風鈴 の俳句

風鈴 の俳句

風鈴 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23166862/


風鈴 補遺

あらゝかに風鈴さわぐ目覚めかな 飴山實 句集外
あんたが来てくれさうなころの風鈴 種田山頭火 草木塔
うちの風鈴よその風鈴いやな音 高田風人子
かたむきて風鈴の鳴りつづきをり 上野泰 佐介
くろがねの秋の風鈴鳴りにけり 飯田蛇笏 霊芝
さざなみに風鐸かかげ堂涼し 上田五千石『天路』補遺
せはしげに安風鈴の鳴り通し 富安風生
ぼろぼろの松毬風鈴原爆忌 山口青邨
まだ吊りて夜寒風鈴鳴りにけり 日野草城
みちのくの南部風鈴つたなき音 山口青邨
みちのくの風鈴まつり山の風 山口青邨
みちのくの風鈴吊つて軒傾く 山口青邨
万緑になじむ風鈴昼も夜も 飯田蛇笏 椿花集
五十まりの風鐸寂びつ薄紅葉 水原秋櫻子 緑雲
仮吊の風鈴しげく鳴りにけり 中村汀女
余生てふ母の風鈴鳴りにけり 山田みづえ 忘
冬の風鈴ただ一息の今年なりし 中村草田男
冬晴れのゆゆしさ風鈴つづけ鳴る 細見綾子
冬風鈴鳴りて行きたきところあり 細見綾子
初孫がうまれたさうな風鈴の鳴る 種田山頭火 草木塔
初茶会風鈴軒に釣りしまま 平畑静塔
剣ふるるごとく風鈴鳴ることも 山口青邨
原爆に残りし町に軒風鈴 松崎鉄之介
友の店のおけさ風鈴すぐ売切れ 松崎鉄之介
吊り古りし風鈴に音戻りけり 岸田稚魚
吾子抱いて風鈴に立つ鳴りにけり 高田風人子
啄木の泣けといふ歌風鈴に 後藤比奈夫
城楼の風鐸に雷応へをり 上田五千石 天路
夏足袋にアイロン風鈴に耳貸し 鈴木真砂女 夕螢
夕風や風鈴吊ればすぐに鳴る 日野草城
夜の風鈴月の言葉と言ひつべく 林翔
夜は秋の風鈴鳴つて月いざよふ 臼田亜郎 定本亜浪句集
大津絵の茶屋の風鈴鳴りにけり 阿波野青畝
大雪や風鈴鳴りつ暮れてゐし 渡邊水巴 白日
天の邪鬼夜半の風鈴玩ぶ 相生垣瓜人 明治草抄
婆元気春の風鈴三個鳴り 飯島晴子
孤り居に風鈴吊れば黍の風 杉田久女
寒中の風鈴が鳴る四温かな 飯田蛇笏 春蘭
寒竹の子や風鐸の天に鳴る 角川源義
寝るまでの閑風鈴を吊りなほす 岡本眸
山から風が風鈴へ生きてゐたいと思ふ 種田山頭火 自画像 落穂集
店仕舞の声々風鈴鳴り揃ふ 香西照雄 素心
持ち代へて風鈴の鳴る跨線橋 岡本眸
故人見し風鈴冬座より小さし(清子様を訪ぬ三句) 細見綾子
新婚の新居風鈴すでになる 及川貞 夕焼
時ならぬ時にも硝子風鈴鳴る 細見綾子
更けし夜の風鈴鳴つてゐしわが家 大野林火 海門 昭和七年以前
月さして風鈴の影生れけり 清崎敏郎
月の隈風鈴ありて鳴り出づる 日野草城
朝顔の上につるせり硝子風鈴 細見綾子
朝顔鉢に硝子風鈴ついて来ず 細見綾子
木々芽吹く空に風鐸鳴り出でぬ 橋閒石 朱明
木枯に風鈴鳴らしゐて眠る 岸田稚魚 雁渡し
枯色の風鈴購ひ駅廊に 角川源義
柵々と江戸風鈴の夕べあり 上田五千石『琥珀』補遺
業苦呼起す未明の風鈴は 石田波郷
極月の夜の風鈴責めさいなむ 渡邊白泉
母の日の風鈴しきり鳴ることよ 鈴木真砂女 都鳥
気にかかる竹風鈴の竹の舌 後藤比奈夫
浅草は 風鐸さわぐ 春一番 伊丹三樹彦
涼しさを風鈴一つそよぎけり 正岡子規 涼し
渋民の歌の風鈴チンと先づ 阿波野青畝
湖をめぐる鞄に鉄風鈴(飴山実氏来る) 細見綾子
火箸風鈴四本の翳に鳴りだせり 大野林火 月魄集 昭和五十四年
炎帝に又風鈴を停められし 相生垣瓜人 負暄
焼跡の葎の一つ風鈴鳴る 加藤秋邨
熊蜂が来て風鈴を侮れり 相生垣瓜人 明治草
熱の午後破れ風鈴も押し黙る 石川桂郎 含羞
病めば考へなほすことが風鈴のしきりに鳴る 種田山頭火 自画像 落穂集
白帆描く江戸風鈴の音色かな 百合山羽公 樂土
石麻呂の歌風鈴の舌にあり 後藤比奈夫
硝子風鈴今年も敷居より吊す 細見綾子
硝子風鈴夕風を知りゐたる 細見綾子
禅寺に風鈴の音を期待せず 山口誓子
秋近き風鈴となりねむられぬ 三橋鷹女
秋風に鳴る風鈴は道しるべ 富安風生
簾巻くや風鈴星をしたひ鳴る 原石鼎 花影
絵硝子の風鈴が鳴る朝顔市 細見綾子
美しき風鈴一つ売れにけり 原石鼎 花影
腕の中にのけぞり吾子の風鈴もとむ 篠原梵 年々去来の花 皿
触れてみて江戸風鈴の音色かな 稲畑汀子
語りかけ来る風鈴を買ひにけり 上野泰
辻に来て風の惑ひの風鈴屋 林翔
過敏なる音の風鈴夫婦の夜 鷹羽狩行
遠くへは行かぬ江戸風鈴の音 後藤比奈夫
酌むも車座礦夫長屋の風鈴よ 小林康治 玄霜
野の軒の風鈴の音や世の広さ 中村草田男
長短や風鈴の声梅雨の音 百合山羽公 寒雁
集団の風鈴岩手弁まじり 百合山羽公 樂土以後
音悪しき風鈴砲音びびびびと 岸田稚魚 負け犬
風の軽るさ浮世の軽ろさ硝子風鈴 細見綾子
風はうららか風鈴の音もつつましく 種田山頭火 自画像 落穂集
風無きにカランコロンと風鈴鳴る 細見綾子
風鈴があればかなしき時あらん 細見綾子
風鈴が一つしかない眼に赤い 三橋鷹女
風鈴が時々鳴りし冬も去る 細見綾子
風鈴しやべり通し団扇とと走り 富安風生
風鈴とたそがれてゐしひとりかな 加藤秋邨
風鈴と又三秋を共にせり 相生垣瓜人 負暄
風鈴に団扇の風を與へけり 相生垣瓜人 明治草
風鈴に巣くへる蜘蛛を放ちけり 相生垣瓜人 明治草
風鈴に心あそばせゐたりけり 森澄雄
風鈴に木犀の香を聞かしめし 相生垣瓜人 負暄
風鈴に枯れの激しさ加はりぬ 岡本眸
風鈴に流るる霧の暁け切らず 木村蕪城 寒泉
風鈴に涼しき風の姿かな 正岡子規 涼し
風鈴に眠らうとして眼がひとつ 三橋鷹女
風鈴に與へむ風の今日あらず 相生垣瓜人 明治草
風鈴に荒ぶる神ののりうつり 飴山實 句集外
風鈴に雨やむ闇の更たけぬ 飯田蛇笏 山響集
風鈴に黍畠よりの夜風かな 杉田久女
風鈴のあまた鳴りをりひとつ購ふ 伊丹三樹彦
風鈴のありかは知らね秋の宿 中村汀女
風鈴のいづこともなく鳴るいほり 山口青邨
風鈴のけたたましきは疎むべし 鈴木真砂女 居待月
風鈴のけたゝましきは秋の音か 鈴木真砂女 夏帯
風鈴のけふつよければ近づかず 飴山實 句集外
風鈴のそれからそれと鳴ることよ 上村占魚 鮎
風鈴のそろはぬ音なれ二つ吊り 中村汀女
風鈴のちらかる音を掃き出せり 鷹羽狩行
風鈴のちろちろと秋の立にけり 正岡子規 立秋
風鈴のひつきりなしも困るなり 藤田湘子 神楽
風鈴のひときわ鳴りて止みにけり 伊丹三樹彦
風鈴のひとり纏へる微涼はも 相生垣瓜人 明治草抄
風鈴のほのかにすゝし竹の奥 正岡子規 涼し
風鈴のみだれそめけり夕桜 正岡子規 夕桜
風鈴のむせび鳴りして夜半さびし 原石鼎 花影
風鈴のもつるるほどに涼しけれ 中村汀女
風鈴のよく鳴り幸福さうな家 村山故郷
風鈴のわがつぶやきにこたへけり 鈴木真砂女 卯浪
風鈴の一打に思ひひるがへす 上田五千石『風景』補遺
風鈴の一揆の風が比叡より 古舘曹人 砂の音
風鈴の下にけふわれ一布衣たり 富安風生
風鈴の下につながれ犬不興 後藤夜半 底紅
風鈴の古糸一縷震災忌 百合山羽公 寒雁
風鈴の啄木賢治鳴り合ふよ 百合山羽公 樂土以後
風鈴の夜陰に鳴りて半夏かな 飯田蛇笏 春蘭
風鈴の待てば中々鳴らざりし 細見綾子
風鈴の恋のむかしを思へとや 鈴木真砂女 夏帯
風鈴の浮気とも聞く音色かな 阿波野青畝
風鈴の狂瀾遠く見ゆるかな 山口青邨
風鈴の短冊の句が賢すぎ 後藤比奈夫
風鈴の短冊切れし女等居て 中村草田男
風鈴の秋に入るなる音を出せり 岸田稚魚 紅葉山
風鈴の紙片は杜甫の詩なるべし 阿波野青畝
風鈴の肋を打つて鳴りいでぬ 石田波郷
風鈴の舌に碁に負けたる一句 後藤比奈夫
風鈴の貝の音たて海を恋ふ 鷹羽狩行
風鈴の迦陵頻伽のわが昼寝 山口青邨
風鈴の遂に唸れり風止まぬ 林翔
風鈴の遠音か空耳かに迷ふ 篠原梵 年々去来の花 中空
風鈴の遠音きこゆる涼しさよ 日野草城
風鈴の錆にはあらず青かつし 上野泰 佐介
風鈴の音いろは胸の辺をめぐり 松村蒼石 雪
風鈴の音が眼帯にひびくのよ 三橋鷹女
風鈴の音にちりけり雲の峯 正岡子規 雲の峯
風鈴の音には容喙せぬつもり 後藤夜半 底紅
風鈴の音に月明かき夜を重ね 中村汀女
風鈴の音のことさら夜明かな 鈴木真砂女 夏帯
風鈴の音の中なる夕ごころ 後藤比奈夫
風鈴の音の浚はれてゆくときも 後藤夜半 底紅
風鈴の音は剣のごと原爆忌 山口青邨
風鈴の音をば風の擾すなり 相生垣瓜人 明治草
風鈴の音を尽くして佳き夜ヘ 上田五千石『琥珀』補遺
風鈴の風にちりけり雲の峯 正岡子規 雲の峯
風鈴の風を惜しめりかくれみの 石塚友二 磊[カイ]集
風鈴の鳴るさへ死のしのびよる 種田山頭火 草木塔
風鈴は行人にまた隣人に 中村汀女
風鈴は風にかかはり無く鳴れり 細見綾子
風鈴む音をば風の擾すなり 相生垣瓜人 明治草抄
風鈴も吊り得ぬ雨の立夏なり 相生垣瓜人 明治草
風鈴も悼みごころも矢の如し 石田勝彦 百千
風鈴も錆びたり柿も色づけり 相生垣瓜人 明治草抄
風鈴も鳴り難くしてぢりぢりす 相生垣瓜人 明治草抄
風鈴やいつも跼みて亡母優し 楠本憲吉 孤客
風鈴やとかく話の横にそれ 鈴木真砂女 生簀籠
風鈴やひと想はねば心凪ぎ 上田五千石『琥珀』補遺
風鈴やほどほどといふ仕事量 鷹羽狩行
風鈴やカレーつくるに刻かけて 鈴木真砂女 夕螢
風鈴や余命とあらば愉しまむ 鈴木真砂女 夕螢
風鈴や少年笛を吹きいだす 飴山實 句集外
風鈴や心にも夕風ありて吊る 楠本憲吉 孤客
風鈴や月光かくも更けわたり 日野草城
風鈴や泣きぐせつきし娘とあれば 鈴木真砂女 夏帯
風鈴や浅きねむりの明けそめて 鈴木真砂女 卯浪
風鈴や父耳遠く病み給ふ 高田風人子
風鈴や目覚めてけふのくらしあり 鈴木真砂女 夏帯
風鈴や自店に無かりしものを詫ぶ 中村草田男
風鈴や船乗込の噂して 水原秋櫻子 蘆雁
風鈴や角家朗らに棲めるらし 中村草田男
風鈴や遠くどよもすはたゝ神 日野草城
風鈴や選句に占めし梯子段 渡邊水巴 白日
風鈴をいみじと聴いて孤りなり 上田五千石 天路
風鈴をして秋声に倣はしむ 相生垣瓜人 負暄
風鈴を人が鳴らしてゐたる音 後藤夜半 翠黛
風鈴を作りし人の送り状 後藤夜半 底紅
風鈴を動かして居る涼哉 正岡子規 納涼
風鈴を吊す毎年鴨居より 細見綾子
風鈴を吊つて三囲ホテルとか 山口青邨
風鈴を吊りかへもして楽しさよ 高野素十
風鈴を吊り明星を吊つてあり 上野泰 佐介
風鈴を吊る海よりの広き風 山口誓子
風鈴を吊る軒ふかく梅雨ぐもり 飯田蛇笏 椿花集
風鈴を座右の音となしをれり 相生垣瓜人 明治草
風鈴を手に巡礼の音とかはる 古舘曹人 能登の蛙
風鈴を聞きゐる鵜匠老いにけり 清崎敏郎
風鈴屋老の弱腰たてにけり 飯田蛇笏 霊芝
風鐸のかすむとみゆる塔庇 飯田蛇笏 春蘭
風鐸の八隅に鳴るや桐の花 有馬朗人 天為
風鐸の天平の音の冬朗ら 上田五千石 天路
風鐸の韻嗄れたり牡丹の芽 阿波野青畝
風鐸も風まかせなり百千鳥 阿波野青畝
風鐸や秋風さそふこともあらむ 小林康治 四季貧窮
風鐸を吊鐘大に雲の秋 鷹羽狩行
風鐸を揺る秋かぜの色見えね 伊丹三樹彦
飛んでくる蟄居の雨や風鈴に 古舘曹人 砂の音
鳴り出せばつゞけて冬の風鈴が(清子様を訪ぬ三句) 細見綾子
鳴るたびに秋の風鈴とぞ思ふ 藤田湘子

以上
by 575fudemakase | 2016-08-15 05:50 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26108917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング