひかり 中川一碧樓
飯桶を伏せて鮎鮓休みの日 後藤夜半 底紅
馴鮓の蕪に雪の匂ひせり 松崎鉄之介
馴鮓の飯の白妙くらひけり 日野草城
高根より下りて日高し鮓の宿 河東碧梧桐
魚偏のくさぐさあれど鮓は貝 上田五千石 琥珀
鮎鮓やまだ夕照りの嶺の雲 上田五千石『琥珀』補遺
鮎鮓や多摩の晩夏もひまな茶屋 飯田蛇笏 山廬集
鮎鮨やふるき厨にみやこぶり 石橋秀野
鮎鮨や吉野の谿は水痩せて 佐藤鬼房
鮒の目の爛々鮓の重石のせ 山口青邨
鮒鮓にほのぼのありし花のいろ 野澤節子 存身
鮒鮓の桶のゆるびも十二月 草間時彦 櫻山
鮒鮓や考槃亭をかりの宿 正岡子規 鮓
鮒鮨やかたまりとして愚徹二字 岡井省二 鯛の鯛
鮒鮨や瀬田の夕照三井の鐘 正岡子規 鮓
鮒鮨を買はむと越ゆる花峠 飴山實 辛酉小雪
鮓いまだ馴れず鮓の句既に成る 日野草城
鮓つけてだまつて去にし魚屋かな 村上鬼城
鮓つけて同郷人を集めけり 正岡子規 鮓
鮓つけて真清水に手を洗ひけり 内藤鳴雪
鮓つまみ慾丸出しに話しをり 村山故郷
鮓なるゝ頃不参の返事二三通 前田普羅 普羅句集
鮓のおし取るや小竹に風渡る 正岡子規 鮓
鮓の句を題す鮓屋の団扇哉 正岡子規 鮓
鮓の圧取れば小笹に風渡る 正岡子規 鮓
鮓の石金輪際に据ゑにけり 前田普羅 普羅句集
鮓の香のほのかに寒し昼の閑 日野草城
鮓の香を慕うて出たる昼蚊かな 日野草城
鮓切るや主客五人に違ふ皿 前田普羅 普羅句集
鮓圧して真白な石を持ちにけり 村上鬼城
鮓圧すや加茂のまつりも過ぎし雨 飯田蛇笏 山廬集
鮓売の裏坂すぎぬ竹の月 飯田蛇笏 山廬集
鮓大皿音立てて降る歯朶の雨 中村汀女
鮓宿へ旅人下りぬ日の峠 飯田蛇笏 山廬集
鮓店にほの聞く人の行方かな 正岡子規 鮓
鮓店や白衣の道者八九人 正岡子規 鮓
鮓桶のはしやぎ乾く二つかな 日野草城
鮓桶の蓋とれば雲とざしけり 飯田蛇笏 山廬集
鮓桶を抱へし見得や月落ちて 水原秋櫻子 蘆雁以後
鮓米や白きが上の夜の露 河東碧梧桐
鮨くうて皿の残れる春の暮 桂信子 晩春
鮨たべし口さつぱりと夏の月 鈴木真砂女 都鳥
鮨の笹刈り来てまづは喜ばれ 能村登四郎
鮨処きらくの春の灯しかな 村山故郷
鮨圧すや折れむばかりに母は老ゆ 山田みづえ 木語
鮨桶の中が真赤や揚雲雀 波多野爽波
鮨種の彩うつくしき一の酉 能村登四郎
鯛鮓や一門三十五六人 正岡子規 鮓
鯵寿司の駅弁に春惜しまんか 石塚友二 玉縄以後
鰺の鮨つくりなれつつ鳳仙花 水原秋櫻子 霜林
鱒鮓や寒さのもどる星のいろ 古舘曹人 樹下石上
鱧鮨や朝粥の沙汰書き添へて 水原秋櫻子 蘆雁
鱧鮨をひらくやはしる山椒の香 水原秋櫻子 蘆雁
龍神のお命日とや鮨の桶 石田勝彦 雙杵

以上
by 575fudemakase | 2016-08-15 05:28 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26108886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

軍艦 の俳句
at 2017-11-22 08:20
那智の滝 の俳句
at 2017-11-22 08:16
後評(2017・9)
at 2017-11-22 06:00
後評(2017・11)
at 2017-11-22 05:52
火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26

外部リンク

記事ランキング