冷房 の俳句

冷房 の俳句

冷房 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22806568/



冷房 補遺

いつか見し雲と思へり冷房裡 廣瀬直人
からむスイング冷房喫茶の痩せた檳榔 伊丹三樹彦
ぺたんこの珈琲茶碗冷房に 渡邊白泉
クーラーのスヰツチ入れる客同室 右城暮石 句集外 昭和六十年
クーラーの世は世と団扇撒かれけり 百合山羽公 樂土
クーラーの排水蟇に滝なして 安住敦
クーラーはあつて百合の一輪と白いうちわ 荻原井泉水
中年の眠り冷房映画の暗 山口誓子
冷房が効きゐてピアノ音逃げず 鷹羽狩行
冷房と炎天の間出で入るも 草間時彦 中年
冷房にかくまはれゐて勇みなし 上田五千石 天路
冷房にしばらくは宇治拾遺よむ 橋閒石 虚 『和栲』以後(I)
冷房にて銀貨と換ふる青林檎 西東三鬼
冷房にひと日をり胸痩せにけり 草間時彦 中年
冷房にゐて夏深くなりゐたり 草間時彦 中年
冷房にゐて水母めく吾が影よ 草間時彦 中年
冷房に疲れし肩を叩くなり 星野立子
冷房に見えて正午の空黄なり 西東三鬼
冷房に開きて閉ぢし冷蔵庫 後藤夜半 底紅
冷房のテレビにぱつと昭和基地 阿波野青畝
冷房のパイプオルガンそそりたつ 山口青邨
冷房の下着売場の白世界 草間時彦 中年
冷房の仏かがやきましまして 山口青邨
冷房の効く人数でありにけり 稲畑汀子
冷房の壁の前から濁つた声 中村草田男
冷房の壷にさしたる花冷やか 山口青邨
冷房の廊下に消火栓赤し 高田風人子
冷房の扉を押し出づる一人となり 右城暮石 句集外 昭和二十九年
冷房の時計時計の時おなじ 西東三鬼
冷房の水屋の障子しまりあり 後藤夜半 底紅
冷房の筈の病室黄金蟲 石田波郷
冷房の絨毯の碧深かりき 日野草城
冷房の脳底に巨いなる入日 橋閒石 無刻
冷房の鋼鉄の扉のしまる音 日野草城
冷房の鏡中にわがすわりたり 石田波郷
冷房の階昇り降る何も買はず 伊丹三樹彦
冷房の露をむすべり青林檎 日野草城
冷房の風通ふなり貸植木 中村汀女
冷房へ華氏九十度の少女入る 渡邊白泉
冷房やをとめのわらふさへ涼し 日野草城
冷房や人ゐて肚裡に澱むあり 石塚友二 方寸虚実
冷房や制服碧き少給仕 日野草城
冷房や巨きシネマの館のうち 百合山羽公 春園
冷房や手の高さにてドア汚る 津田清子 礼拝
冷房や握手以上の仲ならず 鷹羽狩行
冷房や昼のともしび清涼に 日野草城
冷房や汗のけはひもなき少女 日野草城
冷房や理をもつて情封殺し 安住敦
冷房や白き扉あいて紅衣嬢 日野草城
冷房や老の白ラ髪いやすゞしく 日野草城
冷房や識らぬ少女と一つ卓に 日野草城
冷房や麻酔切れたる午後三時 亭午 星野麥丘人
冷房を今日は秋めくものとしぬ 後藤夜半 底紅
冷房を出て黒松にかこまれぬ 永田耕衣
冷房を怖るる人に付き添ひて 後藤比奈夫
冷房を押し馴れ真鍮ノブは固し 赤尾兜子 歳華集
冷房を護りの玻璃厚かりき 日野草城
冷房扉ひとたび押して押しもどさる 右城暮石 句集外 昭和三十九年
冷房放射線室へ車椅子押さる 石川桂郎 四温
冷房裡一個の噂成熟す 藤田湘子 てんてん
冷房裡一筋の道牧舎まで 飯田龍太
冷酷を冷房装置事とせり 相生垣瓜人 明治草
冷静を冷房装置強ふるらし 相生垣瓜人 明治草
哀草果は友二に似たり冷房裡 燕雀 星野麥丘人
外光を見てたのしもよ冷房に 日野草城
大学の冷房地下に嗤ひ出す 上田五千石『田園』補遺
大都瞰る第十階の冷房に 日野草城
巨き百合なり冷房の中心に 西東三鬼
男より女クーラーにも強し 右城暮石 天水
百貨満つ冷房館内かくれ遊び 右城暮石 句集外 昭和三十四年
皿割れし音冷房をきずつけし 百合山羽公 寒雁
眼前に一位の古木冷房裡 飯田龍太
硝子器の触れし音冷房つよきとき 上田五千石『田園』補遺
磨き過ぎて消えた硝子扉冷房街 草間時彦 中年
紙一重ほど冷房の利いてゐず 後藤比奈夫
聖誕快楽 冷房ホテルに聖樹点り 伊丹三樹彦
身の裡の何が耗りゆく冷房舘 右城暮石 上下
銀行の石門鉄扉 冷房鎖し 伊丹三樹彦
青春を耗らす密閉冷房館 右城暮石 句集外 昭和三十六年
靴の音冴えて冷房の石階を 日野草城

以上
by 575fudemakase | 2016-08-15 05:48 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26108914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング